<   2013年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ぽや~~っとした仕合せは

一昨日の日曜日の午後は、陽だまりの中の 『歎異抄講座』 でありました。

10人での講座。


しかし、ぽかぽかと温かいからと言って
ぬるま湯のような講座ではありませんでした。



   弥陀の本願には、老少・善悪のひとをえらばれず、ただ信心を要とすとしるべし。


   そのゆえは、罪悪深重・煩悩熾盛の衆生をたすけんがための願にまします。


   しかれば本願を信ぜんには、他の善も要にはあらず、念仏にまさるべき善なきゆえに。


   悪をもおそるべからず、弥陀の本願をさまたぐるほどの悪なきゆえにと [云々]。


    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~    

a0204371_2092252.jpg


    住職 「 Hさん、今の私の話を聞いてどう思いますか? 」


    Hさん 「 ・・・・・・・・普通に考えたらちょっと逆な・・・どんな悪を行うとも、というのは変ですよねえ。」


    住職 「 変ですよねえ。 常識で考えると。 」

   
    Aさん 「 じゃあご住職、どんなに悪いことをしても南無阿弥陀仏と称えたらいいんですか? 」


    住職  「 『称えたらいい』 じゃなくて、

          『南無阿弥陀仏と称えたら仏になれるんだなと思って』 称えたらいいんです。」


    Aさん 「  え? じゃあ いいことをしても何にもならないっていうんですか? 」

    
    住職  「  はい。 なりません。 」
           


    Aさん  「 え~~、私はそれほど良いこともしてはきませんでしたけど、

            取り立てて悪いこともして生きてもいません。 それじゃだめなんですか?

            世の中にはずっと悪いことやずるいことや酷いことをして生きている人がいますけど、

            私、そんなに悪いことしてないですよ。 」

   
    
      

     Bさん  「 いや、 ここで言われているのは私と阿弥陀様のことであって、

             世間とかほかの人とかと比べて言うことじゃないと思うんですよ。 」



     

     Tさん  「 うん、そうですよね、 自分の内側を観ていくっていうか。 」 


     

     Aさん  「 いや、でもほんと、私 人のことを羨ましく思ったり妬んだりって

              あんまり無いんですよ。  みんなが好きで生きてきたの。 」


     

      Cさん  「 お幸せだったんですね。 」


     

      Aさん  「  ( ムッ ) いや、私もこの年ですから人並みには

                      一通りの苦労はしてきましたけどね。 

               じゃあご住職!浄土真宗というのは何にもしない方がいいんですか? 」



       

       住職  「  いや、 そうではありません。 

               
               『 如来大悲の恩徳は身を粉にしても報ずべし 』 ですよ。

               
               九条武子夫人が

                『 あるときは 毒薬のごと おそれつつ

                  人のなみだを ぬぐはでありけり  』  って歌っておられるけれども、 

               

               【 ぽや~っとした仕合せは 人を 最低の心境におとしこむ。 ちょうど

               麻薬のような働きを持つ。


                家庭は人に馬鹿にされるほどではない。 女として 器量はよい。貧しくはない。

               人並より増しの学歴をもっている。流行の先端を行くほど アホウではないが

               地味に貴品を身に着ける。 家屋敷小ならず。 ~~中略~~

               人間は己の持ち場を守って  平和であるべきだと  

               自分もまじめである  つもりでいる。  どこの馬鹿者が  不幸に泣くのか。

               泣く人はきっとどこかが  間違っているのだ。 めそめそと不幸になくなんて

               いやらしい。 泣く人は大嫌い。

                そうして  人の涙を  毒薬を見るほど  きらっていたけれど  自分自身が

               せんすべなく  不幸に立ち  夜がな日がな  涙にくれることになって

               涙とは  こんなものか  と知れた。 今日では  涙する人あらば  寄り添って

               自分のハンカチで  拭いてやります。  涙をおそれた頃の  恥ずかしや。

               不幸が私を鍛えました  と。  ( 深川倫雄法話会報抄 より ) 】



             仏教の目指すところは執着を離れるということですよ。

             でも、 『念仏すればお浄土へ間違いなく生まれさせていただける』 と言って

             浄土へ今行きたいと思いますか? ( Tさん二人は首を横にぶるんぶるん。 )

             私も思わんねえ、 どうにもならんのが自分の内側に居るわけです。

             本当にいいことも悪いこともようわからん私がね。 



             そうすると、 さっきお話しした弥陀如来の誓願の船にこの私の内側丸ごと

             乗るか乗らんか、ただそれだけになる。  」

             



           Aさん 「 ・・・・・・・・・・・・・ん~~!    難しい~~!  私 わかんない!! 」      
                

                      ~~ 領解は続く ~~
      

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



       こんな 白熱教室ならぬ白熱講座となっています。 ( とてもエキサイティングです )




       歎異抄は7百年以上前の 親鸞というお坊様と 唯円というお坊様の本音の本音トークです。

       

       変わって今の私たちの日常は本音で生きているでしょうか。

       安心して本音が出せるでしょうか。

      

       
       電車の中釣り広告に
       
       
      

       『 銀行で出世したかったら 隣のやつを信じるな 』 と書いてありました。

        これ、本当なら半沢直樹の世界は現実ですね。


       ・・・・・・・・・・・本音、言うのは勇気がいります。




      
       中学生でも 「 空気読めよ。」 と言います。

       空気、 ばっかり読んでいたら『私』の本音が何なんだかわかんなくならない?

       空気、 ばっかり読んでたら『私』がホントにやりたいことが何だかわかんなくならない?



