<   2014年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

お坊さん職業を語る。

住職が区内のすすき野中学校にお招きいただいて

中学生にお話をしてきました。



最近は、子供たちが社会に目を向けて

リアルにかかわっていけるような力を育てるためでしょうか、

いろいろな職業の方から話を聞くという時間がとられています。


a0204371_11565964.jpg


日頃から人と話をすることが仕事の住職ですから話はいくらでもできますが、

相手は中学生と学校の先生。

ちょっとワクワクな感じです。



「 ねえねえ、何の話をするの? あんまり詳しく私の悪口言わないでね、

  近くのご門徒の子供さんもいるんだから。 ばらさないでね! 」



「 わざわざ中学生にお前の話をするか! 」


a0204371_1235339.jpg




そんなこんなでどんな話をしたんだか・・・・・と思っていましたが

 「 普段から話慣れていらっしゃるからご住職の話が一番おもしろかったです。」

と言っていただき ホッ。

私も住職の話の一番のファンですから、そりゃおもしろかったでしょうとも、 と思いますが。



「 どんな話をしたの? 」



「 お坊さんはどんな仕事ですか? って言うから

  

  『 みなさんは自分がどこか、例えば渋谷まで行こうか と地図を開いた時まず何を探しますか? 

    
    そう、 まず自分の位置を探すねえ。 

    
    私の仕事はその『自分』、『私』というものを見つける手伝いをする仕事です。 』


  ってとこから始めたさ。 」








 

中学生たちも彼らなりの興味を持って聞いてくれたことだろうと思います。



お坊さんの話と言うのは耳に難しいことはあまりないと思います。

学校で習うことのように答えが直ぐに出るようなものでもなかったりすると思います。

でも、普通の大人の物差しでない物の見方で話をします。


    

    住職  『  中学校に入って君たちは算数から数学になったよね。

            この数学の定義は何かと言うと、

            自明の理による推論なんだ。


            実は仏教もこの自明の理による推論なんだよ。




            例えば、宇宙でこのチョークにこっちから力を加えたらどうなる?

             ( 住職、チョークを右手にかかげて歩き出す。 )


            さあ! 早く答えてくれないと、このチョークは教室からでちゃうよ~~!  』



      生徒  『 反対から同じ力を加える! 』


      住職  『 あたり!  そうだね、反対から同じ力を加えないと永遠に止まらない。

             このことが誰もが納得する自然の法則、つまり自明の理ということね。 



             そこで、 仏教が問題にするのは『私』って

                   『私』とは何か?

                   『私』ってものは常に変化するよね。



                   何で変化するのか?

                   それは 『 空(くう) 』 だから。


                   これは数学でいうと 『 0 (ゼロ) 』 ということなんだ。

                   これは何にでもなれるということでもあるんだよ。


                   
                   この『私』は何によって変化していくかというと、

                   それは、『私』の行いによるんだ。



                   例えば、私が『 オオカミが来たぞ~~!』 と来てもいないのに言うでしょう?

                   すると、最初のうちは人は信じて騙されるけれども、

                   何度も言っていると私の言うことは嘘だから信じてもらえなくなって

                   終いには本当のことを言っても信じてもらえなくなるでしょう?


                   
                   っていうことはなりたいものになるには、

                   それに相応の行いをすることが必要になってくるね。

                   正しい行い。




                   でも、やっちゃった、という時にはどうしたらいいのか、

                   仏教では悪業っていうんだけれどもね、
  
                   さっき言ったチョークの反対側から同じ力を加えると同じことで、

                   それは、布施、分け与えるということをしていけばいい。


       
                   
                   実はこれも自明の理による推測でね、

                   私たち『人間』の直接の祖先になる種族はほかの種族が滅びていく中

                   こうやって命をつないでくださった。


         
                   

