カテゴリ:季節( 67 )

蒸しますねぇ

今日は富士山の山開き

山の上は涼しいのでしょうか



平地は蒸し暑いですねぇ

まだ 体が慣れていませんから どうぞ皆さまお気を付けください



先週は久しぶりに 『 阿弥陀経 』 を読む会がありました

いつもの皆さまで 体調をお崩しになっていてお休みの方もいらっしゃいましたが

ようこそ ご参集くださいました



終了は15時の予定が、終わってからの雑談が盛り上がり

16時になってしまいました 

また 次回もたのしみに


a0204371_11422247.jpg


その後すぐに 私だけ佐賀へちょっと帰っていました

一人でたまプラーザから空港リムジンバスに乗ったのは初めて!

やはり雨 雨 雨 でしたが 両親の顔も久しぶりに見れて 安心して帰って来ました



10数年ぶりに入った地元のお寿司屋の大将が

「 私が店を出して30年です。 やっと息子が店を手伝ってくれるようになって

  随分 楽になりました。 」  

と 安心の笑顔が印象的でした



私達がお寺を横浜に建てて10年になると話すと 大将は


「 初代はそりゃあ大変ですけど、自分の好きなよ~にできますからね

  自分のことを『好い』と言う人が集まって下さることも 本当にありがたいことだと実感できますもんね 」


そう!そう! 実感っていうことは本当に私にとっても分かる所です

20年後 私達もこんな満ち足りた顔で 次の人にバトンを渡せたらいいなぁと思います




a0204371_1342255.jpg


本日 住職は千葉へ 『 聖典学習会 』 の講師として出講させていただいています

熱い思いをお持ちの若院さまからのお誘いをいただきました

一日中 皆さまと共に教えを味あわせていただくことでしょう

ご住職様 坊守様 お暑い中ご準備ありがとうございました

本日はお世話になります






写真は西法寺の本堂に 『 仏教讃歌集 』 をご寄附いただきました

お蔭さまでこれから 大きな字を見ながら一緒に歌うことができます

少しずつ 少しずつ 支えていただいて お寺らしくなり ありがたいことです





お盆法要は 7月22日(金) ご講師は大分県より 内藤昭文 先生 です



その頃は 夏ですね


                                                 なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2016-07-01 14:27 | 季節 | Comments(0)

草花揺れるお休み

ゴールデンウィーク 始まりましたね

今年は前半お天気に恵まれて遠出をする方も多くいらっしゃるようです

どうぞ事故がありませんように




最近のゴールデンウィークと言えば

お寺巡りの方も見えられるようになって 外の掃除をしていると

「 こちらは浄土真宗のお寺さんですか? 」 

とよく訊かれるようになりました


a0204371_11575111.jpg


中には 「 自分が死んだらどこの住職にお葬式をお願いしようか 」 

と真剣に見定めにお出での方もいらっしゃいます

箒を持つ私にいろいろとお訊きになりながら

 

 『 この人は 本当に 本当のことを言っているんだろうかな

   ホームページで言っている通りのお寺だろうかな?

   この寺を 信用してもいいんだろうかな 』



と、いかにも不信たらたらの目で私の目の奥を見つめてくる高齢紳士もいらっしゃいます





わたしも 世の中やお寺やお坊さまに人が不信だらけなのはよう理解できますので

 
 『 どうぞ、 よ~うく見定めてくださいませ

   わたし達はあなた様を騙すつもりは毛頭ございませんよ

   間違いなく うちの住職はそれはそれは有り難い住職でございます

   親鸞聖人の教えに惚れ込んで生きとりますですよ 』



と、こちらも目ん玉を見開いて見つめ返すのであります

と言っても、個人のお好みもございましょうから

みなさんに近隣の浄土真宗のお寺の住所が載っている 「組報かながわ」 を お渡しします

わたしの所にご縁のあった方はまたお見えになりますし

無かった方はどこかのお寺様へきっとご縁を結ばれていらっしゃることと思います





a0204371_12225486.jpg
 

きのう初めてお見えになった方は ご法事も終わっていましたので 私も長く話してしまい

それでも まだ話し足らなさそうでしたので 本堂にお誘いしました

ちょうど 牡丹餅を作っていたのでお茶をお出しして よい時間をご一緒戴きました

5月22日(日)の法話会に またのお越しをお待ちしていますね




きょうは 下の二人は先日の『土曜親子体力測定』の振り替え休日なのでお休み

動物園へ出発しました

お寺の中は静かです






                                                  なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2016-05-02 12:39 | 季節 | Comments(0)

