<   2013年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

よくよく見ると。

2連休初日。

車が朝から多いです。


雲一つない青空。

行楽には最高のお休みとなっております。

我が家はきょうもお出かけはないのですが、

a0204371_14173032.jpg


裏山のいつものこの紅葉を眺めていると、

「 よそに出かけなくてもいいかなあ~~ 」 と思うのです。(ごめんよ、子供たち。)

a0204371_14201088.jpg


駐車場のケヤキの葉っぱは今からが本番の桜吹雪ならぬケヤキ吹雪状態となります。

2~3日でこ~~んなに集まります。

a0204371_14245839.jpg


去年までは 「 ああ もう! いつまで落ち葉がつづくんだあ!」 と思っていましたが、

先日 土作りの本を買って読んでみると、

この大量のケヤキの葉っぱや草を我が家の土に漉き込んで

菌がいっぱいの土を育ててみたくなりました。

今までも除草剤や農薬は使ってきていませんから直にいい状態の土ができると思います。

a0204371_14323210.jpg


スミレでしょうか、来年も可愛い花をいっぱい咲かせてね。

a0204371_14413965.jpg


こちらはちょうど花盛りの紫蘇。
草取りの時、摘めなくて残してしまっていましたが
いっぱい花をつけました。
こちらも来年またいっぱい顔を出してくれるでしょう。


a0204371_14341987.jpg


ギボウシは間もなく冬籠りですね。


a0204371_1437620.jpg


この辺りのグリーンは来年は地植えしましょうか。


a0204371_14442765.jpg


ここには春の準備も着々とできていますね。


a0204371_14471486.jpg


夏の名残りの姿も。




普段はゆっくり見ることもなく

くるくる くるくる 駆け回って生活していて気が付きませんけれど、

私はゆっくり ゆっくり変わっている中に生きてるんですねえ。



きっとまだまだ私にはいろんなことが見えていないのでしょうが・・・

見えていなかったことに気が付くとうれしい。 なんまんだぶ





さてさて、明日は 『 歎異抄 』 の最終会です。 ( とりあえず今回は )

13時半より。 お待ちしております。


12月15日は 『 報恩講 』 をお勤めいたします。

浄土真宗にご縁の方は、

ここは是非おまいりくださいませね。 また 改めてupさせていただきます。


                   
                                                 なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2013-11-23 15:07 | 季節 | Comments(0)

金色の風の日は

下の子を車で保育園に送った帰り道、

金色に輝く銀杏並木を抜けると

朝早くから畑に来ているおじいちゃんのラジオから 

let it be が流れてきます。



「 そうか、今ポールマッカートニーさんが東京に来てるんだったな。」

私も早速乗っている軽自動車のラジオをつけてその曲をさがします。



ビートルズの曲は秋の彩によく似合う。

高校生だった頃、

二つ上の先輩がその英語を口ずさみながら帰るのを

「 かっこいいなあ 」 と眺めていたのを思い出します。


a0204371_1043776.jpg



今日は久しぶりにお寺の仕事で急ぎの仕事はなく、

子供たちも元気に学校。(保育園)


最近は予定通りに何事も進むことはなく

気持ちばかりが焦る日々でしたが、

今日はちょっとゆっくりと過ごしたい。


a0204371_10183590.jpg


先日せっかく勉強会に差し入れしようと作ったシュークリームも

この手がどんどん出てきてあっという間に・・・・・・お皿だけ。

「 せめて写真だけでも~~~!!」

と撮ったはいいけれど、それからは作る間もなく気力も湧かず・・・・・・



風はちょっと強いけど、

日差しはぽかぽかな今日は のんびりと本来の私のスピードで過ごします。

( 充電 充電 ぽかぽか本堂でタウンニュースの記事を書き、
  
  掲示板の言葉を書いた後は本でも読めるかな?)



ずいぶん寒くなりました。

みなさまも時折ふうう~~~っとゆるめる時を作って、

寒さと師走に備えましょう。(^^)


                                          なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2013-11-20 10:33 | 季節 | Comments(2)

お磨き、歎異抄、・・・・

秋も深まり、だんだん年末に向けて気ぜわしさに火がつきそうな最近です。

先週はおかげさまでお磨きもすみ、

お仏具がまたきれいになりました。 ありがとうございました。

a0204371_10502792.jpg



お料理上手のKさんから おいしい散らし寿司の差し入れがありました。

ごぼうにニンジン、レンコンに椎茸、たっぷり胡麻がかかっておいしそう!

磨き終わってからみんなでいただきました。 ごちそうさま!!

a0204371_10514425.jpg


a0204371_10563344.jpg


これで12月の報恩講も安心して迎えさせていただけます。



昨日は延長した『歎異抄の会』

夕方は日が落ちるのが早くなりましたから、13時半から始めました。


a0204371_1124724.jpg


難しいところを過ぎて

3章からするすると進んだ感じでした。



『歎異抄』の序に


   「 善悪のふたつ、総じてもつて存知せざるなり。そのゆゑは、

    如来の御こころに善しとおぼしめすほどにしりとほしたらばこそ、善きをしりたるにてもあらめ、

    如来の悪しとおぼしめすほどにしりとおしたらばこそ、

    悪しさをしりたるにてもあらめど 」


とありますが、所詮このわたしの知恵の認識の中のこと。


わたしの目からではなくて、

如来の目を借りてこの私を見ている不思議な気持ち良さと安心を感じます。



また、終わってからのそれぞれの方の感想をお聴きするのも楽しくなります。

年齢も性別も職業も経験も違うそれぞれが、

それぞれの方の思いを聴いて一緒に想像するのは、

温かなひと時です。
寒くなってきたからでしょうか?



