<   2015年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

法事以外でもお見えですよ~

ご法要後の晴天の土日には

「 お参りできなくて~ 」 という残念なお方が必ずいらっしゃるので

昨日も今日も 朝から境内の枯葉の絨毯を掃き続けました

まだまだ たっぷり降りそうですが

今日の分は今日せっせと


a0204371_1782012.jpg
 

佐賀の安福寺さんの坊守さんが

「 きれいに掃いた後に 落ちたた葉っぱは綺麗だからねぇ 」 と

いつも いつも 黙々とお掃除なさっていて ニコニコと話してくださった姿を思い出しながら

私もほっほっと息をあげながら 「 きれいに掃いた後に落ちた葉っぱは・・・・ 」 と思いつつ掃いています




昨日は やはり朝から思いがけずGさんご夫婦が久しぶりにお揃いで

「 報恩講にお参りできなかったから 」 といらっしゃいました

つまずいて足を悪くされて心配していましたが

ご主人は 「 杖を突かなくても歩ける 」 と歩いて見せてくださって 

元気な様子に安心しました




お義姉さんがお義母さまを週末見てくださっていると

介護を長くなさっているIさんが

また 「 報恩講に来れなくて 」 とお米を持ってお参りくださいました

一緒にお茶を飲みながら ちょこっと介護の疲れを癒していただけたか

阿弥陀様に手を合わせてお帰りになりました





皆さんいろいろな事が巡って来ますが

それぞれの境遇を一生懸命に過ごされて

深呼吸しにお寺にお出でになられているようです




a0204371_21152227.jpg


今日のご法事でご親戚の方が

「 お寺に お墓参りや法事や法要以外で伺ってもいいんですか!? 」

と驚いてお訊ねになったと住職が言っていました



お見えになってます^^




九州では普通だと思うのですが 

関東では珍しいことなのか 

この方が今までお寺に興味を持っていらっしゃらなかったのか





親御さんを介護なさっている方が

「今日はデイサービスの日だから」 とちょっと一息 話をしにお寺に見える事や

奥さまが癌で闘病が長く 愚痴を言いながらお茶を飲みに見える方もいらっしゃいます

「 最近忙しすぎてゆっくり仏様のお顔を見たくなって 」 と言ってお見えになる方も





重たい物を時々 「 ハア~~~~ 」 と降ろしたい時ってありますね

力を抜いて話をしたいこともありますね

お寺には そうしてまた 「 よっこらしょ 」 と背負いなおして帰られる方がお見えになります

お墓参りや法要やご法事の時だけしか来てはいけない所ではないんですよ  実は^^





                                                 なもあみだぶつ






















  
by shinwoyorokobu73 | 2015-11-29 21:35 | | Comments(0)

雨上がり



雨が上がって 朝陽が


a0204371_15295611.jpg



シンちゃんが 「 きれ~~い 」 と 見とれていたので

ほんとだなぁ と 




寒いけど いい日です




                                                 なんまんだぶ
by shinwoyorokobu73 | 2015-11-26 15:32 | 季節 | Comments(0)

またも冷たい雨ですね~

さむい~~朝です

先ほどから雨まで降りだしました

朝からストーブつけてお湯を沸かす季節に入りましたね

今流行っているのは喉からくる風邪だそうですよ

皆さま お元気ですか?

私はのろまと昔から言われて嫌だったのですが

やっぱり急な変化には乗れませんで・・・

体が寒さに慣れるのにも時間がかかります


a0204371_1056081.jpg


10月に 「 今年は体調がいいからいらないかなぁ 」 と思いながら

たまプラーザの自然食品店 『 礎波 so-wa 』 さんで

とっても大きな瀬戸内産レモンを見つけてはちみつに漬けていたんです

備えは必要ですねぇ

風邪のためハスキーボイスで電話を受けたら 「 (ホントに) 坊守さん? 」 と言われるので

これでホットレモンを作って元気になるぞ!

