カテゴリ:行事( 57 )

お盆法要

おかげさまで 今年もお盆の法要を迎えることができました

a0204371_13404945.jpg


内藤先生には ご遠方にもかかわらず 

横浜までお出でいただきまして 本当にありがたいご縁となりました

先生の 身振り 手振りに笑顔のご法話に

お参りのみなさんも 大きく頷いたり 笑ったり




「 先生の このご法話は 私は何度かお聴きしましたけれど

  何度 お聴きしても ありがたいご法話ですねぇ 」




休憩の時間に

柔和なお顔を また目をほそめて 

にっこり お茶を飲まれる 皆さんの姿に

人が いくつになっても育てられていく世界があることを

ありがたいなぁ と 思ったことでした


a0204371_13574062.jpg


おじいちゃん おばあちゃん おかあさん おとうさん と

一緒にお参りに来てくれた子供たちは

今回は 台所の床に おおきな紙を敷いて

おおきく お絵かきタイム

ようこそ ようこそ



a0204371_1455433.jpg





8月の法話会は  8月13日(土) 13時半より

講師は 西法寺住職が勤めます

暑くなるとは思いますが どうぞ お参りくださいませ









また 夏休みの朝のひと時

『 お寺で 朝ヨガ 』 いかがですか?


       『 お寺で 朝ヨガ 』

       ・ 8 月  8 日 (月)  9時半 ~ 11時半

       ・ 8 月  20 日  (土)   9時半 ~ 11時半

         ※ 各定員 30名  要予約




詳しくは またお知らせいたします





                                                  なもあみだぶつ














 
by shinwoyorokobu73 | 2016-07-25 14:20 | 行事 | Comments(0)

阿弥陀経を読む

本日は曇り空

昨日 「 雨が降るかもしれない 」 と思って

大急ぎで 伸びていた草や木の枝を切りました

肩や背中に腰が パンパンに張っています

去年まではこれほどでは なかったのですが・・・トホホ


a0204371_92231100.jpg

                            紫式部の花  花もきれいな紫色

 






  今日は 『 阿弥陀経を読む会 』 です


久しぶりです  

あっちに寄り道  こっちに寄り道しながらになる事と思いますが

それも 楽しいと思いませんか?

どうぞ お越しくださいませ


   6 月  25 日  (土)   13時 30時 より

   《持ち物》   ・筆記用具 ( お持ちであれば 『浄土真宗聖典』 無くても大丈夫です )

            テキストは準備しております            




たのしみに お待ちしております




                                                  なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2016-06-25 09:26 | 行事 | Comments(0)

ご縁つづき

何人かの方に降誕会でも 「 おめでとうございました 」

昨日の神奈川組 仏教婦人会総会でも 「 知りませんでした  おめでとうございました 」

と言っていただいて 書いた本人の私が 「 は? 」 でしたが

住職と私の結婚記念日(5月21日) の ことでした


ありがとうございます

おかげさまです



a0204371_10393019.jpg




22日の西法寺降誕会は大田先生からお取次ぎをいただきました




 

