<   2015年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

嘘はつける

4月になると 新しくなることが多くて わくわくしてきます

今日のように 緩い風の吹くいい天気の日には

家じゅうの窓を開けて 空気を入れ替えて 

埃を掃除して床をふいて 窓を磨きたくなります



新しい学校 新しい会社 新しい学年になった人たちが

ほっとしたように 楽しそうにお寺にも顔を見せに来てくれています

我が家の子供たちも それぞれに新しい環境に少し興奮気味です



私は毎年度初めの嫌な仕事 山盛りの児童調査票関係書類の提出だの 

各学校のメール登録だの(今年は部活のメール登録まで・・・)をやっとかたずけて 

各子供たちの授業参観と懇談会と役員会、委員会に 出席して ようやく一息です


a0204371_1413437.jpg


今日はお昼を食べながら 新しく始まった朝ドラの再放送を見ることができました

その中で 輪島の漆塗りのじいちゃんが孫に言った言葉が新鮮でした


 「 焼き物は正直だ そのままが火に焼かれてできあがる

   だが 漆は違う

   何回も何回も漆を塗り重ねてできあがるんだが

   ちょっと塗っただけでも 綺麗に仕上げを塗ったらわからない

   嘘がつけるんだ

   だからこそ ・・・・・」  何て言ってたっけ・・・


  要は 「漆というのはたいていの人には嘘をついてもばれない

       嘘はつける だが 嘘がつけるからこそ

       嘘はついちゃいけないんだ」 と言っていた




確かに

嘘というのはつける

何とか簡単に あんなになったり こんなになったり 出来ないかなあ と思ったりもする




今は上手くやるための方法の本は 本屋さんにたくさんあるし

ネットを覗けば 「 真面目に何回も何回も見えない所を塗らなくても大丈夫! 簡単にほにゃらら・・・ 」

と言った歌い文句ばかり・・・・・





見せてもわからないのに  見えない所を真面目に何回も何回も塗り重ねて完成させる輪島塗を

男子高校生の孫はそれを 「 かっこいい 」 と言った






迷うこと 誘惑にかられる思いというのはあるものだけれど

出来るけれどもやらない 

本当にやらないといけないことは何か 見据えながら進むことって

とても難しいんだとわかるようになった45歳のおばさんも 「 かっこいい 」 と思ったのでした





その後のパティシエの審査員さんが言った辛口のコメントも

「 始める前から『見込み』を聞く奴なんかにパティシエはできない 」

も深く頷けた





何事も地味で見えない部分の方が多い

最近 地味で見えない所を 愛おしく いいな と思えるようになった事が嬉しい 

ちょっと大人になった気がしている 坊守 2015.春 であります





  【 仏説阿弥陀経 を 読む会 】 のご案内


  私の 「 毎日お勤めしている親鸞聖人のご和讃を詳しく聴きたいです~ 」

  という言葉は却下されまして やはりまずは仏説阿弥陀経から と住職。


     4月 30日 (木) 13時30分より

     隔月で10回ほどを予定しております どうぞお誘いあわせの上ご一緒に

     ゆっくりと読んでまいりましょう


        
    
                                                なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2015-04-16 16:14 | こんなこと | Comments(0)

さくら さく 散歩

少し前 長~い春休みだった姪っ子が遊びに来ていました

あそこに行きたい♡ ここにも行きたい♡

ワクワクしての上京でしたね(上横?)



