<   2017年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「 多くの命をいただきます 」

台風一過の すっかり夏は過ぎ去ったかのような空気です

天気予報士の方が

「 台風が 夏の暑い空気と秋の涼しい空気を混ぜながら

  だんだん秋を連れてくるのです 」

と仰っていました

そうかぁ 今混ぜられてるんだ と空を眺めています


a0204371_15341976.jpg



昨晩『 白貝 』という貝をバター醤油でいただこうと流しに出していました

日曜日に 生活クラブの鮮魚売り場のいつもの皆さんから

「 これはお勧め! 」と太鼓判をいただいていたのですが

2日経ってしまっていたので「大丈夫かな?」

心配しながら水洗いすると、キュッと身を縮めて殻を閉めてしまいました

二日も経ったのに元気に生きていたので

「 うわぁ!まだ生きてた 」と驚いて見ていましたら

「 お母さん 何が生きてたの? 」

シンちゃんが直ぐにやって来て覗き込みました

「 ほんとだ、生きてるね 」


いつもこんな時 どうしよう・・・と一瞬料理をためらいます

だってシンちゃんがその次に思うことは想像がつきますから・・・

火にフライパンをかけて白貝をのせると ジュウッと音がします

殻を必死で閉めている貝を見て

すぐにシンちゃんは「 かわいそうに 」と言いました





でも この日はその後がいつもと違っていて

「 ごめんなさい 」と手を合わせて謝っていました

その後 「 ぼくは がんばるからね 」そう言っていました

「 そうだねぇ 白貝さんを食べるんだから

  おかあさんも 明日も一生懸命がんばらないといけないね 」






あとで住職にこの話をしたら

この夏休みに近隣の(神奈川組[かながわそ]と言います)お寺の若い僧侶の皆さんが

子ども達のためにお寺で研修を開いてくださいました

うちの子ども達は今年は全員参加させていただいたのですが

その時に『 食べられるために生まれて来たのではない他の命をいただいている 』お話しをしてくださったのだと

シンちゃんはその時の話しを憶えていて そう言ったのだろうと話してくれました





よく、子どもが罪悪感を持つからと

「 みんなに食べて欲しくて美味しくなったんだよ 」とか説明してくださる方もいらっしゃいますが

仏さまのお話しを聴いて シンちゃんが思った

「 君の命をいただきます。 だから、ぼくは明日も泣かないでがんばるからね。」

という言葉に 私も食べて生きていることを改めて考えさせられました

いのちを大切に生きるという事はそういうことかもしれません


a0204371_15440474.jpg
山椒の木の皮を一生懸命に食べているマイマイの後ろ姿にも

「 お互い がんばろうね 」と声をかけたくなってしまいます






さて、9月23日(土)はお彼岸の法話会をお勤めいたします

お天気は雨の予報ですが しっとりと本堂でご法話をお聴かせいただくのも有り難いご縁でございましょう

お寺までのお足もとは悪くなると存じますが

どうぞお気を付けくださって 皆さまお参りくださいませ



  

  《 秋 の お 彼 岸 法 話 会 》


   日 時   9 月 23 日 (土)  13時30分から 15時30分頃まで


   講 師    西 法 寺 住 職     西 村 信 也





* 初めてお参りのお方は早めにお見えになり ゆっくりお待ちいただいても結構です

  たのしみにお待ち申し上げます



                                 なもあみだぶつ


   










by shinwoyorokobu73 | 2017-09-20 16:08 | 子供 | Comments(4)

