<   2011年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧

浸水か!

きのうは局地的な大雨、の『局地』の一つが西法寺でした。

 すごかった。

 建物の側が池のよう。
 
 
a0204371_9525227.jpg


 すわ!浸水?と思いましたがここまで。

 工事のおかげで排水も随分よくなりました。 ただ、

 まだ駐車場や外構の工事が途中なので、この雨で砂利が随分道路に流れてしまいました。

 なので朝から住職とふたり、せっせと砂利集め。

 踏んだらズルッと滑って大変危険ですからね。


   こどもたちはこんな『たいへんだ!』という時は普段は

    「ワクワクする~」と喜んでハイテンションです。

             ですが

      今、うちは空前の『折り紙』ブームです。

         今日は静かに折り紙日和。

    とばかりにザーザー大雨が降る中、シズシズと折り続けておりました。


        

         台風の前の静けさのように思えて

      この後の夏休み中盤の盛り返しがおそろしや、

           と思うわたしであります。

 
by shinwoyorokobu73 | 2011-07-31 10:18 | Comments(0)

『今』することに

      夕方になると 「カナカナ カナカナ」と
        寂しげに聞こえる虫の声。

       あれ?8月前に鳴いてたっけ?

        蒸し暑いのに 秋みたい。


 今日運転中に、「お母さん、はだかで自転車に乗っていいの?」

 こどもが聞きました。

 「はだか?そもそも、自転車じゃなくても外をはだかでうろうろしたら
  おまわりさんに捕まるよ。」

 「だってあのおじちゃん楽しそうにパンツだけはいて自転車に乗ってたよ。
  おまけにカウボーイみたいな帽子もかぶってた」

  振り返って赤信号につっこみそうになりました。


     暑いですからね。    いろいろやりたくなりますね。

 
a0204371_23115450.jpg


 きのうテレビでイギリス人で人気のぺニシアさんが、

 「イライラすることはないんですか?イライラしなくてすむのはどうしたらいいですか?」
 
  という質問に対して、

 「わたしもイライラしますよ。これがすんだらあれをしなきゃ。
  とか考えると心が落ち着かない。
  だから、『今することに心をこめて』きれいにすませるようにしています。」


  と言っていました。

  写真は戸棚の奥にたまった空のびん。

  早速わたしも使わない物とか、たまった物をきれいにしてみようと思って。

  きれいに洗ってピカピカしたびんって好きなんですけど、かたづかない。

  ちょっと隅に置いとこ。   が1年、2年で山になっちゃうからなあ。


      心をこめているとなかなかきれいにならない・・・・

      わたしのような者はどうしたらいいんでしょうかねえ。

          ぺニシアさんおしえて!

      



























 









 
by shinwoyorokobu73 | 2011-07-29 23:33 | Comments(0)

