<   2015年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

道に迷わないように

一昨日、築地本願寺で『聞法会』がありました

住職は前回の続きの 『 阿弥陀経のこころ 』 の講題でお話しさせていただきました

こちらでお知らせすることを忘れてしまっていて 

お電話いただきました皆さま 本当に申し訳ありませんでした




住職は 4月から またご希望の皆さまと 『 阿弥陀経 』 を読みながら 

そのお心をたどっていきたく 今 準備をしているところでございます

尚、5月には築地本願寺の条例布教を勤めさせていただきます

6月には同じく築地本願寺聞法会において 『 阿弥陀経のこころ 』 をまたお取次ぎさせていただきます 

いずれも次回は早めにお知らせさせいたします


a0204371_14324833.jpg


暖かな日が多くなってきました

虫はまだ少ないのでシジュウカラがこうやってカマキリの卵を食べに来ます

何だか可哀想になって ちょうどオレンジがあったので近くに置いて

そっちに移ってくれないかなあ と眺めていると

a0204371_14482672.jpg


今度はヒヨドリがシジュウカラを追い払って独り占めしてしまいました

虫や鳥達の生き残りをかけた日常も厳しいですね




毎日急に冷たい風が吹いたり 温かな風が吹き荒れたり

季節も変わり目になったなと感じるここ数日

つい忙しさにいろいろ忘れることが多くて困りものです

花粉の影響もそろそろ出始めましたね




a0204371_16522733.jpg


昨年のちょうどこんな季節の土日に

手編みらしき白い毛糸の帽子とマフラーにオレンジ色の上着の女性がお見えになったことがありました



「ピンポーン」 本堂の戸を開けると 50~60歳くらいの女性が立っています

「 こちらの本堂にお参りさせていただけますか 」 とその女性は丸いメガネの奥の

かわいらしい目を三日月形にしてにっこりと話しかけてきました




ひょっこり訪ねて来た方に警戒がまったくないかというと嘘になります

昨今の世の中の様子から 「 大丈夫かなあ 」 と一瞬考えてしまうこともあるのです

ですが その時は一瞬のためらいもなく 「 どうぞ お上がりください^^ 」 と答えたのでした

なぜでしょうね



女性は 「 ちょっと長くなりますが 私阿弥陀様にお話ししないといけない事があって。

       奥さまは気になさらないで奥へどうぞ 」



と言われても気になりますから お茶を入れて彼女からちょっと離れて

お話が終わるのを待ちました

10分くらいか もっとかかったかもしれない長い時間

彼女はぶつぶつと阿弥陀様に向かって話をされました




「 ありがとうございました お蔭さまですっきりしました 」

終わった彼女はすっきりとした顔で頭を下げました




お茶を進めながらお聞きすると 港南区からわざわざ電車とバスを乗り継いで

2時間かけて来たということでした

「 なんでまた そんなに遠くからうちのお寺なんですか?」 とお聞きすると

「 大変有名な占い師さんから 青葉区の西法寺というお寺に行って

  ご本尊に今までの人生のご報告をしなさい そうすればこれからの人生が開かれますよ

  と言われたんです ほっとしました 」

私は、 占い師さん インターネットで調べたのかなと思いつつも

まあ ご縁あって見えたんだから と話しを続けました




福岡の糸島ご出身で実家は浄土真宗のご門徒だったこと

横浜に住んでもう25年になるけれど 糸島に帰ることは無い事

姉妹の中で一番うまくいかない生活をしてきたこと

娘さんは成人して北陸で働いていらっしゃることなどを話しました



30分ほどひとしきり話してさあ帰りますかという時に
彼女は手提げから一冊の冊子を取り出しました 

 「 これを 置いていきますね 奥さまも勉強になられると思いますので読んでみてください 」

なんと 何か他の信仰を勧めるための本でした



私は彼女に 「 あなたは今 安心した幸せな毎日をお過ごしですか?」 とお尋ねしました

彼女は一瞬きょとんとした顔をしましたが 下を向いて

 「 ここで阿弥陀様に全部話したら これからだんだん良くなると占い師は言っていましたから 」

と応えました


私は 「 私はね お蔭様で毎日安心できる教えに支えられて過ごさせていただいています

      だから このご本は必要ないです ごめんなさい お持ち帰りくださいね 」 



そう私が言うのを聞くと 彼女は小さな声で 

「 それでも この教えが一番本当のことを言っているんですよ 」

とつぶやいて帰っていきました





本堂の入り口で靴を履く彼女の足元を見ると

長めのスカートの下にはジャージを履いていてちぐはぐな恰好であったことに気が付きました





きちんと頭を下げて帰っていかれる彼女に 私も深く頭を下げました





あの人の言うこと この人の言うこと いろいろ渡り歩いて

良いことがありそうな話には直ぐ乗って・・・・・・

目的地の無い人生だったら  

私も同じように いろいろな所をふらふらと彷徨って生きていたかもしれない

彼女の姿を見送りながら 背中が寒くなるようでした






誰でも迷いの多い人生です

心が安らかに 道に迷わないように 

善き師 善き朋 善き教えに出会うことが大切に思ったのでした





                                                 なもあみだぶつ






  

