<   2013年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

朝の散歩!秋の散歩!

衣替えも近くなると急に涼しくなるものですね。

半袖を着せて寝ていたシンちゃんとトモちゃんのくしゃみで目を覚ましました。

私の体調がだんだん良くなってきましたから、
先の連休中は朝早くみんなで『寺家ふるさと村』に散歩に行きました。

a0204371_2041055.jpg


田んぼはもう早朝から稲架立てが始まっていました。

a0204371_20431098.jpg


登っては降りて、
持ってきたおにぎりと水筒に入れて来たミネストローネをふうふういただき一休み。

a0204371_20452328.jpg



秋の色もそこかしこに。

a0204371_20511922.jpg



おいしそうなキノコもいっぱい!!
a0204371_2052237.jpg



いつも時間に追いたてられていたようなこの半年。
久しぶりに子供たち4人と住職とみんなでゆっくりと歩きました。

ただ歩いただけなんだけど、
とっても元気が出てきました。


暑かった夏のせいで、
体調が悪くなった方がたくさんいらっしゃいますね。

もう随分歩きやすくなっていますよ。
皆さんもいかがですか?

                                    なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2013-09-27 21:04 | Comments(2)

『 歎異抄を読む会 』

お彼岸も終わり だんだんと葉の色をかえていく裏山を見上げると

「ああ、もう秋になったなあ」 としんとした気持ちになります。

(子供たちのいない時だけですけどね。)



今日は仲良くしていただいている整体の先生に来ていただきました。
だいぶこの体もメンテナンスが必要になってきたので
大変ありがたいです。


a0204371_133329100.jpg



「 心を開くということには、体からアプローチする方法もあるんですよね。

  心を閉じている人や、病んでいる人というのは体もこう、前に閉じている人が多いですしね。


  今、とっても多いんですよ。

  自己肯定観が低すぎる人や、高すぎる人。 

  自分の内側に意識を向けなさすぎるんです。

  自分の体や心を雑に扱いすぎなんです。


  
  お母さんたちが子供に『姿勢を良くしなさい』と言うけれど

  なぜ姿勢を良くしないといけないかを理解して言っているお母さんは少ないですよね。・・・・・・・・」





私も雑だ・・・・・そのあたりいい加減かも。

そう思いながら先生とお話をしました。



そこで!

今、 絶不調な私のために 先生に来月北海道から来ていただいて、

『 体を整える。 』 セミナーを開いていただくことといたしました。 エヘッ。



実際に体をどう使って生活したらよいのか、

いろいろと実際に体を使ってみたり

なぜそうした方が良いのか説明を受けたりして

自分の体と上手に付き合う方法を教えていただきましょう。



「 寒くなるとあちこちねえ・・・ 」

という あなた! 私と一緒に元気になりましょう!

詳細は後日upいたします。




と、突然健康セミナーの宣伝みたいになりましたが

ちがう ちがう!違うんですよ。

本題はこちら。




夏から写真のように住職は準備をしています。

(こう見えて学生時代からよう勉強していたようです。たくさん書き込みが。)

10月は 『 歎異抄を読む会 』 をいたします。

4回講座です。

       第1回 10月13日(日)   15時~16時30分

       第2回 10月20日(日)   15時~16時30分

       第3回 10月27日(日)   15時~16時30分

       第4回 11月 3日(日)   15時~16時30分



なんだかいろんな書物を引っ張り出して確認したり、

書き写したり、お聖教を読み直したり、

そんなに?!

というほどいろんな所と繋がっているようで、

この様子を見て 私もこればっかりは襟を正して拝聴に与かろうと思っています。




この時に必要なものは

・ お念珠

・ 浄土真宗聖典 註釈版 5460円
 (この聖典をお持ちでない方、または購入されたい方は本願寺出版社からご購入いただくか、
  もしくは早めに西法寺までご連絡ください。)
 
 


  これからこの『浄土真宗聖典 註釈版』に書き込みながら読んでいくそうですので、
  会費はいただきませんがこの聖典だけはご準備ください。
  
  今後もこのような講座を行っていきますので、
  また次の講座にも使うことができます。



小さな車座で少人数でも 良い会になるような気がいたします。

どうぞ どなた様もご遠慮なくご参加くださいませ。

(Tさん、Mさん、住職いよいよ腰を上げてくれました。
 おかげさまで、ありがとうございました。)


                                       なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2013-09-25 14:58 | Comments(0)

