<   2012年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

大きくなってる?

先日の報恩講でも昨日のお客さまからも
「 シンちゃん大きくなりましたねえ。 」 って言っていただきます。

???私はいつも鼻がくっつく距離で見ているのでよくわかりません。
上の子達といると上の子達も大きくなっているので、またよくわかりません。

でも、でもとっても速くなりました。
( 呼んだってまだ返事してくれないので見失うと焦ります。)

a0204371_1233661.jpg


お掃除ロボット 『ルンバ』 のように クルクル クルクル すい~~~っと。

( ああ!ああ!まだ掃除機かけてないのに・・・・埃が~~! ) 


また、ある時は

a0204371_128297.jpg


お姉ちゃんと組んでたたんだ洗濯物もこのとおり、

a0204371_1211158.jpg


もう、いいかげんにして!!

a0204371_12145923.jpg



だが、 我が家の台風の目、いや、暴走babyにも弱点が。



a0204371_1217051.jpg



ああ・・・・・疲れる。                     なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2012-11-29 12:19 | Comments(0)

蔭を知る

最近は続けて更新することはなくなっていますが、きょうは珍しく。


私が細々と続けてきたのが「書」であります。

a0204371_15444440.jpg


小学校の頃は毎日書道教室に通い、週休は2日。
好きこそものの・・・と言いますが毎日よく書き続けたものだ、
とずっと思っていたのですが、
子育てが始まってみると 書き続けた私よりも
送り迎えを毎日毎日繰り返してくれた母の方がどれだけ大変だったことか・・・・・。

大会前というと2~3時間では終わらないので、
車の中で数時間ほどまたせたことも数知れず・・・・・・。
今時分の寒い中を車のエンジンを切って腕を組んで運転席で眼をつぶって待っていてくれたことも・・・・

お蔭さまで夕飯前に子供達の塾で暗い中待たされても
昔の母の姿を思い出しては心を落ち着かせます。

    

a0204371_15562895.jpg

この番組がきょう9時30分から、明日朝10時15分再放送されます。

何を隠そう私はこの柿沼康二さんの作品の大ファン。
自分流にドップリ走る最近の書道家の若手の中で、
古典をしっかり学ばれた厚みのある実力と、艶、はかなさ、かわいさ、色気、品のある作品が好き。

先週この番組で広島 津和野の筆職人さんが紹介されました。
何十本何百本と使い潰してきましたが、
胸が暑くなりました。

何事も蔭を知ったら もったいなくありがたくなります。

そして筆を作っている方々は、
素敵なことにふくふくとしていらして満ち足りたお顔をしておられました。


上の2本の筆は数年前に津和野ご出身のご門徒さんから
「 字を書かれるようなので 」といただいたものです。


先週の番組を見た後にやっと下ろして掲示版の文字をかいてみました。
筆に追いつく実力はまだまだ・・・・・・


まだまだと歩いていくのもまた、ありがたいなあと思います。
ご興味がおありの方はご覧になってくださいね。


                                        なもあみだぶつ




















 
by shinwoyorokobu73 | 2012-11-26 17:23 | Comments(0)

ようこそ、ようこそ  報恩講

昨日は寒くなってきていましたが、
今年さいごの法話会にようこそのお参りでございました。

一昨日くらいからあまりにも寒くなってきたので、
親鸞さまがお好きだったと聞く「小豆」であったかいぜんざいでも準備して、と思いました。

a0204371_1135148.jpg


ちょうど1時くらいから本堂はポカポカと暖かくなってきて ホッ。

この度はいつもに増して男性の方々のお参りが多くて、

「 ぜんざいじゃなくて、おでんに熱燗でいきたいところかな?」と
心の中で思いつつ男性のみなさまにも甘いものにお付き合いいただきました。


a0204371_11364897.jpg


一番乗りにこの坂をふっふっと登ってきてくださった男性。
リュックを背負っておられますが、見覚えのない方です。

    にこにこして 「 坊守さんですか? Kです。 」

    わたし 「 ・・・・・・・・・! ああ! o o にお住まいの? まあまあ、遠い所をようこそ、ようこそ。」


身体を悪くして都内の老人施設にお住まいをかえられたと聞いて何年が経ったでしょうか?
お元気になられたそうで初めてお参りなさいました。
新しいお住まいのくらし心地も、ようやく慣れて上々だそうです。
ですから、わたしとも初対面です。

