報恩講の季節です

a0204371_9194246.jpg


日曜日は 『 阿弥陀経 』 を読む会でした

机の配置を変えてみました

( だんだんご参加が増えてくださっていますので お席をちょっとでも気持ち良く と ^^)

写真は 「まだ全員お見えじゃないけど 始めましょうか?」 というところです

最近は日が落ちるのが早くなりましたからねぇ



シンちゃんとお姉ちゃんのキョウちゃん、チオンちゃんが風邪の為

坊守はこの日も皆さまとご一緒できず・・・ちょこちょこと障子の後ろで耳をそばだてて聴くも

よく聞こえず

後になって 「 チッタ プラサーダ の チッタ を 鳩摩羅什さんが何と訳したの?」

        「 何で 『浄く』 だと意味が不自然だと三蔵法師は考えられたの?

          ちょっとよく聞こえなかったんよ  ねえねえ 」

などなどなど、嫌がる住職を捕まえて訊くも

聴きたいと思ったことは 思ったその時に訊かないと

何を訊きたかったかも忘れてしまうこの頭




住職、 皆さん、どうかずっと続けてくださいね




私は何回も何回も聴かないと覚えないし

何回も何回も聴いても忘れるし

聴くたびに 「 ああ~ そうかぁ そんなにまで偉い方々が生涯かけて

          辿って下さった 細ーい糸のような真実なのだなぁ

          今の この時代に 聴かせていただいても 凄く クリアーな話だなぁ

          こんな事を聴けるなんて ありがたいことだなぁ なんまんだぁぶ 」 と思っても



その度にあちこち忘れて 「また聴かなくちゃ」 の 繰り返し

でも、忘れてもこうやって何回も何回も聴くことが出来ることは 本当にありがたいことですね



a0204371_948478.jpg


住職が3日に川崎のK願寺さんの報恩講に出勤させていただきました

この写真はその時に住職がいただいて来たお斎(おとき)です

いつも白い里芋と色の鮮やかな人参によくお味が染みていて 本当においしいのです♡ 

私は 「里芋を残して来てくれたら嬉しいな」 と実は毎年心待ちに^^

婦人会のみなさんが ゆっくりと煮てくださっているのでしょうねぇ

今年もゆっくりと坊守まで味あわせていただきました ありがとうございます  

本当におご馳走さまでした



a0204371_1095553.jpg


その前に住職が出勤させていただいたS乗寺さんの報恩講では

今年も銀杏の実をいただいて来ました

こんなに白く成るまでは 手のかかる実です

いつも ありがとうございます

今年は茶碗蒸し以外にも使ってみたいなぁ





秋は全国の浄土真宗の寺々では報恩講がお勤まり 

ご恩報謝の味がする戴き物が多くて 寒い季節になって来たのに温かくなります




a0204371_10301232.jpg


私は今日は何のご報謝をさせていただきましょうかね





西法寺では 「 おみがき 」 を 11月8日(日) 13時~ 行います

ご一緒に仏具をきれいに磨いてくださる方、ご都合のつく方は

汚れてもよい服装で どうぞお手伝いくださいませ






いつもより山椒の葉が長く枝にとどまって

ゆっくりと黄色くなっていきます

どこもかしこも美しい 

美しくないのは・・・  我が家の中だけ・・・

お寺の足元 ここを一番にご報謝でお掃除が必要だったわ

のんびり見とれている場合ではない!



                                              なもあみだぶつ









 
by shinwoyorokobu73 | 2015-11-05 10:48 | Comments(2)
Commented by at 2015-11-08 08:27 x
こんにちは。頂いたハガキに10月30日と書いてあったので、「きっと11月すえのことかな」と思っていました。なんと今日の事とは‼︎
Commented by shinwoyorokobu73 at 2015-11-09 17:15
Yさんごめんなさいね!
最近どうも夫婦して呆けかけていてね・・・
お許しください^^
おみがきありがとうございました
報恩講も待っていますね
<< おかげさまで 経典に学ぶ >>