受験生もおりますのでね

皆さまもお気をつけて


a0204371_1192031.jpg


『 礎波 so-wa 』 さんは西法寺が出来た年と同じ頃オープンしたお店です

お店に立つIさんは私と同じお年頃ですから

体調の事など話しているとよく話がわかります

誠実な彼女の人柄でたまプラーザ近郊ではなくてはならないお店に成長しています

食品だけでなく衣類 雑貨 本 写真のようにいろんなものが山積みされていますが

彼女はすべてよく覚えていて

お客さんの希望の物をひょいっと取り出すので驚きます

数年前からランチも出しているので一度いただきたいと思うのですが

私はまだそのご縁がありません


a0204371_1124163.jpg




a0204371_11245550.jpg


「 今 焼けたばかりのカボチャのケーキ持っていく? 」

先日 ランチは無理だけど甘さ控えめホクホクのケーキを買ってきました

シナモンの薫りとレーズンがたまりません

人が焼いてくれたおやつってなんでこんなに美味しいんでしょ



いつだったか ご門徒のある方と話した時

「 『 誠実 』 って今も生きる言葉かな?死語だと思ってた

  ここ(寺)に来て 久しぶりに誠実って言葉を聞きました

  そんなこと言ってたら生きていき難いでしょ?」

って言われたことがあります





人が気づくか気づかないかわからない所まで

手をかけ気を遣って 時間を割いていたら損じゃないか?

とお思いだったのだと思いますが

誠実な仕事をしている人の方が

誠実は損じゃないかと思って働いている人のお顔よりも

ずっと満足げな顔をされています





わたしは 満足げな顔かどうかは置いておいて

一生懸命に働いている人の所に引き寄せられていきます

私も騙されて損した気持ちになりたくないのですよ

それも 私が私を一番大事に思っているからで

私のことを大事にしてくださりそうな人の所に引き寄せられているのですよね

相手の事を先に考えて仕事をさせていただく方が 喜ばれる

仕事をさせていただいた甲斐もある

結果 満ち足りていく

私は私が一番大事です 目の前の人もきっと同じく

そのことを自覚していたら

必要とされる仕事になっていく可能性が高くなる

彼や彼女たちみたいに





これは好みなのでしょうか 

父に近いようなご門徒のAさんは 「 楽して暮らしたい 損はやだ 」 とスッパリ はっきり言います

そして 彼は要領よくお金を稼ぎ 今は暮しには困っていないのだけど

だけれども ちょっと虚しい顔をしてたまに話をしにお寺にやって来る

「 先月入院して助からないかもって医者から言われたけど治ったよ なかなか人間死ねねぇな 」 

なんて憎まれ口をたたきながら

「 そんなこと言ってる人ほど長生きよ たまにはご法話聴きに来ないとね 」 と私も笑うのですが





働くのは金の為 と割り切って生きてきて悠々とリタイアしているAさんもありだけど

礎波 so-wa さん達のようにコツコツと日々を働かせていただいて

満足そうなお顔で生きていく人もあると 

確認してホッとするために

そんなお店にときどき通っている気がします






おいしいホットレモンがこんなことを考えさせた

今度は菜種油を買いにいかないとね ( 菜種油も 梅エキスも置いてあるんですよ~~)

つまらん独り言にお付き合いくださってありがとうございました

では では  また  

お元気な一日を


                                                なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2015-11-25 12:11 | 季節 | Comments(0)

今年も報恩講をおむかえできました

a0204371_2344415.jpg


朝から曇り空で ちょっと寒い三連休真ん中の今日

福岡は飯塚市 明正寺より杣山(そまやま)眞乗ご住職に

ご遠方をはるばるお越しいただきました

急に寒くなって体調を崩した方続出のこの度の報恩講でした

何を隠そうこの私も 早々に喉の風邪ひきで 咳が出始めたら止まりません

そんな中皆さまようこそお参りくださいました


今年は枯葉の落ち具合が遅いなぁと思って油断していたら

一昨日から雪のように降ってくる降ってくる・・・

朝一回 午後一回掃いてもすぐに またパラパラパラリと・・・

昨日は 「 たいへんでしょ?」 と大変ありがたい助っ人が来てくださって大助かりでした


a0204371_231543100.jpg


杣山先生は 「 あさがきた 」 でも有名になっている飯塚市からお出でですが

ご覧のようにとてもスマートな紳士です  (写真がはっきりしなくてすみません)

