<   2014年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

違うからこそ

昨夜 キョンキョンと中井貴一さんが出るドラマが最終回だったらしい。

もちろん私は見ていない。



なんで今さら気になっているか。

それは長女と住職が最終回を見たらしく長女が

「 あの二人のケンカはお母さんとお父さんのケ・・いや、お話し合いと同じね。」

なんて言ってニヤニヤしながら学校に行ったから。


a0204371_14312069.jpg



一緒に見たらしい夫に 

「 ちょっとちょっと、どんな事なの? きょうかが言ったのどういう意味? ねえねえ 」

そこでつらつらと昨日のドラマの説明をしてもらった。





理屈じゃない女と優柔不断な男 ・・・・・・・・・ 意見は一致しないけど、お互いが一緒だとおもしろい。


・・・・・・・・・・・確かに私たちも似てるかも。






 「 解決するにはここが問題だからこれをこうした方がいいよ。」

という男に

 「 それはわかるけど    やだ! 」

という女。









そういえば九州で 「横浜にお寺をつくる、いや、つくりたい」 と言った夫がなかなか腰を上げなかった。

  
   

   
    「 もしも、収入が全くなくなって子供たちが食べていけなくなったら? 」

    「 もしも、自分に何かあったらこの子達はどうなる?」

    「 どこからどう手を付けていく?」

    「 どんな方法で伝えていく? 」

    「 子供を育てるだけでも大変なのに、両方をやっていけるか?」





どうする?どうする?どうする?  どうなる?どうなる?どうなる?

真剣に考えて悩んでいたけれど、どう見ても堂々巡りで答えなんか出るはずもなかった。





 
   「  まあ、収入が無くなったら私が働くし、あなたは布教使としてやってけばいいじゃない!!

      とにかくスタートしてみないと!! どんどん年取るよ!! スタートしないで終るつもり?!  」






私は優しい優柔不断のケツを蹴とばした。^^v


( 男の方が言葉や約束に強く責任を持つのはわかるんだけれども。 )






そのせいか、今では彼は上の写真のようにもう髪の毛は真白くなっているのだけれど。^^

私も白髪の家系ではないのに結構頭に白いものが出てきているのだけれど。^^









髪の毛が早くも真っ白になるほど真面目に物事を考えて 「 よし! 」 と結論を出す夫と

無責任に感情のまま突き進みがちな妻。


でこぼこコンビだから 『 1+1 = 2 + α 』 のアルファーが楽しい。 

「 ああそうなんだ。」 と自分では気が付けない事にも日々驚く。








浄土真宗で大切な言葉に 『 信心 』 という言葉がある。

原文は チッタ プラサーダ。   チッタ ( 揺るぎない心 ) プラサーダ ( 打ち砕く )

阿弥陀という仏様にいただいた信心が私の思い込みの壁を打ち砕く。






そこには広々とした安心が広がっていく。







自分の思いと違うものこそ大事に( 本気で )かかわると、結果有り難いご縁となるものだ。








血液型を特に信じているわけではないけれど、

我が家はA型、B型、O型、AB型、全部そろった家族です。

違う考え方やリズムを持つ人間がうじゃっといると、

いろんな思いや経験が共にできて 「 へえ~そうなんだ 」 と知ることもしばしば。








どうも長女は昨夜のドラマの二人に「違うからこそ」生まれる

不思議と面白さ、安らかさ?を重ねたの?かな?








ん~~~一緒に見ればよかった。








そうそう、今日の写真はシロアリの薬を撒いていただく前の様子。

なぜ、うちの住職は何でも自分の目で見たくなるのやら・・・・・・・ 

床下まで入らんでもよさそうなものを・・・・・・・

楽しそうに・・・・・・・・






そうそう、明日は歎異抄はありません。


                                                なもあみだぶつ


















































      
by shinwoyorokobu73 | 2014-06-28 06:45 | こんなこと | Comments(0)

築地本願寺 『 聞法会 』


本日、築地本願寺 聞法ホールにおいて

『 聞法会 』 が行われます。


4名のご講師が30分ずつご法話をしてくださいます。



西法寺住職も 13時50分より 「念仏の教え」 の講題でお取次ぎさせていただきます。

どうぞみなさま お参りくださいませ。


      10時     受付

      10時半    開会式 勤行

      11時     ご法話

      15時20分  終了


                                                 なもあみだぶつ



a0204371_8304951.jpg


      
by shinwoyorokobu73 | 2014-06-25 08:32 | 行事 | Comments(0)

一つ一つ、一歩一歩

a0204371_1991227.jpg


最近は忙しいと思う暇もないくらいに
しゅるしゅるしゅるしゅる~~っと日にちが過ぎ去っていて、

気が付けばもう梅雨も終わり?と思うほどの暑い日が続いています。



この柑橘系の木は多分 『スダチ』 だったと思うのだけれど・・・・・

植えてから4~5年は経つ。




「 まだかなあ、まだかなあ 」 と1~2年は気にして見ていたけれど
3年目からは気にもしなくなっていた。

ところが先日アゲハ蝶のサナギを覗き込んでみていたら
この小さくてかわいい白い花がたった一輪だけ咲いていたのです!




