さくらさく

先日のお彼岸法要とは うって変わった春ウララ

今日はお昼ご飯の後は ついウトウトしそうな陽気です


a0204371_15001275.jpg
雪のために お彼岸法要にお参りできなかった方が

お参りに見えていらっしゃいます

「 住職のご法話にお参りさせていただきたかったけど~ 」

と仰りながら毎日いろんな方が ちらほらとお参りくださっています 

お中日のご法話の合間にも 皆さんにお出しした牡丹餅を

また作って一緒に頬張りながら 暖かくなってきたことにホッと心も緩みます




保育園のお迎えに ちょこっと留守にしましたら 玄関に紙袋が掛けてありました・・・

ああ、ごめんなさい S木さん


a0204371_15070098.jpg



いつも 仏教讃歌を伴奏くださるKさん

この度の法要でも シルバーグレーな髪の色がとてもシックで上品でした



それを見ていたお友達のご婦人Aさんが

「 Kさんの髪 とっても素敵ね 年相応の自然さがきれいよねぇ

  私はこの間染めちゃった・・・ 

  おばあさんなのに 髪だけ黒々なんてみっともないわ 」




今までそんなこと仰ったことも無いのに

何か心境の変化でしょうか




そう言えば最近

某女子高校生ダンス部のバブリーなダンスが大変ブレイクしましたが、

今見ると 笑いが抑えられないあの姿が

私たちが若かった頃には 実に一般的な若い女性の姿でありました

本当に 若くて何も塗り重ねずとも綺麗だったあの頃に

お嬢さんなのに 化粧お化け・・・

ほんとうに 笑っちゃうほど一生懸命に 何かになろうとしていました





若い時は 若い時なりに

年を重ねると また 重ねた時に 悩みは尽きぬか・・・

Aさんに「 じゃあ もう染めるの辞めちゃう? 」と訊くと

「 う~~ん。伸びるまでが嫌なのよねぇ 」

まだ心が決まらないご様子でした 




a0204371_15472956.jpg




僧侶にならんと 進んだ京都の大学の建学の精神に

「 真実を求め 真実に生き 真実を顕かに 」 生きた親鸞聖人の生き方に学ぶ 

と あったと住職から聞きました





縁があって法話会に通うようなられて その方の教えに触れて 10数年が経ち

ふと 白い髪の美しさに気が付いて

白髪を黒髪に染める自分に 恥ずかしさを感じたAさん

Aさんだけではなくて いろんな方が何だか変わっていかれます





真実に生きるって 「 そうだよねぇ そうだったよねぇ 」と

本当のすがたに 気が付いていくことのように思います

たとえ 人の目で見たら 醜いことであったにしても

目の前に光が当たって 開かれていくことのように思います

見えなかったものが見えていくという 明るさのある世界です




                              なもあみだぶつ




 
















by shinwoyorokobu73 | 2018-03-27 16:34 | 季節 | Comments(0)
<< 桜の一コマ 桜に雪!?のご法要でした >>