7月の法話会です!

蒸し暑いこと この上ない私の今日・・・

他所では大雨警報も出ているとか・・・

厳しい季節がめぐってまいりました

お訪ねいただいている皆さまは いかがお過ごしでしょうか

a0204371_13572391.jpg
この暑さも嬉しそうに 草はのびのび 伸び放題

昨日は少し曇り空でしたから

えいや!と気合を入れて随分手入れができました
( 写真は手入れ前 こぼれ種の紫蘇は残しつつ )

日曜日には法話会ですから

スッキリとお迎えしたいと思っております



  


    『 7 月 の 法 話 会 』

     
     日 時    7 月 9 日 ( 日 ) 13 時 30 分 より

   
     講 師    岡山県 浄福寺住職

            山 下 義 円  師



a0204371_14234421.jpg
この度のご講師は いつも軽妙な語り口で

ご法話の中に引きこまれてしまいます 山下義円先生です

先生はあまりご法話の中で ご自身のお寺のお話はなさいませんが

先生の母上である大坊守さま 坊守さまがお寺に集うメンバーと共に作られる

『 精進料理 』が有名なのだそうです

近かったら是非とも西法寺のメンバーと一緒に

立派なお寺で おいしい精進料理をいただきに訪問させていただきたいところです






20年ほど前の 本願寺の御正忌報恩講で

はじめて山下先生のご法話のご縁に遇いました

その時、佐賀の南水組の2人の大坊守さまと私の3人で上山したのですが

当時の私から言うとおばあ様のような大坊守さまお二人は 

先生のご法話を聴いて

「 この方の坊守さんは きっと大変やろう・・・ 」

とため息をついていらっしゃったのが

とても印象に残っています 




若かった私には その言葉の意味が

あまりよくわからなかったのですが

今にして思えば

「 こんなに気の付く男の人の奥さんは きっと大変だろう・・・ 」

と思われたのでしょうか




しかし、現実はこんなに気の付くご住職さまには

こんなに立派な坊守さま方がいらっしゃったのでした






この度もお暑い中でございますが

どうぞ 皆さま万障お繰り合わせの上お参りくださいませ




先生には またお暑い中を

ご足労おかけいたします

寺内一同たのしみにお待ち申し上げております



                               なもあみだぶつ

















# by shinwoyorokobu73 | 2017-07-03 15:06 | 行事 | Comments(0)

昔シェアハウス

きのうは雨

空梅雨を心配していた 天気予報士さん 農家のみなさん 私も

まさか! びっくりするくらいの横殴りの雨でした 

おかげで 水が足りずにしんなり首を垂れかけていた紫陽花も

今日はいきいきと上を向いています

a0204371_10560307.jpg


最近 シェア シェア と 

何でも分け合うことは かっこいいように言われているようです

先だっても 「 わたし マンションの部屋をシェアしてるんです 」

得意気にいう大学生の女の子に出会いました

たしかに 「 いっしょに住んでます 」 では 

真っすぐ過ぎて ちょっとかっこわるい気もします




その後 朝のTVで 下宿屋さんが出ているのを見て「!」

そうだ、下宿屋さんは シェアハウスじゃないの?




私は学生時代2年間寮生活をしました

全国から百数十人の学生が集まり 一緒に暮らす大きな学生寮

思い返すと あれも 大きな大きなシェアハウスだったなと思います





先日 ある学校の学園長先生とお話しをしている時に

「 今の学生に寮生活というのは可哀想な気もしますけど

  自分と違う生活環境で育ってきた他人と生活する寮生活は 

  かけがえのない経験を得られるんですけどねぇ 」

そう仰るので 

「 寮生活って今流行りのシェアハウスみたいなものじゃないですか? 」

と私が言うと

「 今の人たちは 某政治家ではないですけど

  自分と同じような考え方のお友達としか

  仲良くできない人が多くなっているようですよ

  シェアしたいのは 仲良しとだけですよ 

  そう考えると やはり学生寮は流行りのシェアハウスでは無いでしょうねぇ 」



a0204371_17355944.jpg
子どもたちが ときどき 「 これ 常識だよ! 」

と言われたと 驚いて帰ってくることがあります

彼女 彼等の言う常識とはどんな事か 聞いてみると

「 これ 常識だよ! 」と思っていることは

私からしたら はっきり言ってそちらが非常識 若しくは 知識不足




高校生になったキョウちゃんが 小学校3年生の時

「 血液型はA、B、O、AB型あるけど

  私はお母さんがO型だからBO型なんだ 」

とお友達に言ったら「 そんな血液型は無いよ 」って笑われたことがあります

我が家はすべての血液型の人間がいるので

たまたまキョウちゃんはAO型 BO型を知っていたのですが

子どもたちは なんで「 自分が間違っているかも 」 「 へえ~そんなのもあるんだ 」

と思わないんだろう?

