カテゴリ:行事( 64 )

お彼岸法話会に思う。

昨日13時半より西法寺では
お彼岸法話会を行いました。


吹き飛ばされそうな風の中を
ようこそのお参りでございました。


a0204371_10941100.jpg


地域の情報誌やホームページをご覧になって

 「 初めてなんですけど、どうしたらいいんでしょう。」 とおっしゃる方。

 「 いつもご案内をいただきながら、お参りせずにすみませんでした。」 とおっしゃって初お参りのお方。

うれしいお彼岸法座となりました。


特に『初めて』とおっしゃってお一人でお出でになったジーパンにマスク姿の男性。
休憩時間や終わった後で
お名前やこの法話会をどうやってお知りになったのか等々お聞きしたかったのですが、
久しぶりにお会いする方が多くてあっちにバタバタこっちにバタバタしていて、
ゆっくり伺うことができなくて申し訳ありませんでした。
( 残念、残念・・・)


これに懲りずにまた是非是非お参りくださいませ。


a0204371_17264497.jpg


お彼岸恒例 『牡丹餅』 を、
今回は 「 初めてお参りしたいのですが。」 とお電話が結構ありましたから
ちょっと多いかな?と思いつつ50個作っていました。

おかげさまで全てみなさまのお腹の中へ。


a0204371_17325010.jpg



住職のこの度のご法話はいつもわたしはお聞かせにあずかっている内容でしたが、
いつもは台所やこどもに授乳中だったりしてしっかりと耳と心を傾けて聴いているとは言い難く・・・・
ちょっとでも座って聴くことができてありがたいひと時。



「 よく世界中のあちこちで発見されている原人は私たちの祖先じゃないそうですよ。
  彼らは進化の途中で滅びていったそうなんです。

  私たちの先祖たちはなぜ我々にいのちを繋ぐことが可能だったか?
  それは食べ物が無くなった時に奪いあわずに分け合うことを選んだからなんですねぇ。

  人間がチンパンジーと違うところ、それは予測することができるんです。
  相手の人間の立場を考えて行動することができる。

  生まれたらいつかはいのち終えますね。
  これも人間だから予測して生きている。
  
  我々はどこに向かって生きているのか。
  予測できるようになると心配になるねぇ。

  そのことをお経の中で言うてある。 

  それが・・・・・・・・・・・                     」



  

  ああ、この辺までしか聴けなかった・・・・・・。

  
  「 おまえが一番よくよく聴けよぉ~~~ 」

  と阿弥陀様から催促されている・・・・・・わたし・・・・・・。




  住職に改めておききしようと思います。



  

  法話会が終わって玄関でみなさんをお見送りする時に

  熱心なお同行の女性Tさんと会話をしました。

  「 深川和上がお亡くなりになられましたね。」

  さみしくなりました、と頷き合いました。




  『 お浄土に生まれさせてもらえるちゅうて

    さも自分は信心の人のように眉間にしわ寄せてお念仏するような者がおるが、

    それじゃあ「娑婆の皆さまお世話になりました」

    て言うて自分で息止めてお浄土に生まれようかなんて人はおらんじゃろ? 

    そんな奴なんだこのわたくしは。

    「 そんなお前こそを救うぞよ 」 の阿弥陀様のご法義や。 なまんだあ~~ぶ

      なまんだぶ なまんだぶ なまんだぶ・・・・・・・・ 』



 こんな和上さまのご法話を思い出して涙がでそう。



 『 お彼岸 』 わたしに向けられている無量のおはたらきが

 いろいろなお方の姿となっていただかれる有難い時間です。


 
 ある方はお譲さんのお姿となって。

 ある方はお母様のお姿で。

 ある方は息子さんのお姿となって。

 ある方はご主人のお姿となって。


 
                 なまんだあ~ぶ   なんまんだぶ  なまんだぶ なまんだぶ なまんだぶ


























  
by shinwoyorokobu73 | 2013-03-21 21:12 | 行事 | Comments(2)

