カテゴリ:季節( 67 )

雨の普通の日曜日 in 西法寺

a0204371_23534311.jpg


      
        『 報 恩 講 法 要 』

        11 月  22 日 ( 日 ) 13 時半 より

        ご講師   杣 山 真 乗 師   ( 飯塚市 明正寺住職 )

報恩講のご案内を送らせていただきました ( 日付け間違いは修正させていただいております058.gif

この度のご縁は最近何かと話題の飯塚市から 杣山(そまやま)先生にお越しいただきます

住職の祖母の実家のお寺様であります

歴史は古く 足利尊氏と戦い杣山城で自決した新田義貞の忠臣瓜生家が祖先です

杣山城の悲劇の後 瓜生一族は飯塚に移り住み

一寺を建立され 名を杣山に改めて 現ご住職で20代目となられます

とはいえ ご住職の頭は古くは無く 西法寺の住職曰く

「 視点はユニークで とても篤い 」 お取次ぎをいただけるそうであります

親戚であるにもかかわらず

私は結婚式以来お会いする機会に恵まれませんでした

ですから今回は私も大変楽しみにお迎えさせていただきます

どうぞ皆さま万障お繰り合わせの上 お参りくださいませ 





a0204371_0345071.jpg


薄ら寒いしとしと雨の週末

皆さんはどうお過ごしなのでしょう

子どものいる身としては 

勤め上いずれにしてもどこかに連れて行って遊んであげられはしないのですが

やっぱり 室内に2日間というのはちょっと可哀想な気がしてきます

そして 下の二人に加えて上の中学生二人まで


                         「 お腹すいた~ 」

       「 なにか無い~?」 
                                「  何かある~? 」

                「  クッキー作って  」  

           「 チョコチップがいいなぁ 」

                                   「 いや ポテトチップ作って~ 」



あなたたちのお腹は底なしか?と思うほど

四六時中 誰かがお腹をすかせています

ご法事が始まる前 終わった後 作る作る作る作る  食べる食べる食べる食べる

ご法事の間は 下二人が騒がないように静かに遊ばせる工夫をいつも考えて・・・


a0204371_043789.jpg


今年は『 お芋!』 お芋です

安くて美味しいし ど~~んとたくさん簡単に直ぐに作れて健康的

大学芋は週2?週3?で子どもらの胃袋の中へ

a0204371_0465810.jpg


ポテトチップも彼らの食べたいだけ揚げちゃいます^^ ( お芋 ジャガイモは 当然箱買い ) 

a0204371_049281.jpg


飽きたから 日曜日は芋もち 

擂ったジャガイモにチーズを入れて焼いてみました

a0204371_0523775.jpg


S乗寺さんからいただいた銀杏を真ん中に埋め込んで焼いたのは大人用

お塩をパラリと振りかけたら 絶品でした!





特に最近下の二人はご法事の間は静かにしていてくれるようになったので 本当にたすかります

半分 「 ごめんねぇ 」 と思いながら美味しいもので感謝感謝のお礼です

今日はトモちゃん シンちゃんはおもしろい作品を作り

部屋中ちぎった紙だらけ・・・ 色鉛筆 クレヨン ばらばら状態・・・  だけど

「 むっちゃくちゃ たのしかった! 」 と

結構充実した 家休みだったかも

a0204371_144233.jpg



私は もう 今日は 限界

きょうの仕事は終了!!

山盛りの洗濯物は明日畳みまする

ごめんなさい!!