おねえちゃんがね・・・

「西法寺でね、~ねえちゃんがひいおばあちゃんの写真見ながら泣いていたんだよ!」

       先日の北九州でのご法事のことらしい。

  お内佛で一人、ひいおばあちゃんの写真を見ながら高校生の従姉のおねえちゃんが・・・。

  娘たちから見ると大人のおねえちゃんが、泣いているのはたいへんなことです。

     「さみしくなったのかな?」と子供達はきくけれど、

         住職は 「ちがう」 とひとこと。

 
 「タツヤおじちゃんが言うたやろ?『自分が大学に行く時に、振り返るといつも

  ひいばあちゃんはずーっと見えなくなるまで山門のそばで、

             手を合わせて見送ってくれとった』って。

  『でも、自分はそんなばあちゃんに優しい言葉をかけたことがなかった気がする』って。

  ~ねえちゃんもそうなんよ。じいちゃんやばあちゃんに優しくできていないから、

  『私もそうだ~』と思って、ひいばあちゃんの写真を見ながら涙が出たんやろ。」

 
a0204371_7505025.jpg


       本当かどうかはまだ聞いていませんが、

             大切な涙です。



     お寺でのご法事でも、住職の話でご家族が涙をながされます。

    その方にとってももちろん生きることの現実と向き合う貴重な時間です。

     また、今回のようにその涙をじっと見つめるちいさな目があります。


      「 今ここに見えていることには終わりがあるんだ。

       けれどその後にはこうやって救われていく世界があるんだよ。

        もう準備万端整えていただいているんだよ。

         みんな 安心してゆっくり来なさいよ 」

       
          先に往った方が教えて下さっています。


      
       法事、法事と年中行事のように大人になると思いがちですが、

         亡くなった方が命でもって教えて下さっている。

      大切なことを聴く機会と受け止めて 勤めないといけないなあ、と


            子供たちの眼が教えてくれました。


               なもあみだぶつ

     

   

    

    
             

      
by shinwoyorokobu73 | 2011-07-28 10:43 | Comments(0)

めだかちゃんが来た

今日午後から本堂に来た方たちは

 「はあ~いい風だ。」

 とおっしゃいました。


 ほんとにちょうどいい風です。


 考えてみると、「ちょうどいい時」って少ないですね。

 そして、ちょうどいいと思う量や大きさや質も人それぞれかもしれません。
 数字や言葉で「このくらい」と決めると安心した気になりますが、
 
 「はあ~、しあわせ~」とか「ああああ~そうか!」とは思えない。

 
a0204371_512502.jpg


 長女が学校からめだかを連れて帰ってきました。

 オスとメスです。

 こんなサイズの生き物を飼うのはわたしは初めて。

 かわいいです。  初めての感覚。

 ペットボトルのお家に住んでいます。


 「こんな小さな家でいいの?」 「えさはこのくらい?」  「このくらい?」

 2匹のちいさな顔色を見ながら。


 あ、なんでも以外にそうかもしれませんね。


 わんこ達も育てている植物も、 人間関係も家族関係も、

 天気予報だって完璧には当たらないし。空を見て肌で気温を感じないと。

 
 数字や言葉で決められないことがいっぱい。  目安にはなりますけど。  

 

               だれかが
 
     「CDで音楽は聞けるけど、ライブだと音楽を感じることができるから、
      ライブハウスやコンサートが好き」

        なんてかっこいいことを言ってる人がいましたが。

 
            たしかにそうかもしれませんね。

 
 
           ライブハウスには行ったことないけど、

          お説教はたしかに本堂でライブで聴くにかぎる。

 


 










 

 










 

 
by shinwoyorokobu73 | 2011-07-27 05:59 | Comments(0)

暑い時ほど

カンカンに外は照っています。

 でも、暑いのに体が慣れてきたのでしょうか。
 ちょっと前までのだるさがありません。


 わたしは、暑い時とお腹がすいた時、

 理性がたいへん弱くなります。気は短くなり目はすわります。

 
 今くらいだと家族を始め、周りのみなさんに迷惑をかけなくて良いのでほっとします。

 
a0204371_12342920.jpg


     昨日、「『縁』ってどういう意味かさっぱりわからないんですけど。」

     という電話がありました。

    
          住職から聴いた『そうなる為の条件。』

           という言葉一言でいいのやら、

     彼女がそう質問することで何を言ってほしいと思っているのか、

           最初わからなかったのですが・・・・。



       いっぱい関係のないことやらなんやらを話していたら、

           やっとこれがひっかかっていたのか、

             ということが出てきました。


          途中お互いに電話を切りそうになりましたが、

              切らなくてよかった。

     
               短気は損気。

        


         モヤモヤがある時ほど丁寧な会話が必要ですね。

           わたしも気をつけないといけません。


               暑い時ほど。









       

      
   







       
by shinwoyorokobu73 | 2011-07-25 13:26 | Comments(0)

