<   2017年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

まるで夏のような春のお彼岸 2017.

最近はストーブを点けたり消したり

その日によって 気温が変わるので

服を着たり脱いだり たいへんです



昨日は 昼はまるで初夏の温かさで

上着の下は半袖でお参りの方もいらっしゃった お彼岸法話会となりました


a0204371_15391187.jpg
香川先生も お参りの皆さまも

「 暑い 暑い 」と入ってお見えで

しばらく窓も開けておいたくらいです



a0204371_15460705.jpg
この度も 「 言うてごらん! 」の連発

皆さまもちょっと慣れてこられました




a0204371_15481214.jpg

休憩時間には住職も坊守も交じっておしゃべり






a0204371_15491380.jpg
今回は牡丹餅が

もち米も餡子もちょっとゆるくできてしまって・・・

ぼったり餅な感じに・・・

でも、うちの子どもたちやお参りの子どもたちも

皆さんよく召し上がってくださいました

50個以上食べていただくのは初めて!




a0204371_15551701.jpg

ここ西法寺の建つ場所は、20年前は

朽ち果てた観音堂の建つ竹林でした

今回は香川先生の鎮西敬愛高校時代の生徒さんだった方も

遠くからお参りくださいました

20年ぶりの再会だということでした




「 この世は縁起でできている 」

香川先生の言葉が実感されます

20年前はここでこうやって多くの方々が集い

仲良く牡丹餅をほおばることなど想像もできなかったことです



つながり つながり 導かれたこの度のご法座

暖かな春の風に吹かれながら

如来さまの御計らいの上のご縁を感じずにはいられません

また 次の半年 秋のお彼岸まで 

泣いたり 笑ったりしながら

お念仏の中に日暮らしさせていただきましょう




                               なもあみだぶつ








by shinwoyorokobu73 | 2017-03-21 16:08 | 行事 | Comments(0)

慈雨のように

今朝はちょうど良いお湿りで

花粉や 飛んでくる埃を落ち着かせてくれました

暖かくなるにつれ 雨が降り

土には 小さな草花の芽が湧き出てき

枝には 小さくも力強い若芽が顔を出してきています


《 お彼岸法話会 》の ご案内

    日 時   3 月  20 日 ( 月 )  13 時半 より

    講 師    香 川 孝 志  師


a0204371_15332616.jpg
2月から

住職は 調布のお寺様 栃木のお寺様

各地のお寺様にご縁をいただき

ご法話をさせていただいております

いつも 気持ち良い顔で帰ってまいります

気持ちよくお迎えいただいていることがわかります

本当にありがとうございます


a0204371_15415925.jpg


住職がお寺に居た 先日 お電話をいただきました

「 昨年 『ほのぼのカレンダー』を頂戴しましたHと申します 

  今年も また 頂戴できますでしょうか?

  今年は 昨年お話ししました 子どもも一緒に

  お伺いさせていただきたいのですが・・・ 」


所用から戻った私に住職が 

「 Hさんって女の人 お前知っとるか?

  なんか 変な人で 途中でガチャっと電話を切ったんだ 」






私は直ぐにピンときました


「 その人は お子さんが他人と関われないで

  外に出ることもなく20年家の中にいて心配だとご相談に見えた

  ○○にお住いのHさんだと思うよ

  去年の今頃 カレンダーを持って帰ってもらった時に

  『 つぎは絶対に 子供さんもみえるよ 』って

  話したでしょ? 覚えていない? 」



「 ああ! あの時のお母さんか!

  HPを見て 子供さんから 

 『 お母さん 西法寺に行ってきて 』って頼まれて来たって言ってた・・・

  思い出した  思い出した そうかぁ あのお母さんか 

  あの時は あのお母さん いっぱい泣いて帰ったよなぁ

  もう1年経つか・・・・・早いなぁ

  お前が言っていた通り 子どもを連れて来るんだなぁ 」



a0204371_16060514.jpg
午後は体調が悪くなりがちな 

お子さんの様子を見て

「 良かったら電話して行きます 」と言っていらっしゃいましたが

ほどなく お電話をいただき

二人そろってお見えになりました




初めてお会いするお子さんは

長く外に出ていらっしゃらないので 透き通るような白い肌の人でした

私より年は少し下だけれども ずっと若く 純粋な感じの




お母さんは お子さんを 住職と二人で話しをさせようと

私を本堂の隅に促して 説明をなさいました

いつから 外に出なくなったのか

なぜ そうなっていったかと思われる 理由は自分にあるのだということなど

いっきに話されました

お母さんは 昨年よりもドロンとした目をなさっていて

日々 親子で苦しみ もがいて過ごされているご様子が窺われるようでした






お母さんは 「 何でこうなったのか 何でこうなったのか・・・ 」と

悔やまれるのですが





「 この20年間の苦しみがあったから

  いろんな事を 真剣にお考えになってきたんでしょう?

  ご自分の生い立ちから 子どもの育て方やら 家族って何か

  随分と深い所にまで 考え至られたのでしょう?