時が来たのだろうねえ。




私が忘れていた時も、

成長するために葉には光を集め、

根からは 毎日毎日せっせと水と栄養を吸い上げ続けて成長していたんだねえ。








自分の毎日と重なるようで、

何だかこの小さな小さな花がまぶしくて。








私も せっせ せっせ と 毎日を過ごしているけれど、

雨の日や嵐の日、雷の日、晴れの日風が吹く日いろんな日があって

疲れて休んで、それでも苦しい時もあるけれど

この4~5年越しに咲いた小さな白い花に力をもらった。







パソコンに携帯、フェイスブックにLINEとすぐに求めるものの答えが返ってくる日常で、

ゆっくりと一つずつ、一歩一歩事を終えていく満足をよく忘れている。

すぐに答えの出ない事の方が多いのに。





   


     明日は    6月 22日 (日)   14時30分 より


              『 歎異抄を読む会 』  です。 







『 歎異抄 』 の文字が私の血となり肉となるにも

まだまだ時間はかかるのでしょうけれど、ちょっとずついただいていきたいものです。




お待ちしております。




                                            なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2014-06-21 20:02 | 行事 | Comments(0)

明日の歎異抄講座

雨ですねえ。



紫陽花はうれしそうです。

カタツムリもうれしそうです。


a0204371_18361094.jpg




今日は関東地方は早朝から『大雨警報』が出ていて、

長女、次女( 学校休みかも!)

わたくし、( お弁当作らなくていいかも!) の3人はちょっと不純にわくわく。



しかし、電車が通っている限り学校は通常通りに授業があるのでした・・・・・残念



a0204371_18364321.jpg



明日は久しぶりに歎異抄講座がございます。


      
                   6月 8日  ( 日 )  


                    14時 30分   からです。




明日は新しいお仲間が2人ほどお見えになる予定です。

お東 (浄土真宗大谷派) の方もちょっと増えつつあります。




お東の方は聖典を読み慣れた方が多いような印象がありましたが、

今回のお方はいかがでしょうか。




宗派を超えて同じ書物を味わう事ができますのも嬉しいご縁であります。

天気が少し心配ですが、楽しみにお待ちしております。




                                          なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2014-06-07 18:50 | 行事 | Comments(0)

親というものは・・・・・

a0204371_11321436.jpg


昨日のこと。

住職と朝から3女の事を話していた。



やっとトモも学校に慣れたね、これから学費がかかるなあ・・・

中学はどこに行くかなあ・・・

耳の手術後このまま完治したらいいねえ・・・

一輪車に乗れるようになったはいいけれど、傷だらけやね・・・





今日ははまっ子にも行かないし、帰りは3時前か。





ふと気づくと間もなく3時。  ちょっと遅いな。

そろそろ帰るかなと事務を続けていましたが・・・・・・・・・  帰らない ・・・・・・・・

10分経っても帰らない。15分経っても帰らない。20分経ったとき学校へ電話してみた。



 「 あら? 一年生はみんな2時半には帰りましたよ。

   念のために学校の中を確認してお電話しますね! 」



電話にでられた事務の井上先生の声が私の中で遠くにエコーした。


数分後、

 「 やっぱりはまっ子にも行ってないし、運動場にも居ませんねえ。 」



学校から家までテレテレ帰ってきても10分もかからないのに・・・・・・



その言葉を聞きながら私の心臓はバクバクと音を立てていた。

頭の毛穴からはぶわ~~っと汗のようなものが噴出してくるのが感じられる。




 「 お父さん、一年生は2時半には下校してるって!!

   ちょっとその辺見てきて!!

   私はお友達の所に電話してみるから!! 

   でも、まだお友達のお家には遊びに行ったことないから多分行ってはないと思うけど。 」






住職も玄関で慌てふためきすっ転びそうになりながら、

 「 学校まで行っておらんかったら家に電話する。すぐ警察に電話しろ! 」








一年生が下校して一時間が経っている。

住職が飛出して私は震える手でママ友にメール。

『 送信 』 を押そうか、という時に  違うママから チロリ~~ン と 私にメールの着信音が。



   
   

   

    「  今、トモちゃんが家に遊びに来てます。♪♪

       ランドセル背負ってきてるので直接来ちゃってるみたいです。

       学校のお友達初めてきました。 ◌(^0^)◌ 

       心配かけてすみませんーー 」  



  

  

   

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ トモちゃん、生きとった。





   ・・・・・・・・・・・・ Hちゃんママ、すぐ電話しようよ ・・・・・ ランドセルは絶対怪しいんだから ・・・・・


 



でも、無事でよかった。  



Hちゃんママ、うちのバカちんが大変お世話になりました。



先生方、お騒がせいたしまして申し訳ございませんでした。








違う汗がどーーーっと出た。







 
a0204371_128944.jpg



直ぐに住職に連絡して学校から帰ってきてもらったけれど、



顔面蒼白、涙目でふらふらと帰ってきたこの父の姿を映像に撮っておいて、

トモが万が一結婚でもできた暁には大画面でお前に見せてやりたい!!と思ったことでした。




いつの時代も親の心は子にはわからないものなんでしょう。

未だに私も私の親の心はわかりません・・・・・





学校からは必ず一回帰ってくること!

誰のお家に遊びに行くのかお母さんに言ってから遊びにいくこと!

と、こっぴどくお灸は据えたものの、反省したのかしてないのか・・・・・・










子どもの事一つで自分の世界の景色が一瞬でカラーからモノクロ、

モノクロからカラーにこんなにコロコロと変わるとは。








ほんとうに、いくらご法話を聴いても聴いても、 


いや、聴けば聴くほど ・・・・・・・・・・


ばかやねえ・・・・・・あてにならんこと





私の父、母の親も、 こうやって子を育ててくれたんかなあ

私のじいちゃん、ばあちゃんの親も、 こうやって子を育ててくれたんかなあ

私のひいじいちゃん、ひいばあちゃんの親も、 こうやって子を育ててくれたんかなあ

ひいひいじいちゃん、ひいひいばあちゃんの親も、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






あんまり考えたことなかった。

すごいなあ、みんな。

たいへんやったろうなあ。







  ありがとう。












                                          なんまんだ~~ぶ
by shinwoyorokobu73 | 2014-06-04 12:41 | 子供 | Comments(4)