カテゴリ:季節( 59 )

残りの人生で一番若い日

書かなくてもいいんですけど、暑いですね~。

部屋の中にいても汗だくになりそう。

皆さまくれぐれも熱中症には気を付けていきましょう。



ご無沙汰をいたしました。



7月のお盆法話会もいつものように安武先生ワールドで皆さま心をほぐしていただき、

なんとも言えず好い空気をまとって帰路につかれて

よい夏迎えになった気がいたしました。


a0204371_14394694.jpg





a0204371_14393764.jpg



早く up しなくては! (汗)   

と思いつついろんなことがあり、

いろんなことを考え、

いろんな人にあったりしているうちにあっという間の2週間。



2週間も経つのにご法話の言葉は胸にずっと残るのです。

というか、ずっと繰り返し思い出していくのだろうなと思います。







     安武先生   「  『生老病死』 は人間の苦しみの元ですね。

                

       
                だけど今は

                年を取ったら老人福祉施設。
   
                生まれる時も、病の時も、死ぬ時も病院。

                あまり見えないようになってます。

                見えないからと言って無くなっとりゃせんのですけどね。




                
                


                入れ物に砂を入れてキリで一ミリほどの穴を開けると

                さらさらと落ちていきますが、

                一年に1トンの砂が落ちるそうですよ。




                そうすると80年生きたら80トンの砂が落ちることになる。

                生まれたときは『あと80トンもある』と思っておっても

                ふと気が付くと私なんかもうあと6トンしか残っていない。(わはは・・・)





                 老いや病や死は見たくないから見えないところにやってますけど、

                見えていなくても私の砂はさらさら さらさら落ちつづけているんですよね。




                残りの砂がたくさん残っているうちに

                この苦しみからを抜け出す法を聞いていきましょうねえ。


           ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


                 ちょっと昔の女性は

                 「 たくあん切るのもためらい傷を付けるくらい

                   お姑さんには気を遣った。」

                 と言いますよ。

                 それくらい結婚して嫁ぐというのは敵地に赴くようなものだったんですねえ。

                 女性っていうのはすごいですよねえ。

                 敵地に乗り込んで最後は乗っ取ってしまうんだから。 ( わっはっは・・・)




                 今はしょっちゅう帰れるんでしょうが、

                 当時はだいたい半年に一回帰っとった。                 

                 半年間敵地で堪えに堪えた愚痴を

                 「里に帰ってぶちまけてやる~~あれも言ってやる、これも言ってやる!」

                 と思うて半年間頑張って我慢して里に帰る。

                 

                 ガラッと玄関を開けて 「 ただいま!」 と言うと

                 奥からやっと帰った娘の顔を見たくていそいそと出てくる母の顔。



                
                 するとねえ、不思議なことに母の顔を見た途端

                 「 あれも言ってやるこれも言ってやる 」

                 と思っていたことが すう~~っと修まったと言うんですよ。





                 母には何も言わずとも全部わかってもらっていることがわかる。





                 「 わかっているよ。 おかえり。 よく帰ったね。 」

                 その顔を見ただけで悔しい悲しい苦しい私がそのまま修まる。





                 阿弥陀様のお救いも

                 真実から目を背けたがる私だからこそ

                 救わずにはおられないと私の声となって称えさせてくださる。

                 そのまんま抱き取ってくださる

                    「わかっているよ」のお救いです。





                 砂は刻一刻と落ちていきます。

                 ただ、残りの人生で一番若い日は今日です。

                 明日も残りの人生で一番若い日です。

                 一日一日が残りの人生で一番若い日です。

                 阿弥陀様とともに大切に安心して生活していきましょうねえ。

                                                         」










またまた坊守のとぎれとぎれの記憶ですので拙くて申し訳ないのですが。

思い出しては心が温められます。






苦しかったり思い通りにならないことは必ず起こりますね。

その時こそ、そのこととしっかりと向き合って精一杯頑張ってみたいと思います。

恥ずかしいこともするでしょう、

その時はどんなに考えてもわからないこともあるでしょう、

落ち込むこともあるでしょう、

でも、だんだんそれすら恐れず考えず精一杯臨めるようになるのかもしれません。






残りの人生で一番若い日を大切にしていきたいですね。




                                                なもあみだぶつ











                 

 






                 

                 

                 




                 

                 



                                            













                

                





                




                







                



      
     





    













 










 
by shinwoyorokobu73 | 2014-08-03 17:13 | 季節 | Comments(0)

梅雨明けかあ?