                   彼らはなぜ滅びることなく生き残れたのかと言うと

                   全く知らない人にも争うことなく自分の財産を分け与えて、

                   共に生きることを選択して生き延びた種族だったんだよ。



                   だから、君たちも人を蹴落とすのではなくて

                   助けて生きていってください。




                   一見損するように思うかもしれませんが、

                   助け合っていくこと、それが一番です。




         ・・・・・・・・・・・・・・・・50分つづく・・・・・・・・・・・・・・・            』





もっと生徒とのやり取りをしながらだったようですが、

私が聞いたところをざっくりと書いてみました。



                   


うちの住職はようしゃべります。

特に仏教のことなら止まりません。

生活の中仏教がに沁みこんでいて、
気づくことだらけで悲喜こもごも楽しそうです。

見合いして、2回目に会ったときは午前中から昼ごはん夜ご飯挟んで8時間しゃべり続けました。



あの時は 「 ようしゃべる人だ~~ 」 とびっくりしましたが、

彼のこの職業選択に間違いはなかったと思いますね。




住職は今回のすすき野中学校の 「 職業講話 」 に、

元オリンピック選手、たまプラーザの人気店のオーナーパティシエ、

NHKの朝ドラ 「 あまちゃん 」 の演出家、カメラマン、

獣医さん、ピアニスト、などそうそうたる方々に交えていただいて好きな話をさせてもらいました。

ありがとうございました。

次はあざみ野中学校でお話しさせていただきます。

ご縁の方よろしくおねがいいたします。






職業で思い出したのですが今年の元旦会に髪の毛に寝癖のある青年がお参りくださいました。
(午前中寝ていたんでしょう^^)

ご縁が出来てから毎年お参りくださいます。



彼は小さいころから車が大好き。

いつも車にのったり触ったりしていたと聞きました。



現在名古屋に住んで好きだった車のテストドライバーになっています。

「 だれも乗ったことがない車に乗って道路を走るのってうれしいでしょ?」

というと

「 はい、うれしいですね。」

「 好きなことを職業にできて あなた幸せね。」

というと、ちょっとびっくりしたように、

「 そうですね。」 と顔をあげました。




一生懸命仕事に打ち込む人の顔はいい顔してるな、と思ったのでした。


                                             

                                              なもあみだぶつ











            
            

            
by shinwoyorokobu73 | 2014-01-30 18:25 | こんなこと | Comments(4)

農林2号となんとかワイン

学校や保育園、会社や街の中に急にインフルエンザが流行りだしました。

気を付けたいものですね。




ブログ更新がなかなかできずに時間が過ぎていきます。
毎日いろいろあるのに相変わらず私はのろいのです。



先日 おいしいお酒と料理を持って来てくださったご門徒方とミニ新年会となりました。

お酒は『農林2号』という焼酎、それと『~~ワイン』(ワインの良し悪しはよくわかりません・・・)

a0204371_14355679.jpg


結婚する前、
お酒と言うとべんべろべえに酔っぱらう昭和のおじさん達とセットで想像しましたから、

「 西村さんは、お酒は飲まれますか? 」

と今隣に座る方に確認したのを覚えています。


私の父がよう飲む人なので結婚相手はほどほどであってほしかったのです。
でも、まあ、べんべろべえに飲む連れ合いにも慣れてしまう、私も昭和時代の人間だったのでした。



最近はご門徒とも食事を一緒にいただきながら、

また、お酒をいただきながら話をするのも楽しみになっています。

住職も年と共に程よく飲む方が楽なお年頃となってきましたし。





お鍋を囲みながらお酒を飲んでいると 「 普段こんな話はしないけど、」 なんてことも話します。

思いがけずいろんな方向に話題が進んでいくのは楽しいものです。



「 いや、父が最近機嫌が悪いんですよね。 80過ぎて特によく怒るんですよ。 

  それはおかしいから辞めた方がいいよ、ってただそう言っただけなんですよ! 」


    


      「  いいや、年を取ったらやさしく 『 そうね、それはいいね。』 って言ってほしいの! 」 




   「  でもねえ・・・、自分の家族にはなかなか優しい言葉はかけないですよお  」


  「 わたしも母が元気な時はケンカばっかりしてました。

    でも、亡くなる直前になるとそんな母が急に物わかりが良くなって。

    今になると、なんでもっと優しくできなかったのか・・・・・・ってねえ・・・・・・・  」 


     

