<   2013年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

精進料理の週間

年末年始に続き、
親鸞聖人のご命日の御正忌法要が京都の本願寺でお勤めされる
1月9日から16日という期間というのはなんとなく落ち着かないものです。

ですから1月16日が過ぎるとちょっと気がゆるむ感じがします。

佐賀のわたしの実家では1月15日の夜は大逮夜と言い、
ご門徒の方々が本堂に何十人かお参りくださって
みんなでお正信偈をお勤めしておりました。

そこで、いつもしんしんと冷える本堂で佐賀んもんで口の重い父がいつも同じようなことをいうのです。

「 この1月15日には・・・・・・・・日本全国のご門徒が・・・・・・・・・・ こうやって
     宗祖親鸞聖人を偲んで・・・・・・・・・おられることと・・・・・・・・・・・・ 思います。      」


ボツリ、   ボツリ、      と話します。
が、 ご門徒のおばちゃんもおじちゃんも、毎年じっと聴き入って下さってました。

今思うと心を聴いてくださっていたのかな?と思います。


今の時代は心がゆっくりと立ち上がるのを待つ余裕がなくて
言葉だけがぺらぺら、ぺらぺら浮いているような感じがするので、
今更ですが口下手な父のあのお決まりの 『 間 』 はかえって嘘が無いように感じられます。

今年もあちらではみんなで昔から変わらない時を刻んだ事でしょう。
毎年とてもとても寒いけど、みんなでジンとあたたかい時間。


a0204371_12422845.jpg


そして、実家では9日から16日は精進料理でした。  

「子供はお腹がすくのでかわいそうだ」 と父が言うので
その私たちの料理にはちょっとだけお肉が入っていましたね。

写真は現在の我が家の精進レシピの一つ。
精進ピザです。
一つはトマトにアスパラスライスにバジルペーストにチーズ。
もう一つはコーンと薄揚げと小葱とチーズ。

子供達が小さいのでこんなメニューも入れないと、
私も父が言ったようにかわいそうかな、と。



毎年、この一週間は特に命を頂いていることを
しみじみ感じさせてもらう週間となっています。



                                         なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2013-01-23 14:41 | 行事 | Comments(0)

爆弾低気圧の昼下がり

朝9時半頃、雨がみぞれに変わってきたようだったので
「 今のうちに買い物をすませようかな。
  買い物に行って来る。」

住職に言うと

「 いや、もう止めておいた方がいいぞ。
  これから少し降りだしそうだし。」

「 ええ~~?そんな大袈裟な。 大丈夫よ、すぐ帰ってくるし。」

と思いましたがしぶしぶ従うことに。

a0204371_17154335.jpg


そう話している間に外はどんどん本降りの
雪、雪、雪が降り出したではありませんか!


1時間もすると大木がお辞儀をし始めるほど積もって来ました。

人の忠告には従っておくものですね。
あのまま行っていたら 「 車が動かせないの~~~ 」って泣いていたと思います。

a0204371_17173450.jpg


新成人の皆さんは大変な成人式だと思います。
親御さんもご心配だろう・・・



西法寺の動物たちは、
あまり経験のない大雪に興味津津。

a0204371_172998.jpg


「 部屋が冷えるから障子は開けないで!」
と言われてほんの少し開けて覗いています。



a0204371_2211866.jpg


と言っても見ているだけで我慢できない真ん中2人の『親分子分』
親分が外に出るや赤い頭巾の子分もついて行く。


びしょ濡れで帰るのはわかっています。
(熱~いお風呂を沸かしてるから好きなだけ暴れておいで。)

案の定2人ともびしょ濡れで帰って来ましたから、
お風呂へどっぼーんと直行です。



外は爆弾低気圧とぶっそうな呼び方でしたが、
こんな日は赤ちゃんはよく寝ますし訪ねて見える方もありません。

シンちゃんにおっぱい飲ませて寝かせていると
背中に頭から湯気を出してお風呂から上がってきたトモちゃんがくっついて来ました。
なんだか「 まあ、今日はいいか。」
眠くなって私もその後いっしょに寝てしまったようです。


昼寝をするなんてめったにありませんが、
先日の風邪からの胃腸炎でかかった先生から
「 寝不足は免疫力を落とすから、昼寝をしなさい。」
と言われていたので大義名分ができて本当にぐっすりと休むことが出来ました。


ああ、なんというしあわせな昼下がり。
(大変な思いをした方ごめんなさい。)                  なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2013-01-15 22:41 | Comments(4)

年をとろうが、若かろうが・・・

 「 そんなに薄着で来て、やっぱり若いよねぇ。
   私だったら即風邪ひくわ。
   風邪ひかないでね。」

 「 あ、そう言えば会社の先輩も胃腸風邪ひいて休んでました。
   気をつけます。」
   
 

