<   2017年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今年もありがとうございました

忙しい月の終わりです

シンちゃんの風邪に始まって トモちゃんの扁桃腺からの熱

私も移されてしまいました

自分の風邪を誤魔化しごまかし 年の瀬の仕事をかたずけていましたら

ついに体が赤信号を出して来て 

生まれて初めて中耳炎になってしまいました

微熱を我慢して夕飯の片づけを始めた途端に耳が「 キ~ン 」と

聞こえが悪くなってしまいました

最後の最後・・・トホホ・・・

体力が落ちて来たなぁと感じることしきりの一年でした



a0204371_21364800.jpg
暮れの1~2週間というのは

毎年とても珍しいお客様が見えていたのですが

今年は珍しいお客様はありませんでした




その代わりのように

ご家族を亡くされて大分経つお方々がゆっくりご挨拶に見えてくださって

「 あれから13年ですねぇ 」なんて言いながら 

どの方も 亡くしたご主人の事や

娘さんの事 息子さんの事 奥さまの事を

思い出すともなくなぜか ポツポツとお話し下さいました







お亡くなりになってから何年も経ったのに

奥さまに謝りたかった事があると仏さまの前で頭を下げる方やら

結婚して初めて東京に2人で出て来た時に見た 夜景を見ている彼女の横顔の事やら

誰にも話したことが無かった ご主人とケンカして前歯を折られた事やら

連れ合いを亡くされた方は みんな もう笑いながら

子どもを亡くされた方は やはり 言葉はなく






飲めば暴れたご主人に前歯を折られたことや

そうなるしかなかった その生い立ちの事を 

80歳になるまで人にずっと話さずにいた その方は

「 今までこんなこと話したこと無かったけど あ~~スッキリした! 」

そう言って 暗くなった道をポカポカしたお顔でお帰りになりました

上品に優しい姿の裏にもそんなことが刻まれていたとは・・・

人の歴史は奥深い





お子さんを亡くされた方は言葉が無くて 

それでも声にならない声を ただ感じるしか無いのですが

その胸の内は10年前とは違うはずと思いつつ 今年もその背中を見送りました





みんな 自分のご縁を受け止めて歩かないといけませんね

みんな 嬉しいも 悲しいも いただいていかないといけませんね






きのう 年賀状の写真を撮りました

「 独身の人に家族写真は残酷だよ 」という人もいらっしゃいましたが

私の友人の独身たちは

「 世の中での自分世代の位置が分かって有り難いから家族写真で送って! 」

と喜んでくれる子が多いので

毎年家族でご仏前で写ったものを送ります

7~8年前までは艶も形もゆで卵のようだったはずの自分の顔が

今年撮った写真は まるで2~3日経ったお供えのお鏡餅のよう・・・

「 これを人に送らねばならぬとは 私にとって残酷なことになってきたわ 」

心は揺れつつも これから宛名を書こうと思います









報恩講の帰りに骨折なさったHさんの腕の手術の痕を

きのう お寺にお参りなさった時に見せていただいて 

そっと 触れました

思いの外 細くて 白くて とても軽くて 

急に心細くなって 涙が出そうになりました

来年も いっしょに泣いたり笑ったりお付き合いくださいね


 






おかげ様で 今年もたくさんの出会いと経験の内に

多くのことを知らせていただきました

4回目の年女と言われて自分でびっくりするのですが

未だに知らなかったことや 改めて気がついていくことが多くて

年相応というのが全くわかりません

このような感じでございますが

宜しければ来年も どうぞお付き合いくださいませ




                                  なもあみだぶつ








by shinwoyorokobu73 | 2017-12-31 22:50 | 季節 | Comments(1)

クリスマスに丸鶏は

寒いですね

扁桃腺肥大といわれる娘は

ここの所の冷え込みで

喉を覗くと コブのようにその左右の扁桃腺を腫らして熱を出して学校を休んでいます

皆さまはお変わりなくお過ごしでしょうか

a0204371_15101661.jpg
街に出ると 今年もあちらもこちらも

すっかりクリスマスの色と物でいっぱいです

いつも行くお店では顔なじみの店員さんに



「 西村さん クリスマスにこの丸鶏いかが?

