降誕会(ごうたんえ)のご縁です

街路樹のハナミズキや山法師が
折り紙のような可愛い花を咲かせる季節になりました
皆さまは 緑の風薫る今日この頃をいかがお過ごしでしょうか


我が家は家族の半分の人間が春に誕生日を迎えます
今年は いつも作ってもらっているケーキ屋さんが定休日で
腕に覚えの無い私 う~んどうしよう・・・と思ったのですが
思い切って手作りに挑戦してみました


a0204371_19363956.jpg
お目汚しの写真で失礼いたします
見た目はともあれお味はgood!
今年もみんなで「 おめでとう 」と笑うことが出来てありがたいことでした





a0204371_20284486.jpg

さて、5月21日は親鸞聖人がご誕生されたご縁をよろこぶ『 降誕会 』

我が住職も各地のお寺さまへ 降誕会の講師として出講させていただいております

お世話になります




西法寺では20日の日曜日にお勤めをさせていただきます

この度は本願寺の歴史資料を調査・研究・保存・資料集刊行に取り組む機関に所属しておられました
山形大学教授の大喜直彦先生をお迎えします


先生は第2次長州征伐に於いて大阪城で亡くなった将軍家茂のカルテや、

吉良上野介が松の廊下で切り付けられた直後の様子の記録、

冷酷と思われていた春日局が、部下のために本願寺に便宜を図ってもらうようお願いされた
部下思いの優しい一面が見える手紙等、

たくさんの貴重な歴史的資料の数々を発見されました

また先生は「 悪 」を現代理解で
「 悪い 」や「 乱暴者 」と勘違いしている人も多いと思われるけれども、
これは「 悪 」の歴史的本質を見落とす重大な勘違いだと主張なさっています


    万の生き物を殺す猟師や 万のものを売り買う商人こそ誠の心を見出し得るとして
    「 悪人正機 」を強調なさった親鸞聖人~~(中略)~~
    
    「 悪 」自体の中に「 聖 」なるものに通ずる真実、最も人間らしい心を見出そ                            
    うとしたものといえるでしょう


そう仰る大喜先生に

仏教渡来前後の日本人の『 死 』の認識
平安時代の貴族が求めた造形美に目を奪われた信仰と多額のお金
親鸞聖人が求めていかれた鎌倉時代の『 悪人観 』について
お話しをいただくこととなりました


住職は
   
   現代の私たちが思う『 悪人 』の概念と

   鎌倉時代の『 悪人 』の概念には違いがあると先生はおっしゃる

   私たちは鎌倉時代の『 悪 』の概念を知ることで

   親鸞聖人が「 悪人正機 」ということを通して

   私たちに何を伝えようとしたのか聴くことができる

   そして その事こそが大乗仏教の神髄である ということが明確に浮かび上がってくる



と言います




平安時代の美女も現代に連れて来れば只の人
現代の美女も平安時代に連れていけば只の人
人の好みも変わってきたそうですね
仏教でも言う 変わっていくことが自然ならば


当然言葉の意味が変わるくらいの事はあるはず
私の思い込みや勘違いで 
親鸞聖人の意図した意味と違う理解をしていたら・・・えらいこっちゃ




私もワクワクしております



珍しいご縁ではございますが 降誕会にふさわしいご縁と思います

どうぞ皆さまも お誘いあわせの上 揃ってお参りくださいませ



  《 西 法 寺 降 誕 会 》

   
  ・ 日時  5 月 20 日 (日)   13 時 30 分 ~ 16 時 頃

      
  ・ 講師   山 形 大 学 教授      大 喜 直 彦      
        
        (前本願寺資料研究所上級研究員)