桜 桜

いつもの事とはいえ、桜の花見の時期は冷えますね

a0204371_23225459.jpg


今年は穏やかな日が続いていて 

土日は 青葉台までの商店街の桜並木沿いに ここに来て初めてだけれども

ちんどん屋さんが来ていたり 

路上でライブのお兄さんたちが居て 

その目の前で小さなお兄ちゃんと妹ちゃんが体育座りして聞いており

その横のベンチには外国人のお兄さんがリズムに乗ってハミングし

それをおじさんが自転車を止めてにこにこして聞いてるんだか見てるんだか

おばちゃん達も買い物袋を手に足を止め みんな桜とその賑やかさを楽しんでいました 





桜が咲いて散っていく何でもない日が ほっとする春のお休み




と言うのも 先週ひどい風邪をひいてしまいました

インフルエンザでもないのに 歩けない程ひどい風邪は初めてです

「 だんだん疲れがとれにくくなる年齢になるから

  無理のない日常生活を心がけましょう 」 

お医者さまからそう言われても 今までは「 なんの なんの これくらいの風邪 」と

言うことを聞いたことは無かったのですが・・・

今回は 「 これは危ないかも 」 と思いました

身体の変化を感じる最近 

老いへ成長していくことに まだ何だか気持ちの方が慣れません

先日友人とも話したのですが

この体調の変化は ちょっとゆっくりと 足元を見直すいい機会かもしれない







朝 裏口から出て顔を上げると 昨年も盛りを見過ごした裏山の大桜に花が咲いていました

葉と花が一緒に出て咲く山桜

いつも はらはらと散る時に 「 あっ 」 と見過ごしたことに気が付くのでしたが

今年は咲き初めに出会いました

足元には たくさん発見がありそうです

宜しくお付き合い おねがいいたします





                                                 なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2016-04-03 00:26 | 季節 | Comments(0)

彼岸を思う日

本日は 法話会が始まる直前に雨が止み

お日様まで顔を出していただいて

天気予報も こんなハズレ方はうれしい そんな法話会となりました

a0204371_22535390.jpg


うじゃっと子供たちもお参りで

2時間半みんなお利口さんで 静かに・・お参り・・・

出来るはずはなく・・・^^

でも 大人を邪魔しないように程々に気を付けながら

お彼岸の数時間を 一緒に法話の時を過ごさせていただきました

a0204371_2259157.jpg


最近はうれしい事に 子どもたちや赤ちゃんを連れてお参りいただく方がいらっしゃって

「 キッズルームがあったらなぁ 」 と思っていました

お勤めの後 ご法話の途中で小さい子ども達は うろうろし始めだしたので

今日はうちの住職がご法話でしたから

台所と普段ご講師のいらっしゃるお部屋に

小さい子どもたちは引っ込んで 楽しくワイワイやっていました


a0204371_2354946.jpg


お彼岸にお寺で法話を聴くということは

仏縁の無い方には 「 縁起でもない 」 ようなことかもしれません

元気な時に 「 死ぬ 」 話を聴くのですから



でも、 

私の命がどこに向かっているのかを 聴くということは

私の今の生き方を大きく左右します

ただ生きるのとは見える景色が違ってきます






今 中学生たちが よく 『 世界から猫が消えたなら 』 という文庫本を読んでいます

間もなく病で死ぬという宣告を受けた青年は 

悪魔から 「 この世界から一つ何か消したら 君は一日だけ多く生きられる 」 という言葉をかけられます

最初 彼は自分の命と引き換えに世界からいくつか消してみるのだけれど・・・

誰かから何かを奪って生き延びるということが幸せとは思えなかった

だから 結局 彼は世界から何かを消すことなく 「 死ぬ 」 ことを選びます






【 一生補処(いっしょうふしょ)の菩薩 】 さま は 阿弥陀仏と同じ悟りを得ることが出来るのに

その悟りを得ることをしません

ここは 私はまだ腑に落ちて居なくて 住職にもう少し聴きたいところです

衆生と 〈 共に 〉 救われたい ? ということ?

菩薩の位で 他の人と共に生きることは もう既にそこで如来と同じはたらきの中に在るいうこと?