今日は曇りなのに暑い~~!

と言うたらますます暑くなるのはわかっておりますが、
ホントに蒸し々々と暑くなってきましたね。


皆さま体調はいかがですか?


私の両親は高血圧なのでこんな季節はちょっと心配です。


血圧高めな方、十分にご注意を。


でも、一昨日はこんな空。


a0204371_13195548.jpg




梅雨、明けたのかな? と思う夏空です。

きっと、もう本格的な夏近しですね。





a0204371_1420284.jpg


草花はこんな感じ。 やっぱ君も辛いかい?




小学校ではプールが始まりました。

うらやましい!!




a0204371_1423950.jpg



紫陽花にももうこの暑さは辛いでしょ。





暑さに限らず何事も中途半端が一番辛い。

パッ!と切り替われたら楽なのに。

( 勝手な話ですけどね~。)






                                              なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2014-07-01 14:51 | 季節 | Comments(0)

しあわせになるために

鴨志田のオレンジ色の屋根の3階建ての一軒家で

ここ西法寺がまだ『青葉布教所』と呼ばれていた頃、

ご主人を亡くされてご縁があった◯さんと夕方電話。




「 降誕会のご案内いただきました。

  ただ、今年は体調がこんな調子だから

  お斎のお手伝いができそうにありません・・・・ 」



彼女とは間もなく10年のお付き合いになります。



「 いやあ~、まだまだ40代50代は花ですよ。

  70歳も過ぎてみると、いやいや・・・・・ 生きていくのもたいへん。 」





もともとご実家は浄土真宗ではなかった彼女。

最初はこの教えはちんぷんかんぷんだったようで、




「 坊守はご縁ご縁っていうけれど、

  ご縁ってなに? まっっったくわかんない! 」




なんて関東の方らしい気持ちをストレートにぶつけてこられていました。

気持ちのまっすぐな、私にとってありがたいお友達でもあります。



a0204371_21202982.jpg


         来週     5月 25日 (日)  13時半より  15時半頃まで

                  降誕会法要 の ご法話をいただきます。


           ご講師は   広島県江田島より  足利弘宣 師  です。





降誕会はご法話が終わってから

皆さんとご講師を囲んで軽くお食事をしながら

広島の話やら御法義の話やらわいわいと久しぶりに楽しみましょう。






そうそう! 今年はご法話の後にもう一つ。

さだまさしさんの 「 いのちの理由 」 という歌を

ご講師のウクレレとご門徒のMさんのピアノ演奏に合わせて皆で歌います。




住職と私は昨年の紅白歌合戦でこの曲を聴いてから、

「 来年の降誕会はこの歌をみんなで歌いたい! 」

と思っていたのでした。




この歌は、浄土宗の法然上人800回大遠忌を記念して

浄土宗の依頼でさだまさしさんが作られた曲です。



さださんは 「 わたしは浄土真宗ですが、わたしが作っても宜しいんですか? 」

とお聞きになったと笑いを誘っていらっしゃいましたが。

兄弟みたいなものですものね。


       
       


        「 いのちの理由 」



        私が生まれてきた訳は  父と母に出会うため

        私が生まれてきた訳は  きょうだいたちに出会うため

        私が生まれてきた訳は  友達みんなに出会うため

        私が生まれてきた訳は  愛しいあなたに出会うため

        

       

        春来れば  花自ずから咲くように

        秋来れば  葉は自ずから散るように

        しあわせになるために  誰もが生まれ

        悲しみの花の後からは  喜びの実が実るように





        私が生まれてきた訳は  何処かの誰かを傷つけて

        私が生まれてきた訳は  何処かの誰かに傷ついて

        私が生まれてきた訳は  何処かの誰かに救われて

        私が生まれてきた訳は  何処かの誰かを救うため





        夜が来て  闇自ずから染みるよう

        朝が来て  光自ずから照らすよう

        しあわせになるために  誰もが生きているんだよ

        悲しみの海の向こうから  喜びが満ちて来るように




        私が生まれてきた訳は  愛しいあなたに出会うため

        私が生まれてきた訳は  愛しいあなたを護るため









  「親鸞聖人は、本当の喜び(しあわせ)は、悲しみの中にあると教えてくださいます。」

  と住職は 『 西法寺だより 』 に書いています。



この度のご縁では、ご法話とともに

集ってくださった皆さまと一緒にこのさだまさしさんの歌詞を味わっていけたら幸いです。



お待ちしております。



                                              なもあみだぶつ











  
by shinwoyorokobu73 | 2014-05-17 21:55 | 季節 | Comments(0)

目がまわる~~~!