たのしみにお待ち申し上げます


                                 なもあみだぶつ



# by shinwoyorokobu73 | 2018-05-15 23:10 | 行事 | Comments(0)

桜の一コマ


「 腹を割って話が出来る人間なんて そうそういないですよ 」

桜並木の下を二人で歩きながら そう彼女が言うのを聞いて

ハッとしてその目を覗き込んだのです

そう 最近私は そんな言葉を別の誰かから聞いたばかりだったから



「  顔で笑ってても 目は笑ってなかったり

   相手の顔色を見ながら 適当な距離で 適当な相づちを打って 

  『ホホホホ じゃあまた』って愛想笑いしてお終いなんだもの 

  私は本音でしゃべりたいのに 」



春の陽気とは裏腹な 目の覚めるような切れ味鋭い彼女のお言葉に

佐藤愛子さんの『90歳 何がめでたい』の本を読んでスカッとするのと 

同じような感じを受けたのです

彼女は90歳にはまだまだですが、オーバーセブンティ





嘘っぱちが嫌いらしい彼女は


「 私 しょっちゅう怒ってるの 

  玄関を出た所からずっと怒ってるのよ 

  昔は『 最近の若い者は 』って言ってたみたいだけど

  今は年寄りが我さきに人を押しのけて 自分の事ばかり考えてウロウロしてるんだもの 」




そう言いながら 私の目を見てニヤリと笑う瞳は

「 私も年寄りだけどね 」と私に伝えながら 

黒々と澄んでいて

私は きれいな桜を愛で 笑いながら行き交う人のことなんか気にせずに 

何故だか彼女の言葉が気持ち良くて

大声で笑ったのでした


a0204371_15482101.jpg



でも

この人のこと 嫌う人も多いだろう

怒られそうだし・・・

ちょっと怖い^^




a0204371_16333316.jpg

彼女と話して思い出したのですが

むかし、

佐賀のお寺を継ぐことを 悩んでいた所

「 嫌ならやめたら? あんたが継がないからと言ってこのお寺は潰れやせんよ。

  『 私が居なかったらこのお寺は大変な事に成る 』なんて思っているなら

  世の中には ちゃんと仏法学んでいる立派な人も多いのに

  あんたに継いでもらいたいと言ってくださっているご門徒にも失礼だ

  嫌々犠牲に思って居ることじゃあ無い! 」


と言ってくださった方がある





多くの人が「 女の子で 若いのに 偉いね 偉いね 」と

跡取り娘の孝行を 口では褒めてくださっていた時に

その独りよがりの良い人面に呆れて

はっきり口に出してくださった言葉に

パチンとほっぺたを叩かれたような気がした

私にとって 本当の言葉でした





あの頃から

私の周りには

どうも こんな方が多くなったような気がします

いやいや

あれ以来 私にはこういう方の声を聞く耳ができたのかもしれません

一生懸命生きてきた その方 その方の見ている世界の 

「 ほんとはね 」とか「 ああそうか 」を聴かせていただくのが

楽しくてしょうがないのです




                                 なもあみだぶつ



                            


































































