<   2012年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

なくもんか


                   言った先から

                 3女風邪で39度の熱。

              前回書いたヨーグルトは一歩遅く・・・

              幸いインフルエンザではないのですが

          薬は飲むも熱が下がらず昨日の夜から耳が痛いと言いだすし。
      
                 (熱のせいで中耳炎です)

                都筑の夜間救急病院に行くと、

      目の下にくまのできたような親にだっこされた子供たちがたくさん来ています。

                わたしも眼の下くまのお母さん。

                 冬は辛い季節ですよねえ。



              こどもは普段たくさんの笑顔をくれますが、

              病気で鳴く子供を看病するのはいつもつらい。

        自分が熱が出てうんうん言っている方がどれだけ楽だろうと思います。


         
             げげげの女房で主題歌歌った「いきものがかり」の

                『なくもんか』って曲ではないですが

         「 涙の数だけ 笑顔があるんだ そう わかってはいるけど~~」


         
                眠くて辛くてかわいそうで・・・・・・

                 でも、みなさんそうですからね。

                    なくもんか!  (奈)

a0204371_12595666.jpg


                3人むすめが大好きなこのお芋。

                     残り一個なので

              お姉ちゃん達が帰ってくる前に3女食べなさい。

                 吐くほど嫌いな耳鼻科で頑張ったから

                     きょうはご褒美。


               
               お子さんのいらっしゃる方もそうでない方も

              どうぞ どうぞ 体調にはお気をつけください。



                      なんまんだぶ














    


                
by shinwoyorokobu73 | 2012-01-30 13:07 | Comments(0)

インフルエンザに効く?


                    佐賀県有田町は
           日本一インフルエンザ患者が少ないという某TVでの話。

           Rー1乳酸菌というヨーグルトを地元の医師も推奨して
               みなさん食していらっしゃるからという。


            へ~~~「人口が少なくて」とかじゃないんだ。
               (わたしはそう言われていました)
                
                そういえば、お隣の嬉野市では

            老人福祉施設でもよくヨーグルトを取られていて

           お年寄りのお肌がぴかぴかと聞いたことがあります。

            Rー1乳酸菌ってどこのスーパーにもあるかしら?

             また売り切れ続出ってなっていませんように。

      
a0204371_1721972.jpg


               ビバホーム(ホームセンター)で昨年暮れに

                14ℓの大きめブリキバケツをみつけて、
                    「これこれこのサイズ」
                    と買っていたこのバケツ。

                 『左官用』と書いてありましたけど

                 大きくなった子供達にはちょうど良く、

                 寒くなったこのところ足湯に大活躍です。
         (お湯の中にはお風呂用のトウガラシやウコン入りの生薬が入っています。)


                  一人がかかるとローテーションで
               みんなが大変なことになるので予防は真剣です。


                  ヨーグルトも是非挑戦してみよう!

                インフルエンザ警報があちこちででています。

                   みなさまもお気をつけください。

                     
                       なんまんだぶ

                

                  

               
           

                  
    







           








               
              
by shinwoyorokobu73 | 2012-01-27 17:52 | Comments(0)

リアルタイムではございませんが

    
   
a0204371_13371892.jpg


                   初積雪です。

                   前日の夜、
            
              わっさわっさと灰色の空から降ってくる
                 大量の綿菓子みたいな雪に
          
              もっと積もるのでは?と思っていました。

          
            でも、前日のみぞれが凍って地面はカチコチです。

                 6時台に路線バスが通ると

                 しゃんしゃん しゃんしゃん 

               とタイヤのチェーンの音が聞こえます。


   
             頭の傷がまだ心配で娘を学校に送っていきました。

           と、下駄箱のあたりでうろうろと挙動不審の男の子が・・・

                  けっこう大きい、高学年?

                わたし 「どうしたの?」

                男の子 「・・・ランドセル忘れた・・・」
            
                わたし 「ええ~~!忘れたの、ランドセル?
                     ってことは教科書とか鉛筆とか全部?」

                男の子 「・・・とりに帰る。」

                わたし 「ちょちょっと待って、今から一人で帰ったら
                     あぶないよ!
        
