<   2015年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

暑いし 暑いし 暑いけど

朝 暑くて うちのワンコ は 薄明るくなる4時頃から


「 あの~ 暑いんです~ 何とかしていただけませんかあ~? 」


と遠慮がちに訴えてきます


それでも無視して眠っていると


「 あの! 辛いんですけど! わかります? わんわん! わんだって! わお~~ん!! 」


と叫びだすのであります・・・・・




犬に生まれていたら夏は拷問のようだったかもしれないなあ

ラピちゃん達は大変だなあ 「 よっこいしょ 」 と起きてお世話をするのです 




朝から暑くなりました

皆さまお元気でお過ごしですか?


a0204371_11223914.jpg



毎日いろんな方とお会いしたり話をしています





私と同世代の方が 

「 義母の介護が始まりまして 慣れないのと暑いので疲れてしまいます 」

と仰います

実のお母さんやお父さんに 思うような介護ができなかったと

彼女は私も頭が下がるほど 献身的に努めていらっしゃいます

この暑さでは当然疲れも出るでしょう






ずっと子供の同級生だった子のお母さんが

あまりお話ししたこともなかったのだけれど

「 話聞いてもらえる? 」 とやって来ました

何年も前にあった母親同士の人間関係からずっと体を壊して辛いのだと・・・・・

今まで誰にも相談できなくて人間不信に陥っていたのだと

早く こんな機会があったらよかったのに・・・・・

私のこともきっと怖かったはず・・・・・

よく声をかけてくれたなあ

住職には事情を軽く話して本堂で3時間 

お昼ご飯も食べずに話し続けて聴き続けて 

彼女は7~8年ずっと溜めこんでいたものを吐き出すだけ吐いて 帰っていきました







私の父くらいのお年の男性が百歳近くのお母様のお世話をずっとなさっています

先日の盂蘭盆会法要にお一人でお参りで 住職に


「 母が動脈硬化から足を切断しなくてはならなくなりました 」 と仰っていました


長く生きる事の厳しい姿を見せられます







「 奥さま~ お話しできませんか? 」 と 夜遅くお電話くださるNさんは

ご門徒ではないのですがこちらに来て10年のお付き合いで85歳になられました

「 子供を産める時に一人でも産んでおいたらよかった・・・ 」

と ご主人様が亡くなって一人ぼっちになった寂しさを口にされるようになりました

暑くて体の調子もよくないから・・・






年を重ねるということは やはり 辛いことが多くなります

厳しい夏をお迎えの方に いつかの自分の姿を重ね 思います




a0204371_12174865.jpg


昔 独身時代のある夏に

熊本で仏教青年達の集いがあって 夜みんなで飲みました

「 ななみちゃんは坊守って何をすることだと思う? 」

とお坊さんから質問を受けたことがありました(多分お坊さんだったと思う)



お酒も入って盛り上がっていた所に急に真面目な質問で

ぼーっとする頭で しばらく じーーーーっと自分の胸に訊いたのを覚えています




「 人の話を ただ聴かせてもらうことだと思う 」




佐賀の私の母や他の坊守さん達の姿を思いながら そう応えました





あれから20年以上経った今年の夏も  不思議なことに やっぱりその応えは変わりません

話をなさるその人に成り代わることはできませんが






悲しい事か 嬉しい事か 寂しい事か 虚しい事か 楽しい事か 悔しい事か

よくよく何をお話しなのか 聴く

大勢では話せないことも多かったりします

静かに静かに聴く

時には きっつい突っ込みもしますが

聴かせていただきます

 






いつも阿弥陀様の願いに支えていただきながら

あなたも 私も という気持ちで ただ聴かせていただいています






a0204371_1234525.jpg




そうそう 嬉しいご報告もたくさん

「 年末に子供が生まれます 」 とか

「 長男の結婚が決まりまして 8月のお盆休みに帰ってきたらご報告に一緒に参ります 」 とか

「 足の怪我が回復したので これからお参りできます 」 等々^^





毎年夏を迎えますが

当たり前だけど今年の夏は今年だけのこと

今年の夏休みの今日は今日だけのこと





暑いし 暑いし 暑いけど

今日も花は美しく咲き 

ギラギラ太陽は 今日を子供たちにとって最高の水遊び日和にしてくれています






今日も  私の一日を  あなたの一日を 






                                              なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2015-07-25 12:57 | こんなこと | Comments(0)