大学生になって初めての彼女の来訪を 私たちも楽しみにしていました

しかし 住職は中学高校の頃の彼女と随分変わった様子に

ちょっと調子が狂い気味・・・^^

「 ど、どうしたんか、その顔は・・・? 」

生まれた時から知っている彼女のお化粧顔は 違う人を見ているようで気持ちが悪いみたい (笑)

お化粧も覚えて間もない初々しさ かわいいのです

a0204371_13484699.jpg


そこで姪っ子との 東京ぶらり散歩の相方はこの私

SNSの情報でピックアップした場所をあちこち散策

神谷町のお寺、テレビでロケがあっていたカフェ、六本木ミッドタウンの展覧会

表参道 原宿のショップ巡り などなど


a0204371_15494290.jpg


港区虎ノ門近くのマンション傍を通るとかわいいパン屋さんのお姉さんが

「 もうすぐ焼きあがりますからね  本でも読んでお待ちください 」

と笑顔でウェルカムに  

ふらふらとパンを買おうかと迷う 横浜からお上りさん状態のおばさん坊守です

どこに行っても笑顔の応対は嬉しいもの お姉さんありがとう!




パン屋のお隣は

a0204371_1557698.jpg


かわいい保育園♡



神谷町のお寺さんにおじゃました後は

てくてく てくてく 六本木を目指して歩きました

a0204371_1662211.jpg


ビルの間に東京タワー  なんだかかわいい





a0204371_169138.jpg


信号の傍で変な人の気配を感じてきょろきょろすると

小さなこのロケットみたいな小屋みたいなものの中に 「 おまわりさん 」 が入ってた・・・





a0204371_1617177.jpg


六本木ミッドタウンでは この 『単位展』 を観覧

ゆっくりランチするのは時間がもったいなくて

入る前に おいしいパンを買ってガーデンの方のベンチでぱくり

前回の記事の桜の花がその時のミッドタウンの桜です

一房だけ開いてました

a0204371_16225718.jpg


a0204371_16233498.jpg


a0204371_1624812.jpg



『単位展』 ?ってなんじゃらほい で姪っ子について行きましたが

老若男女 人が多いのにちょっとびっくりしました



 

    人間は 遠く離れた人やたくさんの人に

           自分の見たものや

             考えたことを 伝えるために

        言葉で その大きさ や 量を伝える手段に 『 単位 』 というものを考えついた





言葉で聞いたら  正直わかったような、わからないような・・・ですが

見ていたらおもしろかった!!



グラム、リットル、メートル、一間、二間、一時間、一秒が単位でしょ?

の私の頭もちょっとやわらかく



これも 単位?と思ったのが

昔 中国では女の子が生まれたら 甕に酒を入れて蓋を閉じて土に埋めておき

   娘が結婚して嫁ぐ日に甕の蓋を開けて古酒を飲み 一族で祝った


昔 沖縄の人々も女の子が生まれたら 甕に酒を入れて嫁ぐ日まで寝かせておき

   娘が嫁ぐ日に一族で飲んで娘の成長をよろこんだ


   ヨーロッパでも娘が生まれたら その年にできたワインをたくさん買って

   毎年娘の誕生日に開けて祝う習慣があるという



昔 日本でも娘が生まれると 成長の早い桐の木を植えて

   娘の結婚が決まると箪笥に仕立てて嫁がせたという



「世代」 これも人間の感じる なが~~~いスパンでの単位ですね

マクロにもミクロにも自分の視点を自在に動かす練習のようでした






おばあちゃんやおじいちゃんと一緒に来ていた春休み中の子供たちも楽しんでました

日本に住む外国出身の方達も多かったのは六本木という土地柄でしょうね





なにしろ 子育て子育て お寺お寺で 横浜も散策したことのないこの私・・・

電車で直ぐに こんなにいろんな所に行けるんだあ!興奮でした






昨年はお父上がノーベル賞をとられたというお嬢さんが

在籍していらっしゃると言うことで

あなたの通う大学がテレビによく出ていたので

よくテレビにかじりついて見たものだけど

もう2年生になるんだね 早いもんだわ~






この春は おばちゃんのそろそろ固くなりかけた脳みそが

あなたとのデートのお蔭で 久しぶりに若返って血の巡りが良くなった気がするよ






また きっと遊びに来てね♡



                                            なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2015-04-05 17:15 | こんなこと | Comments(0)