                                               なんまんだ~ぶ









 
by shinwoyorokobu73 | 2015-11-16 01:08 | 季節 | Comments(0)

和みの秋に

畑で草を焼いた 焦げた匂いが夕方になると漂ってくる季節です

これもこの辺りの風物詩

横浜でも田畑の多く残るこの辺りは

その時々の豊かな色や香りで季節を教えてくれます




なんだか時間の流れがゆっくりと感じられるのは私だけでしょうかね

子供たちからは 「 受験生の親とは思えない!」 とあきれられますけど

だってもう10月、今更ジタバタしたって仕方がないじゃないですか  ねえ




a0204371_10443165.jpg



そろそろ落ち葉の季節到来です

毎日ちょこちょこと掃いていますが これがだんだん追いつけない程になってくるんですよね






a0204371_10494734.jpg


先月まで掲示版に貼らせていただいていた言葉です

これは今年だったと思いますが

九州の坊守さんのブログで拝見して 「 そうだなあ 」 としみじみいたしましたから

うちのお寺の掲示版に貼らせていただきました




気に入っていて もう何か月も貼っていましたので

先日貼り替えましたが

夕方新しい言葉と張り替えてお寺に戻っていましたら

後ろからバイクの音が聞こえます

「 あら、Aさん配達ですか? 」 

赤いバイクの青葉郵便局員Aさんでした

「 これをお渡しするのを忘れていて 」 と年賀状の申し込み用紙を渡されました



       Aさん  「 坊守さん 掲示版はいつも ご住職が書かれるんですか? 」

       私      「 いいえ~ 住職は忙しすぎるから 私がお手伝いで書いてますよ^^ 」

       Aさん  「 この間までの言葉は ホントにいいですよねえ

               いつも 読んで通ってました

               僕も子供がもう19才になるんですけど 順番を感じるようになりました 」


       私    「  え!? お子さん19才? 

               ご結婚が早かったんですねぇ 」


       Aさん   「  はい 24の時の子供です^^ 」



いやぁ・・・年上だとばかり思っていましたが・・・年下だったとは・・・




最近よく お散歩の方や 大学生 高校生も スマホやデジカメで

「 掲示版の文を撮ってもいいですか? 」 って聞いて下さいます

いつも 自分が感動する言葉を書いていますが

同じように感じて下さる方がいらっしゃるのは嬉しいことです

あまり時間は無いので たくさんの読書もできませんが

好い言葉に出会ったら また掲示版を通して 通りの方におすそわけさせていただきましょう





お会いしたこともない豊前の坊守さんのお蔭さまで

私も皆さんも あたたかくさせていただきました

ありがとうございました





                                               なもあみだぶつ
       



               

               
by shinwoyorokobu73 | 2015-10-20 11:20 | 季節 | Comments(0)

この季節 この香り

a0204371_22114497.jpg




「 おかあさん お外がなにか匂いする 」

お彼岸が過ぎたすぐの頃 鼻の利くシンちゃんが

玄関のドアを開けてそんなことを言う季節です



私も続いて くんくん

ひんやりした空気の中 かすかないい香りが・・・ 金木犀だ!

ふたりして深呼吸

ちょっと今年は早いですね




a0204371_2211976.jpg


先日 香りにつられて金木犀柄の手拭いを買ってしまいました

香りはないけどこちらも とってもきれいです

お手洗いにかけておきましょう



一週間で季節はすっかり早変わり 

夜寝る時のBGMは 秋の虫の声になりました






a0204371_2231846.jpg


香りと言えばこちら紫蘇の花も満開です

赤と白 どちらも小さいけどとてもかわいい

毎年こぼれ種で咲いてくれるが楽しみ

a0204371_22511538.jpg

お料理にも お弁当にも 彩りをいただきます!





a0204371_2213790.jpg


山椒の実も 先日まで真っ赤に色づいていたのがこの通り渋い色に






a0204371_22162350.jpg


見て見て! 水引きの花のきれいなこと

多分私たちが住み着く前からこの土地にずっと生まれ変わり散り変わりしているのでしょうね

毎年こちらも楽しみなお花です






先週 宅急便のお兄さんが届け物に来てくれたとき

帰り際に車に乗ろうとして クルリと振り返って



「 坊守さん 曼珠沙華って今年咲きました? 」ってたずねてきました


「 残念! 一週間遅いよ  曼珠沙華なんて洒落た名前で覚えるから~

  彼岸花で覚えた方がいいんじゃない? 今年もお彼岸にピッタリ咲いたのにね  」


写真が趣味だそうで 「 スマホで撮るの? 」 と言うと 「 いや フィルムで撮るんです 」 ですって

車を運転しながら被写体を見つけては撮るのだとか

運転は気を付けてよ~




この季節 刻々と自然が移り変わっていく様に見とれることが多いですね

ちょっと気を付けていないと宅急便のお兄さんのように 

すぐ次の景色にに変わってたりして・・・




私も仕事がなかなかはかどらない・・・

ごめんなさい

と言いながら また あちこちに目は奪われるのです


a0204371_22322924.jpg






                                                    なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2015-10-04 22:57 | 季節 | Comments(2)