「 波は水であるけれども 水の本質に波の要素は無いのです

  水は水だけで波にはなりません

   波は風という縁によって 生まれるのです 」








お正信偈に 本願海 と 群生海 と 『 海 』 という言葉で 

全てを摂取する如来の法 と 生きとしいける私達のことを表していただいています

先生の言葉でイメージするに

この私が波だとするならば この波がどこから来て どこへ行くのか

水分が蒸発して雲となり 雨と降って川に流れ 群生の海へと出て

風に吹かれて波となる

大きく吹かれる縁に遇えば 荒れ狂う大波となり

丁度良い穏やかな風に吹かれれば きらめく美しいさざ波となる 



この私も 両親という縁によって生まれ 今生を生きております

その両親もそのまた両親も縁によって生まれてきたのです



物事の そして お念仏の

この生起本末を知ることで 波は波としての生を 深く安心して委ねていけるのではないか

と、仰っていただいたように私は受け止めました

これからまた 改めてじっくりと お正信偈のお言葉を味あわせていただいていこうと思いました




a0204371_1183747.jpg


昨日は川崎のお寺様で 仏教婦人会 『めぐみ会』 の 総会がありました

この二日間は夏日となり陽射しの強い2日間でしたが

皆さんお元気 ありがたいご縁でした

総会の研修では 九州は熊本の 木下慶心先生(現津村別院ご輪番)がお越しくださって

有り難いお話を 独特の面白おかしいリズムでお話し下さいました




《  『 生前 』 の 『生』 は生きている今ということじゃ無いですよ  》


とは、 私達は当たり前に思っていますが 確かに

浄土真宗以外のお方には 変な事かもしれません

『 生前は 』 とは字のごとく 【生まれる前は】 ということで 

『 生前 』 の 『 生 』 とは 【 生まれる事 】  

どこに? 【 浄土に 】 

ということ


死ぬ   ということは   私達にとっては 浄土に生まれさせていただく事

だから  生きている今の事 を 『 生前 』 と言います





誰でもかんでも 『 生前は 』 と挨拶するのはおかしいですね  確かに

もっと 言葉や出来事に興味と実感を持って生活したら

退屈なんて事はない気がします

2日つづきでめったに無いご縁をいただき 今日は自分だけ頭が良くなった気分です

人に言ったら 気のせいと言われますから言っていません






今日はいい風が吹いています

風に揺れる笹の葉を眺めながら

大海原の一波の私を想像しています




                                             なもあみだぶつ



   

   
by shinwoyorokobu73 | 2016-05-24 11:38 | 行事 | Comments(0)

春のお彼岸法話会 2016

今日は風が強い一日です

朝掃いたはずの庭・・・

箒の周りにどこから吹き寄せたのか また葉っぱが溜まっています

埃も花粉も吹き荒れて 目も鼻もグズグズにした人たちがマスク姿で歩いています

あしたの天気は大丈夫でしょうか


a0204371_15353226.jpg



      【 春 彼 岸 会 法 話 会 】

     
         3 月  19 日  (土)   13 時 30 分 ~ 15 時 30 分 頃まで  


             講 師      西 村 信 也 ( 西法寺住職 )





のど飴 用意してお待ちしております

                                             なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2016-03-18 15:36 | 行事 | Comments(0)

今年も報恩講をおむかえできました

a0204371_2344415.jpg


朝から曇り空で ちょっと寒い三連休真ん中の今日

福岡は飯塚市 明正寺より杣山(そまやま)眞乗ご住職に

ご遠方をはるばるお越しいただきました

急に寒くなって体調を崩した方続出のこの度の報恩講でした

何を隠そうこの私も 早々に喉の風邪ひきで 咳が出始めたら止まりません

そんな中皆さまようこそお参りくださいました


今年は枯葉の落ち具合が遅いなぁと思って油断していたら

一昨日から雪のように降ってくる降ってくる・・・

朝一回 午後一回掃いてもすぐに またパラパラパラリと・・・

昨日は 「 たいへんでしょ?」 と大変ありがたい助っ人が来てくださって大助かりでした


a0204371_231543100.jpg


杣山先生は 「 あさがきた 」 でも有名になっている飯塚市からお出でですが

ご覧のようにとてもスマートな紳士です  (写真がはっきりしなくてすみません)

前門様が九州にお越しの時には 「 杣山くん 」 とお電話があるというのも頷けます

住職の母とは従兄です

住職に 「 お父さん 杣山先生 は  上品な方やねぇ 」

と言ったら 「 『 は(わ) 』 ? ではなくて  俺と一緒で杣山先生 『 も 』 やろう?  」

と言うておりますが・・・






先生には どこまでも どこまでも 自分の中からしか外を見ることができない

この自分中心の 『 私 』 について

なんとも分かり易く 具体的なご法話をいただきました

お説教というのに 厳しいお話なのに

なぜか ホンワカと優しい気持ちにさせていただき

余韻の残る法要でございました

     
     



     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

     ひがんだり 悔やんだり 妬んだり 愚痴ったりするのは

     「 目の前で起こった事実を認めない私だから 」

     思うようにならない相手に

     ~のくせに と罵ったりすることになる

     女のくせに 男のくせに 子供のくせに 親のくせに 年寄りのくせに

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



私 今は言いやしませんが思い当って どっきり!

法話にされるくらい 皆さんもそうなんでしょうか^^

情けない事ですが 私もたしかに言ったことがありますわ・・・


       

       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

       私たちは なんで生きてきとると思います?