足が・・・腰が・・・

 今日は昨年の今頃とはちがい、とても涼しかった。

 助かりました。

 今日はPTAや地域の有志の方による鉄(くろがね)小学校の『お楽しみ会』


 朝からわたしたちはてんてこ舞いでしたが、

 最後の「スイカ割り」まで子供達は楽しんでくれたようで

 こちらも楽しめました。

 
a0204371_2242417.jpg


 わたしの担当は「イライラ棒」

 つまようじの山谷をふうせんで通り抜けなければゴールできません。

 イライラというよりドキドキしながらチャレンジ。

 みんなの真剣な顔がうれしいゲームです。


 体育館とPTA会議室は端から端。

 午前中は階段も軽快に一段飛ばしでスタコラと行ったり来たりだったのですが、

  午後になるとやっぱり電池切れ・・・。

 おまけにお昼御飯もはいってはもちません。

 こどもに見えないようにあくびを噛み殺し、

 どうにか3時頃終了。


 今は足は1日立ちっぱなしだったのでパンパンだし、腰は痛いし。

 立ち仕事の大変さを学んだ1日でした。

 みなさんお疲れさまでした。



















 
by shinwoyorokobu73 | 2011-07-23 23:03 | Comments(0)

自慢の両親

 
 今朝実家の母から電話が。  いきなり
 
 「あなたはよか所にご縁の(が)あったねえ~。」

 「え?あ、う、うんそうやねえ。おかげさまで。ねえ。」


  へんな親子の会話です。

  
  実は昨日北九州の住職の実家の西法寺で、住職の祖母の25回忌のご法事がありました。

  そこに、佐賀のわたしの両親もご案内いただいて、出席していたのです。

  うちの住職と子供達ももちろん出席しました。が

  わたしはお寺を空けることができないので、わんこ達と留守番していました。

 
a0204371_22284872.jpg
 

        なぜ母が今さらそんなことをいうのか。

     義兄や義姉の接待等々の様子を見て私の母が、姪のUMIちゃんに

      「いいお父さんといいお母さんねえ~」と言ったら

            高校生の彼女が

      「 はい、自慢の両親です。 」と言ったというのです。

  
        すっきり、さわやか、今日の青空のような返事。

        
        阿弥陀様にお育ていただいている子ですからねえ。

     家族みんなの間になもあみだぶつが挟まって下さっていますからねえ。


           よか所に嫁がせていただいとるよ。

          離れていて心配でしょうけど安心した?

          
               よかったよかった。


   亡くなった、住職の祖母千代女おばあちゃんは仏さまのように優しい人だったとか。

          昨日はみんながよいご縁をいただきました。

         
              ありがとうございました。

                
                なもあみだぶつ

         

      
by shinwoyorokobu73 | 2011-07-22 23:07 | Comments(0)

よかった

          今朝のNHKの番組にレポーターとして

            「山本太郎さん」がでていました。

    震災後、原発反対のデモに参加したことで圧力がかかり仕事を降板させられたと。

   事務所にも迷惑がかかるから・・とご自分で事務所も辞められたと何かで聞きました。

             なので、びっくりしました。

          番組関係者に拍手を送りたいと思いました。

                よかった。
        

   
a0204371_145227100.jpg
 

      
          うちの山椒の実。初めてみつけました。

     毎年芽があちこちに出るけれど、花も実も見たことはありませんでした。

             
           やっぱり種はあるんですね。

         

          実もいきいきしたグリーンできれい。

           香りもやはりピリリと山椒です。

       














          


   

     
by shinwoyorokobu73 | 2011-07-21 15:06 | Comments(0)

「ついて来ちょる」

          むかし小学校に通っていた頃、よく
 
         「お墓の近くに住んでてこわくない?」

           ってケンちゃん達から聞かれました。

              もちろん答えは
  
      「ぜんぜんこわくないよ。幽霊にもあったことないし。」
       (ほんとは夜はちょっとこわくて近づけなかったんだけど)

    ケンちゃん達はもっと自分の想像もしない恐ろしい話が聞けるかと思っていたらしく、

         「ふーん。そおなんだ。」(つまんね。って顔)