雨上がりなのに延期で

朝5時に目覚まし時計に起こされて1時間後

「 運動会延期のお知らせ 」 のメールが来た


  早く言ってよ~! 


朝方ジャンジャン降りの雨は上がって 

今日は一日降りそうにないな と思ってお弁当準備初めていたのに・・・


a0204371_1041999.jpg


外には雨に濡れ羽のカラスさんが 「 さあ そろそろ今日も一っ跳びするカァ~ 」 と空を見上げている

子ども達は ぬかるんだ運動場を駆け回らなくて好くなったのと お休みが決定して 

安心してもう一眠り中



朝 9時には本堂にお参りの方がお見えになるし

10時には運動会が開会・・・と緊張と興奮で朝からきりきり舞いを予想していた私は

気が抜けた





a0204371_1185276.jpg


これを書いている間に庭に日が射してきて

いろんなことが 私の思い通りにはいかないことを日々痛感しながら

最近はそれにあまりストレスを感じなくなってきたことを不思議に思うのです

それどころか 思い通りの外のことが楽しくすら感じられるのは

間隔がもう麻痺してきたのでしょうか




お天気はお天道様におまかせ

ご縁におまかせ

流れに逆らわない 

なるようになる






ずっとこんなことと正反対にやってきたなぁ

流れとは逆向きにやってきたなぁ

こんなことを ぼんやり考えられるのも

運動会延期でぽっかり空いたこの時間のおかげ様

10年って長いようで短い  短いようで長い

日々たいして変わらないようでも

今考えると 「 ようやったなぁ 」 と恥ずかしくなるようなことも真顔でやっていましたね

10年前の私と同じことはやりたくはないが やりたくてももう出来ない今






10数年前 鴨志田の一軒家を借りて

一刻も早く土地を探して

お寺を建てて

お寺らしい活動をああやってこうやって始めたいと

出産子育て と 同時進行でやりながら

土地を求め 本堂を建て 

「 早く 速く 」 と遥か遠くばかりを見て

只 ひたすら走ってきたけれど

きっと 周りの景色を眺める余裕もなく 

恥ずかしながら目を三角にしてすっ飛ばしていたに違いない・・・・・




小さなことでは

今日のように雨で家の中で遊ぶ子供たちに

「 ああ・・・ また片づける時間が・・・ 」 「 人が見えたらどうしよう 」 と

西法寺の仮看板を出したばかりの評判を気にして 気をもんでばかり




子育てもお寺を建てていくことも

建ててからも思いもかけないような出来事の連続で

なかなか自分の思うようにいかず大泣きしたのことも数知れず・・・

苦しい時 答えを探して住職に聴きつづけた日々

お寺ってなんだろう

お寺って何をしないといけないんだろう

人に伝える前に 私の心は? 





もっと普通に子供を育てられたら・・・

この子達に今 これでいいんだろうか








阿弥陀様のお顔を眺めながら

只 問いつづけた

おかげ様で

一言で言えないものを見つけたような気もする今日この頃

「 雨なんだから仕方がない 」 とあきらめ

「 だれか来たら子ども達に少し静かにしてもらって 

  それでもうるさかったらその方に謝ろう 」 と腹をくくるように

他人に話すと目を丸くされるような強烈な経験も 今は笑い話








横浜という今までご縁のない土地 知らない人

土地ってどうやって買うの?建物って建てるためには何から始めたらいいの?お金はどうする?

