人気ブログランキング |

<   2019年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

寒中お見舞い申し上げます

御正忌報恩講も終わり

ようやっと パソコンの前に座る気になりました



慈光のもと おかげさまで新しい年を迎えさせていただいております

皆さま 本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます





西法寺では 元旦会に始まり

「 今年もお寺からスタートします 」 と

こちらも気が引き締まると言いますか

身が温まると言いますか

そんな有り難い言葉をいただきました

たくさんの皆さまにお参りいただいて

ほのぼのカレンダーも淺田先生の御法話の本も完売となりました

みなさま ようこそ ようこそ



a0204371_20313908.jpg

元旦会の日に

我が家の子供たちにY子さんが持ってきてくれたお年玉は

写真の何じゃこれ?  

「 ターバン野口よ~ 」と彼女

インターネットで見つけた折り方でしょうね 

千円札をこんな姿に折ってみた人ってすごい! 初笑いでした 





昨年の元旦会にお参りの時は まだママのお腹の中でお参りだったKOちゃん

今年の元旦会では ハイハイはまだできないけれども

住職のご法話の間中

本堂の畳の上を泳ぐような速さで動き回って驚かせてくれました

そのちいさなお同行ちゃんを嬉しそうに珍しそうに追いかける

K保さんの末っ子次男坊くんの姿もあり 

わんぱく赤ちゃんをやさしく見守る顔は いつもと違ってちょっとお兄ちゃんに見えました

長男坊はお母さんの背を追い越して 間もなくパパも追い越す勢い

まさに 『 男子三日会わざれば括目して見よ 』 のとおりです

兄弟の 見るたびの成長に驚きます




普段は自分の体の衰えや 我が子の成長でしか時間の流れを感じられないのですが

こうして各ご家庭の変化に毎年立ち会うご縁をいただくことで

また 違った時の流れを感じることができています



a0204371_19204116.jpg



最近 テニスで大阪なおみさんが大活躍なさっています

テニスの大躍進には 今までのメンタルの弱さが克服され

平常心が保たれるようになったことが一因と言われています

そんな彼女が《 成熟した人とは? 》とたずねられて答えていた言葉が印象に残りました

「 成熟した人とは 

  自分にとって受け入れがたい事実を

  そのことから逃げずに しっかりと受け止められる人のこと 」 

彼女はそう答えたと聞きました






お寺では 「 人は死ぬ 」ということ

もっと具体的に言うと 「 わたしは死ぬ 」というどうしても受け入れがたいことを

どう受け止めて生きていこうか 仏の教えに聴いていきます

死ぬまで生きることを

死ぬということの先に生まれる世界のあることを聴いて

安心して日にちをいただいていくことを

かく言う私も なかなか思うようにはいきませんが

なかなか思うようにはいかない私を目当てに 届いて下さっている教えを聴かせていただき

その教えを光に 一日いち日を過ごさせてもらっていると

安心して  なかなか思うようにいかない私を受け止めていかれる気がしています






昨年末に息子さんと大喧嘩したおじいちゃんがおられました

おじいちゃんも気が短いなら 当然息子も気が短くて



「 88にもなって息子に啖呵を切ってしまって、、、

  家の廊下を歩きながら 『 しまった、、、』と思っても

  孫たちの前であんな姿を晒しては戻れないし、、、

  私に目をむいて意見する息子は他でもない この私の背中を見て育っているから

  こいつの姿は私の姿、、、

  私は昔から『自分ファースト』で、、、家族には迷惑ばかりかけたかもしれん  」


「  『自分ファースト』、、、それは私もですよ 

   私の雷はうちの子ども達には100万ボルトらしいんです

   この間『 お母さんの雷は そりゃ~ そりゃ~ 恐い』と言われて私は また怒りそうになりましたよ

   『 誰のためと思っとるとね! 』って

   でも、私48になってもますます やっぱり治りませんねえ

   諭すように話して 子どもをちゃんと育てる自信が無いです

   こんなのを愚か者と言うんでしょうか

   『 自分ファースト 』こそをお救いって よかったです ねぇ  有り難いことですねぇ  」


そう お電話で話させていただいたことでした







今年もいろいろな出会いの中で

受け入れ難いことにもぶつかることでしょう

受け入れがたいと戸惑う時こそお育ていただいていると受け止め

お寺でご法話をお伝えする中で

皆さまと 聴き 笑い 泣き ともに日にちをしっかり受け止め

道中 安心して過ごしていくことが叶いますように

本年も どうぞ宜しくおねがい申し上げます



                                           なもあみだぶつ








  


























by shinwoyorokobu73 | 2019-02-01 20:38 | こんなこと | Comments(0)