お年をお聞きすると79歳になられたそう。
赤い頬をして嬉しそうにお話しなさる姿を見ているとなんだか私まで元気をいただきました。

ようこそ ようこそ。




ご法話のあと質問タイムは予想していたように長くなり、
3時半には終了予定が4時半過ぎてしまいました。 


お帰りがつるべ落としの夕暮れ時となり、急ぎ足となられたことでしょう。

これからは午前中からのんびりと、そしてお昼はお斎(とき)を準備して、
なんてこともぼちぼちできるようにしたいなあ、と思います。


今年もお陰さまでよいご縁をいただきました。
ありがとうございました。

                                       なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2012-11-25 12:08 | Comments(0)

報恩講法座によせて

今週土曜日、24日は13時30分より法話会です。

いつものように一週間前にお届けした『西法寺だより』、
もう少し早く出すようにこれからも頑張ります!


a0204371_11122590.jpg



お知らせいたしましたように
今月は西法寺住職がご法話をいたします。

楽しみですねえ。




a0204371_1150543.jpg


 今年の2月に「法話を10倍楽しく聴くための法座」をいたしました。
これは、法話を聴くための基礎知識、 

つまり 「 人間とは何か 」 、その人間に「 仏教は何を説こうとしているのか(目的) 」 
「 仏教の中の浄土真宗の教え、他力・信心 等 」 のお話をさせていただきました。

 このお話をさせて頂いた後、質問を受け付けた所、多くの質問がありました。その中で、
後日改めてその質問に応える法座を開催したほうが良いと思った質問が2点ありました。
この度は、この質問に沿ったお話をさせて頂きたく存じます。

 まず一つが
「 他力の信心とは、自分が信じるのではない(他力なので)と言うが、
  信じないようにするのも自力のようでもあるし、 どうしたらいいのですか? 」

という質問でした。

 これは、阿弥陀様の四十八の願いの中の、第十八願のお話になります。 
ここの所は、勘違いされる方が多い(僧侶の中でも勘違いされている方がいます)問題なので、
詳しくお話しさせて頂きます。 ことに 「 信心 」 は浄土真宗にとって一番大事な所なので、
是非ここの所は間違いなくご理解頂いて欲しいと願っています。


 もう一つの質問は
「 浄土に往生するということを浄土真宗では言われます。
  でも、死んだ先の徳はよくわかりましたが、
  今生きている方に対する徳 (何か良いこと) は説かれていないのですか? 」

という質問でした。

 これは、阿弥陀様の四十八願の、第十一願と第二十二願の内容、 特に第二十二願の内容のお話になります。
 
 他力の信心を得た後の徳 (利益)、 つまり信心を得た後の生活がどのように変わるのかということです。
もっと具体的な例を一つ上げますと、大切な人を亡くしたご経験を皆様お持ちのことと思いますが、
そのことが信心を得た人にとって、どのように変わっていくのかということです。
親鸞上人は 「 悪を転じて徳をなす正智 」 と表現しておられますように、
ただ苦しくて悲しいだけの出来事が、 それがそのまま徳と転ぜられていくこととなる。
 「 その様な力がお念仏にはある 」 と仰っておられることをお話しさせて頂きます。