前門様が九州にお越しの時には 「 杣山くん 」 とお電話があるというのも頷けます

住職の母とは従兄です

住職に 「 お父さん 杣山先生 は  上品な方やねぇ 」

と言ったら 「 『 は(わ) 』 ? ではなくて  俺と一緒で杣山先生 『 も 』 やろう?  」

と言うておりますが・・・






先生には どこまでも どこまでも 自分の中からしか外を見ることができない

この自分中心の 『 私 』 について

なんとも分かり易く 具体的なご法話をいただきました

お説教というのに 厳しいお話なのに

なぜか ホンワカと優しい気持ちにさせていただき

余韻の残る法要でございました

     
     



     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

     ひがんだり 悔やんだり 妬んだり 愚痴ったりするのは

     「 目の前で起こった事実を認めない私だから 」

     思うようにならない相手に

     ~のくせに と罵ったりすることになる

     女のくせに 男のくせに 子供のくせに 親のくせに 年寄りのくせに

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



私 今は言いやしませんが思い当って どっきり!

法話にされるくらい 皆さんもそうなんでしょうか^^

情けない事ですが 私もたしかに言ったことがありますわ・・・


       

       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

       私たちは なんで生きてきとると思います?

       私たちは ず~~~っとただただかわいい自分を護ろう護ろうと一生懸命に生きてきていますよ

       浄土というのは この 自分が一番かわいいと思う

       私の都合のいい場所を言うんじゃないですよ

       この世は人生劇場を生きておるようなものです

       この世を一生懸命に生き切った後で

       吉良上野介と大石内蔵助が酒を酌み交わせるような所がお浄土ですよ

       「 嫌いな人も往っている浄土には行きたくないわ 」

       なんてことを思わなくていい安心の世界ですよ

       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~      



ほんとに・・・この世では顔を合わせたことも無い者同士でも どんぱちとケンカが絶えず

毎日どこかで誰かが恵まれたいのちを落としている 





先生のご法話は おもしろいけれど とてもピンとくるお取次ぎです




私で言っても どんぴしゃり!当たっておりますですよ



先生が 「 よくこれだけの事をたった10年でやったもんやねぇ

       坊守さん 子供を育てながらやから大変やったろう~~?」



と言っていただくと恥ずかしながら この胸はほっとするのです

 「 この度のご講師はほんとうに素晴らしい先生だったねぇ 」

と思うのです

10年でこんなものかと言われていたなら きっと

 「 この度のご講師はあんまり・・・ 」

と思うたことでしょう

こんな心じゃ確かに地獄へ落ちるばい と自分でも思います

如来さんのお手回しでさえ自分の手柄のように自惚れる心が 「 私 」 ですもんね

誰かに褒めてほしくてやってきたつもりじゃあなくても

この心は嬉しがるのですよ いやですねぇ 恥ずかしいですねぇ

ただ ただ ご報謝 ご報謝に生きたいものですが

やっぱり 私は 私は から離れられないですねぇ

恥ずかし 恥ずかし あさましいことです

でも こんな 『 私 』 こそが如来のお救いのお目当てなのだそうだから・・・不思議なことですねぇ

ほんとに ありがたいこと



なんまんだぶ なんまんだぶ







この度も ありがたいご法要となりました

先生は「 生きとったら 」 という条件付きで またお出で下さるそうです

お忙しいのは承知の上 是非 是非叶いましたらお願いいたします

病をおしてのご出講 本当に 本当にありがとうございました







西法寺には今年から小坊主さんもお手伝いくださっておりまして^^

(シンちゃんが布袍に輪袈裟でご一緒させていただきました)

