「 そうじゃないだろう 」 に支えられて


a0204371_11530081.jpg



10数年になる




その男性は 

「 建築って言うのは 

  信頼っていう 心意気(いき) 若しくは粋(いき)で建つんです

  信頼関係の持てない人と仕事はできません 」

と言って

住職が設計費用を振り込んだ次の日に

私たちのお寺の建築の設計監督業務を放棄した

「 途中で仕事をほっぽり出す?

  言ってることと やってることが違うじゃないか!

  信頼 カ ン ケ イ は お互いでしょうが 」 

そう私は思った

そもそも、工務店さんは私たちが紹介してお願いした所だったから

その後は やはり大変だったものの

なんとか この本堂も庫裏も無事に建てていただくことができたのだが







「 最終確認図面見ました。本堂の柱は八寸でお願いしていましたよね。

  何で この図面では 四寸になっているんですか?

  予定通り八寸の柱に戻してください 

  四寸だと普通の住宅のような感じになってしまいます 」



( 小さく 小さく書いてあった

  設計図面の本堂の柱の寸法を住職は見逃さなかった )



そう住職がメールを送ったことで彼は なぜか キレた・・・


〈 そもそもこの低予算で俺はあんたたちの設計を引き受けてやったんだ!

  建物の強度は四寸で十分なんだよ

  いちいち いちいち僕の設計にケチつけてきて、やってられるか!

  寺 寺って 何もやって無いくせに偉そうに 〉

という気持ちが 彼や彼を紹介した方にはあったように思う




(本堂の柱のお金が足りないなら 私たちの住み家(庫裏)の予算を削ればいいと
 伝えていたけれど 

 材木会社の社長は「お寺の柱にいいかげんな物は入れられない必ず用意します」と
 言ってくださっていた、八寸の柱は少し時間がかかったけれど準備していただいたけれど)




思えば

私たちの要求は あの時の彼には荷が重すぎた

 「日本建築の木の組み方を 設計図面に詳しく書くことは難しいし

  八寸の木の組み方なんて大学出てちょっとの人は知らないよ

  実際 建てるのは大工ですよ」

  とは後に 建築のプロにお聞きして知ったことだった

私たちはあの時 そのことをわかっていなかった

それを認めて受け入れるには 彼も若かった 






あの時一番私を納得させたのは

「 お互いに初めて会って 

  信用できない者同士が大金を掛けて仕事するんです

  だから契約書を交わすんですよ

  信用で仕事に成るんだったら

  契約書なんて無しで仕事してみたらいいんですよ 

  『 お代は完成した後で結構です 』 って

  そういう人なら 信用できる 」

という 最後まで建築の責任を負ってくれた 工務店社長の言葉だった

設計士の信用は 最後まで施主に向き合い完成させるという プロの仕事じゃないか?

じゃあ 僧侶の信用は? 伝える法による人の安心と満足?

あの時は「 信用(信頼関係)って何だ? 」と本当に真剣に考えさせてもらった








今朝は テレビに 

被災地を長期で支援している方が出ていらした

解体する家の方に断って いらない物を貰って(例えばキッチンや洗面台など)