 














    
by shinwoyorokobu73 | 2015-02-28 16:53 | こんなこと | Comments(0)

お寺でお葬式

今年の冬は 何故か 「 お寺でお葬式が出来ますか?」

というおたずねをなさる方が続きました



もちろんできますお寺ですから でも 

うちのご本堂はお天気のいい日はサンルームのようですが冬曇りの日は

昼間でもキーンと やっぱり寒いのです

通夜の始まる夕方はそれはそれは寒いのです

「 いいのですか?」 と尋ねるとみなさん 「 大丈夫です参列も2~30人と思いますから 」

でも 控室も無いので 出棺の花入れの時なども別室で待つこともできないですよ・・・・・




いいと言われてもやっぱり心配でストーブをあっちに置いたりこっちに動かしたり・・・・・

本当に2~30人かしら・・・・・多かったら駐車場に車が入りきれないんじゃ・・・・・

お参りのみなさんの大切な時間を嫌なお気持ちにさせやしないか心配ばかりしていました


a0204371_11473870.jpg


みなさんが火葬に向かわれた後 ほぉ~っとしながら本堂に行くと

ストーブの周りに 椅子がまあるく写真のように並べられていました

お身内の方 ご親戚が 火の近くに集まってお話をなさった後の景色でした



心配しましたが 阿弥陀様の前で すべてが進められて

住職のご法話は通常より 「ちょっと長く」ということで ゆっくりと


終って やっぱり足りない所はたくさんあったと思いますが

もしかしたら ちょっと昔 一世代か二世代前まで当たり前に行われていたような

お寺とご門徒が近くて 手と手の温もりのあるお葬儀であったのかも・・・・・・

このまあるく並んだ椅子を見て そんな気がしました




a0204371_12221129.jpg



物を作るお仕事をなさっているご夫婦のお式では 

お母様の棺を出棺の為 支えて階段を降りて行くときに

「 ドラマチックだなあ と思って降りました 」 と後日仰いました

住職と随分とゆっくり生まれた土地の事や お母様の里の話をなさいました




また 別のお式では

ご長男が高校生の時に夫を亡くし 息子3人を女手一つで育て上げたお母様。

その息子さん達が 東北から高齢になったお母様を横浜に呼んで

長く一緒に暮らしておられたのです 

この冬に往かれた 東北魂で愚痴一つ吐かなかった朗らかなお母様を思って

「 本当に・・・・・感謝の気持ちしかありません 」 と涙を流されました





通夜の席では参列の方が 「 ご住職 私の時 ( 葬儀 )も こんな感じで宜しく 」 と

涙の中にも笑いを誘っておられました





なにも無い時には こんなに寒い中を集まるはずのない人々が集って 

共に法に耳を傾け 涙を流し 笑い ほどけて 口に慣れないお念仏をされるご様子は

故人となられた 仏様が 後から来る者のために

早速 縦横無尽に はたらいてくださっているようでありました



                                                
                                                なもあみだぶつ



 < 3月のお彼岸法話会 >
         


 日時  3月 30日 (月)  13時30分~
         
 講師   内 藤 昭 文 師   浄土真宗本願寺派 司教

                               大分県中津市  法行寺住職
by shinwoyorokobu73 | 2015-02-24 13:14 | Comments(0)

シナモンの薫りのリンゴケーキ

土日の朝は「 き~みょ~む~りょ~じゅ~にょ~ら~い 」

子ども達の正信偈の声ものびのびと本堂に響きます

皆でお勤めすると本当に気持ちが良いものです



しかし、終って台所に移った途端

「 お母さんおなかしゅいた~ 」 
「 お母さん テレビ見ていい? 」 
「 お母さん今日買い物につきあって~ 」

つい私も 「 う、うるさ~い!まずご飯でしょ!準備手伝いなさい! 」

早速大声で目が吊り上る・・・・・かかる者をお助けたぁ・・・・・なまんだぶ・・・・・




子どもの事を餓鬼とはよく言ったもの

一日中 「 何かない~? 」 食べる事ばかり


a0204371_2215433.jpg


今日は青森のご実家からのお土産にリンゴを一箱いただいたので

安心してたっぷり使ってリンゴケーキを特大に焼きましょう!