 二つとも、非常に大事な所ですので、是非有縁の方をお誘いの上、
お参り頂きますようにお願い申し上げます。





  ~~~~~~ 住職による 『 西法寺だより 』 より 抜粋 ~~~~~~~
by shinwoyorokobu73 | 2012-11-21 12:40 | 行事 | Comments(0)

なんということでしょう!

トモカが生まれて4年。
今年は出産も有り、
庭仕事をほとんどさぼり、
部屋の整頓もままならず、
家族が増えて家財道具や衣類も激増し・・・・・

そう、あの部屋にはちょっと置いておく、
と思いつつ数年経ったものも有り・・・・・

見たくない部屋と化していたのでした。

a0204371_220022.jpg



それが、     なんということでしょう!

掃除上手な女性が見たら気絶しそうな絵かもしれませんが、
足の踏み場ができました!! ( 右側の物は全部処分するもの )


雑誌のタイトルにも『ゴチャゴチャ暮らし脱出法』なんてよくある所を見ると
私のように物の整理と子育てが要領よくいかない方も多いのかなあと思います。
ここ数年は 「 仕方が無い いつかやる。 」 とできないことに頭を使う事を辞めていました。


ようやっと、
最近少しずつ手をつけていこうかと、
重いお尻が、いや、腰が上がってきつつあります。
気持ちがいい。
ゆっくりやっていこうと思います。





a0204371_22213528.jpg


まだ実が成り続けているトマトちゃんもこれが最後かな?
煮込んで何か作れるかな?



a0204371_22243339.jpg


台所で切れっ端から芽が出ていたさつまいもを
土に埋めていたら葉っぱがだんだん伸びてきました。
葉っぱもおいしそう。
(タハッ食べることばかり。)



そうそう、今日の夜はトモカの好きなお芋のご飯に決まりです!

a0204371_22462217.jpg



やっぱり食べることばかり・・・・・・・・なんまんだぶ
by shinwoyorokobu73 | 2012-11-15 22:48 | Comments(0)

おかげさまで終了

雨模様の11日の日曜日、
お手伝いに来て頂いた皆様のおかげで本堂のお仏具がまたぴかぴかになりました。

a0204371_13533111.jpg

11月といえば浄土真宗では報恩講の季節。
大事なご法要の前にきれいになって、
気持ちも晴れやかになりました。

ありがとうございました。



a0204371_165227.jpg

今回初めて「 磨き粉 」 ではなくて 「 液体 」 もあるということで、少し使ってみました。

シュシュッと降りかけて水で洗い流すだけ・・・
一瞬できれいになるんです。
きっと一人ですぐきれいにできちゃいます。

・・・でもなんだか嬉しくない。
住職が 「 やった感 がないんだよねえ。 」 って言ってました。


いつも、歯ブラシや爪楊枝や晒し布やタオルを使い、
みんなでふうふう、ふうふう、言いながら おしゃべりしながら磨きます。
身体もぽかぽかして終わった時には気持ちもすっきり気持ちいいものです。


やっぱり、うちは来年も「磨き粉」の方にいたしましょう。


a0204371_17604.jpg



今年の報恩講は

11月24日(土) 13時30分~  講師は 西法寺住職が勤めます。

2月に 『 ご法話を10倍楽しく聴くための法座 』 であったご質問にも応えた内容らしいです。

住職の話はとにかくわかりやすく、大切なことははずしません。

(子供たちからは「いつもはケンカするくせに・・・」と言われますが・・・。
 ここだけはケチがつけられない。)

その時に浮かんできた疑問もぶつけてみてください。
眼から鱗、心すっきりなることと思います。

楽しみにお待ちしております。

                                          なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2012-11-13 17:31 | 行事 | Comments(2)

築地本願寺が美しく。

  青空のきれいな11月10日(土)。
  
  築地本願寺が改修の為かねてより工事がなされていたのですが、
  その工事もようやく終り、華やかにお祝いの法要が行われました。

a0204371_11542040.jpg


  築地本願寺の屋根からは華琶(けは)が降り、
  青い空とあいまって、なんとも美しい。

  下ではたくさんの子供達が 「 キャア~~、キャア~~!!」 
  って何がそんなに嬉しいのかと思うほど
  この赤、青、黄、白、色とりどりの花びらを追いかけて、
  見ているこちらも楽しくなります。
 





a0204371_13211684.jpg
 

  お稚児さん達と銀座和光前あたりからおねり。
  我が家からは2人が出ました。
  私と長女は付き添いで一緒に歩きました。
  銀座の道路を歩くなんてあまりないこと、良い記念です。






a0204371_1329121.jpg


  シンちゃんが生まれて初めての家族写真。






a0204371_13335467.jpg
a0204371_13344941.jpg


  全国からゆるキャラ達も大集合してました。
  
  控室近くでお茶を飲んでいたら、
  次々に出てきたゆるキャラにトモちゃん大興奮。






a0204371_13405037.jpg

  久しぶりに築地本願寺の中をゆっくりめぐりました。
  中庭の木も色づいています。
  長女は版画の構図に使いたいとパチリ。




  肝心のきれいになったご本堂の様子は、
  お参りの方が多くて撮ることができませんでした。
  落ち着いた金箔の美しいこと。
  ますます法要も厳かさが増した感じがします。
  


  また、改めてゆっくりとお参りしたいと思います。


                                  なもあみだぶつ
  
by shinwoyorokobu73 | 2012-11-12 13:50 | 行事 | Comments(2)

秋の夜長に。

                  次女がなんとか回復して退院してきました。
                       
                      ちょっと痩せたような感じ。

                   一人家族がいないとさみしいものです。
                    いつもケンカばっかりの妹トモカも、
