<   2016年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

お言葉に甘えてみると

気が付けば すっかり若葉の季節

今年も卒業と入学、それに伴う準備、4人それぞれの新学年の懇談会に授業参観にと

家庭のことでバタバタと過ごした春でした




恐縮ですがお釈迦様とお誕生日の近い私は

花祭りをお祝いするついでに ケーキを買って貰います

今年はこれに 住職から 「 侍(さむらい) 」 と言う男前な名の 真紅のバラをいただきました

普通女性には今流行りのオールドローズとかじゃないんかな?

男前な坊守にはこっちの方が似合う?






「 お母さんも大きくなったねぇ 」 とシンちゃんからは褒めてもらいました
 
  おかげさまで



a0204371_16272736.jpg




キョウちゃんの高校の入学式は ちょうど桜が満開でお天気も良く

もちろん 住職とは一緒に入学式に出られるはずもなく

私だけが朝からのんびりと バスに揺られて行ったのであります




なが~~い いつも聞く入学式の挨拶を数時間お聞きした後 終了

たくさんのご父兄が校門の 『 平成28年度 入学式 』 の看板と記念撮影され 

私たちも同じく撮影を終えてバス停へと急いだのでした





長い行列でバスに乗ると 後ろから 先ほど隣で記念撮影されていた

関西弁のおじい様とおばあ様とお孫さんらしき親子が乗ってこられました

ぎゅうぎゅう詰めでしたが私の前の優先席が二つ空いていましたから

後に見えたそのおじい様とおばあ様に 「 どうぞ 」 と席を勧めました

「 あ! こりゃあどうも 私はもう76でして 年をとると立っていられなくて

  お言葉に甘えて ありがとうございます 」

気持ちよく座っていただきました

「 〇〇や じいちゃんは お前が卒業する時は80だ それまで 元気でいないとなぁ 」  

しみじみ話しておられるのを わたしは聞いていないふりをしながらしみじみと聞いたのでした

そして 二つほど先の停留所で

「 や どうもありがとうございました どうぞ 」

と 私に席をすすめて降りて行かれました





履き慣れないヒールでバスに乗って立っていると足がズキズキ

ホッとしておじい様の後に座らせていただいて 住職に「今帰りのバスの中」だとメールを打っていました

ふと 隣の 多分同じく入学式に出席された帰りの女性が立ちあがる気配がして

顔を上げると 黒い大きなリュックを背負って 黒い大きな手提げバックを持った小さなおばあさんが

よっこらしょ といった感じでバスに乗って来られたようでした

あと 『 送信 』 を押す所まで来ていた私は 顔を上げ腰を上げるのが遅れたのです

隣の女性の気遣いに気が付いたおばあさんは

笑って  「 大丈夫ですよ 直ぐに降りますからね 」 と言われました



一つ目の停留所で降りられなかったので

「 メールなんかしててすみませんでした  やっぱりどうぞ 」 と私が席を立つと




「 いやいや ホントにいいんですよ 大丈夫 あなた達はお子さんがいらっしゃるんでしょう?

  私はもう自分が生きてるだけの気楽な身分 85になりますけど おかげさんでこの足も動きます

  子供を育てる時が一番大変ですよ はははっ 」


「  え?! 85?! いやぁ お願いですから代わってくださ~い  」 と私が頼むと




「  いや  ホントにすぐ降りるからね  お座りなさい 」 

そう言って 前に立つと私が落ち着かないと思ってか ドアの方に移動してくださいました

次の停留所で おばあさんはホントに降りられるのかしら と ドアの方を見ると

おばあさんはこちらに ニッコリお辞儀をして降りていかれました





不思議な なんとも言えず 余韻の残るご縁でした





皺の刻まれたお顔の きれいに澄んだ目のおばあさんは  

お金のある人の格好ではありませんでした

でも 全て満たされた人のお顔でした





対してその時私は ちょっと地味で上品そうに見える一張羅の紺のスーツに身を包み

本物に見える真珠のネックレスをつけて黒いヒールの靴を履いて ほほほっ と装っておりました

バスの窓に映る自分の姿を見ながら   恥ずかしいなぁ・・・ こっそりお念仏申しました






降誕会にお出でてくださる 大田先生が新聞に書いておられました



『 こころを 「 内 」   かたちを 「 外 」 とおいて考えますと

  親鸞聖人の『愚禿釥』冒頭の言葉が浮かんでまいります

  法然上人の人徳に接し、その教えに耳を傾けることによって本当の意味で

  この親鸞のこころが明らかになったということを最初に揚げられ

  
    賢者の信は、

    内は賢にして外は愚なり。

    愚禿が心は、

    内は愚にして外は賢なり。

   ( 註釈版聖典501ページ )

   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  』  






光に照らされると その姿は目によく見えます

わたしのこころは目には見えませんが 目にはみえないはたらきによって本当の相を

照らし出されることがあります

バスのご縁でおばあさんのお言葉に甘えてみましたら

思いがけず 愚鈍で滑稽なわたしの相が照らされました

ようこそ ようこそ





                                                なもあみだぶつ 
by shinwoyorokobu73 | 2016-04-27 18:22 | 思いがけず | Comments(0)