他の 家が倒壊して困っている方に 必要であれば持っていく 等活動されているそうだ

「 物を盗っていくんじゃないか とか 嫌なこと言われたりしませんか? 」

と質問があった  

彼は 「 ああ、それは しょっちゅうですよ。 

     最初はどこも このひげ面がいきなり『手伝います』って行くもんだから

     『こいつ 大丈夫か?』っていう目で見られますよ 

     でも、当然だって思ってるんで

     『どうぞ疑ってください』と思ってやってるんです 」

と、笑顔で答えていた







その彼の言葉に 「 そうだ! 」

私の記憶のチャンネルが10数年前のあの時に戻って

思わず ぼろぼろ ぼろぼろと

あの時感じた思いが こぼれてきたのでした






わたし達もお寺を建ててから 幾度となく

「 ここ、本当にお寺? 」

「 地図(看板、チラシ)を見て来たんですけど、これ?・・・」

という疑いや、落胆、侮蔑の色を顕わに帰って行く人もあったけれど

その度に やっぱり テレビの被災地支援の彼が言ったように思ったものでした





「 そりゃ疑うのは当然 『お寺なんて新しく出来るの?』と思うだろうし、

  この建物はいわゆる 『大きな境内地の 瓦屋根の大伽藍』じゃないしね 

  私だったら 相当疑うわ 」





税務署の人にだって「 お寺って新しくできることってあるんですか? 」と訊かれたし

信頼関係なんて一朝一夕には生まれないのは経験済み






しかし

縁もゆかりも無い土地に

土地を求め 

寺の建物を建てるということは

何千万円では済まないお金を 只一人 ここの住職が負うということ 

建物のその後に 責任を持って生きていくのは私たちだった

責任は設計士は負わない

ここに 全てのご縁の最初を築くのだから

ここから私たちと これから出会う人たちの

信頼関係が生まれていくのだから

本堂だけは妥協できなかった

嫌なものは 嫌なのだ

ダメな物は ダメなのだ

誰かの顔色をうかがって妥協できる話ではなかった

その若い設計士を紹介した人は 

いわゆる 善い人で

私から事情を聞いて 

「 そんな風に思ったら建物がかわいそうですよ 」 

と言った

その時 私はその善い人に 「 ふざけるな 」 と思ったのだった






私の 信用というのは 他人がすること

この私がどうこうできることじゃない

「 信用してください 」

なんて最初から自分で口にする人を

あの時から 私は信用しないようになった






おかげで

「 西法寺 」の看板をあげてから

私たちを 信用してほしいとか

分かって欲しいとか

思わないでやってこれた気がする






私の『 信用 』は 他人さんがすること

私が何かできるもんじゃない

私たちに出来ることは 

やるべきことをやり 伝えるべきことを伝えること

やりっぱなし

伝えっぱなし

そうあってこそ

そう思われる

私もそう思ったのだから

他人もそうであるに違いない






そう思うと

ここに 何かを感じて集まって来てくださる皆さんは

私たちのやり方を信用してくださっています

住職の伝えることに頷いてくださいます

とてもありがたいことに思えます

信用や信頼関係について

『 そうじゃないだろう? 』と感じた あの日の体験があったればこそ

それとは反対のやり方を 手探りできてきたことになります






今は 初めて本堂に入って来る人が

「 何だか とても気持ちがいい本堂ですねぇ

  やさしい気持ちになりますねぇ 」

と言ってくださいます

住職も私も言わないけれど 

『それはですね』 と心の中で思うのです

そして、

10数年前は白かったけれど 

うっすら赤く変わってきた

私たちの 意地と信念の結晶のような 八寸の尾州檜の柱を撫でながら

あの 正直だったけれども 

とても失礼で 乱暴で 粗削りな私たちの 

あんな風にしか出来なかった 人との関わり様を

恥ずかしく 懐かしく 愛おしく

また、とてもありがたい経験だったと思い出すのです







今も あの時のように 私には はっきりと見えていないことの方が多いでしょう

でも やっぱり今日も

一生懸命に手探りしながら 

「これでいいのだ」と

時を重ねています

いろんな人に いろんな形でお相手していただきながら








                             なもあみだぶつ





























# by shinwoyorokobu73 | 2017-02-18 11:54 | こんなこと | Comments(2)

終わりが始まりの季節

明後日には都心でも雪が降るかも

と言われていますが・・・

昨日 今日の昼間は まるで春のよう

ついつい外の片づけに力が入ります

a0204371_15112560.jpg
細い針金みたいだった雪柳の枝に

ぷっくりぷっくり ちいさな芽が春の準備




a0204371_15134598.jpg
猫の額ほどの裏の菜園には

わさわさと 実家の母から送ってもらった水菜がおいしそう!

お腹を空かせた鳥たちが

あっという間に食べちゃうので

人間の分には網をかけてブロック



a0204371_15173468.jpg
あまりにも雨が降らないので

住職が水やりを始めたら

にょきにょき葉っぱを増やし始めたケール

ジュースにして 血液サラサラ



a0204371_15341271.jpg
美味しそうな葉っぱを狙うのは

カメラ目線のこの子たち

人間と鳥たちの 葉っぱの争奪戦

でも、ときどきはミカンを差し入れたりして

人間も鳥のご機嫌鳥(取り)