台風一過。

台風一過、涼しく晴れた秋空となっています。

この台風で被害をうけられた方は大変な作業の真っただ中でいらっしゃることでしょう。
どうかお疲れが出られませんようにお見舞い申し上げます。



西法寺では15日(日)の法話会は大雨でした。

警報も出ていましたが皆さまに中止とご連絡する術もなく、
行う方向で準備いたしました。

「 一人もお見えにならない場合は、

  わたしと住職だけでもご縁にあわせていただこうね。」

そう話しておりましたが、
皆さま長靴やスニーカーでお参りくださいました。

本当にようこそ、ようこそ。

a0204371_10251365.jpg


阿部信幾先生は体調がお悪い中を 本当にありがとうございました。



最近の天候の気まぐれさには驚かされるばかりです。

「 無事に、お蔭さまで、」 こんな言葉にも心がこもります。



そうそう、法話会の前日には、

境内周りの草ぼうぼうを刈りにいつもお願いする若者が来てくれて

すっきりときれいになりました。



私は昔からのろまで要領が悪くて、

おまけに始末も悪い欠点満載です。



そのせいで片付かない割に疲れてしまいます。



先日のブログを見て某寺坊守さんからは「手抜きよ、手抜き!」と
激励メールをいただきました。



「 そうか、手抜きかぁ・・・、抜くには、わたしが抜くには・・・・・・・・・・・、

  ・・・・・・・・・・・・・手を借りる!!」



おはぎ作りは娘たちに手伝ってもらい、

a0204371_10531454.jpg



草刈は若者に。

掃除ももうわたしと背が同じになった彼女たちが引き受けてくれました。^^v

この度はなんと楽をさせてもらったことか。


おかげさまで、ありがとうございました。

( 「何でも言ってね」ってご心配くださった皆さまも、ありがとうございます。 )

これからもよろしくお願いします。



                                        なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2013-09-18 11:00 | 行事 | Comments(0)

秋の法話会がスタートです

a0204371_1053640.jpg
季節が変わってきたのが肌で感じられるようになりました。

ちょっとだけ透明になったような空気に
身体がホッとしています。

こんな時期は信ちゃんは鼻水とおともだちだけど、
元気にちょろちょろしています。



 さて、秋のお彼岸の法話会のご案内です。

               
               9月15日 (日)  13時半より 

               講師      阿部信幾 師 ( 群馬県 西福寺住職 )


阿部先生には昨年初めてご縁をいただきました。

優しい口調ととてもわかりやすいお取次ぎにはファンのお方も多く
ずっと先生の勉強会に通っておられる方もたくさんいらっしゃいます。



早めに来て本堂でお弁当を召し上がる方もいらっしゃいます。

「 私もそうしようかな 」 とお思いのかたは

お茶はご用意しております。
どうぞどうぞご遠慮なさらず早めにお出て
足を伸ばしてのんびりと召し上がってくださいませ。





そして、そして、上の写真を見てお気づきの方がいらしたらとっても嬉しい。

欄間に鳳凰が。 

そうなんです。 よう、やっと、欄間が入りました。

鳳凰が大きくてちょっとレトロな感じなのは、

実はこの欄間、北九州の西法寺の以前の本堂の欄間だったのです。

それをこの夏金箔を塗り替えて、

横浜の西法寺の本堂に合うように手を入れていただいたのです。

住職の祖父の代に、ご門徒の皆さまとお迎えになったものです。



出来上がった写真を送ると、

「 引き継いでいってくれ~~! 」 と義兄さんからメールが来ました。

目に見えないものまで一緒にいただいたような、

美しさとともに心強さも感じます。




ちょっとずつ、ちょっとずつ、歩いてきました。

全部じゃ~~~んと揃ったらさぞスッキリするだろう・・・・・

そんな風に夢見た時もありました。

でも、最近はこれでよかったんだ。 

そう思うようになりました。




ゆっくりと待つ。

機が熟す、縁に恵まれる。

そんな時や瞬間って訪れたりします。

人との廻りあわせなんかもそう。

「 ああ、出遇うようになってたんですねえ。 」

そんな会話もとっても増えました。

そして、上手くいかず、「今ではないのだ」と諦めることだってあります。



ちょっとずつ、ちょっとずつ、また歩いて行こうと思います。




                                          なんまんだ~~ぶ
by shinwoyorokobu73 | 2013-09-12 11:15 | Comments(0)