不思議に思ったものです




寮での生活は

姫路の人 神戸の人 大分の人 福井の人 熊本の人 山口の人 徳島の人 香川の人・・・

いろんな子と一緒でした

関西 九州 北陸 四国等々・・・

確かに スピードも考え方や習慣も違う人間が一堂に暮らすというのは

簡単ではありませんでした

反りの合わない人も居ます

女同士ですから 必ず マウンティング合戦もあります

4年間ずっと寮の主のように住み続ける大先輩もいらっしゃいました

身長180センチのバレーボーラーが部屋の小さな椅子に腰かけて

机に頭を垂れて 背中を丸めて鼻をすすっていた時はドキッとしましたが、

手元には漫画本が・・・ 

少女マンガを読んでボロ泣きの大きな彼女に ガクッときたり

笑い話の方もいっぱいでした

   「 へえ~そんな事が普通な所があるんだ 」

    「 え!? これって普通じゃないですか? 」 の連続の日々

カップラーメンをみんなで食べる時に 作り方を呼んでいたら

みんなに注目され 

    「 この子ってカップラーメン食べたこと無いん?!! 」

と びっくりされたり^^

思い込みの小さなガラスの箱の中から 世界を見ていた私にとっては

そのガラスがバリバリと破れていく日々は快感でした




私の寮生活は あの子どもたちのように「 常識 」と思っていたことが

小さな自分の頭の中の妄想なんだと

狭~い井の中の蛙だったと知る 良い経験だったと思うのです

後に日本以外に暮らす人達とご縁が出来た時にもそう思ったものです

 


そう思いつつ・・・

最近はいろんな経験から

合う 合わない 必要 不必要 いる いらない 良い 悪い

見もしない 感じもしない 知りもしないうちから頭で決めてかかりがちになっています

「 それ 常識だよ! 」と同じ頭に成っていることに気が付いて

ドッキリ・・・




楽だからと 自分と同じ考え 好みの人、

知ってる人とだけしか付き合わないのは

どうなんでしょうねぇ

ガラスの壁って またできるものなのですね

それは 本当の風に吹かれる機会を

みすみす逃しているのかも・・・

ちょっと反省です




                               なもあみだぶつ




         


  




  
  













 

# by shinwoyorokobu73 | 2017-06-22 15:39 | こんなこと | Comments(0)

5月も はや 過ぎにけり

そろそろ梅雨入りと言われています

随分ここを留守にしてしまいました



5月の法話会は北畠先生には

体調の優れない中を  ご出講いただきまして

本当にありがとうございました



ご無理をさせてしまい申し訳ないことでした

お元気になられて 次のご縁をお待ち申し上げております

a0204371_15061925.jpg








その後 西法寺から

住職はじめご門徒の皆さま27名で京都本願寺の

『伝灯奉告法要』へ参拝させていただきました


a0204371_15091024.jpg


a0204371_15100182.jpg
西法寺には梵鐘はありませんが

本願寺の大きな大きな梵鐘を撞かせていただいて

kさんは思わず手を合わせて・・・

写真を拝見して 何だかおかしいのですが 私は涙が出そうです







そして次の日 一行は

親鸞聖人が修行なさった 比叡山の大乗院へ向かいました

a0204371_15135395.jpg
 
かなり坂があり

途中腰を悪くしていらっしゃるHさんはお休みなさったそうで・・・

無理をさせてしまいましたね



a0204371_15173123.jpg
大乗院から望む琵琶湖と 庶民の営みを目になさって

親鸞聖人は何を思われたことでしょう

遠い昔のことが 今に重なる景色です









a0204371_15222661.jpg
お土産に 鶴屋吉信の生菓子!

おお!これを待っていました

京都のお菓子は目にもごちそう




皆さま 帰っていらしてから

留守番の私にまで いろいろとお心遣いいただきまして

ありがとうございました

いつか私も 皆さんと一緒にお参りさせていただきたいものです





                                     なもあみだぶつ













# by shinwoyorokobu73 | 2017-06-07 15:32 | 行事 | Comments(0)

5月の法話会です

今日はしとしと雨

急な暑さのために疲れてきていた身体がほっとしています

明日はどんなお天気になるでしょうか



    『 5 月 の 法 話 会 』

     5 月 14 日 (日)  13 時 30 分 より 

     講 師   北 畠 晃 融 師 ( 前築地本願寺宗務長 )