「 まあ かわいい! 」

「 お坊さんの格好似合うねぇ 」

「 お父さんそっくり!」

なんて声援をいただき 挙句にはお勤めの準備中にちょっと目を離したら

「 皆さんにご挨拶したら? 」

なんてAのおばちゃんに冗談で言っていただいて

「 おかあさん!! シンちゃんがマイク掴んでみんなの前に立ってるよ!! 」

とトモちゃんがすっとんで呼びに来る

言ってみると椅子に立ってマイクで 「 みなさん こんにちは 」 とやっている (皆さんは拍手・・・)

焦って椅子から降ろし、マイクを置かせるも・・・・・・・・・・始まる前から私は疲れ果てとりました

皆さん ありがとうございます

     ありがとうございます

こうやって 少しずつ許されて大人に育てていただくことです

お育ての中で大きくならせていただきます

これからも どうぞ宜しくお願いいたします









今週から 本格的に冬らしくなるそうです

先日おみがきをお手伝いくださった Tさん Y子さんがお見えでなくて風邪かな?と心配

どうぞ皆さまもくれぐれも体調にはお気を付けくださいませ



                                            

                                               なんまんだぶ
by shinwoyorokobu73 | 2015-11-23 00:11 | 行事 | Comments(0)

あっちもこっちも 繕い 繕い  

今年は雨が多いですね

そのおかげで 今年は松茸が豊作だとか

紅葉が美しいとか

雨もよし ですね


a0204371_1113942.jpg


お寺の秋明菊は今年早くに咲き終わり

写真のupも間に合わないくらいでしたが 散った後から

また小さな花芽が見えて ぷっくりと蕾がついています

それも一本だけではなくて 咲いた後の茎に全部

みんなもう一回咲くつもりなんでしょうね

年に二回も花を見られるなんて 初めてです


a0204371_1183118.jpg


土曜日に小さくなって おまけに膝に穴のあいたシンちゃんのズボンやシャツを

処分用に分けて隠していたのに

 「 お母さん! これ僕のお気に入り! 捨てないでよ! 」

見つかってしまいました・・・

 「 でも、膝に穴が開いてるしさ もう小さいでしょ? 」 と言ってみるも

 「 ううん 小さくないよ! 丁度いい! 穴はお母さんきれいにしてよ 」

ああ・・・ また仕事が一つ増え・・・

と、思ったのですが

実はちくちく繕い物は好きなのです^^

最近はよく若い人がおもしろくておしゃれな繕いをなさっていますよね

わたしも真似をして

今日は午前中ご法事が本堂でありますから

お茶をお出しして ご法事の間にちくちく

a0204371_1117228.jpg


顎のしゃくれたクジラさん^^

暇を作って完成させます

ついでに


a0204371_11205464.jpg


去年穴が開いてそのままだった靴下カバーもちくちく


a0204371_11234025.jpg


そんなことをしていると

庭に巣を張る蜘蛛さんが 穴の開いたところをせっせと繕っているのも

「 あんたも やってんだねぇ 」 と目に留まり


a0204371_11261390.jpg


地震でちょっと入ったヒビが だんだん大きくなっているのも

もう見過ごせない・・・

そろそろ此処も繕いが必要だぁ

あっちも こっちも そろそろねぇ です



報恩講にお参りの皆さまは 階段のヒビにはお気をつけてくださいませ

遠からず 繕いますゆえ

どうか お許しを



        『 報恩講法要 』

         11 月  22 日  ( 日 )  13時半より

          ご講師   杣 山 眞 乗 師  ( 飯塚市  明正寺住職 ) 





                                                     なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2015-11-18 11:35 | こんなこと | Comments(0)

雨の普通の日曜日 in 西法寺

a0204371_23534311.jpg


      
        『 報 恩 講 法 要 』

        11 月  22 日 ( 日 ) 13 時半 より

        ご講師   杣 山 真 乗 師   ( 飯塚市 明正寺住職 )