緑の季節に

若い頃 佐賀から九州自動車道を走り熊本へ行きました

今の時期のこと 緑の風に吹かれて 菊池渓谷を友達と歩きました

熊本は本当に美しい所です



全国から集まった朋と 熊本の朋と語り合い 笑いあった日が遠く思い出されます



今の様子を伺うと 言葉もありません

早く穏やかな朝が来ることを願わずにはいられません


                                                   なもあみだぶつ

a0204371_195869.jpg

by shinwoyorokobu73 | 2016-04-20 20:02 | 思いがけず | Comments(0)

子どもも  わたしも

伸び時 とか  伸び盛り とか言われる時がありますね




長女が小学校の時 一年間に10センチ以上背が伸びたことがありました

担任の河田先生から 「 背が伸びる時って何でも伸びる時なんですよね 」

と言われたことがとても印象に残りました




春にはいろんな芽がすっくと首を持ち上げて

上へ上へ 光の射す方へ光の射す方へ と 伸びています

きれいですね

新人さん 新入生さん どうぞしっかり 初めてのことを受け止めていってください


a0204371_11532044.jpg




小学生低学年の子どもたちも 時におかしなことを受け入れたり

折り合いをうまくつけながら 日々大人に近づいています


 「 血液型にはA、B、O、ABがあるんだぞ ぼくはO型 」

 「 ぼくはB型 」

 「 わたし A型 」



そこに ちょっと知識のある子が

 

 「 わたしのお父さんはAB型で お母さんがO型だから わたしはAO型のA型なんだ 」


 「 えー!?  お前バカ? AO型なんて無いんだぞ なに言ってんだ? 」


 「  ははは・・・ 」  「 なんにも知らないんだ  はは・・・・ 」 

 「 ハハハ・・・ 」   「 ははは・・・ 」  



ちょっと早く詳しい事を知っていたことで その事をばかにされてシュンとなる子がいます

「 バカだなぁ 」 と言った方は大きくなって

理科でそのことを学ぶ時にはすっかりそんな事を言ったことすら忘れています




小さな子どもって残酷、 何でそんなに何も知らないのに自信満々なんだろう?

そう思っていましたが・・・

大人でも本当のことなんか本気で確かめもせずに 

「 あれが悪い 」 「 これが正しい 」 と評論家になる所は同じか・・・

人のことなら言いっぱなし

自分の姿は見ないし 一番わからない

「 小さな子供って 」 と思っていたのが 「 小さな子供 」 でした

「 そうだなぁ 」 と小さな子どもたちの姿にもいろいろと教えられることが多いこのごろ

春休みも終わり 新学期も明日から

また 私だけの日常では気が付かないおかしなことが巻き起こることでしょう



a0204371_1453298.jpg


出会いや 出発の季節に教えられることは満載のようで

ゆっくりストレッチしながら 次のご縁をたのしみに準備しています

直にまた 怒涛の日常が始まるのですから



皆さまも どうぞお身体大切に 季節や心の変化をおたのしみくださいませ





                                                 なもあみだぶつ

 






  
by shinwoyorokobu73 | 2016-04-04 14:11 | こんなこと | Comments(0)

桜 桜

いつもの事とはいえ、桜の花見の時期は冷えますね

a0204371_23225459.jpg


今年は穏やかな日が続いていて 

土日は 青葉台までの商店街の桜並木沿いに ここに来て初めてだけれども

ちんどん屋さんが来ていたり 

路上でライブのお兄さんたちが居て 

その目の前で小さなお兄ちゃんと妹ちゃんが体育座りして聞いており

その横のベンチには外国人のお兄さんがリズムに乗ってハミングし

それをおじさんが自転車を止めてにこにこして聞いてるんだか見てるんだか

おばちゃん達も買い物袋を手に足を止め みんな桜とその賑やかさを楽しんでいました 





桜が咲いて散っていく何でもない日が ほっとする春のお休み




と言うのも 先週ひどい風邪をひいてしまいました

インフルエンザでもないのに 歩けない程ひどい風邪は初めてです

「 だんだん疲れがとれにくくなる年齢になるから

  無理のない日常生活を心がけましょう 」 

お医者さまからそう言われても 今までは「 なんの なんの これくらいの風邪 」と

言うことを聞いたことは無かったのですが・・・

今回は 「 これは危ないかも 」 と思いました

身体の変化を感じる最近 

老いへ成長していくことに まだ何だか気持ちの方が慣れません

先日友人とも話したのですが

この体調の変化は ちょっとゆっくりと 足元を見直すいい機会かもしれない







朝 裏口から出て顔を上げると 昨年も盛りを見過ごした裏山の大桜に花が咲いていました

葉と花が一緒に出て咲く山桜

いつも はらはらと散る時に 「 あっ 」 と見過ごしたことに気が付くのでしたが

今年は咲き初めに出会いました

足元には たくさん発見がありそうです

宜しくお付き合い おねがいいたします





                                                 なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2016-04-03 00:26 | 季節 | Comments(0)