  そして 今日は そこから一歩 お二人で踏み出された

  長いけれど 20年間が 必要だったんですね

  

  
  このお寺にはね

  お嬢さんくらいの年齢で

  15年間結婚生活を続けたお連れ合いから

  突然離婚を突き付けられて

  途方に暮れて泣いていた人も ご法話を聴きにお見えになっていますよ

  来た時は 心も病んで頭も白くなっていかれたけれども

  2年経って 今は 仕事も決まり随分と元気に

  きれいになられましたよ

  苦しんで 苦しんでも 

  自分の足で歩けるようになっている人も居ます

  きっと お子さんもそうなられます

  だいじょうぶ   だいじょうぶ 」




そう私が話すと お母さんの頬はうっすらと赤みが差し

ドロンと焦点の定まらなかった目には

力が見えるようになりました







住職の前に座ると 

住職の事を「 きれいな目をなさっていますね 」と

話しを始められたお子さんの方は

気が付くと ぼろぼろに泣いていました

ぼろぼろ ぼろぼろ と

その白いきれいな顔を濡らしていました




「 私は ずっと 心が揺れています

  心では 本当は 醜いことを思ったりもしています

  それなのに こんな風にいつも へらへら へらへら

  なんとも無いような顔をしている自分が 大嫌いなんです

  私は 嫌な 失礼な 人間なんです

  今も こんなこと 思ったらいけないと思うのですが

  ご住職のことを 尊敬しないといけないのでしょうけど

  生意気に 友達のようにしか思えていません

  すみません・・・・・ 」


「 それで いいんじゃないですか? 」


「 私のこと バカにしないんですか? 」


「 あなたは 何もおかしくないから バカになんかしませんよ 」


それからは 言葉になりませんでした

ただ ぼろぼろ ぼろぼろ 涙



「 私、ずっと 泣いたこと 無かったんです 」


「 そう、 よかったじゃないですか 」


「 もう 帰ります 」


「 そうですか 」



淡々とした 住職と彼女の会話

帰る時

靴を履いた彼女は お母さんの方を見て言いました

「 ここは きれいね

  帰ったら 私の部屋を まず掃除しないと 」



彼女は私の方を見ないようにして言いました



「 私の所も 本堂はきれいだけれど

  住んでいる所は たいへんよ! ぐちゃぐちゃ 」 と 私が言うと


彼女は苦しそうに顔をゆがめて


「 いいえ 私の部屋はそんなんじゃ無いんです!

  ほんとうに汚いんです 」

とお母さんの目を見つめて「 ね 」と確認するように 絞り出すように言いました






女というのは大変

人が幸せそうに見えると 心が波立ちます

特に 自分が幸せでないと思う時は 荒れ狂うものを内に持っています

彼女もそうらしい  私もそう・・・

彼女には 私は幸せいっぱいに 見えたかもしれません

台所の洗いかけの茶碗の山を見せればよかった・・・

子どもを叱る姿は鬼婆なのに・・・

でも、「 くやしい 」と思って力が湧くこともある









自分の内側から 外を眺めているだけの間は

苦しみは続きます

このお寺のご本尊さまは

「 荒れ狂う心を持った そのまんまでいい

  荒れ狂う心を持つ お前をこそ目当てぞ 」

の仏さまです

きっと あなたが

「 こんな私を お救いの仏さま 」と

そのまんまの自分をいただかれた時

心は自由に解き放たれていきます





あなたの涙が 慈雨のように

あなたの干上がっていた心に 生きる力を育てていきますように

また、来てください

逃げないで

また、仏さまの心を聴きに来てください

また、待っています





                                 なもあみだぶつ






  
















  
















by shinwoyorokobu73 | 2017-03-14 17:50 | | Comments(5)

春ですね 春ですね

ここ数日 ぽかぽか陽気がつづいて

桜が咲いてるような錯覚を覚えます

花粉症の皆さまには 

謹んでお見舞い申し上げます


a0204371_06110172.jpg
変な画像とお思いでしょうが

裏のふきのとうです

先週の写真ですから もう開いています

草木は一番季節を知っていますから

もう 確かに こんな季節ですね




さて 元旦会でご案内いたしました

「 第25代専如門主 伝灯奉告法要 」の団体参拝ですが

現在22名のご参加です

先週本願寺からのご連絡で まだ余裕があるそうですので

もし、「 わたしも 」とお思いのお方は

3月いっぱいお待ちいたしますので

ご遠慮なくお寺までご連絡くださいませ




あわせて「 お髪剃り 」をお受けになる方も

まだ内願も受け付けていただけるそうですので

住職までご相談ください

今回はお若い方も 法名をいただかれます

生前に本願寺で法名をいただかれることは

ご自分の人生の芯となって 支えられていかれることと思います

お待ち申し上げます




春のお彼岸のごあんない

この度は北九州より 香川孝志 師 にお越しいただきます

「 言うてごらん 」の先生ですね

私は先生とご縁があって20数年になります

先生が校長先生だった時の生徒さん達も

遠近各地から駆けつけてくださいます

ありがたいご縁です

先生も私たちも 年を取りました

一回 一回 お会いできることが 

ほんとうに有り難く感じられるようになってまいりました




   《 春 の お 彼 岸 法 話 会 》

    期 日      3 月  20 日 ( 月 )  13 時 30 分  より

    講 師      香 川 孝 志 師



暖かくなると ご案内をさしあげるのも安心です

どうぞ皆さま お誘いあわせの上お参りくださいませ




                                      なもあみだぶつ













by shinwoyorokobu73 | 2017-03-04 06:44 | 行事 | Comments(0)