             車が止まるや否やお姉ちゃんめがけて家から飛び出して
             わんわん泣きだしたのでよっぽどさみしかったのでしょう。


               今日は朝からそんな我が家にうれしい贈り物が。

a0204371_3281030.jpg


                        そして、サインまで。

a0204371_3294098.jpg



                       ご門徒のKさんご夫妻が
           八ヶ岳にある黒井健さんの絵本ハウスに行ってこられたのです。

      以前挿絵がこの方の『ごんぎつね』と『てぶくろをかいに』を頂いていたのですが、
          今回それに「サインを貰ってきてあげる」と言ってくださったのです。

                
  
                 退院してまだ青い顔のチオンが眼を輝かせて、

            「 うわ~~!!すっご~~い!なんでサインとか貰えるの?」

                と喜ぶ顔をKさん夫妻に見せたかったくらいです。


                        ありがとうございました。



 
                 黒井健さんというと ~十年前私が中学生の頃、
      ミシシッピー川と空に浮かぶ雲を描いてらしたのが印象的だったのを思い出します。

       でも、今回頂いた『つなみ』の挿絵を描かれているのはちょっと意外な感じがして
                        ついつい読んじゃいました。


              『つなみ』を書いたのはあの『大地』を書いたパールバック。
                        ( 女性だったんだ )

            昔のアメリカ人女性が日本の津波を題材に書いているのですが、

                   驚くことに『日本人』を書いているのです。

             今の日本人の多くが忘れてしまったような『日本人』なんです!



                     大人ならすぐ読めてしまいます。

                   秋の夜長に是非、是非、お読みください。



           私はこの小説で何故か井上靖の『しろばんば』を思い出しました。

               やっぱりあれも日本人の温かさと優しさを思います。

                      久しぶりに読んでみようかな。




                      もうじき贈り物の季節ですね。

                    私もKさん夫妻を見習わなくては。



                           なんまんだぶ                  
by shinwoyorokobu73 | 2012-11-07 04:09 | 季節 | Comments(0)

疲れもふっとぶ

                 木枯らし1号が吹くとか吹かないとか
              突然冬になってしまったようなここ数日です。

         昼間は日当たりさえ良ければまだポカポカと暖かいのですが、
             夕方にもなるとコートかマフラーが欲しくなります。
               
        保育園や小学校ではマイコプラズマ細菌による肺炎が大流行中。
             この連休で少し治まってくれたらいいのですが・・・

            
             
               
          毎年掲示版の下に彼岸花が顔を出して花を咲かせます。
  「 花も終わったし、そろそろ枯れた花のあとを茎からポキッと折ってきれいにするかな 」
        
                   ポキッ、ポキッと折っていたら、
       小さな蕗のとうみたいなきれいな緑色の芽が葉の間から出ています。

                       「 何の芽だろ?」

         触ろうとしたら・・・・・芽が、 いや、 眼が、ギロッと睨んできた。

                       ひ~~~~~っ!


a0204371_1313296.jpg



          写真では伝わりませんがとってもきれいなんです。  この子。

                    ( 目つきは悪いけど・・・ )

                  発見してから1週間、 動きません。

         西法寺入口の掲示版、南向きの斜面でぽかぽか日当たり良好。
           冬眠前の日向ぼっこが気持ちよすぎたのかもしれません。


           

            次女がマイコプラズマ肺炎にかかりちょっと入院しました。
                     まもなく退院できそうです。

         家の中のぽかぽかポイントに休ませて元気になってもらわないと。

 
a0204371_10422986.jpg



                       「 えっ!! 」

         長女が生クリーム添えて 「どうぞ」 とごちそうしてくれました。

                      こんなこと初めて。

                     ありがとうございます。

                        ごちそうさま

                      お疲れ気味な母も

                      元気百倍だあ~~!


 

         いつのまにか、子供も親をよくみつめるようになるんですねえ。

                   女の子の成長は早いです。


             
     ほほっ、 もう騙せないかな? これからは、私が彼女たちに助けられそうだ。




                       なもあみだぶつ

                   

              


         

             
      
         
by shinwoyorokobu73 | 2012-11-05 11:22 | Comments(0)