                     でも、君すごいね~!
                     登校する時気持ちよかったやろう?
                     おばちゃんも一回でいいからランドセル無しで
                     学校に来てみたかったよ~!」
 
          
                  どんよりなこの男の子をよそに、

                     こちらはゆかい。

                職員室について行ってこの未来の大物を

            怒られないように副校長先生に引き渡して帰ったのでした。



                   雪の日はこの子のように

                 なんだか全部忘れさせるような、

                 とくべつな気分にさせられます。


            


           


                   

                   

                                 


                     

          

















     

          
by shinwoyorokobu73 | 2012-01-26 15:53 | Comments(2)

さ、寒いです。

 
        
                  みぞれのような雪で
                  きのうから寒いです。       

              親鸞聖人の御命日、御正忌の頃には
               いつもしんしんと冷えてきます。

                16日は750回忌の御命日で
          京都の本願寺では御正当(ごしょうとう)の御満座でした。

              西法寺住職も出勤させていただきました。

                  ありがたいご縁でした。

                  わたしは留守番ですので、
            「インターネット中継でお参りさせていただこう」 
              住職もみえるかしら と思ったのですが
      パソコンの機嫌が悪く残念ながらリアルタイムで見ることはできませんでした。

   
                 でもでも ありがたいことに
         組内の善然寺さんの坊守さんのブログでうちの住職の姿を発見!
          (やっぱり 一番見えやすい所なのによそ見してる・・・)
       お時間のある方は「善然寺よもやまばなし」で探してみてくださいませ。

            坊守さんのおかげで晴れ姿を見ることが出来ました!!
                  ありがとうございました。

a0204371_13144950.jpg


                ↑ は住職によるお土産の一部です。
        
           祝儀袋は上記坊守さんのブログで本願寺に売ってあると知り、
                 「買って来てくださいね~~」
                   と 頼んでいたもの。

          確かに、右上にちょこんとのし紙のついていない祝儀袋って
         鳩居堂さんにも伊東屋さんにも「おいてません」といわれました。

                   その上の竹を編んだ皿は
          いつもお箸をもとめる竹細工屋さんで掘り出したものらしく
          「今 竹の店に来とっての、皿は20枚では たらんかの~?」
              って電話しながら買って来てくれたものです。
                
                「お代は大丈夫なんだろうか?」
            の心配は無用だったようで 1枚54円の買い物上手。
           みなさんに おにぎり乗せても、焼き芋乗せてもよさそう。


                   左のおさるの写真の本は
            
                お正月に、NHKで京都大学で研究中の
               サルと人間の進化を追う番組がありました。
                  姪っ子と住職が話していたら、
          「信也おじちゃん、京都大学やったら中に博物館があるよ。
                        なにかおもしろいもの見られるかもよ。」

                   そこで今回行ってきた模様。
         
                おもしろいおもしろい と 読んでいます。

          
                 一泊二日のスケジュールのなかで
           
          750回忌大遠忌法要の御正当御満座に出勤のご縁にもあわせていただき、
                    本願寺の職員の方々や、
          福岡は東筑組のご住職方と食事もし(一杯もはいっているでしょう)、
                      大学探検もし、

               もりもりだくさんな有難い旅だったようです。
                    
                いつかわたしも連れてってくださいね❤

                           なんまんだぶ
               
          
            
             

                 

                 
                     
          

                 

          








       
         






               
               

   









                            
by shinwoyorokobu73 | 2012-01-22 10:18 | Comments(0)

