<   2014年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

  ~ から の ラブレター

ふと気づくとここ1~2日ストーブを点けずに過ごしました。

ようやく朝晩の冷えから脱出でしょうか。




a0204371_21184311.jpg



日曜日の 『 歎異抄を読む会 』 ですが、

ちょっとずつご参加の方が増えてきて ( テーブルも 継ぎ足し 継ぎ足し・・・ )

今回お一人お休みでしたが、賑やかになってまいりました。



今回は 第12章 を読んでいきました。



住職がこの歎異抄第12章を読む途中の雑談でこんなことを言っていました。


  
  



   「   阿弥陀仏とは私一人にお一人の仏様です。

       お一人の阿弥陀様がたくさんの人々を救うために日夜お働き下さっているのじゃない。



       私には私にだけの、

       あなたにはあなただけの阿弥陀様がお一人ずつ居てくださって、

       この私のためだけに願いをかけてくださって

       日夜お働きくださっている。



       ありがたいことですねえ。



       言ってみれば、この歎異抄というお書物は

       my阿弥陀からの私に向けたラブレターですよ。



       だから、この歎異抄講座でご自分がお思いになったことを本の中に書いて行ってください。

       あなたにしか味わえない本になっていきますよ。



       どんどん書き込んでいってくださいね。  」




  



            



                『 my阿弥陀からのラブレター 』 だって。




                ふふっ




                皆さんいつも以上に真剣に書き込まれていました。





                私も、何度も読み返しています。





a0204371_258014.jpg








                         やっぱり、  ラブレターみたい  ^^



                  


                          ♡     なもあみだぶつ     ♡
















  
by shinwoyorokobu73 | 2014-04-25 03:00 | Comments(0)

どきどき、どきどき

4月は新入生やそのお母さん(お父さん)達は子どもの事を思って
少し緊張しながら新しい仲間の中に入っていきます。


今週は私もそんな週。


「 上手く船出ができますように。 」

みんなそう願いながら新しい仲間の中に入っていきます。




子ども達だけじゃなくて親も

自己紹介にも  どきどき 。




この様子を傍から見れば笑っちゃうかもしれないけれど、

いつも何年か経つとこんなこと忘れちゃうんだけども  どきどき 。




おかしいですね。




a0204371_225551.jpg



明日    4月  20日  ( 日 )  14時半~


         『 歎異抄を読む会 』 です。



個人的に、 『 歎異抄 』 ゆっくりと読みたくなるくらい今週はいろいろと疲れました。


どうぞご一緒に。  お待ちしています。


                                                なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2014-04-19 23:17 | こんなこと | Comments(0)

おめでたい。ありがたい。

そろそろ近所の桜も残りわずかとなってきました。

少しずつ春も落ち着いてきたようですか。





先日ご門徒のあるお方がこれを持参して来てくださいました。



a0204371_1112680.jpg



ブルーのアイシャドーも美しい 『 尾頭付きの 』



「 先日から家で 『 お寺は今年二人も入学を迎えられるから、何かお祝いをしたいねえ。

             でも、お金じゃ味気ないし、何かできないかねえ・・・ 』


  と話していたんですけどね、お祝いだし、鯛を一匹持って行って召し上がっていただこうか。 

  ということで川崎北部市場に今朝行ってきたんですよ。 おめでとうございます。 」



と、ぼーーーんと台所でご披露くださったのです。








私は恥ずかしながら丸々一匹の鯛を料理できません・・・・・・・



 私   「 Oさん、さばいて、 って言うと怒る? 」



Oさん  「 そうかもね、と思って一式持参して来ました。 ^^v 」



と、これを車から出してこられたのです。  

a0204371_1128414.jpg



す、 すごい ・・・・ 殺し屋みたい。



まあ、料理の手際の良いこと、上手いこと。

さすがこれだけの道具をお持ちのOさん。





こんなお御馳走を私たちだけでいただいてはもったいないので

この日はOさんのご家族もお寺にお呼びしての宴会とあいなりました。








本堂の阿弥陀様の前で、

みんなで集ってお酒を飲んだりご飯を食べたり。



うちの子供たちにとっては本当に何よりのお祝いとなりました。





「  こんな祝われ方もあるのだなあ。 」 と

お金や目に見えるものにはない温かさや力というものを

しみじみ感じる今日この頃であります。






                                                    なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2014-04-15 11:43 | Comments(0)