子どもの事も 今思えば何のことは無いのですけれど

初めて知り合う人 人 人

初めての子育て

その時はきっといっぱいいっぱいだったのです












いろんなものを抱えて生きていくのは大変ですね

でも 抱えてみたからこそわかることってたくさんありました

私たちの先輩方はさまざまに自分に起こる難題を 『ご難題様』 といただかれたけれど

私も『ご難題様』のおかげで恵まれた出会いを 数えきれないほどいただいています

一見中途半端なこの土地と建物を見て話しただけで

私たちがどんな年月を過ごしてきたかを想像し
 
すぐに温かさと信頼が宿った方達が支えてくださいました

ずっと支えてくださっている九州の家族やお仲間のおかげさまも身に沁みました

そして お寺で言えばその本堂を見ると  

それまで支えてこられたご門徒のお姿 

ご住職坊守様のご苦労がしみじみ感じられるようになってきました

人がご苦労されているお姿を見ると涙が出る身になってきました

子を亡くされたお方には お声をかけることができませんが

後ろからずっと付いて行こうと思います (共にご法話を聴きながら)

私も 『ご難題様』 に育てていただいて来たのかもしれません







『 いいこと 』 『 わるいこと 』 と早々に自分でラベルを貼ることを止めてみて

重たいことが降りかかったら とにかく自分の問題だとヨイショと抱えてみる

そして 「 ああかな? こうかな? 」 と試行錯誤させてもらう

そうしてもう一度その重たいモノを見てみると 「 あれ? 」 と無くなっていたり

違うモノに見えてきたりします







今日は雨で運動会は中止だけれども

おかげで朝から自由時間ができて

子ども達がまだ眠っている間に コーヒーを一杯飲むこともできました

お寺が建った10年前 

こんな日がやって来て こんなことを書く日が来るとは思いもしていませんでした

でも またきっと直に 『ご難題様』 は降りかかるのでしょうが

なんまんだぶ と いただいていきましょう


a0204371_12163031.jpg





でも 今日はお休み

お彼岸法要で余った餡子でぜんざいを作って今秋初のぜんざいをいただきます^^





みなさまも佳い休日を




                                                 なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2015-09-26 12:38 | 季節 | Comments(0)

夏休み終了!

急に涼しくなって、なんだか今年のお天気には体がついていけない感じです

みなさまはお変わりなく健やかな毎日をお過ごしですか?



私はこの夏一度も入道雲を見ていません

こんな夏は初めてです

先日の聖典学習会(仏説阿弥陀経)にご出席の皆さんは

「 今年の夏はどちらかへ行かれましたか?」 と問うと

「 今年はずっと家に居りました 」 とのご返事

暑い時は動かないのに限るみたいです


a0204371_15153322.jpg


お暑い中ですので 「 少ないかなあ?」 と思っていたのですが

5名様から体調不良のご連絡があっていたのにも関わらず 18名のお集まり

この皆さまのご参集には頭が下がります   ようこそ ようこそのお越しでございました


a0204371_1622255.jpg


この夏 買い物から帰ると 「 かさ地蔵 」 の贈り物のように

玄関前に山のように採れたてのゴーヤやオクラにトマトにピーマンの袋が置いてありました

暑い暑い今年の夏に 本当にありがとうございました   

仏様にお供えさせていただいてから トマトは我が家のバジルと一緒にしてピュ―レにしたり

他のは夏野菜パスタにと大ご馳走になりました


a0204371_16242846.jpg

                        ( お盆の頃 浜側に見えた打ち上げ花火 )


今年のお盆は住職は大阪の津村別院でお盆法要のお説教をお取次ぎさせていただきました


その間 お寺の方には 久しぶりに日本へ帰ってきたご門徒のご家族やら

美しいお嫁さんを見せびらかしに^^ ご両親とご長男とニコニコ顔で お揃いでお参りくださったり
( とってもきれいなお嫁さんのJさん これからどうぞよろしくお付き合いくださいませ )