      



       親鸞様は本当だと思うことを突き詰めていかれて流罪に合われました。

          
      しかし、そんな人並み以上のご苦労を経験なさりながら、
      その時代平均寿命が40年かそこらであったのに かの人は90年も生きられました。

      
      きっとノーストレスの人生だったのでしょう。   何故か?



      ≪  悪を転じて徳となす正智。 ≫


      歎異抄を学ぶ醍醐味は、ここにあるようです。
      

      


      

      そこで、そんな方の見つけられた人生の答えをこうやって

      年齢40代から80代までの幅広い仲間で 「 なんでだ!?」 

      と読んで意見し合うことは、

      この上なく力強くて、解放されていく時間に思います。



                    

                                          なもあみだぶつ



                        



  
by shinwoyorokobu73 | 2013-10-29 11:00 | Comments(0)

ホッと一息。

久しぶりに感じる青空。

10月なのに毎週台風がやってくる どうもおかしな秋です。

今日の朝陽を一人でも多くの方がホッと眺めていらっしゃるとよいがと思います。






裏山のどんぐりがこの台風でぼこぼこ落ちてきました。

a0204371_7541254.jpg


今年は写真のようにまるまると太った実がたくさん実りました。

きれいな色ですねえ。

このまあるいどんぐりは九州に住んでいた時は見たことがありませんでしたから、
まだこうやって手にするとわくわくします。

今年はどんぐりの当たり年のようです。




さて、今日は 「 歎異抄を読む会 」 第 3 回 です。

前回、前々回と同じく 15時 からです。

先週の日曜日はどしゃ降りの雨の中を10人もお出でくださいましたが、
今日はお天気も上々なようです。

楽しみにお待ちしております。




   追記    昨日予定していました 「 自律神経を整えて秋を気持ちよく過ごすためのセミナー 」

          は台風のため延期いたしました。

          ご連絡いただいていた皆さまにはお待たせいたしますが、

          また後日変更後の予定をお知らせいたします。
by shinwoyorokobu73 | 2013-10-27 08:26 | 季節 | Comments(0)

ななつ星 in 九州 !

今日の横浜は台風前の雨。
どんよりとしたお空です。


所かわって九州博多では
あのJR九州の豪華列車 『 ななつ星 』 が走り始めました。

お天気も晴れ。
「 古代漆塗り 」 というちょっとレトロな深いワイン色がとってもきれいです。


その 『ななつ星』 にちょっと嬉しいご縁が。


a0204371_1402919.jpg


いつも季節になると「ななみちゃん味比べセット」のみかんを送っていただく
佐賀県太良町の田島柑橘園&加工所の田島さんからお手紙が来ていました。


     『 ななつ星 』に我が家のセニョリータ陽子やワンダーゆき、

      冷凍ジュース等をお取扱いいただくことになりました。


との嬉しいお知らせがありました。


なんと!!

今年はジュースも頼んでみようかな?
お家で豪華列車に乗った気分が味わえるかも。





田島さんのお手紙からはいつも元気をもらいます。

イノシシやカメムシの大発生など自然相手の仕事の大変さもうかがえます。

でも、ご家族みんな(95歳のおじいさまも86歳のおばあさまもお手伝い)
ニコニコのお顔で写真に写っておられるのを拝見すると、
この方たちが作ったものをいただきたいなと思ってしまいます。




これを受けて、
今月の掲示板の言葉を 本願寺新報から 「あの言葉をいただこう!」 と
次のことばを思い出しました。


        
  『  自由

          ほんとの自由っていうのは

                          不自由なことも

                                    苦にならないもんだ  』






自分が好きで選んだ道をただ一歩一歩歩いて行くことは、

不安なことや 大変なことに出会っても、

こらえて そこを超えるまでやり通すことができる。

同じところを目指す仲間があったらなおのこと

力が湧いてくるものでしょう。








いろんな事があります。






ここのみかんで今年も元気をいただきたいな。

今年もぱっちぱちに元気なみかんが届くこと、楽しみです。


                                         なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2013-10-15 14:28 | Comments(2)

『歎異抄』 を読んでいきます。

金木犀が網戸からかすかに入る風にのって

なんとも柔らかな香りを運んでくれた今日、


『 歎異抄を読む会 』 1回目にみなさんお集まりいただきました。


a0204371_2111557.jpg


3連休の二日目の日曜日で先に予定を入れていた方4名を除いて
初回の今日は8名でスタートいたしました。



今日はまず筆者である唯円様が誰に対してなぜ、

お亡くなりになる数か月前にこの『歎異抄』をお書きになられたのかを人物の相関図を交え、

リアルに ちょっとハイスピードで説明してもらいました。


a0204371_21105171.jpg


テキストはこれ  ↑

a0204371_21153261.jpg


とっても分厚いのです。 (歎異抄はこの中の一部です。)

a0204371_21162617.jpg


私も恥ずかしながら今回自分用に購入しました。

真っ白です。





ご自分のお聖教にいっぱい付箋が貼ってあり、

いっぱい書き込んであるお隣のTさんに私が 

               「 恥ずかしながら これからこのマイお聖教と一緒に生きていきます。」 

と言うと、         「 それは楽しみですね。」   


とにっこり笑って言っていただきました。



                 

                  善知識にあふことも

                  おしふることもまたかたし

                  よくきくこともかたければ

                  信ずることもなほかたし




親鸞さまもご和讃の中でおっしゃっておられます。

善知識さまがお隣に。



心許ないわたしの日常。

今までよりもしっかりと支えられていくのだろうと思います。



                                           なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2013-10-13 21:39 | Comments(0)