<   2015年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

雨上がりなのに延期で

朝5時に目覚まし時計に起こされて1時間後

「 運動会延期のお知らせ 」 のメールが来た


  早く言ってよ~! 


朝方ジャンジャン降りの雨は上がって 

今日は一日降りそうにないな と思ってお弁当準備初めていたのに・・・


a0204371_1041999.jpg


外には雨に濡れ羽のカラスさんが 「 さあ そろそろ今日も一っ跳びするカァ~ 」 と空を見上げている

子ども達は ぬかるんだ運動場を駆け回らなくて好くなったのと お休みが決定して 

安心してもう一眠り中



朝 9時には本堂にお参りの方がお見えになるし

10時には運動会が開会・・・と緊張と興奮で朝からきりきり舞いを予想していた私は

気が抜けた





a0204371_1185276.jpg


これを書いている間に庭に日が射してきて

いろんなことが 私の思い通りにはいかないことを日々痛感しながら

最近はそれにあまりストレスを感じなくなってきたことを不思議に思うのです

それどころか 思い通りの外のことが楽しくすら感じられるのは

間隔がもう麻痺してきたのでしょうか




お天気はお天道様におまかせ

ご縁におまかせ

流れに逆らわない 

なるようになる






ずっとこんなことと正反対にやってきたなぁ

流れとは逆向きにやってきたなぁ

こんなことを ぼんやり考えられるのも

運動会延期でぽっかり空いたこの時間のおかげ様

10年って長いようで短い  短いようで長い

日々たいして変わらないようでも

今考えると 「 ようやったなぁ 」 と恥ずかしくなるようなことも真顔でやっていましたね

10年前の私と同じことはやりたくはないが やりたくてももう出来ない今






10数年前 鴨志田の一軒家を借りて

一刻も早く土地を探して

お寺を建てて

お寺らしい活動をああやってこうやって始めたいと

出産子育て と 同時進行でやりながら

土地を求め 本堂を建て 

「 早く 速く 」 と遥か遠くばかりを見て

只 ひたすら走ってきたけれど

きっと 周りの景色を眺める余裕もなく 

恥ずかしながら目を三角にしてすっ飛ばしていたに違いない・・・・・




小さなことでは

今日のように雨で家の中で遊ぶ子供たちに

「 ああ・・・ また片づける時間が・・・ 」 「 人が見えたらどうしよう 」 と

西法寺の仮看板を出したばかりの評判を気にして 気をもんでばかり




子育てもお寺を建てていくことも

建ててからも思いもかけないような出来事の連続で

なかなか自分の思うようにいかず大泣きしたのことも数知れず・・・

苦しい時 答えを探して住職に聴きつづけた日々

お寺ってなんだろう

お寺って何をしないといけないんだろう

人に伝える前に 私の心は? 





もっと普通に子供を育てられたら・・・

この子達に今 これでいいんだろうか








阿弥陀様のお顔を眺めながら

只 問いつづけた

おかげ様で

一言で言えないものを見つけたような気もする今日この頃

「 雨なんだから仕方がない 」 とあきらめ

「 だれか来たら子ども達に少し静かにしてもらって 

  それでもうるさかったらその方に謝ろう 」 と腹をくくるように

他人に話すと目を丸くされるような強烈な経験も 今は笑い話








横浜という今までご縁のない土地 知らない人

土地ってどうやって買うの?建物って建てるためには何から始めたらいいの?お金はどうする?

子どもの事も 今思えば何のことは無いのですけれど

初めて知り合う人 人 人

初めての子育て

その時はきっといっぱいいっぱいだったのです












いろんなものを抱えて生きていくのは大変ですね

でも 抱えてみたからこそわかることってたくさんありました

私たちの先輩方はさまざまに自分に起こる難題を 『ご難題様』 といただかれたけれど

私も『ご難題様』のおかげで恵まれた出会いを 数えきれないほどいただいています

一見中途半端なこの土地と建物を見て話しただけで

私たちがどんな年月を過ごしてきたかを想像し
 
すぐに温かさと信頼が宿った方達が支えてくださいました

ずっと支えてくださっている九州の家族やお仲間のおかげさまも身に沁みました

そして お寺で言えばその本堂を見ると  

それまで支えてこられたご門徒のお姿 

ご住職坊守様のご苦労がしみじみ感じられるようになってきました

人がご苦労されているお姿を見ると涙が出る身になってきました

子を亡くされたお方には お声をかけることができませんが

後ろからずっと付いて行こうと思います (共にご法話を聴きながら)

私も 『ご難題様』 に育てていただいて来たのかもしれません







『 いいこと 』 『 わるいこと 』 と早々に自分でラベルを貼ることを止めてみて

重たいことが降りかかったら とにかく自分の問題だとヨイショと抱えてみる

そして 「 ああかな? こうかな? 」 と試行錯誤させてもらう

そうしてもう一度その重たいモノを見てみると 「 あれ? 」 と無くなっていたり

違うモノに見えてきたりします







今日は雨で運動会は中止だけれども

おかげで朝から自由時間ができて

子ども達がまだ眠っている間に コーヒーを一杯飲むこともできました

お寺が建った10年前 

こんな日がやって来て こんなことを書く日が来るとは思いもしていませんでした

でも またきっと直に 『ご難題様』 は降りかかるのでしょうが

なんまんだぶ と いただいていきましょう


a0204371_12163031.jpg





でも 今日はお休み

お彼岸法要で余った餡子でぜんざいを作って今秋初のぜんざいをいただきます^^





みなさまも佳い休日を




                                                 なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2015-09-26 12:38 | 季節 | Comments(0)