いのちの輪の中にて

暑い 暑い 昨日

盂蘭盆会法要にたくさんのお参り ようこそ ようこそ

扇風機が壊れて  住職が前日に買いに走ったものの

エアコンに扇風機 そんなことではどうにもならない暑さでございました

a0204371_12451117.jpg






ご講師の 北畠先生には遠路はるばる大阪からお越しいただき

仏様の薫りが漂うような 温かくて優しいご法話をいただきまして

本当にありがとうございました



a0204371_1258261.jpg




この暑さで体調を崩してお参りできないとご連絡くださった皆さま

呉々もご無理の無いように またいつでもお参りくださいませ





お子さん達をお連れでお参りもあり

皆がとても癒されたご法座でありました





本堂の後ろの方で 子ども達や赤ちゃんの声がする中

大人が如来さまの声に身と耳を傾けて一心に聴聞させていただいているお姿は

大人も子供も同じ命を同じ方向に向かって生きている姿のようで

ありがたい景色でありました

いつも 皆 お一人お一人が 日々を過ごす諸々の思いの中で 

見失いそうな自分の立ち位置と 行く方角を確かめにお出でのような気がします





a0204371_1311132.jpg




 
a0204371_13115159.jpg



わからんでいいよ~ わからんまんまで 大丈夫  大丈夫 の 如来さまのご本願です

私はいただくばかり の ご信心です



おじいちゃんのなさるように なんまんだぶ

おばあちゃんのなさるように なんまんだぶ



北畠先生のお父様が 昔なさっていたように 私たち大人は

よき方角を ただ ほれぼれと 仰ぎ仰いでお念仏の生活をさせていただくだけで 

何も教えなくてもよいのだろうなあ

子どもは その後ろ姿に 人として育てられていくのだろうなあ 




大きくなって道に悩んだ時には 大人だと思って眺めたその後ろ姿も

自分と同じ背中だったのだと気が付いて

同じように道を尋ねて 如来の教えに耳を傾けるように育っていくのだろうなあ

今お念仏させていただいている 私も あなたも そうお育ていただいてきたのでしょうねぇ 

そのお手回しの中に 今 いるのでしょうねぇ

そう思いながらいただいたお座でございました



a0204371_13225270.jpg




前もってお電話いただいてお参りくださったK沼さま 

ばたばたとしてお話をゆっくりできず住職も私も残念でした

浄土真宗に今までご縁の無かった方には ご法話が初めはピンとこないかもわかりませんが

だんだん じんわりと沁みてくる教えでございます

また是非是非ご参加くださいませ




ご夫婦で初めてお参りのK島さま 

ご講師を駅までお送りくださって本当にありがとうございました

また是非お参りくださいませ





新盆ではない皆さまのご熱心なお聴聞に

北畠先生も刺激を受けたと仰っておいででした

次のご縁を今から楽しみにお待ち申し上げます






                                                なもあみだぶつ
























 
by shinwoyorokobu73 | 2015-07-21 13:51 | 行事 | Comments(0)

嵐が過ぎ去るまで

毎日空模様が気になります

晴れていても風が強かったり・・・  雨が降りつつ蒸し暑い・・・

ただ今血圧も上昇中です

台風が通るなら 「 さっさとお通り下さい 」 とお願いしたくなります



一昨日の大風でも仲良く枝に摑まっていたトマトは

ちょっと傷がついていますが無事な様子

食べるに忍びなく 夏の色に見とれてしまいます


a0204371_15504883.jpg




20日(月)の盂蘭盆会法要にお電話をいただいておりますが

初めてお参りの方もどうぞご遠慮なくお参りくださいませ

お車はお早めにお越しいただく方が止めやすい事と思います

西法寺駐車場が止められない場合は近くのパーキングをご案内いたします

駐車場に係りの者がおりますので お声かけください



a0204371_15525869.jpg


嵐の前の夕焼けは 異様な美しさでちょっと怖い色です

どうぞ深刻な被害がでませんように



      
       

           《 盂 蘭 盆 会 法 要 》 


            7 月 20 日 (月)  13 時 30 分~ 15 時 30 分


            講 師    北 畠  晃 融  師
                    ( 築地本願寺前宗務長 )



                                    

                                               なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2015-07-17 16:00 | 季節 | Comments(0)

盂蘭盆会法要のご案内

久しぶりに晴れたと思ったら なんという暑さでしょう!

