<   2013年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

あしたはミニコンサート♡

     明日  3月30日 14時から西法寺本堂において

     シンガーソングライター 碧居(あおい) 震災復興支援ライブコンサート を行います。



         先日打ち合わせに見えた彼女は仙台ご出身のとっても東北美人。

         その上澄んだ美声だなんてうらやましい。

         あしたが楽しみです。


         この話があるまでは、お家の宗教は知らなかった彼女。

         よく調べたら富山県をルーツとした浄土真宗の家だったそうで「ご縁だあ~~」

         と盛り上がりました。

  
a0204371_2150067.jpg


         せっかくなのにまた私のばかちん。

         写真撮り忘れでお葉書をなんとかパチリです。


       
      まだ書きたいこと、書いとかないといけないことがいっぱいなんですが、

      明日またアップいたします。


                                  なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2013-03-29 21:56 | 行事 | Comments(0)

お彼岸法話会に思う。

昨日13時半より西法寺では
お彼岸法話会を行いました。


吹き飛ばされそうな風の中を
ようこそのお参りでございました。


a0204371_10941100.jpg


地域の情報誌やホームページをご覧になって

 「 初めてなんですけど、どうしたらいいんでしょう。」 とおっしゃる方。

 「 いつもご案内をいただきながら、お参りせずにすみませんでした。」 とおっしゃって初お参りのお方。

うれしいお彼岸法座となりました。


特に『初めて』とおっしゃってお一人でお出でになったジーパンにマスク姿の男性。
休憩時間や終わった後で
お名前やこの法話会をどうやってお知りになったのか等々お聞きしたかったのですが、
久しぶりにお会いする方が多くてあっちにバタバタこっちにバタバタしていて、
ゆっくり伺うことができなくて申し訳ありませんでした。
( 残念、残念・・・)


これに懲りずにまた是非是非お参りくださいませ。


a0204371_17264497.jpg


お彼岸恒例 『牡丹餅』 を、
今回は 「 初めてお参りしたいのですが。」 とお電話が結構ありましたから
ちょっと多いかな?と思いつつ50個作っていました。

おかげさまで全てみなさまのお腹の中へ。


a0204371_17325010.jpg



住職のこの度のご法話はいつもわたしはお聞かせにあずかっている内容でしたが、
いつもは台所やこどもに授乳中だったりしてしっかりと耳と心を傾けて聴いているとは言い難く・・・・
ちょっとでも座って聴くことができてありがたいひと時。



「 よく世界中のあちこちで発見されている原人は私たちの祖先じゃないそうですよ。
  彼らは進化の途中で滅びていったそうなんです。

  私たちの先祖たちはなぜ我々にいのちを繋ぐことが可能だったか?
  それは食べ物が無くなった時に奪いあわずに分け合うことを選んだからなんですねぇ。

  人間がチンパンジーと違うところ、それは予測することができるんです。
  相手の人間の立場を考えて行動することができる。

  生まれたらいつかはいのち終えますね。
  これも人間だから予測して生きている。
  
  我々はどこに向かって生きているのか。
  予測できるようになると心配になるねぇ。

  そのことをお経の中で言うてある。 

  それが・・・・・・・・・・・                     」



  

  ああ、この辺までしか聴けなかった・・・・・・。

  
  「 おまえが一番よくよく聴けよぉ~~~ 」

  と阿弥陀様から催促されている・・・・・・わたし・・・・・・。




  住職に改めておききしようと思います。



  

  法話会が終わって玄関でみなさんをお見送りする時に

  熱心なお同行の女性Tさんと会話をしました。

  「 深川和上がお亡くなりになられましたね。」

  さみしくなりました、と頷き合いました。




  『 お浄土に生まれさせてもらえるちゅうて

    さも自分は信心の人のように眉間にしわ寄せてお念仏するような者がおるが、

    それじゃあ「娑婆の皆さまお世話になりました」

    て言うて自分で息止めてお浄土に生まれようかなんて人はおらんじゃろ? 