久しぶりに義妹親子が泊まりに来てくれたりと

賑やかに過ぎ去っていきました






住職は津村別院では 職員の皆さまには大変気持ちの良いお世話をいただいたそうで

お暑い中をお世話になりました 本当にありがとうございました



お盆を過ぎてから 


「 娘が長岡に住んでいまして 西法寺のご住職が津村別院にご出講と知って

  2日間お聴聞させていただきました 」


「 神戸の弟に連絡したら日曜日に駆けつけてお聴聞させていただいたようです 」


等々のお声をたくさん頂戴いたしました

本当に大阪は暑かったようですのに ようこそ ようこそ

ますます 住職には研鑽していただかねば! と 改めて気が引き締まったことでした




津村別院のご輪番は九州の方 大坊守様も坊守様も佐賀のお寺から 

お忙しいのでご挨拶の機会はあるかなあ

と思っていましたら

職員の方やらご輪番とも一緒に飲んだとか^^

返す返すお世話になりました





私はと言いますと 1時間だけのリフレッシュタイムをいただきましたよ!
a0204371_1643308.jpg


ご覧のように子連れです

皆 自分の為だけの1時間を作り出すのは至難の技の毎日です

どうにか家の中の事や仕事を遣り繰って駆けつけました

何をするかと言いますと ここで 「 空手ビクス 」 をやるのです

友達の空手家が先生です



皆忙しいので無駄なおしゃべりをやっている暇はありません

サッと軽快な音楽に合わせて体を動かして たっぷり汗をかきました



自分の為だけに運動できるって なんとしあわせ!

これからも時々参加できたらいいですねえ








と気持ちよく終わるのかと思っていたら・・・

下の子たちが なんと!夏休み最終週になって 「 おたふくかぜ 」 !!

三日三晩寝ずの看病で終りました




今朝は 「 シンちゃんが本当のシンちゃんに戻ってきたよ! 」

といつもより一回り大きく腫れ上がっていた顔が

ちょっとだけしぼんできたことに安心して 顎をなでなでしながら鏡に見とれていたシンちゃんに

私たちもホッと一息の夏休み明けとなりました





今年は寒暖の差が激しいです

どうぞ皆さまも 体調にはお気をつけてお過ごしください






                                         なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2015-08-27 17:10 | 季節 | Comments(0)

嵐が過ぎ去るまで

毎日空模様が気になります

晴れていても風が強かったり・・・  雨が降りつつ蒸し暑い・・・

ただ今血圧も上昇中です

台風が通るなら 「 さっさとお通り下さい 」 とお願いしたくなります



一昨日の大風でも仲良く枝に摑まっていたトマトは

ちょっと傷がついていますが無事な様子

食べるに忍びなく 夏の色に見とれてしまいます


a0204371_15504883.jpg




20日(月)の盂蘭盆会法要にお電話をいただいておりますが

初めてお参りの方もどうぞご遠慮なくお参りくださいませ

お車はお早めにお越しいただく方が止めやすい事と思います

西法寺駐車場が止められない場合は近くのパーキングをご案内いたします

駐車場に係りの者がおりますので お声かけください



a0204371_15525869.jpg


嵐の前の夕焼けは 異様な美しさでちょっと怖い色です

どうぞ深刻な被害がでませんように



      
       

           《 盂 蘭 盆 会 法 要 》 


            7 月 20 日 (月)  13 時 30 分~ 15 時 30 分


            講 師    北 畠  晃 融  師
                    ( 築地本願寺前宗務長 )



                                    

                                               なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2015-07-17 16:00 | 季節 | Comments(0)