a0204371_22183538.jpg


シナモンをきかせてレーズンも入れて



a0204371_22191351.jpg


ほっかほっかの焼き立てを はふはふ言いながら食べてくれました

食べてる時だけ静かです^^






今日のご法事の方のご親戚は北九州からお見えで

青魚の糠炊きをお土産に持って来ていらっしゃいました

私は、母が炊いた糠と山椒とお醤油で炊いたイワシの薫りを思い出して

思わずゴクリ 喉が鳴りそうでした



食べ物の薫りや食べた場面って対になっていますね

子ども達も今日のリンゴとシナモンの薫りと姉妹弟達の笑い声が

対になって記憶に残るのかな と ちょっと先の未来を想像して楽しみになったのでした



食べること いただくこと 大切にしたいです


                                                  なもあみだぶつ


         <3月 お彼岸法話会>
         
           3月 30日 (月)    13時 30分~    
          
           講師   内 藤 昭 文 師    大分県中津市  法行寺住職
          
                                   浄土真宗本願寺派 司教





 
by shinwoyorokobu73 | 2015-02-22 22:36 | こんなこと | Comments(0)

次への一歩を

少しずつ 少しずつ 光が暖かくなっていますね

日の長さも日々長くなって 冬に慣れている体も中からちょっとずつ変わってきている気がします

そろそろ裏山の刈り残った冬の下草を刈って 芽生えの季節に備えなくては


a0204371_954490.jpg



先々週の日曜日だったか・・・・・
たまたま夕飯の支度をしながら背中で聴こうとテレビをつけてみたら 
なんだか知ってる顔が出ていてびっくりしました
ベニシア スタンリー スミスさんの番組でのこと


結局包丁を置いて見入ってしまうことになったのですが


12年前に住職が京都の本願寺でお説教をさせていただく時に
私も長女を連れて同行しました
長女と次女は年子でしたから その頃の私は 今と同じ人間とは思えないくらいげっそりと細かった

京都まで行くには お腹の中には次女がいて 体はあちこち辛く
長女の出産でお世話になった友人の助産師に相談すると

「 わたしも行ってみたい! 本願寺のお説教も聴いてみたいから 同行して行くわ! 」


S助産師の思わぬ提案によって お蔭で私の子連れ妊婦の旅は 安心のものとなったのです



「 どうせ京都に行くなら ミチコちゃんの所でマッサージ受けたらいいよ

  彼女産婦人科病院での経験を活かして 京都の町屋を借りて妊婦や赤ちゃん向けに

  マッサージをやっているから 奈々美さんもきっと楽になるよ 」


そう言って彼女が友人助産師のミチコさんを紹介してくれたおかげで
京都に居る間 町屋で何回かマッサージを受けて
本願寺では住職のお説教を聴くという なんとも極楽 極楽な旅をさせてもらったのでした


その時の助産師ミチコさんが先々週だったか テレビに出ていて びっくり!!だったのです
ベニシアさんの息子さんも彼女が取り上げていたのだとは 知りませんでした

「 年子で出産するということは 体が通常に戻らないうちの妊娠だから
  体をよくいたわってね 後々辛い症状が出たりするから 」

と言ってほんとうに親切に診てくれたことを思い出します



12年・・・・・・そんなに経ったのかぁ
うっすらと消えかけていた かつて細かりし自分の若き日を思い出しながら

「 ミチコさん 相変わらずきれいだなぁ 今も続けて居るんだ 」 嬉しく羨ましく見入ってしまいました




私が必死で過ごしてきた時間 同じようにいろいろな人も 
いろいろな人生を過ごしていたんだなぁ と 当たり前のことですが感慨を覚えました




そして 昨年暮れに見つけたある物を 飲んでみようと思い立ち開けてみました

a0204371_10505443.jpg


11年物の梅シロップ!!