    そんな奴なんだこのわたくしは。

    「 そんなお前こそを救うぞよ 」 の阿弥陀様のご法義や。 なまんだあ~~ぶ

      なまんだぶ なまんだぶ なまんだぶ・・・・・・・・ 』



 こんな和上さまのご法話を思い出して涙がでそう。



 『 お彼岸 』 わたしに向けられている無量のおはたらきが

 いろいろなお方の姿となっていただかれる有難い時間です。


 
 ある方はお譲さんのお姿となって。

 ある方はお母様のお姿で。

 ある方は息子さんのお姿となって。

 ある方はご主人のお姿となって。


 
                 なまんだあ~ぶ   なんまんだぶ  なまんだぶ なまんだぶ なまんだぶ


























  
by shinwoyorokobu73 | 2013-03-21 21:12 | 行事 | Comments(2)

娘の入院で、

ちょっとご無沙汰いたしました。
3女がアデノイド(耳と鼻と口の間?)の切除手術をして入院しました。

たいした手術ではないということでしたが、
明日入院という頃になってドキドキして眠れませんでした。


入院前はまず、部屋は個室にするか大部屋にするか、
まだ小さいので悩みましたが お友達もがんばっているのを見たら
涙もちょこっとですむかな? と大部屋にしました。

また個室にしたらずっと付き添いが必要なため
私たち夫婦だけではどうにもこうにも不可能だったのでした。

a0204371_06921.jpg


手術室にトモカを送り出すときは
彼女も右手右足が一緒に出るほど緊張していたので
涙が出そうなのは私でした。

1時間ほどで無事に終わって
ベッドに横になったまま出てきた真っ青な顔の彼女を見たら、
脳みそからす~~っと血の気が引きました。


よくご法話で人の命を蝋燭の火に譬えられますが、
「ああ、ほんとに命はゆらゆらと灯っているんだな」
と娘の血の気の無い顔を見てほお~っと大きく息を吐いたことでした。



夜帰り際、「 帰っちゃうの?・・・・ 」 と泣く顔が気になって
後ろ髪惹かれる思いで家路に着く数日間は当然寝不足。


一週間のなんと長かったことか。



彼女が帰って来て普段の賑やかな生活に戻りつつありますが、
じ~~んと心が温かくなってます。

ご飯も丁寧に作りたくなります。
掃除も丁寧にしたくなります。
庭の草が芽を出してても引っこ抜くことができません。
脱ぎっぱなしのトレーナーにも腹が立ちません。
鼻水をとってやるのもニコニコしてしまいます。
ぎゅ~~っとちび達を抱きしめたくなります。


元気でいてくれることってなんてありがたいんだろう。

                                             なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2013-03-16 12:23 | Comments(0)

成長のあと

この春は長女の卒業と入学が。

ということで 「 !! 卒業式と入学式が来る~~ 」
と先月気がついたのです。

早速、「 無理よね・・・ 」 と思いつつ次女の入学式だった
5年前に来たスーツを出すも 「 や、やっぱり・・・・ウエストが・・・無理だ・・・・ 」


やっぱり新調しないといけないのね・・・
着ものだったら大丈夫だけどシンちゃんのよだれや授乳のことを考えると、
やっぱり新調しないといけないよね・・・。


あんまり着ないものだから気がすすまないけれど、
前回(5年前)出遅れて3月も半ばに探しに出かけたらサイズは無いわ、
気にいるものは無いわで嫌~な買い物となったことを思い出した。


a0204371_1523645.jpg


地味だけど合わせるものでどうにでもなりそうな
こちらに決めました。


スカートはあまり穿かないからパンツスーツで、
と試着室に入るも 「 ふっ!・・・・ あ、あれ? ふっ!!・・・・・・・・ 」

なんとか入ってもあまりにも見苦しく、

外から店員さんの 「 いかがですか?」 の声に焦りまくって
「 や、やっぱりスカートにしようかな。」

平静を装いつつちょっとゆったりめなスカートに決定。


隣で同じく入学式か卒業式の服をさがしていらっしゃるスラリと美しい人を 「 いいなあ~ 」 と眺めつつ、
久しぶりに自分のために買った服を 「 よしよし❤ 」 と腕に抱えて帰って来たのでした。





子供達が順番にひとつずつ成長しているのは頼もしく嬉しいものですが、
わたしの成長は目を背けたくなるばかり・・・・・( 横へ横へ、下へ下へ )

そういえば実家の母は元気で明るく体型なんて気にしない!!
うう~ん、わたしもその線をねらっていくとするか。
( え?諦めが早すぎる?)


なんて言ってると娘が睨んでいます。
はい、もうちょっと頑張ってみます。



                                      なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2013-03-04 15:42 | 行事 | Comments(0)