初心っていい!

「独活」と書いて「うど」と読む。
人生80年で考えると半分生きてきたのに、 初めて知りました。

昨日S口さんが今度は「うどの葉は天ぷらがうまいですよ」と言って裏の山から独活の葉を採ってくれたので、セシウムが気になりますので、しばらく水に晒して天ぷらにしました。

天ぷらの写真は撮ったのに、今メモリーカードが入っていなかった事に気づき愕然としています・・・。

おいしかった。

山の味です。

a0204371_2248492.jpg


この写真は先日採っていただいた茎の部分。これは茹でて酢味噌でいただきました。

来年から自分で見つけられるように、「赤いリボンでも目印につけておいてください」とお願いしています。


話は全く違うのですが、今日ユニクロに子供につきあって行ってきました。

レジでの事。20代でしょうか、おねーさんが『 レシート  おつり  駐車券 』を
ひそかに指差し確認していました。

「指差し確認ですね。」嬉しくておねーさんにそう言うと、照れくさそうに

「わたし お客さんが多いと早くやろうとして失敗してしまうので・・・」

こんな人はきっと失敗をしなくなるだろうな、そう思いました。


じぶんは失敗する。じぶんは間違う。じぶんは良く見えていない。じぶんは要領が悪い。
と思っている人はなんだか信用ができる気がします。

経験でこなせることが多くなりました。

でも、こなすばかりじゃいけないな、とおねーさんを見てそう思いました。

『初心』というのでしょうか?   その姿は人を嬉しくさせますね。
# by shinwoyorokobu73 | 2011-06-11 23:15 | Comments(0)

失敗は経験よ

「坊守さん、今日お忙しい?」
なんていう電話が時々かかってきます。(こんな雨の時期は特に)

話がしたい、話がしたい、話がしたいと電波が伝わってきます。

どこのお寺もみな同じだと思うのですが、日常の内緒話は坊守がお聞きすることが多いようです。
私も気になりますから「なになに?電話にしますか?それともお寺に来ますか?2時~3時なら
わたしだけだからゆっくりお茶でも飲みながら話しましょうか?。」

「それなら、行きます。」

今日も久しぶりにお会いする方。

介護付きマンションに数ヶ月前に引っ越したご婦人です。どうなさっているかなあ~、と気にかかっていました。

開口一番「わたし、帰って来ちゃったんです。」

「ああそうですか、帰って見えたんですか。そう えっ?ええ~!」

お家は売ってしまわれたんじゃ、今どこに住んでいらっしゃるのか、聞きたいこと山積みです。
お家は売る直前に契約をとりやめたこと、マンションでの暮らしはどうだったのか、これからのこと。

吐き出すようにお話しされました。

「今までわたしの家のあの青い屋根が大嫌いだったんですけどね、帰ってきたら素敵に見えるんですよね。狭いけどお風呂ものんびりと入れますしね。」

少し痩せられたお顔が清々したように見えました。

a0204371_18564511.jpg


いろんな周りの者の知恵や情報が氾濫していて、自分がどうしたいのか何を本当に望むのか自分の心を覗くことは後回しになってしまいがちなのは、彼女にかぎりません。

すごいなあ~と思ったのは、80歳を過ぎて大金を払って自分の後悔をリセットしようとなさって実行された決断力。それと

「ひとりでもいいと思ったのよ。親鸞さまとおんなじ。なもあみだぶつ。」

すごいことを実感されたようです。

先日の台風一過の空のように今は迷いが無くなられたよう。

失敗を経験に変えて生きていく80代、わたしもなれるかなあ~。
# by shinwoyorokobu73 | 2011-06-10 19:05 | Comments(0)

心もとない日

「今日は久しぶりに一人になれるね。(二ヤリ)」
朝、出がけに車の運転席の窓を開けて住職がにっこりして言いました。

思わずつられてニヤ~っとしながら、「うん!」

おっと不意打ちにつられましたが、一人になりたい 一人になりたいと思ってなんかいないつもりだったのですが・・・

今日は上の二人が宿泊合宿で朝から出発。
三番目は保育園。
住職はお仕事。

私は一人。

いつもいつも誰かとくっついている日常に慣れてしまって、ゆっくり自分ひとりになることなんかなく、考えたことも無かったのですが住職のことばに本音がでちゃったのでしょうか?