本日はお休みです

こちらでお知らせしていなくて・・・・・・

今日は 『 歎異抄を読む会 』 はお休みです。



お一人お見えになってしまいました。 すみません。




  次回の 『 歎異抄を読む会 』 は


         4月 20日  (日)    14時 30分~  



花冷えも来週には落ち着いてくれたらいいのですが。



a0204371_15531584.jpg





「 見ないで~~ 」 と お勉強のようなことをしているトモちゃんも


さっきからちょっと鼻をすすっています。



ちょっとお昼寝でもさせないと本格的に風邪ひきちゃんになりそうです。







みなさまも暖かくして

お気を付けくださいね。





                                          なもあみだぶつ






  
by shinwoyorokobu73 | 2014-04-13 15:55 | 行事 | Comments(0)

みんなそうだから

a0204371_617750.jpg



裏山にケヤキやクヌギや藪椿の大木に囲まれて

大きな大きな桜の老木がひっそりと立っている。





いつも、彼女の盛りはほかの桜たちの美しさと勢いにかき消されるように 

ひっそりと終わっていて

毎年その散り際の桜吹雪で 「 ふっ 」 と顔を上げる時に

また今年も花の盛りを見逃したことを知る。






きのう、佐賀から久しぶりの電話があった。



つらつらと要件を話して

「 あんたには知らせた方がよかと思って・・・・・・・・・・・・・ 」


a0204371_6433978.jpg



「 S美さんが亡くなったよ。 何があったんやろうね。」





お寺だから日常誰かが亡くなることには驚かない。

だけど、彼女の訃報には絶句してしまった。




彼女は私より一回り以上年は上だったと思う。

がんばる人だった。

ずっとがんばっていた人だった。



ご主人が亡くなった時、

暗くなっても遅くまで話を聴きつづけた。

ご主人の月忌参りには私がお参りに伺った。

何日も何日も話を聴いた。

生まれや育ちから結婚式の時のエピソード、ご主人の最後の時のことまで。





あれは、彼女が今の私くらいの年のことだったんだ・・・・・・・・





お嬢ちゃんはもう結婚されただろうか。

息子さんたちはもう家族を持たれたかしら。

飼っていた柴犬の弥七ももういないかな。

あれから20年だものね。






生きていくことは大変だ。

年をとっていくことも寂しく思うことが多くなる。と人生の先輩たちは言う。






S美さん、疲れたの? 寂しかった?






手紙を書けばよかった。
電話すればよかった。







わたしもいつか往くからね。
わたしはゆっくり往くからね。






「 奈々美さんはゆっくりきんしゃい。(ゆっくりおいで) 」

そう、くしゃっと笑うあなたの顔が目に浮かぶよ。




a0204371_7513057.jpg


毎月たくさんお手紙をいただくようになりました。




同じ時を生きてるんですから

苦しい時は苦しいと、

さみしい時はさみしいと、




手紙を書いてくださいね。





来れる方はお寺に来て、

一服してくださいね。






たくさんの人がさみしかったり、苦しかったりして

その中を生きています。






みんなそうだから

一人だけだと思わないで。







ゆっくりと深呼吸して

愚痴を言ってください。

できれば涙を出してすっきりしてください。






だいじょうぶ。

だいじょうぶ。






みんなそうです。






どうか、どうか




                                         なもあみだぶつ















































  
by shinwoyorokobu73 | 2014-04-13 08:03 | | Comments(2)

目がまわる~~~!

