春のお彼岸、番外編

ぽかぽか陽気もほんの一時で、
今日はまた冷え込んで空は雪雲のように渦巻くようなねずみ色です。



お彼岸の中日でお参りに見えた方も

「 また冬に戻ったみたい。何を着るか迷うわねえ。 」 

と厚手の上着を羽織ってお出でした。



a0204371_14363637.jpg


先日の法話会などの時もそうですが、こんな私でも

気持ちよくお迎えが出来るように何日か前から気合を入れるようにしています。


お手洗い、玄関、廊下の隅に誇りはない?洗面所の鏡はくもってないか?

ただでさえ狭っくるしい西法寺です、せめてきれいに掃除だけでもしてお迎えしたい。


ご講師が到着される一時間ほど前、



講師部屋を最終確認。

テーブルの上に埃なし。

座布団、OK。

テーブルクロス、OK。

床の間の花、OK。

床の間の掛け軸も真直ぐ、オーケ・・  「 えええええ~~~~~~~! 」



掛け軸に髭がはえている~~!

その髭は床の間の壁まで延々つづいており・・・・・・・

a0204371_14563100.jpg


犯人は現場に戻って来るという。
野次馬の中に犯人らしき男の後ろ姿が。


とっ捕まえて聞きただす。






a0204371_1521777.jpg


この犯人あっさり犯行を認めるも、


まったく反省の色なし・・・・・


子育ては予定通りにいかぬもの。 トホホです。



                                     
                                             なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2014-03-21 15:08 | Comments(0)
<< ふたたび歎異抄。 春のお彼岸法話会、2014。 >>