  あ! お寺だからクリスマスディナーはダメなのかな? 」



「 いや、何がダメって決まりはないけど・・・

  子ども達が『 クリスマス みんなは楽しそうな夜を過ごすのに・・・』

  とうらめしそうに言うし、一度丸ごとの鶏をグリルして食べたいっていうからね 

  去年はここで買っていただいたのよ

  でもキリストさんのお誕生のお祝いにかこつけて

  鶏を丸ごと食べるのもね あまりいい気持ちがしなかったみたいで

  『 うちはわざわざクリスマスに丸ごと鶏を焼いて食べなくていいよ 』

  って話しになってねぇ  ごめんね 」



そう私が言うと 人の良い店員さんは



「 商売だからって こっちこそ失礼なこと言って ごめんね 」



そう言ってくれてホッとした一コマでした



『 お寺だと決まり事や自由が無くてたいへんね 』

と仰る方もいらっしゃるのですが

( これにも『 わたしって大変やろか? 暮れだというのに掃除下手だし、家族が大変じゃなかろうか? 』 と考える機会をいただきます^^ )

実は そんなことはないのです

人や空気に流されがちな私は

自分はどうするか

私はどう思うか

じっくりと考えて選んだり 一歩進んだり戻ったりが出来てありがたいのです







「 さあさあ どうするね 」

今日という日のご縁に如来の光を当てていただいて

自分の中に往生間違いなしの道しるべを見つけながらの日々

私のような者には 本当にありがたい環境なのですよ





                                  
                                 なんまんだぶ











by shinwoyorokobu73 | 2017-12-14 16:57 | こんなこと | Comments(1)

おかげさまで

寒くなってまいりました

天気予報では今年最大の寒波襲来だそうです

改めてこう告げられると

大変な事のような気がして 

昨夜から身構えていましたが

横浜青葉の昼間は うららかな陽射しに冷たい風

と言ったところであります

a0204371_14260197.jpg
今年の報恩講法要は

ご講師を山口県から 専福寺ご住職 福田康正師をお迎えして

お勤めさせていただきました

皆さま ようこそお参りくださいました





「 ここは 横浜にありながら 山寺ですな

  黄色や紅のモミジがきれいで 紅葉寺になりそうな 」

と仰っていつものように紬のお着物に鞄一つの出で立ちでお越しくださいました




「 この年に成ってまいりますと 涙もろうなってしかたない。

  この文を読みながら 私は涙が ぽろぽろ ぽろぽろ こぼれてくるんですよ 」


と仰って こちらも涙がこぼれてくるご法話をいただきました

先生のあの大きな目からも 涙がなんて・・・

何だかほっとするものがありました







ご遠方からわざわざ 

そう思ってお給仕させていただいておりましたら

「 ここのお寺の次は ほら 栃木のあなたの親戚のJ寺に行きますよ 」

親戚のお寺にあちこちご出講いただいているそうです

お念仏つながりで

あちらも こちらも たいへんお世話になっております

この度も 本当にありがとうございました



 
a0204371_14454852.jpg
西法寺住職も 都内のお寺様の報恩講のお取次ぎ

その後は 東北のお寺様へ

文字通り師走でございます




お寺はモミジだけでなくドウダンツツジも真っ赤です

欅やクヌギはたくさんの葉を落とし

私たちは 毎日せっせと掃き掃除に励んでおります

秋らしい毎日です



                                  なもあみだぶつ









by shinwoyorokobu73 | 2017-12-12 14:56 | 行事 | Comments(0)

報恩講です

今日は雨です。

霧雨のようです。

明日は晴れてほしいものです。




明日は今年最後にいただくご法話であります。

私達の慣れ親しんだ言い方で言いますと『 報恩講 』でございます。

皆さまのお参りを楽しみにお待ち申し上げます。




a0204371_23125673.jpg
親鸞聖人はその昔

力を持つ人々から疎まれて 

罪人として裁きを受けられても なお

師を信じ 師の教えに生きられ

ご自分のお考えを貫かれたと聞いております。



最近の報道や 情報を見聞きするにつけ

今の世の中でも 

力ある大勢の圧力はたいへんなもの。

時代は違うとはいえ、

人の間にあって 親鸞さまもさぞご苦労なさったことだろう・・・

そう 感じないではいられません。






明日は西法寺『 報恩講 』です

どうぞ皆さま ご家族お揃いでおまいりくださいませ。


   12 月 2 日 (土)  13 時 30 分 より  


   《 講師 》  福 田 康 正 師 




                                 なもあみだぶつ





by shinwoyorokobu73 | 2017-12-01 23:32 | 行事 | Comments(0)