       私たちは ず~~~っとただただかわいい自分を護ろう護ろうと一生懸命に生きてきていますよ

       浄土というのは この 自分が一番かわいいと思う

       私の都合のいい場所を言うんじゃないですよ

       この世は人生劇場を生きておるようなものです

       この世を一生懸命に生き切った後で

       吉良上野介と大石内蔵助が酒を酌み交わせるような所がお浄土ですよ

       「 嫌いな人も往っている浄土には行きたくないわ 」

       なんてことを思わなくていい安心の世界ですよ

       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~      



ほんとに・・・この世では顔を合わせたことも無い者同士でも どんぱちとケンカが絶えず

毎日どこかで誰かが恵まれたいのちを落としている 





先生のご法話は おもしろいけれど とてもピンとくるお取次ぎです




私で言っても どんぴしゃり!当たっておりますですよ



先生が 「 よくこれだけの事をたった10年でやったもんやねぇ

       坊守さん 子供を育てながらやから大変やったろう~~?」



と言っていただくと恥ずかしながら この胸はほっとするのです

 「 この度のご講師はほんとうに素晴らしい先生だったねぇ 」

と思うのです

10年でこんなものかと言われていたなら きっと

 「 この度のご講師はあんまり・・・ 」

と思うたことでしょう

こんな心じゃ確かに地獄へ落ちるばい と自分でも思います

如来さんのお手回しでさえ自分の手柄のように自惚れる心が 「 私 」 ですもんね

誰かに褒めてほしくてやってきたつもりじゃあなくても

この心は嬉しがるのですよ いやですねぇ 恥ずかしいですねぇ

ただ ただ ご報謝 ご報謝に生きたいものですが

やっぱり 私は 私は から離れられないですねぇ

恥ずかし 恥ずかし あさましいことです

でも こんな 『 私 』 こそが如来のお救いのお目当てなのだそうだから・・・不思議なことですねぇ

ほんとに ありがたいこと



なんまんだぶ なんまんだぶ







この度も ありがたいご法要となりました

先生は「 生きとったら 」 という条件付きで またお出で下さるそうです

お忙しいのは承知の上 是非 是非叶いましたらお願いいたします

病をおしてのご出講 本当に 本当にありがとうございました







西法寺には今年から小坊主さんもお手伝いくださっておりまして^^

(シンちゃんが布袍に輪袈裟でご一緒させていただきました)

「 まあ かわいい! 」

「 お坊さんの格好似合うねぇ 」

「 お父さんそっくり!」

なんて声援をいただき 挙句にはお勤めの準備中にちょっと目を離したら

「 皆さんにご挨拶したら? 」

なんてAのおばちゃんに冗談で言っていただいて

「 おかあさん!! シンちゃんがマイク掴んでみんなの前に立ってるよ!! 」

とトモちゃんがすっとんで呼びに来る

言ってみると椅子に立ってマイクで 「 みなさん こんにちは 」 とやっている (皆さんは拍手・・・)

焦って椅子から降ろし、マイクを置かせるも・・・・・・・・・・始まる前から私は疲れ果てとりました

皆さん ありがとうございます

     ありがとうございます

こうやって 少しずつ許されて大人に育てていただくことです

お育ての中で大きくならせていただきます

これからも どうぞ宜しくお願いいたします









今週から 本格的に冬らしくなるそうです

先日おみがきをお手伝いくださった Tさん Y子さんがお見えでなくて風邪かな?と心配

どうぞ皆さまもくれぐれも体調にはお気を付けくださいませ



                                            

                                               なんまんだぶ
by shinwoyorokobu73 | 2015-11-23 00:11 | 行事 | Comments(0)

おかげさまで

『おみがき』 が終わりました

お手伝いくださった皆さま ありがとうございました

a0204371_16474450.jpg


あいにくの雨でお足元の悪い中でしたが

おかげさまで ぴっかぴかのお輪灯が眩しいです

気持ちだけ 心の煤も払えたような気持ち良さで

今年も報恩講を迎えることができます

a0204371_16514717.jpg

 
「 きょうは はみがき~ はみがっき~~ 」

と本堂を駆け回ってみなさんを待っていたシンちゃんでしたが

おじちゃんの隣で邪魔しながらも きゅっきゅと磨く真似ができていました




Tさん シンちゃんがくっついて 今年はかえって大変な仕事になってしまいましたね 

( すみません )

おかげ様で こうやってこの子も仲間入りさせていただいて ありがたいことでした


a0204371_1715128.jpg


柿をいただいたので 

終わった後のお茶に豆乳牛乳ゼリーに柿をのせて 黒蜜をかけて

おつかれさまでした



 『 報恩講 』  は  11 月  22 日  ( 日 )  13時 30分 より


住職の 「 西法寺 だより 」 も間もなくできます

( また 日にちが一か月ずれてました! 修正済み ご安心ください )

近日発送いたします


寒暖の差が激しいですね

どうぞ温かくして 寒さに慣れてまいりましょう


                                                なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2015-11-09 17:12 | 行事 | Comments(2)

秋のお彼岸法話会 2015.