先日の日曜日は朝からr寒いなあと思っていたら
『歎異抄を読む会』が始まる頃になってザーッと雨が降りだし、
おまけにピカッ! ゴロゴロ~ ドッカ~ン! 雷まで落ちる始末・・・・・


「 今日はきっとみなさんお見えにならないよねえ・・・ 」

と話していたのですが、

a0204371_1720143.jpg



いえいえ、皆さまそんな雷も雨風もものともなさらずお出でくださいました!!

ようこそ、ようこそ!






a0204371_17211319.jpg



先週からの我が家。

入学式ふたり。

保育園転園した人ひとり。





準備は山ほどてんこ盛り。


児童調査票2まい、生徒調査表2まい、それに地図を4人分書いて、

生徒手帳2冊には「保護者がもろもろを記入すること」の欄があり、地図も・・・・・

そうそう、定期券を新しく作らないといけない!

手提げバックを縦30センチ横40センチ一つ、縦25センチ横35センチ一つ。

給食用の巾着袋を大きいのと小さいのをそれぞれ1枚。

ランドセルに筆箱ノート、教科書全部、鉛筆にもクレヨンにも一本ずつ名前を書き・・・・・

着る物にも靴下パンツにもお名前を書く・・・・・

毎日スタイを3まい、おむつは5枚名前を書いて持っていく。

他にもシーツにバスタオル、お遊び用の自分で履ける形の靴。  などなどなど・・・・・・・・・

「着替えをおむつと下着とTシャツとズボンをセットにしてレジ袋に毎日入れておいてくださいね。(ニコッ)」

・・・・・保育園の先生は優しく厳しい・・・・・






4月7日はお姉ちゃん二人は6時半に登校。(お弁当なし)

シンちゃんは8時30分に送って行って慣らし保育のため9時45分にお迎え。
トモちゃんは入学式の振り替え休日。


4月8日はお姉ちゃん二人はまた6時半に登校。(お弁当始まり)

シンちゃんは8時30分に送って行って11時にお迎え。
トモちゃんは小学校初登校で11時25分お迎え。
( お迎えの時間を間違え、初日からお迎え失敗・・・・)


4月9日、10日、同じような感じ。


ああ・・・    もう・・・     ・・・・・・・・・

ゆっくり休める日々はいつになるのだろうか。












a0204371_17174431.jpg



でも・・・・・・・・・でも・・・・・・・・・それでも春はうれしいね。

トモちゃん仲良しのコトちゃんと同じクラスでご機嫌さん。










a0204371_17243595.jpg



フレッシュな人たちも


気持    フレッシュな人たちも



いってらっしゃ~い!






よし! わたしもがんばる!





                                      なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2014-04-10 17:39 | 季節 | Comments(0)

明日は『歎異抄を読む会』です!

以前ワインの何かの資格を持つ方と一緒にワインをいただいたことがありました。

それまでまったく良し悪しも違いもわからずに飲んでいたのですけど、
その方からどこそこのどのような農園で育ったブドウから作られて、
何年物で、この特徴であるスパイシーな香りを楽しんでくださいね。

と、いろいろとそのひと口に説明をいただくと
味わいが変わってとても新鮮にいただいたことを思い出します。


a0204371_2035789.jpg



明日  4月6日 (日) は 『 歎異抄を読む会 』  です。

      15時 からです。



ご自分で読んだことがあるという方も多いですが、
これも解説してもらいながら読むとまた味わいが深くなります。


住職の解説はすさまじく脱線しますが、
時代背景から人間関係、
またはどのお経のどこと繋がっていて、

なんて聞きますとうわ~~っとイメージが膨らんでいきます。


前回は新しく3名の方がご参加くださいましたが

「 いきなりなので難しいです~~。」 と言う方も。



ゆっくりと読んでいきましょう。

お待ちしています。


                                         なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2014-04-05 20:48 | 行事 | Comments(0)