 タウンニュースのヒロコちゃんが年始の挨拶に来てくれた1月7日、
 私は「 風邪ひかないでね 」なんて言って笑っていたのです。


 その晩、胃の辺りがチクリと痛んだような気がしたけれど、
 気のせい、気のせい、とその晩は早く休みました。


 それが大間違い。
 次の日 朝から吐く吐く吐く。
 
 これはなんなのだろう?
 風邪?  こんなに痛いんだもの、そんなものじゃないはず。
 何か大変な病になっていたらどうしよう?
 どうしよう、まだシンちゃんもトモちゃんも小さいのに私がこんなに早くいなくなったら・・・・・・

 
 なんていつものように大袈裟に妄想しましたが、
 やっぱり笑ったはずの胃腸風邪でした。

 先週のご法事のoさん、Yさんの皆さまには
 お茶をお出しするどころかご挨拶もできずに本当に申し訳ありませんでした。

 


 
a0204371_16225217.jpg


 今日はやっと本調子に戻ったところ、電話が。
 
 「 元旦会にはお参りできませんでしたから、
   ご挨拶にうかがってもいいですか?」

  ご門徒のNさんからでした。

 「 どうぞどうぞ~~。よかった~~、今日は私もばっちり元気ですから。」

  

  写真の椅子に座って数十分。
  仏様とお話しなさっていました。



  その後二人でお茶を飲みましたが
  子供さんも近しい親戚もいらっしゃらない彼女は、
  80才を超えて年をとるごとにいよいよ寂しいとおっしゃいます。

  「 子供がいればよかった~~。
    結局みなさんがなさった子育ての苦労を私は知らずに生きてきましたものね。
    今、そのツケがきてるんでしょうねえ。 年をとって一人で生きとくのって大変ですよ。
    主人も亡くなって体は言う事きかなくなるし、さみしいし、 何も自分だけじゃできないし。」

  「 まあ~~!それじゃお寺の側に越してらっしゃい。
    そしたら毎日私の愚痴でも聞いてもらお!」

   だらだらと、とりとめもない話をし、 
   帰りにはタクシーが来るまで二人で腕を組んで階段を降りて待ちながら
   
   「 この階段も手すりが欲しいわよねえ。」
   
   「 でも、手すりがあったら腕なんか組めないもんねぇ。」
   
   また笑いながら彼女はふらつく足取りでタクシーに乗って帰っていきました。


   その後ろ姿を見送りながら私の妄想がふくらむのであります。
   
   お寺の側に宿坊?かなあ?そんなところができないものか・・・・・・
   むかしむかしはいろんな方がお寺に寝泊まりしたり、
   近くに移り住まれたりがあったようです。
   寝たり起きたり食べたりしゃべったり、
   考えたり、泣いたり笑ったり安心してできるところ。
   
   今できないものかなあ・・・・・・


   だって、人間年をとろうが 若かろうが 子が居ようが居るまいが

   独りと思えばさみしいし、見通しが悪ければ不安になるし、病を得たら辛くなるもの。


   「 お寺にお出でなさい。」

   佐賀に居たころはもっと人と人との距離が近くて、
   こんなこと考えなかったんだけど。
   
   「 一緒に年をとっていきましょうよ。だいじょうぶ。だいじょうぶ。 」 

   こんな声もかけたくなる。

   私もさみしさを感じているんだろうか?




   そう、1月9日から京都の本願寺では親鸞聖人の御正忌の法要がお勤めされています。
   
   

   750年以上前に生きておられたこの方も、
   人と生まれたさみしさや、不安を真剣に受けとめ、
   その解決をもとめてくださった方でありました。

   
   今年もこの方の指してくださった光の方へ。


                                         なもあみだぶつ

                                   

   



   

   
   
   

   


   
   
   
  

  


 
by shinwoyorokobu73 | 2013-01-13 21:59 | Comments(6)

おじちゃんとおばちゃんに

ストーブの上のやかんがしゅんしゅん湯気を出す音が聞こえます。

年始の落ち着かなさもひと段落して、
「 あ、やかんは磨いてなかったなあ、あらまあその下のストーブも。 」 と今頃気づく始末です。
a0204371_12374946.jpg


亡くなった祖父は大変私のことをかわいがってくれましたが、
「 お前は詰めが甘い。」 とよく言われました。
子育てとお寺のこと、家庭のやりくり。
やっぱり今も「詰め」どころか、要領の悪さと言ったら耳元で祖父のため息が聞こえそうです。