a0204371_151628.jpg


昨日はほんとうに気持ちの良い陽気で お彼岸法要日和でございました

シルバーウィーク最後の日をご法話で終えるというのも

とても気持ちの整うことであったのでは と思います

ほんとうに ようこそお参りくださいました


a0204371_1592396.jpg



この度のご講師は 西法寺住職 西村信也でございました  

『仏説阿弥陀経』 をお取次ぎいただきながら

お彼岸の意味と 私達がこうして聴聞の縁に導かれて集った意味を

味あわせていただきました




いつもはよく読んだことも無かったけれど ( と思っていたに違いない )

赤本の仏説阿弥陀経を開いて 「 ほぉ~ 」 と一番前の席で頷くKさんのお顔

正直ですねぇ^^





お父さ・・ じゃなかった! 住職 この度も よいご法話をいただきました

ありがとうございました ( お疲れ様 )



a0204371_27559.jpg


わいわいと好きな所で 『 おはぎ 』 を召し上がっていただいての休憩タイム

『 おはぎ 』 は少し甘さ控え目過ぎたかなぁと思いつつ

久しぶりにお顔をあわせて 「 元気でした?」 と話も弾めばあまり甘さ加減も関係ないか^^






子供さんとご家族で とか お孫さんを連れて という方も増えてきています

きっとご法話は子供たちにはつまらないのですが

大人が大事な大事な自分の命の話を真剣に聴き 

考えて  頷いて  笑って  なぜか泣いているおばちゃんもいる

自分たちも静かにしないといけない気がする

バーチャルなことに囲まれた今の時代

異世代の人たちの こんな正直な感情に触れるという

そんな体験はめったに無い

そして 時を経ないと見えない景色もあるのだと気が付いていく ( 多分ずっと後になって )

これって いいんじゃないか?





今は つまらん 2時間半だったと思うけど

きっと 3~40年後

「 お父さんとお母さんは こんな話をこの年で聴いて僕たちを育ててくれてたんだなぁ 」

と自分が子どもだったころの親の年と

自分の年が重なる頃 お父さんお母さんを思うんじゃないかなぁ

年長さんと小学校5年生?だったかな

偉かったねえ  連れてきてもらってよかったねえ





a0204371_2254851.jpg



いつも仲良くご夫婦でお参りの・・・



今日は一人? 

おじいさんは杖を突かないといけなくなったのよ・・・夏に熱中症で倒れてから



久しぶりのお顔が不安と疲れでいつもと違うGさん・・・



近々お見舞いがてら おじさんの顔を見に行かないと



a0204371_2312348.jpg


シンちゃんは 『 恩徳讃 』 を歌う頃には寝てしまって

お兄ちゃん達にはバイバイできなかった・・・・・

「 また来てね 」 

お母さんが代わりに言っておいたからね








「 今日は本当に 来てよかった 」 と住職に言って帰られたというまた別のKさん

別離の悲しさは無くならないと思いますが

そこにこそ 導かれる世界が広がっているのだと思います

これからも 何度もお参りくださいませ








それぞれ 皆さんのお心はわかりませんが  

きっと

これからしばらくは また落ち着いて世渡りできますことでしょう





みなさま この度もようこそお参りくださいました





                                                     なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2015-09-24 02:56 | 行事 | Comments(4)

秋のお彼岸・2015

関東一帯たいへんな雨、雨、雨の毎日でした

大変な被害を受けられた地域の方々にはお見舞いの言葉も浮かびません・・・

まだ いつ雨がくるかも知れない事ですから 早い復旧活動を願うばかりです




お日様が普通に照って

少しばかりの風が吹いていることが

木の葉がかすかに揺れているのを見て知ることができる

こんな日は 「 ああ ありがたいことなんだなぁ 」 

久しぶりにしみじみと 晴れの空気を胸いっぱい吸った朝です



a0204371_1141117.jpg



風と雨でまたそこら中が葉っぱや枝だらけです

どんぐりも落ちてきて 落ち葉の中に蝉の羽も・・・

季節が変わろうとしています



さて、 お知らせがいつものようにギリギリになってしまっておりますが

今朝 早速 お尋ねのお電話をいただいてしまいました 


       秋 の 『 彼 岸 会 法 要 』 は

            9 月 2 3 日  ( 水 )   1 3 時 3 0 分  より

            講 師    西 村  信 也  ( 西法寺住職 )



シルバーウィークの最終日ですね

ご法話に耳を傾けるによい時候です ( お天気に恵まれますように )