暗くなって少しだけ涼しく感じる夜風にあたっていても 体の中から熱が冷めません



今朝 本堂の軒の下にクワガタが出てきました

欅の木では蝉の声が聞こえてきました

心の準備ができないまま夏に突入したようです



a0204371_1495337.jpg


『 西法寺だより 』 75号 お送りさせていただきました

 
   盂蘭盆会法要 の ご案内をさせていただいております


                  7 月  20 日 (月)  13 時 30 分 ~ 
                  

                  ご講師   北 畠 晃 融  師

                          ( 築地本願寺宗務長 )




この度お送りさせていただきました便りに

住職が 「 華厳経 」 に書かれている 文殊菩薩様と

お釈迦様のお弟子の中で智慧第一の舎利弗(しゃりほつ)様の話を書いてくださっています



自分が勝手に思い込んで見ている世界が

仏法の知恵によって 苦悩の道は平らかに  

悲しい出来事が 私の心を和ますきれいな花へと変わっていく




皆さまにとって この度のご法座に このような発見があればと願ってお誘い申し上げます




                                                   なもあみだぶつ



              
by shinwoyorokobu73 | 2015-07-13 15:31 | 行事 | Comments(0)

雨模様に心模様

雨ですねえ

ずっと 雨ですねえ


タウンニュースのH田さんが今月の原稿を取りに見えて

「 緑がいきいきしていて 素敵ですねえ 」

と仰るのを聞いて 改めて眺めています

この長雨のおかげで 先月父が送ってくれた万年青(おもと)も芍薬の葉の隣で青々と生気がでてきました

a0204371_2138358.jpg




昨日無印良品へ久しぶりの買い物に行きました

シャツを見るつもりが セールになっているワンピースがあったりして

私が鏡の所に持って行っては 映して見ていましたら 

20代と60代位のお嫁さんとお義母さんらしき二人が鏡の前で話し始めました


   義母   「 これ いいと思うの 色も生地も気持ちいいわ  どう? 」

   嫁(?)  「 う~~ん、色はいいと思いますけど、サイズが合ってないですよ 」

   義母   「 あら、 私はいつもこのサイズをTシャツやタンクトップに羽織ってるのよ 」

   嫁(?)  「 ・・・・・でも、合ってないなってわかりますよ 」



ここで、私の心はざわざわしてきました ( 嫁!空気を嫁! あ、違う空気を読め!)

会話の流れはそのまま流れのままに・・・・・



   義母   「 !!じゃあ! 私はあなたの言う通りなら持っている服全部

             変だってことになるわよね! 」

   嫁(?)  「 いや・・・・ 私はただ お義母さんが聞くから体に

            合ってないですよって言っただけです  」 


   義母   「  あなたの言い方を借りるなら あなたの今の服装だって

             サイズが小さすぎるわね!  」 


   嫁(?)  「 ・・・・・・・・ 合ってないから合ってないって言っただじゃないですか 」





いつのまにか、フロアーの皆がピーンと聞き耳を立てつつ

距離をとって静かに流れを見守っているような感じになっていました

私も最初は鏡の二人の間に割って入って他人の目に気が付いて 『ちゃんちゃん!』 と終るかと

ワンピースを持って割り込んだりTシャツを持って割り込んでみましたが

はた、と辞めました





じめじめした梅雨時だし

まあ、こんなに人前でぱあーっと言い合って毒出しするのも良いかな?と思ったのです





喜怒哀楽が人生やし と

後は 「二人ともがんばれ」 とその場を後にしました








雨ばっかりだとイライラしますよねえ

人間関係の中だけにかかわらず お天気模様にまでこの頼りない心は左右されて暴れます

私も 「普段はこんなことで子供を叱ったりしないんだけどなあ」 

と思うところで叱ってしまったりが多くなります

そんな日の夕食には子供達の好物が並んだりして・・・ごめんなさいです

あの お義母さんとお嫁さんの心も落ち着いたかしら

その夜 「本当にねえ 頼りないことだ」 と思いつつ鏡の顔を見たことでした




a0204371_1164728.jpg


なので私は「 暴れる心対策 」 の一つに 梅雨時期の洗濯物には糊付けをしまくるのです

シーツも枕カバーも子供たちの制服も住職の白衣も足袋も

生乾きでパリッとアイロンをかけると制服のシャツだって自分で立っちゃいます



木綿がパリッとしているのはとても気持ちの良いものです 

ぴりぴりぴりぴり いらいらいらいら うつうつうつうつ する季節ですからね 

( そんなことに力を入れるため、 お掃除はイマイチですけど・・・ )

お互いに皆そう感じる季節みたいですから




 「もうちょっとで 夏ですね」 と 梅雨の快適を探し探し 過ごしていきましょうねぇ





                                               なもあみだぶつ








 


   
by shinwoyorokobu73 | 2015-07-04 11:20 | 季節 | Comments(0)