降誕会(ごうたんえ)のご縁です

街路樹のハナミズキや山法師が
折り紙のような可愛い花を咲かせる季節になりました
皆さまは 緑の風薫る今日この頃をいかがお過ごしでしょうか


我が家は家族の半分の人間が春に誕生日を迎えます
今年は いつも作ってもらっているケーキ屋さんが定休日で
腕に覚えの無い私 う~んどうしよう・・・と思ったのですが
思い切って手作りに挑戦してみました


a0204371_19363956.jpg
お目汚しの写真で失礼いたします
見た目はともあれお味はgood!
今年もみんなで「 おめでとう 」と笑うことが出来てありがたいことでした





a0204371_20284486.jpg

さて、5月21日は親鸞聖人がご誕生されたご縁をよろこぶ『 降誕会 』

我が住職も各地のお寺さまへ 降誕会の講師として出講させていただいております

お世話になります




西法寺では20日の日曜日にお勤めをさせていただきます

この度は本願寺の歴史資料を調査・研究・保存・資料集刊行に取り組む機関に所属しておられました
山形大学教授の大喜直彦先生をお迎えします


先生は第2次長州征伐に於いて大阪城で亡くなった将軍家茂のカルテや、

吉良上野介が松の廊下で切り付けられた直後の様子の記録、

冷酷と思われていた春日局が、部下のために本願寺に便宜を図ってもらうようお願いされた
部下思いの優しい一面が見える手紙等、

たくさんの貴重な歴史的資料の数々を発見されました

また先生は「 悪 」を現代理解で
「 悪い 」や「 乱暴者 」と勘違いしている人も多いと思われるけれども、
これは「 悪 」の歴史的本質を見落とす重大な勘違いだと主張なさっています


    万の生き物を殺す猟師や 万のものを売り買う商人こそ誠の心を見出し得るとして
    「 悪人正機 」を強調なさった親鸞聖人~~(中略)~~
    
    「 悪 」自体の中に「 聖 」なるものに通ずる真実、最も人間らしい心を見出そ                            
    うとしたものといえるでしょう


そう仰る大喜先生に

仏教渡来前後の日本人の『 死 』の認識
平安時代の貴族が求めた造形美に目を奪われた信仰と多額のお金
親鸞聖人が求めていかれた鎌倉時代の『 悪人観 』について
お話しをいただくこととなりました


住職は
   
   現代の私たちが思う『 悪人 』の概念と

   鎌倉時代の『 悪人 』の概念には違いがあると先生はおっしゃる

   私たちは鎌倉時代の『 悪 』の概念を知ることで

   親鸞聖人が「 悪人正機 」ということを通して

   私たちに何を伝えようとしたのか聴くことができる

   そして その事こそが大乗仏教の神髄である ということが明確に浮かび上がってくる



と言います




平安時代の美女も現代に連れて来れば只の人
現代の美女も平安時代に連れていけば只の人
人の好みも変わってきたそうですね
仏教でも言う 変わっていくことが自然ならば


当然言葉の意味が変わるくらいの事はあるはず
私の思い込みや勘違いで 
親鸞聖人の意図した意味と違う理解をしていたら・・・えらいこっちゃ




私もワクワクしております



珍しいご縁ではございますが 降誕会にふさわしいご縁と思います

どうぞ皆さまも お誘いあわせの上 揃ってお参りくださいませ



  《 西 法 寺 降 誕 会 》

   
  ・ 日時  5 月 20 日 (日)   13 時 30 分 ~ 16 時 頃

      
  ・ 講師   山 形 大 学 教授      大 喜 直 彦      
        
        (前本願寺資料研究所上級研究員)




たのしみにお待ち申し上げます


                                 なもあみだぶつ



by shinwoyorokobu73 | 2018-05-15 23:10 | 行事 | Comments(0)
<< 山伏 弁円  山賊 弁円   桜の一コマ >>