成長のあと

この春は長女の卒業と入学が。

ということで 「 !! 卒業式と入学式が来る~~ 」
と先月気がついたのです。

早速、「 無理よね・・・ 」 と思いつつ次女の入学式だった
5年前に来たスーツを出すも 「 や、やっぱり・・・・ウエストが・・・無理だ・・・・ 」


やっぱり新調しないといけないのね・・・
着ものだったら大丈夫だけどシンちゃんのよだれや授乳のことを考えると、
やっぱり新調しないといけないよね・・・。


あんまり着ないものだから気がすすまないけれど、
前回(5年前)出遅れて3月も半ばに探しに出かけたらサイズは無いわ、
気にいるものは無いわで嫌~な買い物となったことを思い出した。


a0204371_1523645.jpg


地味だけど合わせるものでどうにでもなりそうな
こちらに決めました。


スカートはあまり穿かないからパンツスーツで、
と試着室に入るも 「 ふっ!・・・・ あ、あれ? ふっ!!・・・・・・・・ 」

なんとか入ってもあまりにも見苦しく、

外から店員さんの 「 いかがですか?」 の声に焦りまくって
「 や、やっぱりスカートにしようかな。」

平静を装いつつちょっとゆったりめなスカートに決定。


隣で同じく入学式か卒業式の服をさがしていらっしゃるスラリと美しい人を 「 いいなあ~ 」 と眺めつつ、
久しぶりに自分のために買った服を 「 よしよし❤ 」 と腕に抱えて帰って来たのでした。





子供達が順番にひとつずつ成長しているのは頼もしく嬉しいものですが、
わたしの成長は目を背けたくなるばかり・・・・・( 横へ横へ、下へ下へ )

そういえば実家の母は元気で明るく体型なんて気にしない!!
うう~ん、わたしもその線をねらっていくとするか。
( え?諦めが早すぎる?)


なんて言ってると娘が睨んでいます。
はい、もうちょっと頑張ってみます。



                                      なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2013-03-04 15:42 | 行事 | Comments(0)

本堂でライブを。

朝の寒さはまだ厳しくて、
子ども達を布団から出させるのも一苦労です。

上の子は四月からお弁当の毎日と成りますから、
私も心して付き合っていかないとなりません。(^^)



ところで、きのうは楽しみな打ち合わせがありました。

a0204371_10514621.jpg



このお二人の男性の一人は西法寺のご門徒でKさん。



このKさんから先日こんな申し出があったのです。 

「 じつは私の事務所の歌手で 仙台出身の女の子がいまして、

  この子に西法寺さんの本堂で復興支援も込めてライブを開かせて頂けませんか?」



Kさんのお父様のご命日3月30日にとおっしゃいますので、
ちょうど春、暖かくなって4月8日はお釈迦様ご誕生の喜ばしい頃にも近くて良いのでは?


と、急きょ決定した次第です。


うちの本堂でライブなんてできるのかしら?
ちょっと心配、でもとっても楽しみであります。


入場は無料です。

復興支援の募金箱を置かせて頂きますのでお心頂けましたら宜しくおねがいいたします。
集まった募金は本願寺の方へお届けし、東北の支援に使って頂くつもりです。





そうそう、ご本人のことを書かなくては。

『碧居(あおい)』さんという女性ボーカリストで『碧居band』として活動されています。

私たちはまだ会ったことがありませんが、
CDの歌声は澄んで優しい歌声です。

アフリカの音楽に影響を受けていらっしゃるそうで、
打楽器が入る曲が彼女の特徴。


アフリカは私達夫婦の新婚旅行の地でもあります。 (ああ、マサイ族のダンスを思い出す)

お会いするのが楽しみです。



3月20日(水)春分の日 13時半 は 西法寺 お彼岸法話会です。

僧侶によるご法話もライブが一番!
是非お参りくださいませ。

この日にも皆さんに碧居bandのご案内をいたします。



桜のころの両ライブ、心地良い時間となればいいなと思います。




                                         なもあみだぶつ


                
by shinwoyorokobu73 | 2013-02-22 15:27 | 行事 | Comments(0)

精進料理の週間

年末年始に続き、
親鸞聖人のご命日の御正忌法要が京都の本願寺でお勤めされる
1月9日から16日という期間というのはなんとなく落ち着かないものです。

ですから1月16日が過ぎるとちょっと気がゆるむ感じがします。

佐賀のわたしの実家では1月15日の夜は大逮夜と言い、
ご門徒の方々が本堂に何十人かお参りくださって
みんなでお正信偈をお勤めしておりました。

そこで、いつもしんしんと冷える本堂で佐賀んもんで口の重い父がいつも同じようなことをいうのです。

「 この1月15日には・・・・・・・・日本全国のご門徒が・・・・・・・・・・ こうやって
     宗祖親鸞聖人を偲んで・・・・・・・・・おられることと・・・・・・・・・・・・ 思います。      」