この度は
年末にも新しい年になってからも、
何故かいろいろな方が初めて訪ねて見えました。



特にクリスマスの翌日、
真っ白いくるくる巻き毛のおじいさんが掲示版の前をうろうろなさっていました。
(昨日はクリスマスで世間は賑やかだったけど・・・・まさかお寺にサンタさん?・・・・・)

あんまり行ったり来たりなさるので、
「 あの~、ここに何かご用ですか?」と声をかけてみました。

「 はい!!私は・・・・・・・・・・・・・・・」

本堂にお入りいただいてお話を伺うと、
故郷に住んでいた99歳になったお母様が昨年亡くなって
法事や手を合わせる所はどうしようかと悩んでいたところ、
その日偶然近くを通りかかって西法寺の看板を目にしたのだと。

最初涙目で話されていたのが 
「 そうでしたか、よかったよかった見つけてくださって 」
と言いましたら、 ぽろぽろ ぽろぽろ 泣かれます。

「 私、77歳になります。恥ずかしながらこの年まで仏の道も全く知らず、
  これは仏の(亡くなった母の)導きと思います。どうぞ宜しくお願いいたします。」

涙も鼻水も一緒に流しながらそう言われました。

一通り出身地やご自分のしていた仕事の事などを話した後、

「 ああよかった、よかったぁ、最後に行くところが決まってよかったぁ。 
  今日から安心して休むことができます。」

と言って寒風の中嬉しそうに帰って行かれました。





私たちは一年中休みらしいお休みは無いのですが、
こんな出会いやご縁があるので休めません。

サンタさんみたいなおじいさんも嬉しそうでしたけど、
私も嬉しいのです。








むかし、初めてのお見合いの席で、

住職は自分が結婚して生活するイメージとは 

「 八百屋さんのおじちゃんおばちゃんとか~、魚屋のおじちゃんやおばちゃんとか、

  あんな感じだな。」

と私に向かって言いました。


その時は 「 ???・・・・・・ 」 私はイメージできなかったのですが  今はわかります。



20年たった今休みらしい休みは無く、

キラキラするものもこれといって身につけることも無いけれど、

いつも元気に訪れてくださった方を迎え、笑い、時には共に泣き、

「 ああ、あの時住職がいっていたおじちゃんとおばちゃんに  今なっているなぁ。 」

そんなことを思う年末年始でありました。




                                なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2013-01-07 17:18 | Comments(4)

今年も、

1月1日は元旦会(がんたんえ)をお勤めするようにしています。

一年の始めの日に阿弥陀様の前で、
皆さんと一緒に声を出してお経を読み、
にっこり笑って 「 あけましておめでとうございます。」 と
お声を交わしてお茶を飲み、
近況をお聞きする。

楽しみな一年のスタートの日です。

a0204371_5191425.jpg


みなさん、大晦日は遅くにお休みの方も多くいらっしゃるだろうに、
朝からお寺にお参りするおつもりで過ごされたんでしょう。

ありがたいお姿だなあ、
いつも後ろから拝ませていただいています。


a0204371_5322515.jpg


うちの住職3度の飯より、芋焼酎より、仏様のお話が好き。
こんな顔して嬉しそうにご法話。
初めてお母様とお参りなさったMさんのお譲さん・独身・が
 「法話会っていつも何日にあってるんですか?こんな法話なら私も聴きに来たいです。」
 って仰ってましたよって夕飯の時に言ったら、「焼酎が一層うまい!!」だそうです。)




ご法話の後が昨日は長かった方もいらっしゃって、
お年賀に持ってきてくださったお菓子も仏様からお下がりで頂いて、
お茶飲んでは、しゃべり、お菓子食べては、しゃべり。

お子さん達やご親戚までいっしょにお参りで、
初めてお会いした方もいらして、
わたしは一度では名前とお顔が一致しませんので、
また近いうちにお会いできましたらバッチリ憶えることができるんではないかと思いますので、
是非是非また遊びにいらしてくださいませ。


「いつかゆっくりお会いできる日が来ないかなあ」
と思っていた Iさんママ、R子ちゃん母子。(お父さんはお仕事、大変ですね)
R子ちゃんのお姉ちゃんの7回忌が過ぎたんですねえ。
うちの子達とお年が近いから、
悲しい思いをされるんじゃなかろうか・・・・・(お姉ちゃんを娘さんを思い出して・・・)
いつも、いつも、そう思いながらお寺のご案内をしてきましたが、
今回久しぶりに揃ってお参りして下さって嬉しかった。


皆さま、ようこそのお参りでございました。


夕方、寒くなってから 「 どうしても元旦会に間にあわなくて・・・」
とたずねて下さった皆さまも、
ようこそ、ようこそ。


そして、このブログを読んで下さっている皆さまも ようこそ、ようこそ。



今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

                                       
                                         なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2013-01-02 05:58 | 行事 | Comments(0)