a0204371_06460581.jpg
北畠先生は以前から申しますように

東北の方の特徴か

しみじみとお優しい先生です



最近 思います

優しくあるということは

本当に強いことなんだなと




山形ご出身の先生のように

優しくありたいものですが・・・




昨年は 「 ご講師のご法話が優しく子守唄のようで・・・ 」

と笑うお方もいらっしゃいました




どうぞ、皆さまお参りくださいませ




                                なもあみだぶつ





# by shinwoyorokobu73 | 2017-05-13 06:53 | 行事 | Comments(0)

どうしたもんじゃろのう・・・ですが

ゴールデンウィークも終わってみると あっという間

晴天に恵まれて 行楽を楽しまれた方も多くいらっしゃったことでしょう




住職は連休中

港区のお寺さまで 永代経法要のご法話をお取次ぎさせていただき、

お寺さまもご門徒の皆さまも温かくお迎えくださったということで

ほんとうに有り難いご縁をいただきました

坊守様にはいつも細やかなお心づかいをいただきます

ありがとうございました




お寺ではいつもより のんびりとした日常がうれしい連休となりました

唯一、子どもの日だけは

寝言のようにせがまれていた自転車を買いに行き、

子どもたちは念願の自転車を手に入れることができて

一日中自転車の練習をして 腕も足も 体中傷だらけ・・・

こちらは自転車のおかげで あそこに行きたい ここに行きたいと

せがまれることはなく ありがたいことでした


a0204371_18173545.jpg
連休というと 

お寺をさがして ふらりとお尋ねになるお方が

必ずいらっしゃいますから

住職か坊守が居るようにしています

この度も ふらり ふらりとお参りくださる方々がありました

数か月前に一度お見えになった方もいらっしゃって

「 青葉区だけでなく他の区のお寺さまも拝見してきました 」

とおっしゃいます

「 で、今日はうちにどんなご用で? 」とお聞きすると

法話会に参加なさりたいとのことでしたから

ちょうど、14日(日)13時半から法話会があるとお伝えしました。




また、ある女性が訪ねてお見えで

お話しをお伺いすると

 女性  「 ここのお寺では所属するにあたってどんな決まりがあるのでしょうか? 」

と おっしゃいますので

 坊守  「 決まり・・・うちのお寺はあまり決まりは無いですね

       毎月住職が『 西法寺だより 』をお送りすることと

       法話会のご案内をさせていただくことくらいでしょうかね 」


 女性  「 会費とかは無いのですか? 」

 坊守  「 門徒会費のことですか? いただいて無いですね 」

 女性  「 じゃあ どういうお金をお納めするのですか?

       檀家になるというのは どういうことなのですか? 」

 

 坊守  「 納める、あの、失礼ですがお宅様は元々浄土真宗の方ですか? 」

 

 女性  「 いえ、最近亡くなりました主人の家が浄土真宗ですが

       次男でしたので私は浄土真宗の事はわかりません。

       いろいろ浄土真宗の事を調べましたら あまりにも

       私の育った宗派とは違ってお寺の方も一般の者も平等といいますか・・・

       法名というんですか? あれも随分短いですよね

       こんなに何もなくて大丈夫なのかしら?と思いまして 」

 


  坊守  「 あの、何もお金はいただかないと言いますのは

        『 強制的にはいただいておりません 』 ということでして、

        お葬儀や1周忌や3回忌などの法要ではお布施をいただいていますよ。

        それ以外で必要が無いので 会費などはいただいていないのですよ。

        ただ、本堂の輪灯も、座布団も机も、椅子も、演台も、電子ピアノも、

        外の階段の手すりも、

        全部出来る方が出来る物を 寄付していただいたものです。

        法話会でも いつの間にか皆さん思い思いに

        ご自分の出せるだけのお布施をお持ちになってくださるようになりました。

        浄土真宗のお寺というのは、何百年もそうやって出来る方が

        出来ることをつないでくださって出来ているものだと思いますよ。

        あなた様には夢物語のように聞こえるのかもしれませんけれど

        みなさんのお心づかいのおかげで

        仏法をみんなで聴いて 生きる支えに出来る環境にあるんです。

        

        法名はどうして長い方が上等だとあなたはお思いになるのですか?

        理由はあるのですか? 」


  女性   「 はあ・・・一字多いほどいい位に往けるとか言いますでしょ 

         でも、そんな お布施でそれでどうしてお寺が成り立つんですか・・・

         莫大なお布施を突然請求されても困りますので・・・ 」


  坊守   「 ・・・・・・・ 」


   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





はあ・・・どうしたもんじゃろのう・・・な会話でございました

まあ、こんなにご自分のイメージが固まった方も初めてで 困ってしまいました

いったいご実家の宗派では いくら納めていらっしゃったのだろう・・・

どこの宗派か 訊いてみればよかった^^

私も話しながら 恐ろしくなりました




うちのお寺が気に入って門徒になられた方の中には

この方のように 1~2度訪ねて見えてから 

手紙のやり取りを数年続けているうちに 

大阪やら東京都内から わざわざ近くに引っ越して来た方もいらっしゃいます。

ご主人がお亡くなりになって不安だからと

お寺の近くに引っ越して来た方も よくいらっしゃいます。

住職も私も それが たいへん稀有な出来事なのだと実感したことは

実は 無かったかもしれません


a0204371_21502206.jpg



蓋ある水に月は映らじ

固い蓋をお持ちの方もいらっしゃいますね

それ程に お念仏にご縁の無かったお方が

晴天に恵まれた連休中もお見えでした 

ようこそ ようこそ




信用してもらえない方に 口で説明させていただく難しさを実感して

これまでの ご門徒のみなさんとのご縁があらためて有り難く感じられたことでした




それでも、法話会にはご長男を連れてお参りしてみるとおっしゃいました

たのしみに また お待ちしたいと思います



                               なもあみだぶつ




   『 5 月 の 法 話 会 』


    5 月 14 日 ( 日 ) 13 時 30 分 より

    講 師   北 畠 晃 融 師


   どうぞお誘い合わせてお参りくださいませ











       

       


















# by shinwoyorokobu73 | 2017-05-09 21:55 | 思いがけず | Comments(0)