雨模様に心模様

雨ですねえ

ずっと 雨ですねえ


タウンニュースのH田さんが今月の原稿を取りに見えて

「 緑がいきいきしていて 素敵ですねえ 」

と仰るのを聞いて 改めて眺めています

この長雨のおかげで 先月父が送ってくれた万年青(おもと)も芍薬の葉の隣で青々と生気がでてきました

a0204371_2138358.jpg




昨日無印良品へ久しぶりの買い物に行きました

シャツを見るつもりが セールになっているワンピースがあったりして

私が鏡の所に持って行っては 映して見ていましたら 

20代と60代位のお嫁さんとお義母さんらしき二人が鏡の前で話し始めました


   義母   「 これ いいと思うの 色も生地も気持ちいいわ  どう? 」

   嫁(?)  「 う~~ん、色はいいと思いますけど、サイズが合ってないですよ 」

   義母   「 あら、 私はいつもこのサイズをTシャツやタンクトップに羽織ってるのよ 」

   嫁(?)  「 ・・・・・でも、合ってないなってわかりますよ 」



ここで、私の心はざわざわしてきました ( 嫁!空気を嫁! あ、違う空気を読め!)

会話の流れはそのまま流れのままに・・・・・



   義母   「 !!じゃあ! 私はあなたの言う通りなら持っている服全部

             変だってことになるわよね! 」

   嫁(?)  「 いや・・・・ 私はただ お義母さんが聞くから体に

            合ってないですよって言っただけです  」 


   義母   「  あなたの言い方を借りるなら あなたの今の服装だって

             サイズが小さすぎるわね!  」 


   嫁(?)  「 ・・・・・・・・ 合ってないから合ってないって言っただじゃないですか 」





いつのまにか、フロアーの皆がピーンと聞き耳を立てつつ

距離をとって静かに流れを見守っているような感じになっていました

私も最初は鏡の二人の間に割って入って他人の目に気が付いて 『ちゃんちゃん!』 と終るかと

ワンピースを持って割り込んだりTシャツを持って割り込んでみましたが

はた、と辞めました





じめじめした梅雨時だし

まあ、こんなに人前でぱあーっと言い合って毒出しするのも良いかな?と思ったのです





喜怒哀楽が人生やし と

後は 「二人ともがんばれ」 とその場を後にしました








雨ばっかりだとイライラしますよねえ

人間関係の中だけにかかわらず お天気模様にまでこの頼りない心は左右されて暴れます

私も 「普段はこんなことで子供を叱ったりしないんだけどなあ」 

と思うところで叱ってしまったりが多くなります

そんな日の夕食には子供達の好物が並んだりして・・・ごめんなさいです

あの お義母さんとお嫁さんの心も落ち着いたかしら

その夜 「本当にねえ 頼りないことだ」 と思いつつ鏡の顔を見たことでした




a0204371_1164728.jpg


なので私は「 暴れる心対策 」 の一つに 梅雨時期の洗濯物には糊付けをしまくるのです

シーツも枕カバーも子供たちの制服も住職の白衣も足袋も

生乾きでパリッとアイロンをかけると制服のシャツだって自分で立っちゃいます



木綿がパリッとしているのはとても気持ちの良いものです 

ぴりぴりぴりぴり いらいらいらいら うつうつうつうつ する季節ですからね 

( そんなことに力を入れるため、 お掃除はイマイチですけど・・・ )

お互いに皆そう感じる季節みたいですから




 「もうちょっとで 夏ですね」 と 梅雨の快適を探し探し 過ごしていきましょうねぇ





                                               なもあみだぶつ








 


   
by shinwoyorokobu73 | 2015-07-04 11:20 | 季節 | Comments(0)

