春彼岸

暑い暑いと先週は 子ども達の半袖を出したりしたのですが

今日はまたダウンコートが必要な寒さ。

身体がついていかない感じがします




明日はお彼岸の法話会をお勤めさせていただきます

冷たい雨のお彼岸法要となりそうですが

どうぞお誘い合わせてお参りくださいませ

a0204371_16375975.jpg
 

  《 春のお彼岸法話会 》

   3 月 21 日 (水)  13 時 30 分 より 15 時 30 分 頃まで
  
   ご法話    住職  西 村 信 也                   









この冬は本屋さんに山積みされている

『 君たちはどう生きるか 』という本が販売部数250万部突破と聞いて

驚いてまた読み返しました

「 最近の若者は・・・ 」なんて年寄りの枕詞は使えません

今も昔も若者の心は柔らかく強い

いえいえ、これを再び読んでいる 昔若かった我々もまだ




その目で本屋さんの本を眺めていましたら

表紙に スタジオジブリの『崖の上のポニョ』に出てきた宗助ちゃんのような男の子を描いてある

『 兎の眼 』という本を見つけました

昔 『天の瞳』と共に 私が小学校の先生になりたい!と思ったきっかけの本でした

表紙の絵の男の子は主人公の鉄三ちゃん 描いた人はやはり元ジブリの近藤さんでした

現代風の文庫本になったその本を買って帰って 

早速 住職に

「 これこれ! この本に出てくる鉄三ちゃんがあなたによく似ているのよ!

  感性が人とちょっと違う所が。  

  人に怒る所も 赦す所も 信用する所も もう!そっくりなのよ!

  読んで見て! いいから! 絶対いいから! 」



そう言って勧めてみても このお方 

勧められて直ぐに飛びつかないのは分かっていましたから

机の上や パソコンの横 枕元 等々の目にはいる所に置いておくことどれくらいだったでしょうか ある日



住職「 おい! お前はこれ、この兎の眼って何のことを言っているかわかって

  俺にこれを読めって勧めたのか? 」


私  「 え・・・? 兎の眼って鉄三ちゃんやら足立先生たちのような眼のことでしょう?」


住職「 お前は、これだから・・・ せっかく良いところまで行っていても掴めないのはそこぞ 」


住職「 この著者の灰谷健次郎が言っている兎の眼は善財童子の眼差しのことじゃないか!

    善財童子というのはな、『華厳経』の入法界品にでてくる子供のことで

    文殊菩薩のご法話を聴いて自分も悟りを求める菩薩の道を歩みたいと思ったのさ。

    文殊菩薩は功徳雲というお坊さんを訪ねなさいと言われて、善財童子の求道の旅が始

    まる。最終的には53人の善知識(悟りに導く人)を訪ねるのだけれど(これが東海

    道五十三次の起源)面白いのはこの53人は決して高僧ばかりではないんだ。

    残忍な国王や 自分を誘惑してくる遊女だったり・・・・・・・・・・・・・ 」



 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


この本を読んだ若い頃、善財童子が何なのか全く興味が無かった私は

そこの所はすっ飛ばかしてストーリーを追っただけだったようです

住職のおかげで 数十年ぶりに作者の込めた 人の悲しみ喜び苦しみ願い共感が

自分が歩いて来た景色と重なって より彩り深く感じられるようになりました

親鸞聖人のお書きくださった教行信証の最後にも華厳経からの引用があることも教えていただき、私には今までは書かれた言葉が 文字にしか見えていなかったものが
書かれた言葉が声になって聴こえてくるようです

明日はこの事にも触れながらご法話いただけると思います

たのしみです

是非みなさまもご一緒に お彼岸のご縁にあわせていただきましょう





明日は雨と寒さでお足もとが悪くなると思われますが

どうぞ どうぞお気をつけてお参りくださいませ   

楽しみにお待ち申し上げます


                           なもあみだぶつ




by shinwoyorokobu73 | 2018-03-20 22:36 | 行事 | Comments(0)
<< 桜に雪!?のご法要でした 春を待つ間に >>