      「  しみじみ寂しくなるんでしょうねえ。

           相手の立場なんかにも立てないくらいにねえ。 」



       


              「  年を取ったら子供に帰るって言いますよね。

                   信ちゃんもよくお母さんに甘えて泣きますもんね。

    

                  父には甘えてた母ももういませんしね。

                              そうか、そうか、そう思えば優しくできるかね  」




  「  いろいろ年配の方には教えていただくねえ。

        人間ちゃどんなもんか、とか、どうなっていくか、とかねえ。 」






                 「  そういえば私の母は結婚式直前の晩に、

                        『 まだ嫁にやりとおなかあ (やりたくない) 』 って泣いたなあ。



                           もうすぐ30になるっていう娘をねえ。 」  ( 住職、ギョッ!)


   

    「 さあ、ご住職の14~15年後が楽しみだねえ。 」

 

      ~~~~~~~~~~ 宴はつづく ~~~~~~~~~~



なんてこともありました。

 


その後日には娘を持つ母とお料理上手にお願いして 

「 バレンタインに向けて友チョコ講座 」 を開催!

a0204371_16324469.jpg



最近はバレンタインと言っても 『 女の子が男の子に 』 ではありません。


世の小中高生女子の多くは、お友達のために頑張ります。

なので手伝う母たちは毎年頭を悩ますのであります。

a0204371_16335967.jpg


別立てでケーキっぽく。

a0204371_1634132.jpg


完成。 ハートに切れば、クラスメートの人数も大丈夫!

お味はばっちりです。 2月の本番も失敗なし!

来年はもっといろんなお母さんとお子さんにお声をかけてみよ!と思います。






今回は食べてばかりの巻でございました。 





                                        なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2014-01-24 16:44 | こんなこと | Comments(0)

 『 星の王子さま 』 ってね

ぼちぼちと日常が戻ってきました。


今日から1週間本願寺では御正忌報恩講がお勤まりです。

親鸞聖人の751回忌のご法要。

底冷えのこの時期、

浄土真宗にご縁の者にとっては毎年しみじみと感じられるご法要です。


a0204371_10575561.jpg



昨日から長女は学校が始まりお弁当の日々開始です。

緊張からか朝3時半に目が覚めて、
「 もう一回寝よ。 」 と布団をかぶるも 「 寝過ごしたら・・・ 」 と思うと眠れず

「 えい!! 」 と心で気合を入れて起きだしました。

冬の朝のこの葛藤の辛いこと・・・

隣に寝ていた信ちゃんもこの早起きには目も覚まさず、脱出成功。^^)v



ぶるっとしながらストーブに火をつけ、やかんをかけます。

テーブルに目をやると青い表紙の文庫本が、
きょうかの読書感想文の課題本でしょう。

やかんに湯が沸くまで、と手にとると



       キツネがいうのです。  「  肝心なことは目では見えない。 」

      

      

       「 誰も自分がいる場所に満足できないのさ。 」 と転轍手は言った。

       

       

       この眠る王子さまがぼくの心をこんなに揺すぶるのは、

       彼が一本の花に忠実だからだ。





 「 星の王子さまか 」 と思いながら暇つぶしのようにページをめくったのに

 あれ? こんなドキドキさせる本だったっけ? 