ボツリ、   ボツリ、      と話します。
が、 ご門徒のおばちゃんもおじちゃんも、毎年じっと聴き入って下さってました。

今思うと心を聴いてくださっていたのかな?と思います。


今の時代は心がゆっくりと立ち上がるのを待つ余裕がなくて
言葉だけがぺらぺら、ぺらぺら浮いているような感じがするので、
今更ですが口下手な父のあのお決まりの 『 間 』 はかえって嘘が無いように感じられます。

今年もあちらではみんなで昔から変わらない時を刻んだ事でしょう。
毎年とてもとても寒いけど、みんなでジンとあたたかい時間。


a0204371_12422845.jpg


そして、実家では9日から16日は精進料理でした。  

「子供はお腹がすくのでかわいそうだ」 と父が言うので
その私たちの料理にはちょっとだけお肉が入っていましたね。

写真は現在の我が家の精進レシピの一つ。
精進ピザです。
一つはトマトにアスパラスライスにバジルペーストにチーズ。
もう一つはコーンと薄揚げと小葱とチーズ。

子供達が小さいのでこんなメニューも入れないと、
私も父が言ったようにかわいそうかな、と。



毎年、この一週間は特に命を頂いていることを
しみじみ感じさせてもらう週間となっています。



                                         なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2013-01-23 14:41 | 行事 | Comments(0)

今年も、

1月1日は元旦会(がんたんえ)をお勤めするようにしています。

一年の始めの日に阿弥陀様の前で、
皆さんと一緒に声を出してお経を読み、
にっこり笑って 「 あけましておめでとうございます。」 と
お声を交わしてお茶を飲み、
近況をお聞きする。

楽しみな一年のスタートの日です。

a0204371_5191425.jpg


みなさん、大晦日は遅くにお休みの方も多くいらっしゃるだろうに、
朝からお寺にお参りするおつもりで過ごされたんでしょう。

ありがたいお姿だなあ、
いつも後ろから拝ませていただいています。


a0204371_5322515.jpg


うちの住職3度の飯より、芋焼酎より、仏様のお話が好き。
こんな顔して嬉しそうにご法話。
初めてお母様とお参りなさったMさんのお譲さん・独身・が
 「法話会っていつも何日にあってるんですか?こんな法話なら私も聴きに来たいです。」
 って仰ってましたよって夕飯の時に言ったら、「焼酎が一層うまい!!」だそうです。)




ご法話の後が昨日は長かった方もいらっしゃって、
お年賀に持ってきてくださったお菓子も仏様からお下がりで頂いて、
お茶飲んでは、しゃべり、お菓子食べては、しゃべり。

お子さん達やご親戚までいっしょにお参りで、
初めてお会いした方もいらして、
わたしは一度では名前とお顔が一致しませんので、
また近いうちにお会いできましたらバッチリ憶えることができるんではないかと思いますので、
是非是非また遊びにいらしてくださいませ。


「いつかゆっくりお会いできる日が来ないかなあ」
と思っていた Iさんママ、R子ちゃん母子。(お父さんはお仕事、大変ですね)
R子ちゃんのお姉ちゃんの7回忌が過ぎたんですねえ。
うちの子達とお年が近いから、
悲しい思いをされるんじゃなかろうか・・・・・(お姉ちゃんを娘さんを思い出して・・・)
いつも、いつも、そう思いながらお寺のご案内をしてきましたが、
今回久しぶりに揃ってお参りして下さって嬉しかった。


皆さま、ようこそのお参りでございました。


夕方、寒くなってから 「 どうしても元旦会に間にあわなくて・・・」
とたずねて下さった皆さまも、
ようこそ、ようこそ。


そして、このブログを読んで下さっている皆さまも ようこそ、ようこそ。



今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

                                       
                                         なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2013-01-02 05:58 | 行事 | Comments(0)

報恩講法座によせて

今週土曜日、24日は13時30分より法話会です。

いつものように一週間前にお届けした『西法寺だより』、
もう少し早く出すようにこれからも頑張ります!