どうぞ ご家族お揃いでお参りくださいませ

もちろん 一人 静かにお参りくださるのも大歓迎でございます



腕によりをかけてお萩もご用意させていただきます

楽しみにお待ちしております


                                              なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2015-09-11 12:16 | 行事 | Comments(2)

いのちの輪の中にて

暑い 暑い 昨日

盂蘭盆会法要にたくさんのお参り ようこそ ようこそ

扇風機が壊れて  住職が前日に買いに走ったものの

エアコンに扇風機 そんなことではどうにもならない暑さでございました

a0204371_12451117.jpg






ご講師の 北畠先生には遠路はるばる大阪からお越しいただき

仏様の薫りが漂うような 温かくて優しいご法話をいただきまして

本当にありがとうございました



a0204371_1258261.jpg




この暑さで体調を崩してお参りできないとご連絡くださった皆さま

呉々もご無理の無いように またいつでもお参りくださいませ





お子さん達をお連れでお参りもあり

皆がとても癒されたご法座でありました





本堂の後ろの方で 子ども達や赤ちゃんの声がする中

大人が如来さまの声に身と耳を傾けて一心に聴聞させていただいているお姿は

大人も子供も同じ命を同じ方向に向かって生きている姿のようで

ありがたい景色でありました

いつも 皆 お一人お一人が 日々を過ごす諸々の思いの中で 

見失いそうな自分の立ち位置と 行く方角を確かめにお出でのような気がします





a0204371_1311132.jpg




 
a0204371_13115159.jpg



わからんでいいよ~ わからんまんまで 大丈夫  大丈夫 の 如来さまのご本願です

私はいただくばかり の ご信心です



おじいちゃんのなさるように なんまんだぶ

おばあちゃんのなさるように なんまんだぶ



北畠先生のお父様が 昔なさっていたように 私たち大人は

よき方角を ただ ほれぼれと 仰ぎ仰いでお念仏の生活をさせていただくだけで 

何も教えなくてもよいのだろうなあ

子どもは その後ろ姿に 人として育てられていくのだろうなあ 




大きくなって道に悩んだ時には 大人だと思って眺めたその後ろ姿も

自分と同じ背中だったのだと気が付いて

同じように道を尋ねて 如来の教えに耳を傾けるように育っていくのだろうなあ

今お念仏させていただいている 私も あなたも そうお育ていただいてきたのでしょうねぇ 

そのお手回しの中に 今 いるのでしょうねぇ

そう思いながらいただいたお座でございました



a0204371_13225270.jpg




前もってお電話いただいてお参りくださったK沼さま 

ばたばたとしてお話をゆっくりできず住職も私も残念でした

浄土真宗に今までご縁の無かった方には ご法話が初めはピンとこないかもわかりませんが

だんだん じんわりと沁みてくる教えでございます

また是非是非ご参加くださいませ




ご夫婦で初めてお参りのK島さま 

ご講師を駅までお送りくださって本当にありがとうございました

また是非お参りくださいませ





新盆ではない皆さまのご熱心なお聴聞に

北畠先生も刺激を受けたと仰っておいででした

次のご縁を今から楽しみにお待ち申し上げます






                                                なもあみだぶつ
























 
by shinwoyorokobu73 | 2015-07-21 13:51 | 行事 | Comments(0)

盂蘭盆会法要のご案内

久しぶりに晴れたと思ったら なんという暑さでしょう!

暗くなって少しだけ涼しく感じる夜風にあたっていても 体の中から熱が冷めません



今朝 本堂の軒の下にクワガタが出てきました

欅の木では蝉の声が聞こえてきました

心の準備ができないまま夏に突入したようです



a0204371_1495337.jpg


『 西法寺だより 』 75号 お送りさせていただきました

 
   盂蘭盆会法要 の ご案内をさせていただいております


                  7 月  20 日 (月)  13 時 30 分 ~ 
                  

                  ご講師   北 畠 晃 融  師

                          ( 築地本願寺宗務長 )




この度お送りさせていただきました便りに

住職が 「 華厳経 」 に書かれている 文殊菩薩様と

お釈迦様のお弟子の中で智慧第一の舎利弗(しゃりほつ)様の話を書いてくださっています



自分が勝手に思い込んで見ている世界が

仏法の知恵によって 苦悩の道は平らかに  

悲しい出来事が 私の心を和ますきれいな花へと変わっていく




皆さまにとって この度のご法座に このような発見があればと願ってお誘い申し上げます




                                                   なもあみだぶつ



              
by shinwoyorokobu73 | 2015-07-13 15:31 | 行事 | Comments(0)