<   2017年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

端には端の色があり

枯れ葉が音を立てて舞う季節になりました

しばらく書きませんでしたので 

だんだんとパソコンに向かうハードルが高くなっておりました。

ご無沙汰いたしました。

お訪ねくださっているあなた様はいかがお過ごしですか?



急に寒さが増して昨日は雨でもあり『 お磨き 』は風邪をひいて参加できない方が続出でした。

a0204371_21285332.jpg

ひょっこりと初めて手伝いに来てくださったOさんは

日頃は町内の役やらゴルフやらテニスやら大忙しだそうですが

「 久しぶりに住職の顔が見たくなって 」と笑いながらご参加。

まぁ!坊守の顔ではないのね! ざんねん・・・


TさんKさんUさんHさん、それにIさん

お蔭さまで お仏具が今年もピカピカになりました。

本当にお寒い中をありがとうございました。






a0204371_04323152.jpg

寒いけれども 秋晴れの日は

お散歩の途中にふらりとお寺の境内地に迷い込む方がいらっしゃいます。

今日もお嬢ちゃんと坊ちゃんをお連れのお父さんが入ってこられ

犬が吠えますので私が外に出て「 こんにちは!お参りですか? 」と

声をおかけすると ちょっと驚いて

「 掲示板があったのでお寺なんだ、と思って入ってきました 」と仰います。

      私 「 そうなんですか 」

    訪問者 「 お寺ってどこですか? 」

      私   ( ガクッ )
        
        「 ここがお寺なんですよ 」

    訪問者 「 へえ、ここがお寺なんですか 」

   お嬢ちゃん「 お父さん、これがお寺なの? 」

      私 「 ごめんね。大きなお屋根の大きな石の門があるのがお寺だと思ったよねぇ。

          でもね、ここもお寺なんだよ。

          形はお嬢ちゃんの思ったお寺と違ったねぇ

          お寺は『なもあみだぶつ』って仏さまの心を私の心で聴いていく所なのよ。

          安心させていただく所なの。 

          今日はお父さんとお散歩できてよかったねぇ

          ようこそお出でくださいました。 」




小学生のお嬢ちゃんはキョトンとしておられましたが、

毎年よくこんなやり取りがあるのですよ。

いいんです。彼女はわからなくても。

私が私に答えたんですから。

お寺というと大きな伽藍を思い浮かべてお見えのようですからね

ご期待とは違ってごめんなさいね、と思いつつ^^




最近『 わろてんか 』で主人公の若いご夫婦が寄席を手に入れられましたが、

あまり流行らない所で目立たない寄席のことを『 端席(はせき) 』と

呼ぶという事を知りました。

「 ここも端席のようなお寺よね 」と住職と笑います。




一昨日は伝統派落語家代表の文鳥師匠が仰いました。

「 大きな寄席も小さな寄席もお客さんにとって大きさは関係ない。

  笑いに垣根は無いんや。 そやけど、

  そこにはそこの色があるんや。何を大切にするか見つけることが大切。

  何を届けたいのか、あんたたちの色はどんな色や。 」





ああ、そうだなぁ

そう思いながらテレビを見つめました。

「 ここはお寺ですか? 」と尋ねていただく度に

自分の腹の据わり具合を量られているような気持ちになりました。

その度ごとにじっくり思い巡らす機会をいただいてきました。





また、テレビの文鳥師匠のような

たいへん有り難い先生方がこの小さな庵のようなお寺に

はるばる足をお運びくださってご法話をくださいます。

そして中には「 大変 有り難いご縁を戴きました 」と

深々と頭までお下げくださることがございます。

そうして、その先生方が頭を下げてまで有り難いと受け止めていらっしゃることを

この私は常の事と受け止めていたことに おろおろと姿勢を正すのです。

『 人 』に様まで付けて呼んだ昔の方は偉いですねぇ

多くの有縁の皆さまに気が付かせていただくばっかりです。





また、この度のお磨きではOさんにも、Uさんにも、

「 多分 今日はこんな冷たい雨だからお手伝いには来ていただけないだろうね 」

と諦めていた坊守のこの曇り眼を覚まさせていただきました。
奥さまの看病も大変でしょうに笑顔で ようこそ、ようこそ ありがとうございました。



Iさんは妊婦さんなのに知らなくて、ご無理はなかったでしょうかねぇ ありがとうございま
した。


Kさんはお磨き後一番乗りのお寺でのご法事ですよ。
ご親戚の皆さんに「 私が右のお輪灯を磨いたんだよ 」と自慢しましょうか。


Uさん雨の中、バスに揺られて初参加! 本当に助かりました。ありがとうございました。


Tさん、雨の中を駐車場の枯れ葉掃きまでやっていただいて いつもありがとうございます。
風邪ひかれませんように。



脚が調子悪くなられてお磨きに参加できなくなられたHさんご主人さま、
輪灯磨きのスペシャリストがいらっしゃらなくて今回は寂しかったですが、皆でがんばりましたよ!






寒い冬がやってきますねぇ。

不思議なことに、累々と繋がれて来た法に触れますと私の身の内が温められてゆきます。

ぼんやりと曇ったような雑事と見えた事柄が、光り輝いて見えてまいります。

今年の西法寺の『 報恩講 』は12月2日(土)です。

どうぞ、ご一緒下さいませ。




     
                                   なもあみだぶつ













by shinwoyorokobu73 | 2017-11-20 06:17 | 行事 | Comments(0)