こんな休日

桜に見とれたのもほんの一瞬だったような・・・・・

もう周りはすっかり新緑に包まれています



庭の草花も 勢いよく伸び始めて

その力強さにまたまた見とれているうちに 辺り一面草だらけになっていて

せっせせっせと草むしりしたゴールデンウィークでした



野菊は すっくと伸びた先にこんなにかわいい花が咲くので

花が終わるのを待って抜いていこうと思います


a0204371_21193847.jpg


今年も連休中は遠くへ出かけることなくのんびりと過ごすことになりましたが

お休みに入る前からちらほらと お寺を訪ねてくださる方達がいらっしゃって

「 留守にしなくてよかったな 」 と思うこと度々でありました



多摩センターから訪ねてくださったお方は 脚がお悪くて両脇に松葉杖でお出ででした

「 自分の葬式の時にお経をあげて貰うだけでは嫌なので

  生きているうちからそろそろ法話を聴いたり仏教に親しんでいきたいと思いましてね 」

と仰るので 確かに これからの人生が違ってきますからねぇ と頷いたことでした

せっかくお出ででしたが この西法寺は多摩センターからは遠いので 

お近くのお寺さまを何ヵ寺かご紹介させていただきました




階段でその方を支えて降りすがら 「 左足がお悪いですか?」 とお聞きすると

「 いいえ 両方です  60年になります 」 と答えられました

「 長いですね 」 「 そうですねえ 」 と話して見送りました 

お早く良いご縁があったならいいなと思います





a0204371_2283765.jpg


阿弥陀経の会は 一週間前にご案内したにもかかわらず

みなさま ようこそ ようこそ 

私はちょと体調が良くなかったので お給仕だけで引っ込んでしまい失礼いたしました



会が終ってお茶をお出ししていたら 初めてご参加のご夫婦が

「 とても楽しかったです 今度はお友達も誘って出席します 」 と仰っていました

仏さまの教えの中でも私たちがいただいているお念仏は

丸ごとの賜りものですから そのまま「どうぞ」と薦めやすい

他利利他で円満  たのしみです 



a0204371_2320182.jpg


子ども達とはバターを使わないクッキー作りにはまってしまい

いろいろ焼いては まだ温かいのに一瞬で食べてしまうの繰り返し

トモちゃんはいろんな顔のバリエーションを思いついては作り

大 大 大満足♡

お休みならではののんびりした時間でした



a0204371_232493.jpg


ちおんちゃんは今年もイチゴ摘みに精を出して

ジャムの瓶を何個も作ってはそのまま食べたり イチゴミルクにしたり

相変わらず食い気ばかりのお嬢さんです



a0204371_23303661.jpg


シンちゃんは いただいたカブトムシの幼虫を逃がすと言って

腐葉土へバイバイ^^ と ご満悦♡

もりもり太ったカブトムシの幼虫は 

シンちゃんにとってはただの大きな芋虫にしか思えなかったんですよね

( これがカブトムシに成るなんて思えないのです)




a0204371_2335185.jpg


私の体調を心配しておご馳走を届けてくださったKさん 

本当においしかったです 子供たちは夕食前にお腹いっぱいいただきましたよ

ありがとうございました

ピアノのリサイタルには伺えなくて残念でしたが 是非次を楽しみにしています



a0204371_23445946.jpg
 

連休最終日 お肉屋さんのおばさんと話すご婦人の声

「 お休みに動くと どこも人でいっぱいでしょ?

  疲れ切って仕事に向かうのはもう嫌だから

  今年は家で ちょっとおいしい物でもいただいて過ごそうってことで 」

とおいしそうな上等のお肉を買っていらっしゃいました


( 上等お肉は無しだけど 我が家と似たお休みの方もいらっしゃるんだ ^^ ) 




みなさんはどんなお休みを過ごされましたか?

この週末でお仕事モードに戻して 

気持ちの良い5月を過ごされるとよいですね

                                      なもあみだぶつ



      《 降誕会法要のお知らせ 》

        5月 24日 ( 日 )  13時30分 より 

        ご講師   香 川 孝 志 師   (元鎮西敬愛学園長)



        ご法話はどなたでも出席 お聴聞いただくことができます

        事前の予約はいりません どうぞお参りくださいませ
by shinwoyorokobu73 | 2015-05-09 00:05 | 季節 | Comments(0)