a0204371_11122590.jpg



お知らせいたしましたように
今月は西法寺住職がご法話をいたします。

楽しみですねえ。




a0204371_1150543.jpg


 今年の2月に「法話を10倍楽しく聴くための法座」をいたしました。
これは、法話を聴くための基礎知識、 

つまり 「 人間とは何か 」 、その人間に「 仏教は何を説こうとしているのか(目的) 」 
「 仏教の中の浄土真宗の教え、他力・信心 等 」 のお話をさせていただきました。

 このお話をさせて頂いた後、質問を受け付けた所、多くの質問がありました。その中で、
後日改めてその質問に応える法座を開催したほうが良いと思った質問が2点ありました。
この度は、この質問に沿ったお話をさせて頂きたく存じます。

 まず一つが
「 他力の信心とは、自分が信じるのではない(他力なので)と言うが、
  信じないようにするのも自力のようでもあるし、 どうしたらいいのですか? 」

という質問でした。

 これは、阿弥陀様の四十八の願いの中の、第十八願のお話になります。 
ここの所は、勘違いされる方が多い(僧侶の中でも勘違いされている方がいます)問題なので、
詳しくお話しさせて頂きます。 ことに 「 信心 」 は浄土真宗にとって一番大事な所なので、
是非ここの所は間違いなくご理解頂いて欲しいと願っています。


 もう一つの質問は
「 浄土に往生するということを浄土真宗では言われます。
  でも、死んだ先の徳はよくわかりましたが、
  今生きている方に対する徳 (何か良いこと) は説かれていないのですか? 」

という質問でした。

 これは、阿弥陀様の四十八願の、第十一願と第二十二願の内容、 特に第二十二願の内容のお話になります。
 
 他力の信心を得た後の徳 (利益)、 つまり信心を得た後の生活がどのように変わるのかということです。
もっと具体的な例を一つ上げますと、大切な人を亡くしたご経験を皆様お持ちのことと思いますが、
そのことが信心を得た人にとって、どのように変わっていくのかということです。
親鸞上人は 「 悪を転じて徳をなす正智 」 と表現しておられますように、
ただ苦しくて悲しいだけの出来事が、 それがそのまま徳と転ぜられていくこととなる。
 「 その様な力がお念仏にはある 」 と仰っておられることをお話しさせて頂きます。