報恩講のご案内を送らせていただきました ( 日付け間違いは修正させていただいております058.gif

この度のご縁は最近何かと話題の飯塚市から 杣山(そまやま)先生にお越しいただきます

住職の祖母の実家のお寺様であります

歴史は古く 足利尊氏と戦い杣山城で自決した新田義貞の忠臣瓜生家が祖先です

杣山城の悲劇の後 瓜生一族は飯塚に移り住み

一寺を建立され 名を杣山に改めて 現ご住職で20代目となられます

とはいえ ご住職の頭は古くは無く 西法寺の住職曰く

「 視点はユニークで とても篤い 」 お取次ぎをいただけるそうであります

親戚であるにもかかわらず

私は結婚式以来お会いする機会に恵まれませんでした

ですから今回は私も大変楽しみにお迎えさせていただきます

どうぞ皆さま万障お繰り合わせの上 お参りくださいませ 





a0204371_0345071.jpg


薄ら寒いしとしと雨の週末

皆さんはどうお過ごしなのでしょう

子どものいる身としては 

勤め上いずれにしてもどこかに連れて行って遊んであげられはしないのですが

やっぱり 室内に2日間というのはちょっと可哀想な気がしてきます

そして 下の二人に加えて上の中学生二人まで


                         「 お腹すいた~ 」

       「 なにか無い~?」 
                                「  何かある~? 」

                「  クッキー作って  」  

           「 チョコチップがいいなぁ 」

                                   「 いや ポテトチップ作って~ 」



あなたたちのお腹は底なしか?と思うほど

四六時中 誰かがお腹をすかせています

ご法事が始まる前 終わった後 作る作る作る作る  食べる食べる食べる食べる

ご法事の間は 下二人が騒がないように静かに遊ばせる工夫をいつも考えて・・・


a0204371_043789.jpg


今年は『 お芋!』 お芋です

安くて美味しいし ど~~んとたくさん簡単に直ぐに作れて健康的

大学芋は週2?週3?で子どもらの胃袋の中へ

a0204371_0465810.jpg


ポテトチップも彼らの食べたいだけ揚げちゃいます^^ ( お芋 ジャガイモは 当然箱買い ) 

a0204371_049281.jpg


飽きたから 日曜日は芋もち 

擂ったジャガイモにチーズを入れて焼いてみました

a0204371_0523775.jpg


S乗寺さんからいただいた銀杏を真ん中に埋め込んで焼いたのは大人用

お塩をパラリと振りかけたら 絶品でした!





特に最近下の二人はご法事の間は静かにしていてくれるようになったので 本当にたすかります

半分 「 ごめんねぇ 」 と思いながら美味しいもので感謝感謝のお礼です

今日はトモちゃん シンちゃんはおもしろい作品を作り

部屋中ちぎった紙だらけ・・・ 色鉛筆 クレヨン ばらばら状態・・・  だけど

「 むっちゃくちゃ たのしかった! 」 と

結構充実した 家休みだったかも

a0204371_144233.jpg



私は もう 今日は 限界

きょうの仕事は終了!!

山盛りの洗濯物は明日畳みまする

ごめんなさい!!


                                               なんまんだ~ぶ









 
by shinwoyorokobu73 | 2015-11-16 01:08 | 季節 | Comments(0)

おかげさまで

『おみがき』 が終わりました

お手伝いくださった皆さま ありがとうございました

a0204371_16474450.jpg


あいにくの雨でお足元の悪い中でしたが

おかげさまで ぴっかぴかのお輪灯が眩しいです

気持ちだけ 心の煤も払えたような気持ち良さで

今年も報恩講を迎えることができます

a0204371_16514717.jpg

 
「 きょうは はみがき~ はみがっき~~ 」

と本堂を駆け回ってみなさんを待っていたシンちゃんでしたが

おじちゃんの隣で邪魔しながらも きゅっきゅと磨く真似ができていました




Tさん シンちゃんがくっついて 今年はかえって大変な仕事になってしまいましたね 

( すみません )