先日の日曜日は朝からr寒いなあと思っていたら
『歎異抄を読む会』が始まる頃になってザーッと雨が降りだし、
おまけにピカッ! ゴロゴロ~ ドッカ~ン! 雷まで落ちる始末・・・・・


「 今日はきっとみなさんお見えにならないよねえ・・・ 」

と話していたのですが、

a0204371_1720143.jpg



いえいえ、皆さまそんな雷も雨風もものともなさらずお出でくださいました!!

ようこそ、ようこそ!






a0204371_17211319.jpg



先週からの我が家。

入学式ふたり。

保育園転園した人ひとり。





準備は山ほどてんこ盛り。


児童調査票2まい、生徒調査表2まい、それに地図を4人分書いて、

生徒手帳2冊には「保護者がもろもろを記入すること」の欄があり、地図も・・・・・

そうそう、定期券を新しく作らないといけない!

手提げバックを縦30センチ横40センチ一つ、縦25センチ横35センチ一つ。

給食用の巾着袋を大きいのと小さいのをそれぞれ1枚。

ランドセルに筆箱ノート、教科書全部、鉛筆にもクレヨンにも一本ずつ名前を書き・・・・・

着る物にも靴下パンツにもお名前を書く・・・・・

毎日スタイを3まい、おむつは5枚名前を書いて持っていく。

他にもシーツにバスタオル、お遊び用の自分で履ける形の靴。  などなどなど・・・・・・・・・

「着替えをおむつと下着とTシャツとズボンをセットにしてレジ袋に毎日入れておいてくださいね。(ニコッ)」

・・・・・保育園の先生は優しく厳しい・・・・・






4月7日はお姉ちゃん二人は6時半に登校。(お弁当なし)

シンちゃんは8時30分に送って行って慣らし保育のため9時45分にお迎え。
トモちゃんは入学式の振り替え休日。


4月8日はお姉ちゃん二人はまた6時半に登校。(お弁当始まり)

シンちゃんは8時30分に送って行って11時にお迎え。
トモちゃんは小学校初登校で11時25分お迎え。
( お迎えの時間を間違え、初日からお迎え失敗・・・・)


4月9日、10日、同じような感じ。


ああ・・・    もう・・・     ・・・・・・・・・

ゆっくり休める日々はいつになるのだろうか。












a0204371_17174431.jpg



でも・・・・・・・・・でも・・・・・・・・・それでも春はうれしいね。

トモちゃん仲良しのコトちゃんと同じクラスでご機嫌さん。










a0204371_17243595.jpg



フレッシュな人たちも


気持    フレッシュな人たちも



いってらっしゃ~い!






よし! わたしもがんばる!





                                      なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2014-04-10 17:39 | 季節 | Comments(0)

冬から春へ

a0204371_1255322.jpg


一昨日は裏山の椿が笑っていました。


今朝は雨。

うつむいた椿の花の中にもぐりこんで、メジロちゃんが美味しい蜜をお食事中です。

保育園に子供たちを送って行って帰って来てメジロちゃん達を発見してしまって、
なかなか車のドアを開けられず、困った困ったです。


今年の2月はお寺の行事を少なくしていて、
なんとなくいつもとリズムが違ってかえって落ち着かずに過ぎていきました。


a0204371_13143356.jpg


昨日の日曜日は、きっともうすぐ暖かくなる、と期待して

「冬の体をほぐしましょ」の会をこじんまりと楽しみました。



人数は少ないけれど、
中学生から七十?歳まで。

整体の先生から目からうろこの人体の仕組みの説明と施術を受けました。

骨格の歪みからくるリンパの流れの悪さは、説明していただくと実感がわきました。

毎日ちょっとずつ行うとよい体操、壁立ちも教えていただきました。
(なんでもこの『毎日』というのが難しいんですけどね!)