        今は地震も台風も人間までこわいと思います。

          でもお墓なんて今でもこわくない。

    
a0204371_4124227.jpg


      お磨きをした後、ご門徒の方とお茶を飲みながら話した中に
     

    「わたしは『おばあちゃんにはいっぱいついて来よるんよね。』って
      息子や孫から言われるんです。」  というご婦人がひとり。

       一瞬、「ゆうれいが?」と思ったんですが違った。

   
     「わたしが結婚してこちらに来る時、私の祖母に『おばあちゃん、
     
      もう今までみたいに会いに来られんようになるわ。』って言うと、祖母は

      『何言いよるん、私が死んだら私があんたの所に行けるように

       なっとるんだから安心して行きなさい』そんな所で育ったから、

       このへんに(肩の後ろを指して)ばあちゃんやらじいちゃんやら
     
       いっぱいついて来ちょる、いつも一緒にいて見守ってもらってるんです。」


       こわい話ではなくてたいへんありがたい話でありました。

     親鸞聖人のみ教えが沁みこんだご法義地広島出身のご門徒のありがたいお話。
 



 写真は築地本願寺に、研修中暮らした6カ月間行きたい行きたいと思いつつ、
 0歳、2歳の子育て真っ最中だったためかなわなかった築地市場の中の『茂助だんご』。
 青葉台で見つけて、即購入。


 BGMを聴きながら。(『コクリコ坂から』見てないけど)
 
        
   














                    



      

























 
by shinwoyorokobu73 | 2011-07-20 05:04 | Comments(0)

なでしこも教えてくれた

昨年の夏、住職はチベットの山の上におりました。

昨年6月ダライ・ラマ14世とお会いするご縁があって、
わずか二カ月後に出発することとなり、
チベット仏教ジョナン派法王に会って来ました。

その旅で、セルダー仏教学院という所においてご法話を聴かせていただいたそうです。

「因果応報」のご法話だったと。

 やっぱり同じお釈迦さまからの教えを聴いておられるのだと嬉しくなります。

a0204371_11143274.jpg


今回の『西法寺だより』にも「因果応報」を書いてありますが、

       行い(原因)に応じた当然の報いとして結果が生じる。

     例えば、種を蒔くの「蒔く」は草かんむりに「時」と書きます。

       種(原因)があってもその種が芽吹く(結果)のは、

        その時=季節(縁)が来ないと芽吹きません。

      またかぼちゃの種からは縁が揃えばかぼちゃの芽が芽吹きます。
      時間がたったから他の芽が芽吹くということは絶対にありません。

      同じように悪い行いにはいつか必ず縁が揃えば悪い結果を生むし、
     
     善い行いをすればいつか必ず縁が揃えばそれに報いた善い結果が生じます。

           だから仏教は悪い行いを止めて、

            善い行いを勧めるのです。



 なでしこジャパンの活躍はすばらしかった!

 ミラクル、ミラクルと言われますが、

 あのパス、あのシュートは間違いなく積み重ね蒔いた種が芽を出した、

 どう見ても実力という結果。

 気が遠くなるほどの種と縁があれだけの勝利の実を結んだのでしょう。
  (たしかキャプテン澤さんはワールドカップ5回目)

 
 
 すぐに結果が出る生活に慣れています。

  すぐ結果が出ないものかと求めます。

  縁に恵まれないと結果は生まれないのに、望む結果が出ないとふてくされます。

  子供たちが自分から掃除するようにならないかなあ・・・叱らずとも。

  料理が母より上手になりたいなあ・・・・すぐに。、          

  家事や法務をサラリとこなせるようになりたいなあ・・・ すぐに。                                       
                          
  などなどなど



  考えると、生活も種蒔きのよう。

  同じことを、くりかえし、くりかえし。

  耕し、耕し。

  種を蒔く。

  まだか、まだかと思いながら。
  
  

  わたしも因果の道理を思い出して落ち着いて

  くりかえし、くりかえしを続けていこう。
 
                            なもあみだぶつ
 
by shinwoyorokobu73 | 2011-07-19 01:52 | Comments(0)