各所に提出する書類を郵便局に出しに行って、ざっと寺の中を掃除してコーヒーコーヒー、
ひっとりっでコーヒー。

の予定だったのですが、あれこれに引っ掛かっている間に住職が帰ってみえました。 は~。

ということでふたりでティーブレイクとなりました。

3番目が生まれてずっと、親ザル子ザルのようにくっついているのが普通になっていたので、一人で動くと何か体半分無くしたような心もとなさ。

昨年北九州の西法寺から義姉が姪たちと遊びに来てくれた時に、夜ゆっくりしながら
「あ~久しぶりに自分の顔のお手入れができたよ。ありがとう。」
と言っていたのを思い出します。

一人で動けるようになっても、自分のことは後になっちゃうんだろうなあ~。(ね、おねえさん)

a0204371_2350116.jpg


写真大きすぎました。
何が言いたいかと言いますと、ひょろひょろと伸びる蔓。
こっちに掴まって、あっちを掴んで。  うまいものです。 

先っぽに目でもついているのでは?と思うほど上手につかまる相手を見つけて光の方を目指します。

わたしもそろそろ一人でのび~ていかなくちゃ。
# by shinwoyorokobu73 | 2011-06-09 23:58 | Comments(0)

体調不良

最近よく体調不良を起こします。
我が家のパソコン。   昨日も投稿不可能でした。
携帯での投稿という高度なことは、まだできません。
不惑を過ぎて、わたしもなんとなくメンテナンスが必要になってきましたが、
我が家のパソコンも何か方法があるだろうか?と思います。

今年は長女の学年のクラス委員をしています。
昨日はその親睦会を企画して、有志でランチを楽しみました。
こんな事でもないとなかなかゆっくり話す機会もない忙しいお母さんばかり。
日頃は話さない人とも食事を始めると話は尽きません。

バタバタと流されるように過ごす毎日に自分だけじゃないかと思いそうですが、
「上の子下の子のキャラ弁(キャラクター弁当)を毎日作ってるわよ!」と
携帯に撮った写真を見せてもらったり。

 みんながんばってます。

何でもないような日常を、ママたちは工夫と根性と体力でガハハと笑い飛ばして明るくしています。

年に一度こうやって周りを見回し、一息つくのもこともいいことかもしれません。
(わたしは今まで出産もあり、ほとんど参加してなかったけど・・・)

a0204371_21454229.jpg


写真は昨日のお店。現在ママ友の怖~いドラマのロケに使われているらしいですが、良い感じのお店でした。
現実のママ達はもっと忙しくたくましく生きてると思います。
# by shinwoyorokobu73 | 2011-06-07 21:55 | Comments(0)

法話会

今日は6月の法話会でした。
ご講師は北九州より、香川孝志先生にお越しいただきました。

先生は私たちの仲人さんでもあります。

久しぶりにお会いして、やさしいお顔を拝見すると娘時代に戻った気分になります。
お元気そうでなによりです。

a0204371_20173440.jpg


写真は先生が到着される前の、皆さんが三々五々お集まりになる様子です。
住職とおしゃべりしたり、本堂にある仏教書を見たり、久しぶりにお会いした寺友(てらとも)
と「あら、久しぶり!」とか「初めての方?」なんて話が弾みます。

初めてお参りで、先生に「本当に年をとって人助けも何もできなくなってしまったんですけど、楽しかったです。ありがとうございましたと伝えて下さい。またお参りします。」と言って杖をついて帰られた方も・・・。


法話は言葉で不思議で有難い働きを、私に引き寄せて語って頂きますが、受け止める個人個人で全く違った味わいがあるもののようです。

若い者は若い者の、年を重ねた者は年を重ねた者の。

みんな『私』を生きているんだなあと思います。             なもあみだぶつ
# by shinwoyorokobu73 | 2011-06-05 21:44 | Comments(0)