先生の施術はふ~~~っと眠くなるくらい優しく触れてくださるのですが、
皆終わった後は「 あったかあ~~くなって眠くなる~~ 」 というくらい気持ちよくなるのです。



今回は急に思い立ちご連絡が行き届かず申し訳ありませんでした。

もし興味をお持ちの方はお寺までご連絡ください。

また、次回には真っ先に連絡させていただきます。


a0204371_13425845.jpg


ご門徒のお母さんに編み方を教えていただいて、
ピンクッションを編んでいます。


そのお母さんと一緒に編みながら、

「 『やらないといけないこと』 は山のようにあるんですよね。

  ずっと『やらないといけないこと』を頑張ってやってきた気がするんですよ。

  子供のころからずっと・・・・・

  編み物や縫い物、絵を描いたり、『やりたいこと』 は 『いつかやれたらいいな。』 と思いながら。


  でもねえ、もう40も半ばになって ふと、

   『 いつかっていつなんだろ? 』 と思うようになって・・・・


   今やろう!と思って、お母さんにご相談させてもらったんです。

   でも、セーターやベストの大物は時間がかかりすぎてかえってストレスになりそうで、

   こんなピンクッションくらいの小物ならちょこちょこっと出来ますからね。

   だからねえ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 」


   
  なんて話しながら。

  

冬のこんなゆっくりした時間はいいですね。

人とじっくりと話がしたくなる。




この冬はこのブログがご縁でまだお会いしたことがない方からお手紙をいただくようになりました。



いつのまにか年を重ねて、

いつのまにかおばさんになっていたり、

いつのまにかおばあさんになっていたりする私と同じ皆さんから。



一日一日を重ねてきましたね。

一日一日を重ねて行くのですかね。



この間生まれたばっかりの信ちゃんがおしゃべりするし、もうおっぱいを卒業しそうです。

この間生まれたばっかりのようなトモちゃんも卒園です。

生後3か月で東京に抱いてきたチオンはもう中学生。

その時1歳半で立派にお姉ちゃんを務めていたきょうちゃんも今では私の相談相手をしてくれます。





先週の木曜日 「 卒業を祝う会 」 というものがありました。
小学校6年生が保護者を招いていろいろと催してくれます。

長女の時はトモちゃん信ちゃんと一緒だったのでゆっくり見る余裕もありませんでした。
ただ、「 お母さんは来てるよ 」 と長女に手を振って帰ってきただけ。 ごめんね。


今回は椅子に座って観ることができました。

あ! しばらく会っていなかったooさん、後ろから見ると白髪が・・・・私と同じ・・・・。
え! 彼女も?・・・・同じ・・・・・。


要らぬところに目がいきます。


プロジェクターに映し出される子供の姿に一番に顔を両手で覆う、隣に座るお母さんは、
そうだった・・・彼女確か何年か前に離婚してたんだった・・・・・。

ぽんぽん、と久しぶりに会った彼女の肩をたたきながら私も目から水が・・・・・。




そろそろ顔についてる二つの目は老眼になろうかのお年頃になってきましたが、

なんだか以前は見えていなかったいろんなものが見えるようになってきた気がします。




手紙のみなさまも、私と同じように泣いたり笑ったりしてこられたんですね。

ここを訪ねてくださる方もきっと。




今日もありがとうございます。




                                          なもあみだぶつ






















  
  






  
by shinwoyorokobu73 | 2014-03-03 15:02 | 季節 | Comments(0)

雪!20年ぶり、45年ぶり、120年ぶり~?!

先週末の予報で、関東地方は 「 20年に一回の大雪。」 ということが言われていました。

予報通りの大雪で、次女に夕飯の後 

  「 きょうの大雪は20年に一回らしいよ。

    次にこんなに積もるのは20年後かなあ。 ちおんは30歳超えてるねえ。」

と話しました。


すると、彼女は急にばたばたと二階から防寒ばっちりの格好に着替えてきました。

その時の時刻は夜9時。

  「 ちょっと! 今からなにするの? まさか今から雪遊び?! 」

a0204371_216428.jpg


a0204371_2113184.jpg


昼間もけっこう遊んでいたのに・・・・・・

 「 せっかくの20年に一回のチャンスだから、〈かまくら〉を作る!! 」と言って、

玄関の電気と雪明りの中シャベルと長靴でせっせと〈かまくら〉を作り始めたのでした。




まあ、いいか。


20年に一回くらい徹夜で〈かまくら〉を作るのも楽しいかも。

私もその時そう思いました。



しんしんと降り続く雪の中、先週土曜日の夜、

彼女はえっさほっさと夜中まで〈かまくら〉を作り続けたのでした。



まさか1週間後に120年に一回と言われる大雪がまた降ろうとは思いもせずに・・・・・・・




今回の雪はまたすごい!