どんと焼き


                 きのう どんと焼きがありました。

   
a0204371_16593845.jpg


                   佐賀のわたしの実家辺りは
                こんなに大々的にはなかった気がします。

         青葉区の中でもこんなに伝統行事に力を注ぐ地域は少ないかもしれません。

              西法寺から見下ろせる畑でいつも行われます。
       
                   お正月に書いた書き初めやら
       しめ縄飾り、だるまなど、この火で焼いてお正月がこれで終わる感じでしょうか。

                       そして、
            子供達は紅白のお団子を桑の木や樫の木の枝に刺してきて
                  この火で焼いて食べるのです。

      
                    お隣の自治会長さんが
                 私達がここに西法寺を構えてから毎年
             この日の前日に樫の木のりっぱな枝を裏山から切って
                 こどもたちに持ってきてくださいます。

             近くの曹洞宗のお寺のお世話をなさっておられるので
         お寺を大切にしてくださってわたしたちも有難くお世話になっています。

                  車で来ていない方には寒い夕方には
                身に沁みるお酒がく~~っと一杯ふるまわれ、

               こどもたちには地区の父兄からお菓子が配られ、
                     
                     老いも若きもともどもに
                    年に一度の大きな炎を囲んで
                「今年もつつがなく健やかであったらいいねえ」
                   と御挨拶のような会であります。

             
                 ふだんはむすっと見えるあの方この方も
                  ここではほろ酔い気分でごあいさつ。
                 
             ゆる~~い感じでつながるのもほかほかといいものだなあ。

                    そう感じるようになりました。

 
                        なもあみだぶつ
             


              









          

           
by shinwoyorokobu73 | 2012-01-16 05:44 | Comments(0)

やっと スタート

            
                 京都本願寺では
         親鸞聖人750回忌大法要の御正当がお勤まりです。

              住職も出勤させて頂きますので、
                  袴を繕ったり。

                  針を持つと、
      
       「 あ、虫に穴を開けられた住職のセーターあれも直しとこう。 」

            「 ジャケットのボタン、つけかえよう。」

  
a0204371_1052315.jpg

 
                ストーブの前でチクチクと。


                 実は昨年暮れも30日。
              
            長女が頭を打って眉をぱっかり切る怪我をして
                 たいへんだったのです。

                  1月に入ってからも

                熱が出たり腰が痛いというので
              お医者様も打撲が原因かもしれないと
               入院させて調べていただきました。

                 結果はまったく異常なし。

                傷は少し残るかもしれませんが
                幸い眉なので隠れるとのこと。
    
        暮れの忙しさに親の注意も足りなかったと 反省 反省であります。

                
                    一旦は帰ったものの
                 その後熱が出てきたのは夜でした。
                   再び1月1日の夜中に病院へ。
                 (元旦会も終わっていてよかった)

                 お正月の夜中にも関わらず
        お医者様だけでなくたくさんの方が働いておられるのには驚きました。

                  レントゲンも撮って頂き、
            髄膜炎の検査の為に骨髄検査までしてくださいました。

                 検査結果が出たのは夜中の3時。

               そのあと容体を見ていきたいという事で入院。

                 ありがたくて ありがたくて。
           
      こんな日の夜中に寝ないで働いておられる人がこんなにいらっしゃるんですね。

                おかげさまの日常ははかりしれません。


                 先日娘も回復し退院できました。            

               ようやく 緊張の日々から解放されましたら
                一昨日くらいからわたしが風邪です。

               鼻水はずるずる くしゃみは加藤茶・・・・
                 
                  ホッとしたからでしょうか?         
              ですからストーブの上には生姜紅茶に黒砂糖。
           もう少し煮たら濾してミルクでも足してあったまろうかと。


                     今年はそんなお正月で、
              ゆっくりと年賀状に目を通すこともなかったのですが、
       お子さまがたくさんいらっしゃる大家族のご住職からのこんな1枚が心に響きます。

         「・・・子供から私までノロウイルスにやられてしまいました。
          ・・・なんとか耐えてきた坊守(妻)がついに晦日に寝込んで、さあ大変。
          この賀状も、宗祖親鸞聖人750回忌大遠忌参拝と東日本大震災の重なった
                 一年をおごそかにふり返るつもりが、
             家族の世話や何やかやで静かに考えることもできず、
                大晦日にあわてて印刷にかける始末・・・。
           