# by shinwoyorokobu73 | 2018-04-12 17:41 | 思いがけず | Comments(0)

さくらさく

先日のお彼岸法要とは うって変わった春ウララ

今日はお昼ご飯の後は ついウトウトしそうな陽気です


a0204371_15001275.jpg
雪のために お彼岸法要にお参りできなかった方が

お参りに見えていらっしゃいます

「 住職のご法話にお参りさせていただきたかったけど~ 」

と仰りながら毎日いろんな方が ちらほらとお参りくださっています 

お中日のご法話の合間にも 皆さんにお出しした牡丹餅を

また作って一緒に頬張りながら 暖かくなってきたことにホッと心も緩みます




保育園のお迎えに ちょこっと留守にしましたら 玄関に紙袋が掛けてありました・・・

ああ、ごめんなさい S木さん


a0204371_15070098.jpg



いつも 仏教讃歌を伴奏くださるKさん

この度の法要でも シルバーグレーな髪の色がとてもシックで上品でした



それを見ていたお友達のご婦人Aさんが

「 Kさんの髪 とっても素敵ね 年相応の自然さがきれいよねぇ

  私はこの間染めちゃった・・・ 

  おばあさんなのに 髪だけ黒々なんてみっともないわ 」




今までそんなこと仰ったことも無いのに

何か心境の変化でしょうか




そう言えば最近

某女子高校生ダンス部のバブリーなダンスが大変ブレイクしましたが、

今見ると 笑いが抑えられないあの姿が

私たちが若かった頃には 実に一般的な若い女性の姿でありました

本当に 若くて何も塗り重ねずとも綺麗だったあの頃に

お嬢さんなのに 化粧お化け・・・

ほんとうに 笑っちゃうほど一生懸命に 何かになろうとしていました





若い時は 若い時なりに

年を重ねると また 重ねた時に 悩みは尽きぬか・・・

Aさんに「 じゃあ もう染めるの辞めちゃう? 」と訊くと

「 う~~ん。伸びるまでが嫌なのよねぇ 」

まだ心が決まらないご様子でした 




a0204371_15472956.jpg




僧侶にならんと 進んだ京都の大学の建学の精神に

「 真実を求め 真実に生き 真実を顕かに 」 生きた親鸞聖人の生き方に学ぶ 

と あったと住職から聞きました





縁があって法話会に通うようなられて その方の教えに触れて 10数年が経ち

ふと 白い髪の美しさに気が付いて

白髪を黒髪に染める自分に 恥ずかしさを感じたAさん

Aさんだけではなくて いろんな方が何だか変わっていかれます





真実に生きるって 「 そうだよねぇ そうだったよねぇ 」と

本当のすがたに 気が付いていくことのように思います

たとえ 人の目で見たら 醜いことであったにしても

目の前に光が当たって 開かれていくことのように思います

見えなかったものが見えていくという 明るさのある世界です




                              なもあみだぶつ




 
