おかげ様で こうやってこの子も仲間入りさせていただいて ありがたいことでした


a0204371_1715128.jpg


柿をいただいたので 

終わった後のお茶に豆乳牛乳ゼリーに柿をのせて 黒蜜をかけて

おつかれさまでした



 『 報恩講 』  は  11 月  22 日  ( 日 )  13時 30分 より


住職の 「 西法寺 だより 」 も間もなくできます

( また 日にちが一か月ずれてました! 修正済み ご安心ください )

近日発送いたします


寒暖の差が激しいですね

どうぞ温かくして 寒さに慣れてまいりましょう


                                                なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2015-11-09 17:12 | 行事 | Comments(2)

報恩講の季節です

a0204371_9194246.jpg


日曜日は 『 阿弥陀経 』 を読む会でした

机の配置を変えてみました

( だんだんご参加が増えてくださっていますので お席をちょっとでも気持ち良く と ^^)

写真は 「まだ全員お見えじゃないけど 始めましょうか?」 というところです

最近は日が落ちるのが早くなりましたからねぇ



シンちゃんとお姉ちゃんのキョウちゃん、チオンちゃんが風邪の為

坊守はこの日も皆さまとご一緒できず・・・ちょこちょこと障子の後ろで耳をそばだてて聴くも

よく聞こえず

後になって 「 チッタ プラサーダ の チッタ を 鳩摩羅什さんが何と訳したの?」

        「 何で 『浄く』 だと意味が不自然だと三蔵法師は考えられたの?

          ちょっとよく聞こえなかったんよ  ねえねえ 」

などなどなど、嫌がる住職を捕まえて訊くも

聴きたいと思ったことは 思ったその時に訊かないと

何を訊きたかったかも忘れてしまうこの頭




住職、 皆さん、どうかずっと続けてくださいね




私は何回も何回も聴かないと覚えないし

何回も何回も聴いても忘れるし

聴くたびに 「 ああ~ そうかぁ そんなにまで偉い方々が生涯かけて

          辿って下さった 細ーい糸のような真実なのだなぁ

          今の この時代に 聴かせていただいても 凄く クリアーな話だなぁ

          こんな事を聴けるなんて ありがたいことだなぁ なんまんだぁぶ 」 と思っても



その度にあちこち忘れて 「また聴かなくちゃ」 の 繰り返し

でも、忘れてもこうやって何回も何回も聴くことが出来ることは 本当にありがたいことですね



a0204371_948478.jpg


住職が3日に川崎のK願寺さんの報恩講に出勤させていただきました

この写真はその時に住職がいただいて来たお斎(おとき)です

いつも白い里芋と色の鮮やかな人参によくお味が染みていて 本当においしいのです♡ 

私は 「里芋を残して来てくれたら嬉しいな」 と実は毎年心待ちに^^

婦人会のみなさんが ゆっくりと煮てくださっているのでしょうねぇ

今年もゆっくりと坊守まで味あわせていただきました ありがとうございます  

本当におご馳走さまでした



a0204371_1095553.jpg


その前に住職が出勤させていただいたS乗寺さんの報恩講では

今年も銀杏の実をいただいて来ました

こんなに白く成るまでは 手のかかる実です

いつも ありがとうございます

今年は茶碗蒸し以外にも使ってみたいなぁ





秋は全国の浄土真宗の寺々では報恩講がお勤まり 

ご恩報謝の味がする戴き物が多くて 寒い季節になって来たのに温かくなります




a0204371_10301232.jpg


私は今日は何のご報謝をさせていただきましょうかね





西法寺では 「 おみがき 」 を 11月8日(日) 13時~ 行います

ご一緒に仏具をきれいに磨いてくださる方、ご都合のつく方は

汚れてもよい服装で どうぞお手伝いくださいませ






いつもより山椒の葉が長く枝にとどまって

ゆっくりと黄色くなっていきます

どこもかしこも美しい 

美しくないのは・・・  我が家の中だけ・・・

お寺の足元 ここを一番にご報謝でお掃除が必要だったわ

のんびり見とれている場合ではない!



                                              なもあみだぶつ









 
by shinwoyorokobu73 | 2015-11-05 10:48 | Comments(2)