 『 世界から猫が消えたなら 』 では

青年のお母さんが彼より早く亡くなっています

お母さんは亡くなる前 「死ぬまでにしたい10のこと」 を考えます

旅行に行きたい おいしいものを食べたい・・・でも、本当に死ぬまでにしたいことはそういうことなのか・・・

いや、お母さんが死ぬまでに本当にしたいことは

よく自分の胸に聴いてみると 全部後に残す青年のためにしたいことだった と思い至るのです




住職が話しましたように 今日のご法話ととても繋がる小説です




a0204371_0485227.jpg



私が本当にしあわせであるということは

自分だけの願いで自分だけが嬉しくなることではないのかもしれません

彼の岸を思うとき 此の岸で今を本当に大切に生きるという意味を 静かに考えさせていただきます



ありがたい春の法話会でした





みなさま ようこそ お参りくださいました



                                              なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2016-03-20 00:54 | 季節 | Comments(0)

まちがいなく冬です

雪ですね

朝から中学生たちはザクザクと緩い雪を踏みながら

学校へ向かいました

「暖かすぎる」 と 心地悪く思った この冬でしたが

やっぱり  納得しても困る今朝の景色です


a0204371_13574493.jpg



寒い中 新聞は歩いて届けていただいた跡がありました

今日みたいな日も いつものように



a0204371_1410225.jpg


今年の1月は住職は九州、山口のお寺様へご縁をいただいて

御正忌報恩講のお説教に行きました

1月9日から16日までは京都の本願寺でもお勤まりになっていましたから

京都の本願寺でご縁に遇わせていただいたというお方も たくさんいらっしゃったでしょう

全国津々浦々で一番寒いこの季節にしみじみと仏法をいただくご縁です 

今年も お味わいのスタートですね 


a0204371_1430145.jpg



住職がお世話になったお寺様で下関の了円寺様は

高杉晋作が挙兵後 籠ってお過ごしになったというお寺様だそうです

門は萩のお城の門を移築されたという立派なものということでした

皆さまには 大変お世話になりました


a0204371_14434258.jpg


住職が留守の間 「 次の勉強会はいつですか 」 とお尋ねをいただいていましたが

2月まではお休みさせていただく予定です

またその後の予定が決まりましたら ホームページやこちらのブログでお知らせさせていただきます






東京や千葉からお尋ねの皆さまには 都市開教のお寺主催で

開かれております 『 聞法の会 』 が築地本願寺において3月8日(火)にございます

横浜までお出でいただくよりもお近くですので

どうぞお繰り合わせのうえ 是非お参りくださいませ

住職は13時よりご法話させていただきます
( 先輩ご住職さまには時間の都合を勝手申しました ありがとうございました )





合わせて住職は3月には20日(日)~23日(火) 

千葉県西光寺様でお彼岸法要のお取次ぎをさせていただきます

初めてのご縁です ご門徒のみなさまご住職さま坊守様 お世話になります



a0204371_1603325.jpg


       ↑ ↑ ↑  だいじょうぶ! 生きています!

       雪に挟まれても この葉っぱ枯れてはいません  小さいけど すごいです

     


     私は今朝の雪かきで 右肩 右腕がとても重い・・・

     春が来るまで  冬だから出来ること

     冬だからやらないといけないこと  やりましょう

     きょうは皆さまお疲れ様でした





                                                  なもあみだぶつ

     

 






















 
by shinwoyorokobu73 | 2016-01-18 16:08 | 季節 | Comments(0)