 二つとも、非常に大事な所ですので、是非有縁の方をお誘いの上、
お参り頂きますようにお願い申し上げます。





  ~~~~~~ 住職による 『 西法寺だより 』 より 抜粋 ~~~~~~~
by shinwoyorokobu73 | 2012-11-21 12:40 | 行事 | Comments(0)

おかげさまで終了

雨模様の11日の日曜日、
お手伝いに来て頂いた皆様のおかげで本堂のお仏具がまたぴかぴかになりました。

a0204371_13533111.jpg

11月といえば浄土真宗では報恩講の季節。
大事なご法要の前にきれいになって、
気持ちも晴れやかになりました。

ありがとうございました。



a0204371_165227.jpg

今回初めて「 磨き粉 」 ではなくて 「 液体 」 もあるということで、少し使ってみました。

シュシュッと降りかけて水で洗い流すだけ・・・
一瞬できれいになるんです。
きっと一人ですぐきれいにできちゃいます。

・・・でもなんだか嬉しくない。
住職が 「 やった感 がないんだよねえ。 」 って言ってました。


いつも、歯ブラシや爪楊枝や晒し布やタオルを使い、
みんなでふうふう、ふうふう、言いながら おしゃべりしながら磨きます。
身体もぽかぽかして終わった時には気持ちもすっきり気持ちいいものです。


やっぱり、うちは来年も「磨き粉」の方にいたしましょう。


a0204371_17604.jpg



今年の報恩講は

11月24日(土) 13時30分~  講師は 西法寺住職が勤めます。

2月に 『 ご法話を10倍楽しく聴くための法座 』 であったご質問にも応えた内容らしいです。

住職の話はとにかくわかりやすく、大切なことははずしません。

(子供たちからは「いつもはケンカするくせに・・・」と言われますが・・・。
 ここだけはケチがつけられない。)

その時に浮かんできた疑問もぶつけてみてください。
眼から鱗、心すっきりなることと思います。

楽しみにお待ちしております。

                                          なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2012-11-13 17:31 | 行事 | Comments(2)

築地本願寺が美しく。

  青空のきれいな11月10日(土)。
  
  築地本願寺が改修の為かねてより工事がなされていたのですが、
  その工事もようやく終り、華やかにお祝いの法要が行われました。

a0204371_11542040.jpg


  築地本願寺の屋根からは華琶(けは)が降り、
  青い空とあいまって、なんとも美しい。

  下ではたくさんの子供達が 「 キャア~~、キャア~~!!」 
  って何がそんなに嬉しいのかと思うほど
  この赤、青、黄、白、色とりどりの花びらを追いかけて、
  見ているこちらも楽しくなります。
 





a0204371_13211684.jpg
 

  お稚児さん達と銀座和光前あたりからおねり。
  我が家からは2人が出ました。
  私と長女は付き添いで一緒に歩きました。
  銀座の道路を歩くなんてあまりないこと、良い記念です。






a0204371_1329121.jpg


  シンちゃんが生まれて初めての家族写真。






a0204371_13335467.jpg
a0204371_13344941.jpg


  全国からゆるキャラ達も大集合してました。
  
  控室近くでお茶を飲んでいたら、
  次々に出てきたゆるキャラにトモちゃん大興奮。






a0204371_13405037.jpg

  久しぶりに築地本願寺の中をゆっくりめぐりました。
  中庭の木も色づいています。
  長女は版画の構図に使いたいとパチリ。




  肝心のきれいになったご本堂の様子は、
  お参りの方が多くて撮ることができませんでした。
  落ち着いた金箔の美しいこと。
  ますます法要も厳かさが増した感じがします。
  


  また、改めてゆっくりとお参りしたいと思います。


                                  なもあみだぶつ
  
by shinwoyorokobu73 | 2012-11-12 13:50 | 行事 | Comments(2)

怒涛の一日

               金木犀の香る秋晴れの土曜日。

         香りを聴く一暇もなくトモカの保育園の運動会へ急ぐ。

       その間住職と長女は午後の法話会のためお寺に残り準備。

     ( 土曜参観だった長女(!)は先生に事情を説明して学校は休ませた )

           次女は熱が(!)あったがシンちゃんの見張り番。



      13時には皆さんお出でになるので11時半には私はお寺に帰らないと!

       出番の 『なすかっぱ』 の帽子をかぶってトモカを脇に抱いて走る

              障害物リレーは腕にも足にも力が入った。

      

        タクシー タクシー!と閉会式を待たずに帰ろうとする背中から

     「 トモちゃんお土産もらいました?」  眼鏡のかわいい男の先生が言う。


      ( あるのなら速く渡しといてくださいよ~~!!)と心で叫びながら

      にっこりとふり返り 「 いえ、まだです❤トモちゃん良かったね。 」

              無事にお土産もいただいて帰路につく。 

 




          ご法話中の写真はわたしが疲れてボケて撮り忘れまして、



 
a0204371_23194652.jpg
   




          山本先生の法話に女性たちは化粧が落ちるほどぼろ泣きし、

            「 おしゃべりして帰りませんか~?」 と誘いましたが  

       「 こんな顔だからまた今度~~」 と半分以上の方が帰られたんですが、 

                こじんまりと和気あいあいのひと時。





a0204371_23323288.jpg




         真ん中がスタローン、じゃなかった、山本泉茂先生。

    築地本願寺から職員で山本先生の大ファンの方も駆けつけておいででしたよ。



a0204371_23401428.jpg



    「 坊守さん髪バッサリきったのね。」

    「 そうそう、洗う暇もないからね~。」  

   
    「 まだ母乳?」

    「 そう、もうあんまり出ないんだけどね。」



 
a0204371_23433945.jpg





    はああ~こんなに重なる日もあるんだな。

    そして、なんとか終わっていくもんだ。

   

    お付き合い下さったみなさん、楽しいひと時でした。

    ありがとうございました。


    
    山本先生よりお土産にいただいた『草わらびもち』