みんなちがって みんないい

上の子下の子で、20年近く子育てしながらお寺の仕事をしていますから

私はその中で気づかされることが多く生きてきました

逆に言うと、外で仕事をしている皆さんのように

社会の仕組みやその中での人間関係というものを学ぶ機会は少なかったと思います


a0204371_21531500.jpg




子育てをしていると多くの皆さんが経験すると思うのですが

「 みんなが持っているから。 みんながやっているから。 」と言う子供達の言葉に出くわします。

その「 みんな 」に何度心が揺さぶられたことでしょう




「 で、 みんなって誰と誰? 」

「 ○○ちゃんと○○くんと・・・・・・・それから、○○ちゃん・・・・かな?  あれ? 」

「 3人じゃん! 」


子供達は自分の求める物を手に入れるために、 時に上手く言葉を使うのだと何度かの失敗の後に覚ったのでした。

もちろん忘れてしまってますが、遠い昔に私もその手は使ったのだろうと思います。








先日小学校で、 あるお母さんのことを

「 あの人 自分の子供のことで気になることがあると、すぐに直接先生に聞きに行くらしいのよ 」

と話す別のお母さんがいました。

その後の言葉が 「 ふつう行かないよね 」でした






その時の 「 ん? 」という違和感がずっと残っていて考えていました。

この辺りは 比較的新しい町なので 全国にルーツを持つ方々が集まって暮らしています。

狭いと言われる日本でも、暮らしぶりや考え方は驚くほどバラエティーに富んでいます。

中学に進むと いくつかの小学校から来た子達が一緒になります。

サラリーマンの方もいらっしゃれば、

自営業の方もいらっしゃいます。

会社には電車で通う方もいらっしゃれば、乗用車で通う方もいらっしゃいますし、バイクの方もいらっしゃるかもしれません。

偉く成られたら 運転手さん付きの黒い車で送り迎えの方もいらっしゃいます。

その会社だって日本に勤務する前はイギリス、アメリカにいたという方もいらっしゃれば、

大阪から転勤で来たという方もいらっしゃいます。

出産だってドイツでしたわ、という人もいればスウェーデンよ、という人もいます。

中学でうちの子供達が一緒になる隣の小学校は帰国子女も結構いて、

そんなお母さん達は「 ええ!? あなたの小学校って そんな時に先生に意見言う人が一人もいないの? 」と驚かれてしまいます。

こっちの小学校で「 ふつう 」と言われることは、隣の小学校の あるお母さん達から見たら「 変(へん)」なのです。







上のお姉ちゃん達が成長してくれたおかげで

その間にたくさんのお母さん達とご縁を結ばせて頂きました。

その中で、だんだん気がついていったのが みんな違うのだということ。

みんなが一生懸命に自分の子供を育てているということ。

そして、本当は人は言葉で一括りにしたり分けたり出来ないこと。








同じところもあるけれども違う

違うけれども同じところもある








まだ経験の少ない時は、 「 ふつう 」か「 変 」なのか そのどっちつかずの状態は不安になります。

そんな時「 いいね 」ボタンと一緒で 「 ふつう、○○だよね 」 と

自分の立ち位置がいいのか悪いのか、 誰かに確認したくなるのでしょうが

まだまだ、私も そんな仲間の承認欲求になかなか上手い答え方が見つかりません。

そこには信頼さえあれば「何とでも言え」ですが

子供を挟んでたまにしか会わない仲間に対して思ったことを全て言うのは真意が伝わらないこともあり危険です。

子供の友達のお母さん達だし「 ふつう 」の中に入ったら楽なのかしら?

チラッとそんなことを考えるのですが








「 聞きたい 」 「 言いたい 」と思ってそうする人はそうしていいんじゃない?

だってその人は自分の責任でそうするんだもの

そう望んで動いたことからは必ず学ぶことはあるのだもの










ああ、ホントウの自分が顔をもたげる。

「 ふつう 」に縛られるのって窮屈









「 みんなちがって みんないい 」

智慧の光に育てられた金子みすゞさんの

聞き過ぎて耳慣れてしまった言葉だけれども

今日は しみじみ温かい






「 そうですよね 違っていいんですよね 」

そう、 みすゞさんになのか 如来さまになのかわからないけれど訊ねつつ

その言葉をつぶやきながら お念仏することが まだまだこれからもありそうです。



                                                         なもあみだぶつ


                                                         
















by shinwoyorokobu73 | 2017-09-02 15:52 | 灯りのうちに | Comments(0)