3.11 この日に思うこと

今年も今日が巡ってきました

リアルタイムに映像で見てしまったあの出来事が

この季節の光とともに まだヒリヒリと思い出されます

a0204371_15161772.jpg



先日人と話をしていて気づいた 3.11以来私が変わったこと

それは玄関を子供たちや住職が出て行く時は 必ず見送りに出る事・・・・・

初めてお会いする方 知り合いやご門徒とのひと時を大切に思うこと・・・・・




「 行ってらっしゃい 」 と言えること

「 お帰りなさい 」 と迎えられること

「 初めまして 」 と出会えること

「 またお会いしましょう 」 と微笑みあえること

日常をいただくように過ごしていることが多くなりました




同じ時に激しく揺れたあの時に

先に往かれた多くの方々に 

私も あなたも いつ往くかわからない命を生きているのだと教えられました



それまでは阪神淡路大震災も恥ずかしながらニュースでした

新潟中越地震もしかりでした

ぼんやりと生きていたことが恥ずかしく思い出されます



「 がんばりすぎないで 」 と言ってくださる方 ありがとうございます

大したことは 今も 相変わらず出来てはいないのですが

でも もったいなくて


a0204371_15321015.jpg



今は 生きている間の逆境なら その逆境に親しんで

順境にあるのなら順境に親しんで 生きていきたいなあ と思うのです



目的地はもうすでに準備していただいていますからね




昨年お亡くなりになられました稲城和上様が

「 亡くなった方に生きている私が出来ることは 『あなたの死を無駄にはしません』 と生きること 」

とおっしゃっていました




今年も そうしていきたいな と思います



                                                なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2015-03-11 15:46 | 季節 | Comments(0)

芽生えの季節です

またまた雨です

でも  今までの冷たい雨ではなくなってきていますね

a0204371_1125346.jpg


昨日 ガーデンセンターで沈丁花を一株もとめました

薫りがよくて幹が美しくいので  もみじの根元をこの枝葉が飾れば

殺風景な冬のもみじの根周りがしっくり落ち着くかなと

ただ・・・関東の春はまだ油断ができないので 地植えはもうしばらく待ってからにしましょう


顔を上げてみると 鉛色の空にも 雨に濡れた椿の照り葉がきれい


a0204371_1141282.jpg




昨日の午前の一周忌のご法事は 始まる前に話し 終わってからも話し

2時間も・・・お話が楽しくてゆっくりし過ぎたかもしれませんね ( すみません )



車の免許を取ったばかりのご長男の運転でお参りくださいましたが

お父様は 「助手席には母親ではなくて自分が座らないと」 と仰る  なぜでしょう?




「 母親は 彼が判断する前に注意をして 失敗をさせないんですよね 

  自分で判断する時に一番力がつくのに 」




なるほど ですね

母親はどうしても口が出てしまいがち・・・・・わかります 

何事もそうですね  我がことと受け止めて初めて身に付くものですから




そんな風に家族が育っていらっしゃるので

お嬢さんも 息子さんも ご家族みなさんがご法話をじっくりとお聴きになります

そして 疑問は何でもお聞きくださるので こちらも安心です





a0204371_12124640.jpg


そう 昨日はご法事の最中に初めて訪ねて来てくださった方がありました

「 こんなことを聞いていいのかわからないんですけど 」 と言って


「 先日お葬儀を葬儀社さんの紹介で 青葉区ではない遠くのお寺さんでやっていただいたんですが

  やはり 近くのお寺さんが良くてご相談を・・・・ 」





よくあるご相談です

特にお彼岸前にはいろいろなご相談をお受けします

昨日はご法事中でしたので 改めてご相談をお聞きすることといたしましたが

どんなことも まずは顔を見てお聞き下さいませ

相談料などいただきませんのでご安心して^^





上の写真は 右の少し大きい葉っぱは 3年くらいのクリスマスローズ

左の芽が出たばっかりの赤ちゃん葉っぱは 去年こぼれた種から出て来たばかりのクリスマスローズ

枯葉に隠れてわからなかったのですが たくさん発見!かわいいです







a0204371_12251295.jpg



お母さん花は12歳で 今年もいっぱいに花をつけています

白いお母さん花がうつむいて 子供たちを見つめているみたいです

芽生えの季節です



                                            なもあみだぶつ




        < 3月のお彼岸法話会 >


             ご講師   内 藤 昭 文 師  


                浄土真宗本願寺派 司教     大分県中津市 法行寺住職 










  
by shinwoyorokobu73 | 2015-03-07 12:43 | 季節 | Comments(4)