# by shinwoyorokobu73 | 2018-03-27 16:34 | 季節 | Comments(0)

桜に雪!?のご法要でした

寒い寒いお彼岸のお中日でした

私は 今日はすこし風邪気味になっています

昨日お参りくださった皆さまは 大丈夫でいらっしゃるでしょうか



昼前から本堂は暖房をいれて温めてはいたものの

雨がミゾレに ミゾレが雪に 雪も本降りにと

どんどん厳しいお天気に変わるのを見ながら 住職と

「 今日はお参りは少なかろう 」と話しておりましたが


a0204371_10031247.jpg
「 いやぁ 遅刻 遅刻 」と

皆さん長靴と傘とマフラーにコートで ようこそのお参りでございました 




こんな寒さでも お爺ちゃんお婆ちゃんと一緒にやって来た小さい子ども達は

庫裏で風船バレーボールで 汗をかくほど大騒ぎで ポカポカになっていました

お参りの皆さまは多くの方が 私より う~んとお年上です

「 まさかの雪だし・・・寒いし 膝が痛いから今日は止めとこうか 」

そう思わずにこうして歩いて、バスで電車で、自動車でお集まりの姿に

ちょっと質問したかったなぁ

と今朝はその心境をお聴きしなかったことに後悔をしています



a0204371_10142837.jpg
今月のお寺の掲示板には

「 嫌な ヤツが 私を育てる 」

と書いております

嫌なヤツ だけではなくて  嫌なこと とも言えるでしょうが





ご法話の中で住職が阿弥陀経のお話しをしていましたように

菩薩が 私に有縁の人の姿 上善人と現れてこの私とかかわってくださり

楽で楽しい時には 楽で楽しいと感じている私の裏にある相を

苦しくて悔しい時には 苦しくて悔しいと感じている私の裏にある相を

「 気づけよ 」と示してくださっている
                  



自分にとって都合が良いか悪いかだけで

物事の良し悪しを判断する癖のある私 




とは言っても

「 そうかなぁ? 私ってそんなに悪くは無いよね。あの人よりは・・・ 」

なんて心の中で自分に都合の良い人を思い浮かべて 言い訳をする私・・・

「 総理夫人がねぇ 軽々しく公のことに首突っ込んで人に迷惑かけてしもうて・・・なんちゃらかんちゃら・・・」

って まぁ 偉そうに講釈垂れる私・・・




仮の姿で そう私に思わせている方々と『 倶会一処 』への道を歩いているのだと

やがて往き 出逢うところは同じなのだと お聴かせいただいて

ムカッときたり 顎が上がり気味になってきたら 

「 おっ! この時 この時 」と 相手のことを この二つの目玉で見るよりも よくよく我が裏側の相を見つめて

かかる者を お救いに・・・と

お念仏申させていただく身になりたいと思うたご縁でありました





本当に昨日はお寒い中を

ようこそお参りくださいました

インフルエンザで欠席だった方、寒くて用心なさったお方、

皆さま まだまだ今日も寒いです

どうぞ大切にお過ごしくださいませ


                                なもあみだぶつ













# by shinwoyorokobu73 | 2018-03-22 12:10 | 季節 | Comments(0)

春彼岸

暑い暑いと先週は 子ども達の半袖を出したりしたのですが

今日はまたダウンコートが必要な寒さ。

身体がついていかない感じがします




明日はお彼岸の法話会をお勤めさせていただきます

冷たい雨のお彼岸法要となりそうですが

どうぞお誘い合わせてお参りくださいませ

a0204371_16375975.jpg
 

  《 春のお彼岸法話会 》

   3 月 21 日 (水)  13 時 30 分 より 15 時 30 分 頃まで
  
   ご法話    住職  西 村 信 也                   









この冬は本屋さんに山積みされている

『 君たちはどう生きるか 』という本が販売部数250万部突破と聞いて

驚いてまた読み返しました

「 最近の若者は・・・ 」なんて年寄りの枕詞は使えません

今も昔も若者の心は柔らかく強い

いえいえ、これを再び読んでいる 昔若かった我々もまだ




その目で本屋さんの本を眺めていましたら

表紙に スタジオジブリの『崖の上のポニョ』に出てきた宗助ちゃんのような男の子を描いてある

『 兎の眼 』という本を見つけました

昔 『天の瞳』と共に 私が小学校の先生になりたい!と思ったきっかけの本でした

表紙の絵の男の子は主人公の鉄三ちゃん 描いた人はやはり元ジブリの近藤さんでした

現代風の文庫本になったその本を買って帰って 

早速 住職に

「 これこれ! この本に出てくる鉄三ちゃんがあなたによく似ているのよ!

  感性が人とちょっと違う所が。  

  人に怒る所も 赦す所も 信用する所も もう!そっくりなのよ!

  読んで見て! いいから! 絶対いいから! 」



そう言って勧めてみても このお方 

勧められて直ぐに飛びつかないのは分かっていましたから

机の上や パソコンの横 枕元 等々の目にはいる所に置いておくことどれくらいだったでしょうか ある日



住職「 おい! お前はこれ、この兎の眼って何のことを言っているかわかって

  俺にこれを読めって勧めたのか? 」


私  「 え・・・? 兎の眼って鉄三ちゃんやら足立先生たちのような眼のことでしょう?」


住職「 お前は、これだから・・・ せっかく良いところまで行っていても掴めないのはそこぞ 」


住職「 この著者の灰谷健次郎が言っている兎の眼は善財童子の眼差しのことじゃないか!

    善財童子というのはな、『華厳経』の入法界品にでてくる子供のことで

    文殊菩薩のご法話を聴いて自分も悟りを求める菩薩の道を歩みたいと思ったのさ。

    文殊菩薩は功徳雲というお坊さんを訪ねなさいと言われて、善財童子の求道の旅が始

    まる。最終的には53人の善知識(悟りに導く人)を訪ねるのだけれど(これが東海

    道五十三次の起源)面白いのはこの53人は決して高僧ばかりではないんだ。

    残忍な国王や 自分を誘惑してくる遊女だったり・・・・・・・・・・・・・ 」



 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


この本を読んだ若い頃、善財童子が何なのか全く興味が無かった私は

そこの所はすっ飛ばかしてストーリーを追っただけだったようです

住職のおかげで 数十年ぶりに作者の込めた 人の悲しみ喜び苦しみ願い共感が

自分が歩いて来た景色と重なって より彩り深く感じられるようになりました

親鸞聖人のお書きくださった教行信証の最後にも華厳経からの引用があることも教えていただき、私には今までは書かれた言葉が 文字にしか見えていなかったものが
書かれた言葉が声になって聴こえてくるようです

明日はこの事にも触れながらご法話いただけると思います

たのしみです

是非みなさまもご一緒に お彼岸のご縁にあわせていただきましょう





明日は雨と寒さでお足もとが悪くなると思われますが

どうぞ どうぞお気をつけてお参りくださいませ   

楽しみにお待ち申し上げます


                           なもあみだぶつ




# by shinwoyorokobu73 | 2018-03-20 22:36 | 行事 | Comments(0)