秋のお彼岸法話会 2015.

a0204371_151628.jpg


昨日はほんとうに気持ちの良い陽気で お彼岸法要日和でございました

シルバーウィーク最後の日をご法話で終えるというのも

とても気持ちの整うことであったのでは と思います

ほんとうに ようこそお参りくださいました


a0204371_1592396.jpg



この度のご講師は 西法寺住職 西村信也でございました  

『仏説阿弥陀経』 をお取次ぎいただきながら

お彼岸の意味と 私達がこうして聴聞の縁に導かれて集った意味を

味あわせていただきました




いつもはよく読んだことも無かったけれど ( と思っていたに違いない )

赤本の仏説阿弥陀経を開いて 「 ほぉ~ 」 と一番前の席で頷くKさんのお顔

正直ですねぇ^^





お父さ・・ じゃなかった! 住職 この度も よいご法話をいただきました

ありがとうございました ( お疲れ様 )



a0204371_27559.jpg


わいわいと好きな所で 『 おはぎ 』 を召し上がっていただいての休憩タイム

『 おはぎ 』 は少し甘さ控え目過ぎたかなぁと思いつつ

久しぶりにお顔をあわせて 「 元気でした?」 と話も弾めばあまり甘さ加減も関係ないか^^






子供さんとご家族で とか お孫さんを連れて という方も増えてきています

きっとご法話は子供たちにはつまらないのですが

大人が大事な大事な自分の命の話を真剣に聴き 

考えて  頷いて  笑って  なぜか泣いているおばちゃんもいる

自分たちも静かにしないといけない気がする

バーチャルなことに囲まれた今の時代

異世代の人たちの こんな正直な感情に触れるという

そんな体験はめったに無い

そして 時を経ないと見えない景色もあるのだと気が付いていく ( 多分ずっと後になって )

これって いいんじゃないか?





今は つまらん 2時間半だったと思うけど

きっと 3~40年後

「 お父さんとお母さんは こんな話をこの年で聴いて僕たちを育ててくれてたんだなぁ 」

と自分が子どもだったころの親の年と

自分の年が重なる頃 お父さんお母さんを思うんじゃないかなぁ

年長さんと小学校5年生?だったかな

偉かったねえ  連れてきてもらってよかったねえ





a0204371_2254851.jpg



いつも仲良くご夫婦でお参りの・・・



今日は一人? 

おじいさんは杖を突かないといけなくなったのよ・・・夏に熱中症で倒れてから



久しぶりのお顔が不安と疲れでいつもと違うGさん・・・



近々お見舞いがてら おじさんの顔を見に行かないと



a0204371_2312348.jpg


シンちゃんは 『 恩徳讃 』 を歌う頃には寝てしまって

お兄ちゃん達にはバイバイできなかった・・・・・

「 また来てね 」 

お母さんが代わりに言っておいたからね








「 今日は本当に 来てよかった 」 と住職に言って帰られたというまた別のKさん

別離の悲しさは無くならないと思いますが

そこにこそ 導かれる世界が広がっているのだと思います

これからも 何度もお参りくださいませ








それぞれ 皆さんのお心はわかりませんが  

きっと

これからしばらくは また落ち着いて世渡りできますことでしょう





みなさま この度もようこそお参りくださいました





                                                     なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2015-09-24 02:56 | 行事 | Comments(4)

秋のお彼岸・2015

関東一帯たいへんな雨、雨、雨の毎日でした

大変な被害を受けられた地域の方々にはお見舞いの言葉も浮かびません・・・

まだ いつ雨がくるかも知れない事ですから 早い復旧活動を願うばかりです




お日様が普通に照って

少しばかりの風が吹いていることが

木の葉がかすかに揺れているのを見て知ることができる

こんな日は 「 ああ ありがたいことなんだなぁ 」 

久しぶりにしみじみと 晴れの空気を胸いっぱい吸った朝です



a0204371_1141117.jpg



風と雨でまたそこら中が葉っぱや枝だらけです

どんぐりも落ちてきて 落ち葉の中に蝉の羽も・・・

季節が変わろうとしています



さて、 お知らせがいつものようにギリギリになってしまっておりますが

今朝 早速 お尋ねのお電話をいただいてしまいました 


       秋 の 『 彼 岸 会 法 要 』 は

            9 月 2 3 日  ( 水 )   1 3 時 3 0 分  より

            講 師    西 村  信 也  ( 西法寺住職 )



シルバーウィークの最終日ですね

ご法話に耳を傾けるによい時候です ( お天気に恵まれますように )

どうぞ ご家族お揃いでお参りくださいませ

もちろん 一人 静かにお参りくださるのも大歓迎でございます



腕によりをかけてお萩もご用意させていただきます

楽しみにお待ちしております


                                              なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2015-09-11 12:16 | 行事 | Comments(2)