「 早く次の日曜が来ないかな、と思うんですけど、

  来たらまた年が・・・・なんて思うんですよ~~」


嬉しそうに話してお帰りの背中を見送るわたしも、

嬉しいような、さみしいような、気分なのであります。


                                        なもあみだぶつ







            
by shinwoyorokobu73 | 2013-11-18 11:45 | こんなこと | Comments(0)

わからん、わからん

子供の頃、うちで法座が勤まると
ちょっと離れた地区から息子さんの車で送ってもらってお参りのおじいさんがいらした。


いつも車から降りると、

「 どうもありがとうござんした。 気を付けて帰ってよ。 」

と丁寧にお礼を言って、深々と頭を下げなさって、

息子さんの車が見えなくなるまで見送るおじいさんだった。

a0204371_9302924.jpg


息子さんにあまりに丁寧な様子を不思議に思ったわたしは、

「 お母さん、あのおじいさん、なんで子供に頭を下げると? 」

何度か母に尋ねたことがあった。




あれから少し年を重ねて

いろんな経験をさせてもらって、

あの頃のあのおじいさんと同じ教えに 今の私が耳を傾けていると、

あの姿の後を追わせてもらっとると思えて 

安心して失敗し、転んでもまた起きて年を重ねていくことができている。



a0204371_9345270.jpg




日曜日に 『 歎異抄 』 を皆さんと読ませていただいていますが、

今回は皆さん、「 宿業 」 や 「 強縁 」 「 宿縁 」 という言葉に

思いが強く引かれておられました。




以前ご法話の後に 「 縁ってなに? まったくわかんないんだけど! 」

ある方からお電話で尋ねられたこともありますが。





a0204371_9271175.jpg

私たちが意識していようがいるまいが 撒いた種、持っている種(因)は環境(縁)が整えば

ある時表面に芽を出す(果)。

その出てきた結果もまた次の種(因)となる。

もちろん、環境(縁)が整わなければ、種(因)からは芽(果)は出ない。






a0204371_9275942.jpg

心がどうにも治まらないこともおこりますね。


「 なんで私だけ? 私よりひどい人はほかにも山のようにおるやん! 

  なんで私にだけこんなことが降りかかってくんの! 」


絶対に治まらなくて腹が立って狂いそうなこともおこりますねえ。





このどうしようもない事の原因を私の内側に見ていくのが仏教。

( だんだん「 悪人正機 」 や 「 善あくの二つ総じてもて存知せざるなり 」 といった言葉に
  近づいています。)




まだまだ4回では終われません。




もうちょっと続けましょう、となりました。




次回は 11月17日(日) 13時半より。 

その次は 11月24日(日) 13時半より。




皆さん、「わからん!」でもここは投げずに頑張りましょうね!



                                            なんまんだぶ!



追記   11月10日 (日)  14時から  「 おみがき 」 をいたします。

       ぴかぴかの欄間が入ったら、次はお輪灯のくすみが気になります。

       お手伝い出来る方は どうぞよろしくお願いいたします。 





追記の追記      きょう日曜日の続きを話しに見えた方が、


             『 ご住職、

               「  明日は歎異抄講座があるから今日は飲むまい、

                  と固く思っていたんですけどねえ、

                  私の宿業の促す所によってまた飲んでしまいました。 」


                っておっしゃってましたよねえ。(笑、笑)

                いい宿業ですねえ。 (笑) 』


              って、私はその時席を外していて聞いてなかった。


              それも宿業かいな。 そこは煩悩やん。^^

              
by shinwoyorokobu73 | 2013-11-06 09:39 | 行事 | Comments(0)

静かに座る時

「 ほ~~~っ 」 と 一人になって本堂で一息つく時がある。


特に、いい空気を残してお帰りになったご法事の皆さんを送った後。


お経のお勤めや、仏様のお話のあと、
みなさんのお顔が安心なさったような、

ほっとしたお顔をされてお寺を後にされると私もほっとする。


a0204371_9202544.jpg




きのうは途中で小雨が降りだし少し肌寒いご法事でした。


a0204371_933315.jpg




お孫さんのMちゃん、コウちゃん、そして、

鎌倉組のZ了寺さんのご門徒さんでMちゃんのはとこの・・・あ、名前を聞き忘れてしまった・・・・

かわいい小学生たちは今度会うときはいくつになるだろう。


お寺にようこそね。ようこそ。



a0204371_9354770.jpg



今日11月3日(日)、15時より 『歎異抄講座 第4回』 です。

連休の真ん中。 お休みの方があって今日のご参加はは6~7人でしょうか。


お待ちしておりますね。


                                        なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2013-11-03 10:26 | Comments(0)