a0204371_15494182.jpg
ちょこっと残っていた

ツワブキの花が ふさふさの種になっていました

終わりと始まりが一緒にがんばっています





諸行無常と聴くと

何だか寂しさを感じますが

暗い方へも 明るい方へも

たえず変化するこの日常が

まさに その中にありますね





来月は卒業シーズン

終わりと始まりの始まり

我が家は 

うっすら積もった冬の間の埃を

そろそろ終わりにしなくっちゃね






                              なもあみだぶつ







# by shinwoyorokobu73 | 2017-02-07 15:57 | こんなこと | Comments(0)

身体に教えてもらおう



a0204371_11180657.jpg

昨日は節分。

保育園では毎年 

やさしい鬼さんが

豆を投げられる役をつとめてくださって

子どもたちを喜ばせてくれます


しかし

昨日は風邪でシンちゃんは保育園を休みましたから

家の中で少しだけ「 鬼は~外! 」やりました

強い男になった気分は大事

面倒くさいけれど 

飛んで行った豆を探して 洗って

ひじきとニンジンと煮込んでいただきます

a0204371_11203557.jpg


最近の病院では

「 頭が痛いんです 」

「 お腹が痛いんです 」

と言っても 

頭も お腹も 触って診てくださることが無くなってきた気がします

それよりも 

患者のデータをコンピューターに入力することの方が大事なようで

患者の顔を診る時間よりも

コンピューターの画面を見ていらっしゃる時間が長い先生もいらっしゃる




私の子どもの頃は

必ずと言っていいほど

診察室のベッドに横に成ってお腹を出して

先生がお腹を触って診てくださっていた気がしますが




そんなことを考えたのは

冬は ときどき とても怠くて手足が冷たくなることがあって

1~2年前から漢方薬屋さんのおばさんの

お世話になるようになったから





「 ねえ、薬剤師の私はお医者様じゃないから

  人の体を触って処方はできないのよ

  ちょっと その症状なら

  お腹の おへその横を自分で触ってみて

  ドクッドクッて脈打っていない? 」



「 あ! 凄く脈打ってます

  これって何で? 」


「 すっごく体が疲れているのよ

  あれもしなきゃ これもしなきゃって

  頭がいっぱいになってるの 」


「 どうしたらいいんだろ? 」


「  一番はゆっくり休むことだけど

   あなたは今は とてもそれは無理でしょ?

   足湯をしてみて

   気持ちがゆったりするから 」




そういえば

最近じぶんの足湯なんてしてなかった・・・

受験生もいて

家族がインフルエンザに罹らないように

人の事ばかりに気が向いて

自分の身体なんか放っておいた

肌もかさかさ 髪も・・・





漢方のおばさんは言う

「 身体って いろんな事を教えてくれてるのよ~

  ありがたいねぇ^^ 」





おばさんの手は 温かくて 柔らかかった

そういえば

先日 たまプラーザで 

「 あ~~! Hさん 何してるの? 」

「 坊守さ~ん 主人が整形に行ってるのを待ってるの 」

ばったり会って握ったHさんの手も

とっても柔らかくて ほんのり温かかった





人の手の感触ってほっとする

私も 目で見て 頭で思うことばっかりになっていた気がする





きのうは 裸足で遊ぶシンちゃんの冷たい足先を手で擦ってあげたら

目をつぶって「 あ~ きもちいい~ 」とよろこんだ



トモちゃんのほっぺたをなでなでして 

鼻をちょんちょんっと 摘まんだら

「 おかあさん だいすき 」と言ってくれた




キョウちゃんは 大きくなったのに

ハグハグしたら 大きくなっても うれしそう




チオンは 今 頭の使い過ぎで頭の後ろが痛いから

ぎゅ~っと押してあげると

「 もうひと頑張り!」 だそうだ 






子どもは心も身体も とっても正直






私のように ( いや もっと大変な人もいると思うけれど )

流されるように 日々をこなしていると

身体がストライキ始めます





足湯をして 「 あ~~きもちいい~~ 」

と感じる時は必要なのですね

同じような方 是非おすすめですよ





                               なもあみだぶつ                                
























# by shinwoyorokobu73 | 2017-02-04 12:54 | 子供 | Comments(0)

今は ありがたく

今朝 TVの天気予報で今の時期を

「 冬と春が相撲をとる と云う 」

と言っていました

昨日は春の勝ち 今日は冬が少し押し返しています

まだ 庭には梅の花

本当に春が勝つのはもうちょっと先のこと

a0204371_13445587.jpg
以前ブログに書いたことがありますが

「 そんなに大変だったら 子どもなんか産まなきゃよかったじゃん 」 と

私に毒づいた人が 亡くなったと

その時慰めてくれた年上のママからメールがありました




突然のことに

「 は? 」 と 気の抜けるような声を出してしまいました




右の人にはAと言い

左の人には同じことをBと言い

右と左の人をケンカ対立させて「うっひっひ」という人でした

その時 東京の学校に子供が通っていて縁があり

「 東京の人ってコワイ 」 と思ったものでした




その時 私よりも憤慨し

慰めてくれた 強く美しいママは

今は大きな相撲部屋の女将さんとして奮闘中
( 冬と春が相撲の季節に 相撲部屋の女将さんからメール・・・ )