                  互いにふり回し、ふり回されあって、
               格好などつけようのない家庭生活の葛藤のなかで、
                    仏さまの声を聞いていかれた
                  宗祖とそのご家族のお姿を想像します。 」

                 
              
                    ほんとうに有難いお手本です。
              わたしもちゃんと後をついて往きたいものだと思います。


                       なもあみだぶつ

                

          

              
               









           
            
      
by shinwoyorokobu73 | 2012-01-14 12:07 | Comments(0)

今年も お父さん がんばる

 
                    夕方 といっても
              ここ関東は3時ころからという感じですが、
                 育メンパパがお子さんを連れて
                  ご挨拶に来てくださいます。

                  昼間はきっとあちらこちらで
              楽しく時間を過ごされていたのだと思います。

                  でも、3時過ぎると、寒い!

                  「そうだ!お寺に行こう!」

                    と思ってでしょうか。

                    うれしいことです。


                 本堂はにわかに運動場と化すのです。
             阿弥陀様にはちょっと耳栓でもしていただいて・・・
                     ごめんなさい 

               分厚いタイツや靴下で走るとあぶないので、
             パパが「ああ~ああ~!」なんていうのは無視して
                  さっさと脱ぎ棄てはしるはしる。

                 もちろん うちの3歳も9歳も参加。

                 あきると、演台のマイクを掴んで
                 アカペラコンサートが始まります。

                     存分に発散した後は、
                  海苔の三角おにぎりを差し入れ
                      フィニッシュ。 
                     
                     最近は男の人の
              育児参加が女性側からすると嬉しい限りです。

                 お正月にがんばった奥様のために
                若きお父さん達がんばっていますね。

             今年もそんな感じでお寺を思い出してお出で下さい。

    
a0204371_9392025.jpg


                   写真は我が家の年の初めの
      
                     「お年玉の儀」

                      九州を離れ、
                お正月は帰ることのないこどもたちの為に
                        毎年 
                   おじいちゃん おばあちゃん
                 おじちゃん おばちゃん ひろ兄ちゃん
                いろんな方から年末にお年玉が届くのです。

                       この時は
                  昨年の「絆」の再確認に限らず、
               ほんとうに温かいつながりを感じてきました。

               お忙しい年の瀬にいつも忘れずに送って頂き、
                    ありがとうございます。

                   
                      おかげさまで

                    住職の父としての権威も

                       こんな感じで
                より強固なものとなっていっておりまする。

              
                      なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2012-01-08 10:03 | Comments(0)

ようこそ の スタート


               2012年 そろそろ街も動き出しています。
           
                  元旦会(がんたんえ)には
                   ちょっとお寒い中、
                   ようこそお参りでした。

    
a0204371_212518100.jpg
 
            
                  昨年の暮れには
             「今年はゆっくりと帰省してきます。
               今から10数時間かけて帰ります。」
             
              なんてご家族が何組もいらっしゃって
                元旦会はちょっとさみしいか
                  と思っていました。

           やはり、いつもよりちょっと少なかったのですが
                 ご法話の後はゆっくりと
               あんなことこんなことをお話し、
              笑いであったまることができました。

                  一昨日あたりから
                「きょう帰ってきました。」
              とぱらぱらと初参り下さっています。

                  「おかえりなさい」
                 今年もスタートですね。

          故郷におかえりになってゆっくり充電完了でしょうか?

              横浜でお正月をお過ごしだった方も
               リフレッシュされたでしょうか?

     
         「この惑星の住人は、ただ流れ続ける時の流れに1年という
        区切りをつける。そして、1年の始まりを訳もなくめでたがる。」
         
            って缶コーヒーbossの宣伝で宇宙人が言いますが、

                 ほんとに ほんとに。

            今年もどうぞよろしくおつきあいくださいませ。              
         


             
              
              









              
                        
by shinwoyorokobu73 | 2012-01-06 22:32 | Comments(2)