カテゴリ:季節( 63 )

桜の花の咲くころに・・・

木枯らしが身に沁みる季節になりました。
報恩講も終り、少しずつ年の終りの仕事に手をつけねば と思います。


a0204371_10104691.jpg


納骨の日、外は雨。
「お骨は晴れた日に納めるとして、きょうはお寺でお預かりいたしましょう。」と住職。
「そうですか、それでは明日は晴れるようですから明日また参ります。」

先日のご法事でのこと。

5年間ご自分の元に置いておかれた大切なお骨。
西法寺がお預かりできるようになるまで待っていてくださいました。


親族のみなさまも安心のご様子。
席を移してお食事へ向かわれました。
最後にご主人と奥様、「 今日はありがとうございました。」 とご主人が頭を下げられました。

と、 奥様の顔はくしゃくしゃっと歪みました。

「 (この子のこと) 宜しくおねがいし・・・・・・・・・・ 」

最後の方は言葉になりません。



いつも欠かさず法話会にはお見えになり、
一緒に 「 南無阿弥陀仏 」 とお参りしてきました。
浄土にうまれるんだな、と聴いてはきたけれど、 

母にとっては白い骨になっても大切な大切な我が子。

「 この子が寂しくなかろうか。 寒くはなかろうか。 」 その涙だと痛いほどわかります。



ご主人、奥様それぞれと目で確認し合い

「 間違いなく、確かにお預かりいたします。」

頭を下げて、顔を上げることができませんでした。



a0204371_10424363.jpg



次の日、快晴です。

「 しばらくお骨はお寺で預かりますと言うたらどうか。」 住職が言います。

そう、このきれいな紅葉の下の納骨壇 「きれい」と普通なら喜ばれるけれど、
母の目から見ると、「 もうすぐ寒くなるから・・・この子は・・・ 」 と見えるでしょう。



「 住職がね、お骨はしばらく本堂の阿弥陀様のお側にお預かりしましょうかって。 」
  
そうお二人に話すと、パッとお二人ともお顔が明るくなられました。



「 この紅葉の裏手に見えるあの黒い木は山桜なんですよ。
  あの花が咲くころ、暖かくなってから納骨しましょうか。   」


また一緒に、今度は笑いながらぽろりと目から水が出てきました。



浄土に生まれることは踊りあがって慶ぶべきことなのでしょうけれども、
浄土にお生まれになった方のことは慶んで良いことなんでしょうけれども、
一緒に目から水が出てしまいます。

こんなのが私。


何かで読みましたが、
自力の強く立派なお方は 「 自分で魂を磨いていく 」 のが人生、と仰っていました。

でも、弱く自分で自分を磨くことができない私は、
先輩方が仰っておられるように 「 阿弥陀さまのお育てに遇わせて頂く 」 人生。


この度のご縁でも私が知れました。                      

                                              なもあみだぶつ                    
by shinwoyorokobu73 | 2012-12-03 11:22 | 季節 | Comments(2)

秋の夜長に。

                  次女がなんとか回復して退院してきました。
                       
                      ちょっと痩せたような感じ。

                   一人家族がいないとさみしいものです。
                    いつもケンカばっかりの妹トモカも、
             車が止まるや否やお姉ちゃんめがけて家から飛び出して
             わんわん泣きだしたのでよっぽどさみしかったのでしょう。


               今日は朝からそんな我が家にうれしい贈り物が。

a0204371_3281030.jpg


                        そして、サインまで。

a0204371_3294098.jpg



                       ご門徒のKさんご夫妻が
           八ヶ岳にある黒井健さんの絵本ハウスに行ってこられたのです。

      以前挿絵がこの方の『ごんぎつね』と『てぶくろをかいに』を頂いていたのですが、
          今回それに「サインを貰ってきてあげる」と言ってくださったのです。

                
  
                 退院してまだ青い顔のチオンが眼を輝かせて、

            「 うわ~~!!すっご~~い!なんでサインとか貰えるの?」

                と喜ぶ顔をKさん夫妻に見せたかったくらいです。


                        ありがとうございました。



 
                 黒井健さんというと ~十年前私が中学生の頃、
      ミシシッピー川と空に浮かぶ雲を描いてらしたのが印象的だったのを思い出します。

       でも、今回頂いた『つなみ』の挿絵を描かれているのはちょっと意外な感じがして
                        ついつい読んじゃいました。


              『つなみ』を書いたのはあの『大地』を書いたパールバック。
                        ( 女性だったんだ )

            昔のアメリカ人女性が日本の津波を題材に書いているのですが、

                   驚くことに『日本人』を書いているのです。

             今の日本人の多くが忘れてしまったような『日本人』なんです!



                     大人ならすぐ読めてしまいます。

                   秋の夜長に是非、是非、お読みください。



           私はこの小説で何故か井上靖の『しろばんば』を思い出しました。

               やっぱりあれも日本人の温かさと優しさを思います。

                      久しぶりに読んでみようかな。




                      もうじき贈り物の季節ですね。

                    私もKさん夫妻を見習わなくては。



                           なんまんだぶ                  
by shinwoyorokobu73 | 2012-11-07 04:09 | 季節 | Comments(0)

秋深し、

               関東の秋、冬はとっても乾燥しますね。

                  唇なんかカッサカサです。

               目の周りのなんとか皺も深くなります。

     でも昨日はまとまった雨で地面はしっとりと、植物は色を深くしています。

                   私のお肌もひと安心。

    
 
a0204371_12114657.jpg


    「 はあ~、昨日は久しぶりの雨だったけど、あれだけ降ると疲れるわあ。」

               って感じの秋明菊のお姉さんたち。



 
a0204371_12204498.jpg


 何年か前、花屋さんの片隅でよれよれだった磯菊(?)も復活してわんさか蕾をつけています。

                  引っこ抜かなくてよかった。






a0204371_12521771.jpg



               「 あ、あれ?! まちがえた!! 」

              
                    秋にたんぽぽ・・・。 





a0204371_12564938.jpg
  



                   こちらでは出産が。


                 お母さん、がんばって!!





     
      ああ・・・・・、秋の庭掃除ははかどらない。         なんまんだぶ
















       
by shinwoyorokobu73 | 2012-10-29 13:01 | 季節 | Comments(2)