やっと明けまして

1月13日(水) やっと開けまして いや 明けましておめでとうございます

たいへん遅くなりましたが 本年も どうぞ宜しくお願い申し上げます

今日は昨日につづき ほんとうに冬のようです 寒いですね



なんだか もうずっと前の事のように感じますが

今年はいつになく暖かなお正月で 一日の元旦会には

親子2世代 祖父母もご一緒の3世代のお参りが多く年齢差の大きい初お参りでございました


a0204371_10145230.jpg



学生さんだった息子さんがお嫁さんを伴ってお母さんお父さんとお参り



小学校低学年だったなっちゃんは中学生のりっぱなお姉さんになって

おばあちゃんが昔着ていた 今ではレトロな柄行のアンサンブルの着物を

そのおばあちゃんから着せていただいて おじいちゃんおばあちゃん みっき君とご両親とお参り

おじいちゃんおばあちゃんも嬉しい年の始めとなりました




昨年は大変な転機となったMさんYさんは 今年は一息つけるといいですね

今年もちょくちょく話しにお寺に来てください  待ってますよ





報恩講は欠席だったTさん 肺炎が大事に至らずよかった  

元気な顔色にホッとしました 寒い間はお気をつけて






「今年は娘や孫が来なくなったから 元旦会に来られました」

というHさん Tさんに 

 「災い転じて福となす やねぇ  よかったねぇ お参りできて」 と笑う住職に

「 はあい よかったぁ~ 」 と笑顔になってくださって ほんとによかった よかった




a0204371_10334791.jpg




また 住職のご法話が よかですもんねぇ~~




中学生のなっちゃんが 「 きっとつまんないよ 」 と最初は背中丸めて下向いて聞いていましたけど

真ん中くらいまで話し始めると 顔が上がって

最後は背中が シャンと背筋が伸びて 目がきらきらして聴いていました




仏様のお話は お正月から 気持ちがスゥ~~っとしますでしょ?^^

年の初めに本堂に座らせていただいて 法水に浸らせていただくというのは

なんというしあわせかな と なっちゃん達子ども達や

お集まりの皆さまの横顔を拝見しながらほかほかした気持ちにならせていただいたことでした



a0204371_1033626.jpg


お正月は 旅行や帰省で「 留守にしていましたから 」 と

年明け最初の土日までは

お寺にご家族やご夫婦で年始のご挨拶に来ていただく方も多くなり

思わず 「 おかえりなさい 」 とお迎えしますが これも嬉しい始まりのスタイルになりました







また 何故か 年末年始は必ずと言ってよいほど

今まで仏縁の無かった方々が 人生の難題に導かれて

仏法にすがりたい 安心したい と 初めてお寺をお訪ねになります

今年も 初めて他人の頭に五百円禿げというものを見せていただきました

お辛いことだろうと思います



でも 一回ですっきりするほど人生は平坦ではないでしょう

何度でもお参りになって 何度も 何度も ご自分の人生を見直されたらよかろうと思います

いつの間にか その壁は壁ではなくなります

仲間がたくさん集っております

どうぞ安心して 何度でも お参りください

お待ちしておりますから




今年も豆々しくと願って煮た黒豆ももう無くなりました

ストーブから離れがたいこの今日も・・・

がんばりましょう



                                                  なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2016-01-13 11:12 | 季節 | Comments(0)

おつかれさまでした

私だけかもわかりませんが

毎年ぎりぎりまでバタバタと終わりきらずに

新年を迎えてしまいます・・・


これでも一生懸命にやっているのですが

どうしても間に合いません・・・


あそこも綺麗にしたい・・・ あっちも片づけたい・・・

残るところは目をつぶり 

今年も終わろうとしています


皆さま 今年も一年お付き合いくださいましてありがとうございました

a0204371_2326685.jpg


本堂のお華は間に合いました^^v


a0204371_23274886.jpg


黒豆はばっちり美味しくできました


a0204371_23292340.jpg


昨日お掃除に来てくださったおかげで 落ち葉はきれいに無くなり

窓もピカピカ!


後はお家の中だけなのですが・・・

年賀状の写真をみんなで撮り

a0204371_23333570.jpg



まあ これで 良しとして お許しいただきましょう

皆さま 今年も一年間お付き合いくださいましてありがとうございました

来年もどうぞ宜しくお願いいたします



明日 1月1日は 13時半より 『元旦会』 です

どうぞご家族おそろいでお参りくださいませ



                                              

                                                 なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2015-12-31 23:48 | 季節 | Comments(0)

雨と風にびっくりポン

昨日は 朝は大雨  昼には大風でびっくりポンな天気でしたね!

a0204371_15203367.jpg


秋から冬の紅葉に見とれていたら

それも一瞬・・・

びゅーーーん と 一吹き   ざーーーっと 一降り

ああ・・・ 赤い葉も 黄色い葉も 吹き飛ばされてしまいました


a0204371_15322475.jpg


先日の写真で美しい朱色を見せていたモミジも

こんな風に一日でさっぱりポンです

これだと思いの外 落ち葉掃除も早く済みそう


先日 お墓参りのご夫婦が

暮れぎりぎり(元旦会まえ)に 外掃除に来てくださるとお声をかけていただきました

大変たすかります!

前もってお声をかけていただくと

いろいろと他の仕事と予定が立てやすくて^^



a0204371_15463022.jpg


シンちゃんのクジラちゃんも完成

ズボンの丈が短くなってておかしいのでお家の中だけで穿いてね

一つずつ終わっていきます

あせらない あせらない



                                                なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2015-12-12 15:55 | 季節 | Comments(0)

雨上がり



雨が上がって 朝陽が


a0204371_15295611.jpg



シンちゃんが 「 きれ~~い 」 と 見とれていたので

ほんとだなぁ と 




寒いけど いい日です




                                                 なんまんだぶ
by shinwoyorokobu73 | 2015-11-26 15:32 | 季節 | Comments(0)

またも冷たい雨ですね~

さむい~~朝です

先ほどから雨まで降りだしました

朝からストーブつけてお湯を沸かす季節に入りましたね

今流行っているのは喉からくる風邪だそうですよ

皆さま お元気ですか?

