秋の法話会がスタートです

a0204371_1053640.jpg
季節が変わってきたのが肌で感じられるようになりました。

ちょっとだけ透明になったような空気に
身体がホッとしています。

こんな時期は信ちゃんは鼻水とおともだちだけど、
元気にちょろちょろしています。



 さて、秋のお彼岸の法話会のご案内です。

               
               9月15日 (日)  13時半より 

               講師      阿部信幾 師 ( 群馬県 西福寺住職 )


阿部先生には昨年初めてご縁をいただきました。

優しい口調ととてもわかりやすいお取次ぎにはファンのお方も多く
ずっと先生の勉強会に通っておられる方もたくさんいらっしゃいます。



早めに来て本堂でお弁当を召し上がる方もいらっしゃいます。

「 私もそうしようかな 」 とお思いのかたは

お茶はご用意しております。
どうぞどうぞご遠慮なさらず早めにお出て
足を伸ばしてのんびりと召し上がってくださいませ。





そして、そして、上の写真を見てお気づきの方がいらしたらとっても嬉しい。

欄間に鳳凰が。 

そうなんです。 よう、やっと、欄間が入りました。

鳳凰が大きくてちょっとレトロな感じなのは、

実はこの欄間、北九州の西法寺の以前の本堂の欄間だったのです。

それをこの夏金箔を塗り替えて、

横浜の西法寺の本堂に合うように手を入れていただいたのです。

住職の祖父の代に、ご門徒の皆さまとお迎えになったものです。



出来上がった写真を送ると、

「 引き継いでいってくれ~~! 」 と義兄さんからメールが来ました。

目に見えないものまで一緒にいただいたような、

美しさとともに心強さも感じます。




ちょっとずつ、ちょっとずつ、歩いてきました。

全部じゃ~~~んと揃ったらさぞスッキリするだろう・・・・・

そんな風に夢見た時もありました。

でも、最近はこれでよかったんだ。 

そう思うようになりました。




ゆっくりと待つ。

機が熟す、縁に恵まれる。

そんな時や瞬間って訪れたりします。

人との廻りあわせなんかもそう。

「 ああ、出遇うようになってたんですねえ。 」

そんな会話もとっても増えました。

そして、上手くいかず、「今ではないのだ」と諦めることだってあります。



ちょっとずつ、ちょっとずつ、また歩いて行こうと思います。




                                          なんまんだ~~ぶ
by shinwoyorokobu73 | 2013-09-12 11:15 | Comments(0)
<< 台風一過。 夏の終わりの休養 >>