    ご法話の10分休憩の時にみなさんにお出ししましたが、

    「 おいしいおいしい 」 なんて言わずにペロリと召し上がっていらしたので

    きっとおいしいに違いない、と私の分、とっておいてよかった。



    
    体中が筋肉痛だけれど

    怒涛の一日の後の至福の一服。

    ん~~生き返る~~~!!          



                                 なもあみだぶつ

                    
   

              
by shinwoyorokobu73 | 2012-10-21 23:54 | 行事 | Comments(0)

訊かれて改めて、

  
a0204371_9585234.jpg


  
                 きのうは取材を受けた。

                 なんていうと大袈裟か。

      地域情報誌の『タウンニュース』さんから青葉区のお寺めぐりの特集である。



       でも、うちはよくある 「 このお寺は~百年の歴史があり・・・ 」

                 といった寺ではないから、

       「 どう説明する?」と住職と2人でちょっとミーティングをしておく。


      


      訊く人:山口さん  応える人:住職
      
     <どんな活動をしているんですか?>


       ・  ほとんどお寺の活動は 「法事や葬儀」 とお思いだと思いますが、

          (うちは)違います。

          まったく門徒(檀家)がいない状態からスタートしたので、法事や葬儀で

          忙しいということは週末くらい。平日は 多くの時間を訪ねてきた方と話をしています。

          ほぼ毎日どなたかがお見えになるのでよく話をします。



      <どのような話をなさるんですか?>

      
       ・  お見えになる方も様々なので話もいろんな話なんですが、

          最初はご法事の相談で見えたりしていても、私が(住職)しゃべりだすと

          なぜか横道に逸れていってご本人もこんなこと話すつもりはなかったのに、

          ということにはよくなります。

          お寺を建てる土地を探していた頃に出会った某不動産会社勤務の子は、

          私が焼酎好きなことを知って、祖父が杜氏で造り酒屋なんだと言って
 
          

          焼酎を持ってやってきて自分が半分も飲んで酔っぱらって

          泊って行ったこともありますよ。 


          

          夫婦げんかしながら来た人もいますけど、( 子供がばらしてくれました。)

          奥さんが 「 はっきり言えって言うからはっきり言ったら凹んでんですよ!」

          なんて仰るから 「 男って言うのは弱いんです。はっきり言うのは良いけど

          優しく言わないと凹むようになっとるんです。

          比叡山も女人禁制なのは、男の方が弱いから強い女の人から

          この繊細で弱い心の男を守るためにそうなっとるんです。」

          「 ええ~~!ホントですかあ~~?またまたあ。」 なんてねえ。


          
          

          それとかもっと深刻な方もいらっしゃって、身内を悲しい亡くし方をなさった人などは

          ご飯も喉を通らない。  だから最初はお昼ご飯を一緒に食べて帰ってもらったり、

          心を回復されるまでゆっくりゆっくりお付き合いさせてもらっています。 

          もう何年もゆっくり付き合っています。



       
       < え?お寺にそんな感じで来ても良いんですか?>


        ・ そんな感じと言うと? お寺の人間とお話をしにということ?


       < そうです。 お金、料金とかはとらないんですか?
          だってそれってカウンセリングみたいなものですよね。>



        ・ そういうことでお金をいただいたりはしません。 仏教はお釈迦様以来の人間研究。

          お経の中に書いてある、その心を伝えることが私たちの仕事で

          それで安心を得ていただけたらうれしい。

          うちのお寺はまだ入れ物(本堂の荘厳)が未完成なのでお金はあったら助かりますけどね。

          でも、私も嫁の坊守も人としゃべりだしたら寺の中でも外でも止まらなくなるくらい

          人と話すのは苦にならない。 おもしろいですから。

          それに、よかったなあと思う方の中にはご仏前を包んで下さる方もいらっしゃるからね。

          昔の方はお米を持ってきて下さってたんですよ。 仏様へお供えするお佛飯にと。




       < なんだか私の今までのお寺のイメージと全く違うんですけど・・・・・>





             ~~~~~  その後1時間ほどつづく  ~~~~




    
                    ここからは私

   流れのままに、時には沈みながらいつの間にか浮き上がり、溺れそうになると助けが現れたり、

              へんてこりんな出会いから10年の付き合いになったり、

          自分がなんの助けにもなれなくて悔しい思いをしたこともあったけれど、

                  なぜかまだお付き合いしていたり。




      話をしていると、その時その時その方その方との出会いや笑い、涙が思い出されて

                      なんだか感慨深い。




           
     住職が言っていた 「 仏教は心理学であり、人類学であり、自然科学でもあるんだよ。

                   亡くなった方の為にあるんじゃないんです。

                   私が今を生きる力になるんです。」

                   


                      改めて、うれしいなあと思う。



                     
                          なもあみだぶつ

           

             

          
















        


















   
       


 


         










   
by shinwoyorokobu73 | 2012-10-19 23:53 | 行事 | Comments(0)