私はのろまと昔から言われて嫌だったのですが

やっぱり急な変化には乗れませんで・・・

体が寒さに慣れるのにも時間がかかります


a0204371_1056081.jpg


10月に 「 今年は体調がいいからいらないかなぁ 」 と思いながら

たまプラーザの自然食品店 『 礎波 so-wa 』 さんで

とっても大きな瀬戸内産レモンを見つけてはちみつに漬けていたんです

備えは必要ですねぇ

風邪のためハスキーボイスで電話を受けたら 「 (ホントに) 坊守さん? 」 と言われるので

これでホットレモンを作って元気になるぞ!

受験生もおりますのでね

皆さまもお気をつけて


a0204371_1192031.jpg


『 礎波 so-wa 』 さんは西法寺が出来た年と同じ頃オープンしたお店です

お店に立つIさんは私と同じお年頃ですから

体調の事など話しているとよく話がわかります

誠実な彼女の人柄でたまプラーザ近郊ではなくてはならないお店に成長しています

食品だけでなく衣類 雑貨 本 写真のようにいろんなものが山積みされていますが

彼女はすべてよく覚えていて

お客さんの希望の物をひょいっと取り出すので驚きます

数年前からランチも出しているので一度いただきたいと思うのですが

私はまだそのご縁がありません


a0204371_1124163.jpg




a0204371_11245550.jpg


「 今 焼けたばかりのカボチャのケーキ持っていく? 」

先日 ランチは無理だけど甘さ控えめホクホクのケーキを買ってきました

シナモンの薫りとレーズンがたまりません

人が焼いてくれたおやつってなんでこんなに美味しいんでしょ



いつだったか ご門徒のある方と話した時

「 『 誠実 』 って今も生きる言葉かな?死語だと思ってた

  ここ(寺)に来て 久しぶりに誠実って言葉を聞きました

  そんなこと言ってたら生きていき難いでしょ?」

って言われたことがあります





人が気づくか気づかないかわからない所まで

手をかけ気を遣って 時間を割いていたら損じゃないか?

とお思いだったのだと思いますが

誠実な仕事をしている人の方が

誠実は損じゃないかと思って働いている人のお顔よりも

ずっと満足げな顔をされています





わたしは 満足げな顔かどうかは置いておいて

一生懸命に働いている人の所に引き寄せられていきます

私も騙されて損した気持ちになりたくないのですよ

それも 私が私を一番大事に思っているからで

私のことを大事にしてくださりそうな人の所に引き寄せられているのですよね

相手の事を先に考えて仕事をさせていただく方が 喜ばれる

仕事をさせていただいた甲斐もある

結果 満ち足りていく

私は私が一番大事です 目の前の人もきっと同じく

そのことを自覚していたら

必要とされる仕事になっていく可能性が高くなる

彼や彼女たちみたいに





これは好みなのでしょうか 

父に近いようなご門徒のAさんは 「 楽して暮らしたい 損はやだ 」 とスッパリ はっきり言います

そして 彼は要領よくお金を稼ぎ 今は暮しには困っていないのだけど

だけれども ちょっと虚しい顔をしてたまに話をしにお寺にやって来る

「 先月入院して助からないかもって医者から言われたけど治ったよ なかなか人間死ねねぇな 」 

なんて憎まれ口をたたきながら

「 そんなこと言ってる人ほど長生きよ たまにはご法話聴きに来ないとね 」 と私も笑うのですが





働くのは金の為 と割り切って生きてきて悠々とリタイアしているAさんもありだけど

礎波 so-wa さん達のようにコツコツと日々を働かせていただいて

満足そうなお顔で生きていく人もあると 

確認してホッとするために

そんなお店にときどき通っている気がします






おいしいホットレモンがこんなことを考えさせた

今度は菜種油を買いにいかないとね ( 菜種油も 梅エキスも置いてあるんですよ~~)

つまらん独り言にお付き合いくださってありがとうございました

では では  また  

お元気な一日を


                                                なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2015-11-25 12:11 | 季節 | Comments(0)