なんという天気でしょう・・・・・・・・雪が怖いと初めて思いました。



きのうの夜はフィギュアスケート羽生くんのフリーの演技が気になったのか、

あっという間に20センチ、30センチと降り積もっていく雪が気になったのか、

ちょうど2時過ぎのいい時間に目が覚めてソチでの歓喜の演技を観ることができました。


a0204371_2301748.jpg


今日は早朝に住職と2人で雪かきでした。

ご法事は延期のお電話があっていたのですが、

普段土曜日も長女は学校があります。 


昨日の段階では休校の予定は無かったので、

「 もし休みじゃなかったら道まで出られない、大変だ!」 と

雪が積もってるのに雨が降る へんてこりんな中をわっしょいわっしょい雪を掻きつづけたのでした。


a0204371_23452023.jpg


先日、『 ちくちく ぺちゃくちゃの会 』 というのをやりました。

今回は冬ですから毛糸で編み編み。 アクリルたわしを作りました。

雪の日は家籠りですからまたやりたくなって、

雪の日はいろいろ思うままに編んでいます。

a0204371_2349940.jpg


雪国の皆さんは日常雪かきやお買い物などたいへんでしょう。

20年ぶりやら45年ぶりやらと大騒ぎする私たちの姿はおかしいかもわかりませんね。



雪とともに暮らす方々の一日を想像しながら、

明日も120年ぶりといわれる大雪の一日をよ~~く味わって過ごしたいと思います。

(でも、来週また300年ぶりの・・・・・なんてことがあったりして^^)



                                              なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2014-02-16 00:02 | 季節 | Comments(0)

終わって一息

「報恩講」が無事に今年も終わりました。

暖かな日でしたのでストーブもいらず、
ほかほかと身も心も温かなひと時となりました。

ようこそのお参りでございました。



a0204371_1411096.jpg


この度のご縁は

落ち葉のお掃除も本堂の窓拭きも庭の草取りも、

当日はお萩や赤飯の差し入れまで(全員分)皆さまにしていただきました。


a0204371_141515100.jpg


私の分、キープしてくださっていて終わってからいただきました。
優しいお味でした。  ごちそうさまでした。


一年一年お一人お一人との距離が近くなっているようで
本当に心強くありがたく思います。

ず~~っと上の方からは笑われるんですが、
やっぱり一気に済ませていたお掃除も窓拭きも
最近は疲れていっぺんにはできません・・・・・

これからもどうぞ宜しくおねがいいたします。







さて、もう今年も残すところ10日あまりとなりました。



冷蔵庫に貼っているメモを一つずつ消していって、
今年のやり残しのないように あと一息頑張らなくては。



ここをお訪ね下さるみなさまも、
風邪に気を付けて どうぞもう一息がんばりましょう!


                                         なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2013-12-21 14:55 | 季節 | Comments(2)

よくよく見ると。

2連休初日。

車が朝から多いです。


雲一つない青空。

行楽には最高のお休みとなっております。

我が家はきょうもお出かけはないのですが、

a0204371_14173032.jpg


裏山のいつものこの紅葉を眺めていると、

「 よそに出かけなくてもいいかなあ~~ 」 と思うのです。(ごめんよ、子供たち。)