夏の終わりの休養

九州には1週間いたのですが、

最後の3日間はなんと40℃も熱が出てふらふら状態。


せっかく久しぶりの故郷なのになんてこったい!だったのです。


後半は実家の寺で夏の法要が勤まっている時でしたから
迷惑かけちゃ大変と、
解熱剤を持って行っていたのでそれで凌ぎました。


子供たちはおじちゃんやおばちゃん、

おじーちゃんおばーちゃんそして久しぶりのいとこ達とおもいっきり

楽しめたのでよかった^^v

a0204371_12242636.jpg


a0204371_12393525.jpg



写真は無いのですが

法要のご講師はわたしの独身時代もご存知な

武雄市若木町の信行寺のご住職でした。

大きな声とそこにいるみんなを巻き込む楽しいお人柄は相変わらず健在。



保育園の園長先生をなさりながら住職と布教のご講師と、

その大変さはよく想像できるだけに、

その上であの明るいお人柄には大変頭が下がります。

最近は年賀状だけのご挨拶でしたから、

久しぶりにお会いできてパワーをいただきました。ありがとうございました。



ああ、返す返すも写真が無いのが悔やまれる・・・・・

あちらに住む人に 「 水墨画みたいな景色やねえ~~。」

と言っても 「そうね」で終わったのだけれど。


本当に緑が濃くて濃くて強いのです。

夕立の後のぐうう~~っと地面から盛り上がってくるような遠くの山は

生き物のようできれいだった。




人は、

「おばちゃん」と呼んでいた人たちが「おばあちゃん」になった気がした。

「おばあちゃん」と呼んでいた人たちはもうほとんど姿がなく仏様になられていた。



何人かのおばちゃんとは「今度またいつ会うだろうね」と言葉をかわした。

M子おばちゃんとは初めて

おばちゃんが若いころよくコンサートに行っていた『さだまさし』の話をしたね。

若いころは「あんなカマキリみたいな男のどこがいいんだろ」と思ってたけど

最近は彼の歌で涙まで出るようになってきた。



母とは・・・・・また、ケンカした。  困ったもんだ。

私が思いっきり毒をはくのは母とうちの住職のようだ。



この夏も盛りだくさんの一か月でした。






そうそう、帰ってからの後日談です。

横浜に着いたら今度は体中に湿疹が出て、

手足がパンパンに腫れ上がってきました。

頭痛はひどく関節は痛く、車を運転して行くこともできず、

住職に運転してもらい病院へ。


病院へ着くとなにやらざわざわっと私の元へ看護婦さんたちが来て、

「 風疹の予防接種は?受けた。 じゃどこかへ旅行しましたか?九州?

  九州は山ですか海ですか? 山。  んん~~。どうぞこっちのお部屋へ。」


お医者さまは 「 最近九州に行った方でダニに刺されてこんな風に運ばれる方がいるんですよねえ。」

なんていう・・・・ (そんなことあるの?)

とりあえず血液検査をしましょう。ということになって、その間点滴を打ってもらいました。




その血液検査の結果、佐賀で飲んだ解熱剤の薬疹ということでした。

「 熱を無理に下げたって病気は良くなりませんからね。

  ゆっくり休むことですよ。はははっ。」

「はははっ」にムッときつつも原因が無理が祟ったとは・・・・とほほです。

それから3~4日は全身の関節や背骨が痛くて首も回せず手足は腫れあがり寝たきり・・・・

ようやく元気になったものの、

ああ、もう若くない。 と実感する夏のおわりです。

みなさまも、呉れ々々もお薬は気を付けて飲むか、ゆっくりと休養を。


                                             なもあみだぶつ


                                         
by shinwoyorokobu73 | 2013-09-08 13:42 | こんなこと | Comments(4)

今年の夏も

随分とお休みしてしまいました。

いろいろなことがあり過ぎて、
なかなかパソコンにゆっくり向かうことができませんでした。

今年の夏も、暑かった。

いつも『今までで一番』と思うのですが、
今回も本当に・・・体にもこたえました。


a0204371_17434098.jpg


九州にも久しぶりに帰りました。

全国のお寺で そうであるように、北九州の西法寺でも
1年365日毎朝6時半から、お朝事といってご門徒と一緒に本堂でお経をお勤めします。

横浜の西法寺ではまだ皆さんと一緒のお朝事はしていませんから、
朝からとても気持ちよくスタートできました。

写真はお勤めの後の一服のお茶のひと時。


「 私はこの夏からお朝事に参加させていただくようになりましたが、

  日頃は先生 先生と人から言われる職業で、

  なんだか今思うと鎧を着ていたような気がします。


  ここに参加させてもらってからは、

  なんだか母親の元に帰ったような、

  鎧を脱いで ほ~~っと安心して甘えられるような場所ができました。」


 
 そう言って恥ずかしそうに笑うご年配の女性がいらして、

 わたしの方がその言葉にハートを温めていただきました。



 お盆休みでお休みしている方が多いらしく、
 日頃は毎朝20人前後の方がいらっしゃると聞きました。
 
 みなさんの中に参加させていただいて、
 子供たちにとっても気持ちの良い朝の経験となりました。

a0204371_1821822.jpg


 義兄の撞く梵鐘の音を聞いて

 みなさん家路につかれます。


 朝から暑い日でしたが、

 みなさんの後ろ姿がとても清々しかったのが印象的でした。




北九州では折尾の妙法寺の安武先生もみんなで訪ねました。

昨年新築された庫裏が立派に完成されて美しかった。

ちょうど住職と若手僧侶時代お仲間だった兄弟がご家族お揃いでしたから、

なんだか同窓会のようでした。 

突然訪ねましたのに気持ちよくみなさんでお迎えくださってありがとうございました。



この後ハプニングでカメラの調子が悪くなり

佐賀での温泉や花火、青々とした山々を撮ることが出来ず残念でしたが、

久しぶりの九州の空気は変わりがなかったような

ちょっと変わってきたような

不思議な感じがしました。


このつづきはまた今度。



                                      なもあみだぶつ





  
by shinwoyorokobu73 | 2013-09-06 20:51 | 季節 | Comments(0)