私も横浜にて子育てを立て直して

忙しく過ごしており

すっかり 彼女の事は忘れていました

私も メールでしらせてくれた人も 

彼女とかかわった 多くのみんなが

疑心暗鬼という辛い思いを経験しました

2年半ぶりに訃報のメールをもらって

その時の事を思い出しています





「 嘘をつくな 」と教え込まれている人は多いと思いますが

なんで嘘はいけないのか

ちゃんとわかっている人は どの位いらっしゃるでしょう

不信は不信を生み ストレスと不安を生みます

人に信頼してもらって または 信頼して

人と本当に安心して言葉を交わすことは

とても 有り難いことなのだと 

今は亡き 嘘つきでいじわるだった 彼女との出会いに教えられました




今思えば 嘘と不信とストレスを生み出す張本人だった彼女が

こんなに早く亡くなるとは

ほんとうは 彼女自身が 

一番ストレスフルな日々を過ごしていたのかもしれません

彼女は 人をケンカさせ 不安にさせて 

情報を独り占めしないと不安だったのかもしれない

誰かと誰かが 信頼し合うことの邪魔をして

自分が一人になってしまう可能性を小さくし

「 上手くやった 」と安心したかもしれない 

でも それは 守りたいはずの「自分」を

一番傷つけていたのでしょう





今は 多くの人が 

みんなで よい情報をシェアして

みんなが安心できることが

私自身の安心も支えているのだと気が付いています






きっと誰もが いろんな世界で 

びっくりするような人や

出来事と 出会われているのでしょうが

ほんとうに どんな人生にも

嫌だと思った事ですら 無駄な出会いは ひとつも無い





いろんな めぐり合わせの中で

縁あって出会った私に 

嫌いだったはずの彼女が

また大切な事を教えてくれています







                              なもあみだぶつ

















# by shinwoyorokobu73 | 2017-01-31 14:49 | 季節 | Comments(0)

新しい年がスタートです

今年もあたたかな元日を迎え

新年のご挨拶をお参りの皆さまと交わすことができました

(シンちゃんも一緒にご挨拶)

a0204371_12363651.jpg
地方のご実家や 沖縄や海外で

新年をお迎えの皆さまは

12月末にすでにご挨拶にお見えくださっていて

お正月をお家でお過ごしになった皆さまです



一日だけの違いで なにも変わらないようですが

大晦日とお正月という決まり事一つで

なんだか気持ちが改まるような気になるのは

何とも不思議なものですね


a0204371_12465665.jpg
お勤めとご法話が始まる前は

住職と私(坊守)はあの方この方とおしゃべり

高輪から電車で1時間半かけて来てくださったこの方には

「はい、佐賀から送っていただいた

無農薬オレンジ『クレメンティン』をどうぞ」

と、一緒に頬張りながらぺちゃくちゃと話に花が咲く

kさんがピアノのBGMを奏でてくださり

皆さんはちょっと改まった気分からリラックス








a0204371_12511375.jpg
今年はシンちゃんが住職のお手伝いをしてくれて

皆さんのあたたかな眼差しのもと

ゆっくりと育てていただいております









a0204371_12471203.jpg
住職のご法話は

白楽天と道林禅師の問答から

「 諸悪莫作  衆善奉行  自浄其意  是諸仏教 」


・・・むずかしい話しか・・・

と思いきや



「 昔好きな子がおってね

  杉田さんって言うてね・・・・・・ 」


リアルな思い出話しからつなげていき



「 ああ、なるほど。 

  難しい話しかと思ったら、

  そういうことを言ってあるのか 」と

私の在り様にも思い当る着地点へと誘います


a0204371_12472936.jpg

いつものように

現在過去未来を駆け回るお話しで

ご本堂の昼のうららかな眠気もはねのけておりました^^





風邪で体調を崩していた方や 旅行や帰省なさっていて

元旦会に来れなかった方が 今もお参りに見えています

消していないホワイトボードの字を見ながら

「 ああ~! これを聴きたかったのに~! 」

と後からお参りになり そう仰いますので

まだ、消さずに残しています

若い方も 年を重ねた方もそれぞれの経験の中で

思うところがおありのようで

住職とお話しなさりながら

元気になって帰って行かれます

人と比べず自分の在り様を よくみつめる生き方は

人生を穏やかにゆったりとさせていただくような気がしますね







一年の始まりを

仏法を聴聞(ちょうもん)させていただく事から始め

今年もそれぞれの縁の中で

それぞれの お味わいのある日暮らしをしていくことができますように

いつでも お参りくださいませ

充実した一年にさせていただきましょう

本年もどうぞ宜しくお願いいたします


                              なもあみだぶつ










# by shinwoyorokobu73 | 2017-01-14 13:31 | 行事 | Comments(0)