 いろんな私の現実と重なって見えて昔パラッと読んだ時とはまったく違う本のようです。

 

 
  




 


「 お母さ~ん! ホンカクテキ(本格的)ってなに? 」

   「 『 キズナ(絆) 』 ってなに? 」

   「 なんで毎朝仏様にお参りするの?」

   「 なんで人から頂いた物をいつも仏様にお供えしないといけないの? 」


日常の中は目には見えない肝心なものであふれている。
肝心なことは、自分で問いの答えを発見しないといけない気がする。

「なに?」 やら 「なんで?」がとめどなく湧いてくるトモちゃんのお蔭で
ここの所いっぱい考えさせられている。







人知れず、自分の持ち場を大切に耕し続けている人を知った時、

( お父さんはお父さんの、お母さんはお母さんの、おじいちゃんはおじいちゃんの、
  おばあちゃんはおばあちゃんの、娘は娘の、お坊さんはお坊さんの、おまわりさんはおまわりさんの、
  お魚屋さんはお魚屋さんの・・・・・・・・・・・・・・・・・・ )

昔、ひとりで寺で暮らした母方の祖父が、
ピチッとアイロンかけをしてハンカチを重ねてクッキーの缶にきれいにしまっているのを見た時や、
お参りに行く前は必ず歯を磨き口をすすいでいたことを思い出すとき、
( 「汚い口からお経を唱えたくない」 と言ったような記憶がある。)


お斎のお手伝いに来ていたおばさんが、
若いころから砥いでは使ってきたマイ包丁を持ってきた
その包丁がめちゃくちゃ小さくなっているのを見た時、


お手伝いのおばさんが 「残ったご飯粒をいただいていいですか?」と言うので
何に使うのか聞くと 「 シーツに糊をかける糊にするんです 」 と言うのを聞いたとき、


グラッサの利休梅がいっぱいに花をつける時、


お隣のSさん家の窓がいつもピカピカでサッシじゃないところとか、





 自分だけのバラの花を心に持って大切にしている人には心揺さぶられてグッとくる。

 
 私のバラの花は。


 



 












しゅんしゅんと沸くお湯の音の隣で、
昨日は満足のひと時を過ごしました。



『 星の王子さま 』 っていい本だったんですね。 今さらですけど。



      
じっくりと日常を思い返す時間ていいもんです。



                                         なもあみだぶつ













       
by shinwoyorokobu73 | 2014-01-09 12:00 | 子供 | Comments(0)

2014年もどうぞ宜しくお願いいたします。

明けましておめでとうございます。

今年もドタバタの中、このブログも三年目に入ろうとしています。



一日一日が目の回るような忙しさに、

つい 「昨日も一昨日もおなじように忙しかった。」
としか思い出せないことに愕然とした震災後のある日からここを開いたのでした。



書いてみると一日は毎日違っていることに自分が驚きました。


よく自分の周りに起こることや、自分の周りにあるものに目を開かれ耳をすますようになりました。


そして、自分を情けなく思ったり笑えるようになりました。
そして、かかる者をお助けかあ、との毎日となりました。


独り言のようなこのブログを訪ねていただいてありがとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願いいたします。




1月1日は元旦会でした。

a0204371_1038880.jpg

お昼くらいからぼちぼちとお集まり。

「 今年もどうぞ宜しくお願いします。 今年の正月は・・・ 」

住職とご法話まで挨拶、おしゃべり。




a0204371_1039455.jpg

私たちもおしゃべり。




a0204371_1043139.jpg

そしてご法話。

今年も心安らかな一年となりますように。




a0204371_11533267.jpg

皆さんお焼香。

あ、写真の順番を間違えた!

お経をお勤めしてお焼香してご法話。




a0204371_11582172.jpg

ホッとするありがたいご法話でありました。

とってもお天気はいいし、
ゆっくりお茶でも飲んで、
お仲間や住職、坊守ともおしゃべりして帰ってくださいね。

a0204371_11593782.jpg




a0204371_1203738.jpg

いい笑顔、今年も佳い一年になりそうですね。




a0204371_1241726.jpg

『 おじちゃん、いつも抱っこしてくれてありがと! ことちもよろちくおねがいちまちゅ。 』



a0204371_1254313.jpg

「 さて、そろそろ帰りますか。」 



a0204371_1252283.jpg

いつものように皆でお見送り。 ちょっとさみしい。




ああ、今年も始まりました。

大切に過ごしていきたいと思います。

今年もおつきあいくださいませ。

                                      なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2014-01-04 12:17 | 行事 | Comments(2)