出産 出産 出産 引っ越し 引っ越し 引っ越しでいっぱい いっぱいの私・・・・・・
手探りの毎日に すっかり押入れの隅っこに忘れ去られていた 濃い琥珀色


私たち家族が 大船の中 大波に恐怖したり 雨風に泣いたり
春風にうつらうつらしたり 方向を悩んだりしている間も 静かにゆっくりと熟成していたのですね
飲むのがもったいなくて 注げなかったのですが 次の一歩に向かって 思い切って一杯



あの時 その時を思い出しながらいただくと 複雑な味がしてお腹に沁みました



今ちょうど朝の連続ドラマで マッサンとエリーさんがウイスキー作りをされていますが
少しだけ そのご苦労と喜びの日々がわかるようになってきた気がします


「 身体のメンテナンスも必須となってきたよね 」 と住職と交わす言葉にも
人生の後半に向かう慈しみがにじむようになっています

そして 随分と人生の先を歩くご門徒の皆さまの姿には 多くを教えられてきたことを思います

生まれて9年目になるこの西法寺が
ご縁の皆さまの温かい場所になっていきますように


これからも お念仏のおいわれを聴く中で お育ていただきたいものです  




次の10年に向けて さあ! また一歩!


                                                 なもあみだぶつ




              3月の 『お彼岸法話会』 が決まりました

              3月 30日 (月)  13時30分より 
 
              内藤 昭文 師   浄土真宗本願寺派 司教

                              (大分県中津市) 法行寺住職 

             













 


 














 
by shinwoyorokobu73 | 2015-02-15 11:36 | 季節 | Comments(2)

後生の一大事を心にかけて

「 雪だるま♪ 作っろ~~♪ ドアを開けて~~ 」 と歌いつつ

先週の雪の日 ちょっとだけ積もった雪を 

もったいない もったいない と言いながら雪だるまを作ってたトモちゃん

a0204371_10351650.jpg


昨日と一昨日は 再び大雪の予報に 「 さあ困った 困った  」 と思っていた所

肩すかしのお天気! 

お蔭で住職は栃木の私の親戚のお寺さんにお説教に行くことができました

栃木のご門徒さん ご住職 坊守様 お世話になりました


a0204371_10403362.jpg


西法寺では境内のあちこちで ぷるぷるん!と水仙やクリスマスローズが 

雪の代わりの雨に シャワーを浴びたあとみたいに気持ち良さげ

a0204371_1043431.jpg


光を浴びて気持ちがいいのは 私たちも花もいっしょのようですねぇ

ここのところ 心が重くなるようなニュースが耳に入り その空気にのみこまれそうになっていました

皆さまはいかがですか?




同じ空の下で起こっているらしい たくさんの悲しみごとは

縁によっては 私に起こりうること

今 ここで光を嬉しく思うことが出来るのは 私にも一瞬なのかもしれません





豊前市で幼い宝を失った 住民の男性が絞り出すように言っておられました



「 この子は地域の財産でした 地域の宝でした

  なんでこんなことが起こる世の中になったのか

  改めて考えていかにゃならんと思います 」



本当に 私も 「一期一会」 の時を重ねて歩いているのですよね   

私たちの教えでいえば 「 後生の一大事を心にかけて 」 生きていかないと 

さまざまな悲しい相を見せて先に往かれた命に申し訳ない気持ちがいたします




今日の一日も ありがたく過ごしたいものです



                                                    なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2015-02-07 11:08 | Comments(0)

朋あり遠方より来たる

晴天の昨日 朝から天気予報を見ては ソワソワ

外を眺めては ソワソワ

a0204371_9222453.jpg


ブログを通じてお話をしていた方が 西法寺にはるばる広島から来てくださるという

いつかお会いできたらいいなあ と思っていても

いざ お出で下さるとなると ソワソワ ソワソワ

ちょっと恥ずかしいような・・・・・


「 ピンポーン 」  「 来た! 」  ドッキ~~ン!! 

a0204371_9472092.jpg


阿弥陀さまが見てくださっとる前で

ひとしきり いや ふたしきり・・・・・帰りの新幹線の時間も聞かぬまま







a0204371_9503258.jpg


お弁当を食べてから 薄暗くなる頃まで

まあ ようしゃべらせていただきました^^





ソーシャルネットワークはご縁の世界を広げるんですねえ

娘は 「 ええ!会うの? 私たちにはネットは気を付けなさい 気を付けなさいって言うくせに~~! 」 

といいます^^ 

うちの場合は普段から初めてお会いする方ばかりのお寺

初めて会う方には慣れているんですけどね・・・でもソワソワでした






お互いに 写真と言葉の世界には書ききれていない日常を過ごしているんだなあと

お会いしてお話しして改めて思ったことでした

ありがとうございました






それと  ご本人が3枚目なブログの文章からは程遠い美人ということにも会ってびっくり!

シンちゃんたちが大きくなったら 私も広島を訪ねたいなあ

待っていてつかぁさいねぇ




                                                     なんまんだぶ
by shinwoyorokobu73 | 2015-02-05 10:30 | Comments(2)