a0204371_14201088.jpg


駐車場のケヤキの葉っぱは今からが本番の桜吹雪ならぬケヤキ吹雪状態となります。

2~3日でこ~~んなに集まります。

a0204371_14245839.jpg


去年までは 「 ああ もう! いつまで落ち葉がつづくんだあ!」 と思っていましたが、

先日 土作りの本を買って読んでみると、

この大量のケヤキの葉っぱや草を我が家の土に漉き込んで

菌がいっぱいの土を育ててみたくなりました。

今までも除草剤や農薬は使ってきていませんから直にいい状態の土ができると思います。

a0204371_14323210.jpg


スミレでしょうか、来年も可愛い花をいっぱい咲かせてね。

a0204371_14413965.jpg


こちらはちょうど花盛りの紫蘇。
草取りの時、摘めなくて残してしまっていましたが
いっぱい花をつけました。
こちらも来年またいっぱい顔を出してくれるでしょう。


a0204371_14341987.jpg


ギボウシは間もなく冬籠りですね。


a0204371_1437620.jpg


この辺りのグリーンは来年は地植えしましょうか。


a0204371_14442765.jpg


ここには春の準備も着々とできていますね。


a0204371_14471486.jpg


夏の名残りの姿も。




普段はゆっくり見ることもなく

くるくる くるくる 駆け回って生活していて気が付きませんけれど、

私はゆっくり ゆっくり変わっている中に生きてるんですねえ。



きっとまだまだ私にはいろんなことが見えていないのでしょうが・・・

見えていなかったことに気が付くとうれしい。 なんまんだぶ





さてさて、明日は 『 歎異抄 』 の最終会です。 ( とりあえず今回は )

13時半より。 お待ちしております。


12月15日は 『 報恩講 』 をお勤めいたします。

浄土真宗にご縁の方は、

ここは是非おまいりくださいませね。 また 改めてupさせていただきます。


                   
                                                 なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2013-11-23 15:07 | 季節 | Comments(0)

金色の風の日は

下の子を車で保育園に送った帰り道、

金色に輝く銀杏並木を抜けると

朝早くから畑に来ているおじいちゃんのラジオから 

let it be が流れてきます。



「 そうか、今ポールマッカートニーさんが東京に来てるんだったな。」

私も早速乗っている軽自動車のラジオをつけてその曲をさがします。



ビートルズの曲は秋の彩によく似合う。

高校生だった頃、

二つ上の先輩がその英語を口ずさみながら帰るのを

「 かっこいいなあ 」 と眺めていたのを思い出します。


a0204371_1043776.jpg



今日は久しぶりにお寺の仕事で急ぎの仕事はなく、

子供たちも元気に学校。(保育園)


最近は予定通りに何事も進むことはなく

気持ちばかりが焦る日々でしたが、

今日はちょっとゆっくりと過ごしたい。


a0204371_10183590.jpg


先日せっかく勉強会に差し入れしようと作ったシュークリームも

この手がどんどん出てきてあっという間に・・・・・・お皿だけ。

「 せめて写真だけでも~~~!!」

と撮ったはいいけれど、それからは作る間もなく気力も湧かず・・・・・・



風はちょっと強いけど、

日差しはぽかぽかな今日は のんびりと本来の私のスピードで過ごします。

( 充電 充電 ぽかぽか本堂でタウンニュースの記事を書き、
  
  掲示板の言葉を書いた後は本でも読めるかな?)



ずいぶん寒くなりました。

みなさまも時折ふうう~~~っとゆるめる時を作って、

寒さと師走に備えましょう。(^^)


                                          なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2013-11-20 10:33 | 季節 | Comments(2)

ホッと一息。

久しぶりに感じる青空。

10月なのに毎週台風がやってくる どうもおかしな秋です。

今日の朝陽を一人でも多くの方がホッと眺めていらっしゃるとよいがと思います。






裏山のどんぐりがこの台風でぼこぼこ落ちてきました。

a0204371_7541254.jpg


今年は写真のようにまるまると太った実がたくさん実りました。

きれいな色ですねえ。

このまあるいどんぐりは九州に住んでいた時は見たことがありませんでしたから、
まだこうやって手にするとわくわくします。

今年はどんぐりの当たり年のようです。




さて、今日は 「 歎異抄を読む会 」 第 3 回 です。

前回、前々回と同じく 15時 からです。

先週の日曜日はどしゃ降りの雨の中を10人もお出でくださいましたが、
今日はお天気も上々なようです。

楽しみにお待ちしております。




   追記    昨日予定していました 「 自律神経を整えて秋を気持ちよく過ごすためのセミナー 」

          は台風のため延期いたしました。

          ご連絡いただいていた皆さまにはお待たせいたしますが、

          また後日変更後の予定をお知らせいたします。
by shinwoyorokobu73 | 2013-10-27 08:26 | 季節 | Comments(0)