カテゴリ:季節( 59 )

足元にも

春になると世間では まずは桜と来るのでしょうが

お寺では 

あっちにも こっちにも

ちいさい ちいさい 花盛り

イチゴの花が占領している所や


a0204371_16381139.jpg
今年も 桜ももちろん綺麗だけれど

足元にも 

笑い声が聴こえそうな

花 花 花

a0204371_17354897.jpg


たんぽぽ、ノースポール、ヒメオドリコ草

なにが自然の草で

なにが自分たちで植えたのか ようわからん状態ですが

そんなこと どうでもよろしい

ほんとうに どの草もどの花も 気持ち良さげに伸びています


a0204371_17363430.jpg
遠くに森のように繁るのはクローバー群








a0204371_17515022.jpg
雨上がりに すっくと立つ姿もりりしい!

小さい小さい この草の名はなんだろう?




いつものことですが、

こうやって春になると

気が付くと 庭が大変な事になっているのですが・・・

あとの大変はさておき

みんな一斉に ぶわあ~~っと伸び始める

この状態を眺めるのが

毎年のたのしみなのです





最近はSNS疲れでぐったりな

学生さんやお母さんお父さんがたくさんいらっしゃると聞きます

ちょっとスマホから目を離して

桜は終わりましたが

いろんなものを 自分の目でよく眺めてみるのはいいかもしれません

足元の草も 冬の間裸だった木にも

日に日に葉が萌え出ている様子に

元気をもらえます

人間はいいなと思うものを 真似する生き物のようですからね

あなたも う~~んと伸びてみたくなるかもしれませんよ




                               なもあみだぶつ




































by shinwoyorokobu73 | 2017-04-15 18:36 | 季節 | Comments(0)

さくら咲き 

咲くまでは まだか まだかと待つのは長いけれど

散るのは あっという間

きのうの雨と強い風で 裏山の桜はひっそりと散り始めました



数日前にあった 娘の高校の入学式は

咲き始めの桜色の中

多分 本人は どきどき どきどき で

桜なんか目に入らない状態のスタートとなりました 


a0204371_17012786.jpg



春になると ひょっこり訪問する方が必ずあるのですが

今年は珍しく体操服姿の元中学生(新高校1年生)や 小学生の子どもたちが。



 小学生男子 「 ねえおばちゃん、ここお寺なの? 入って見てもいい?

         あれ・・・すげぇ!! 鳳凰? 」


最近の小学生は 本堂の欄間を見て なぜか鳳凰を知ってます( 逆に すげぇ! )


 


小学生男子 「 ここ・・・いいな。 なんか・・・ 」

  坊守   「 ありがとう 」


 小学生男子 「 あれも・・・ すごくデカくて かっこいい 」

  坊守   「 なに? 」

 小学生男子 「  ホトケ  」

  坊守   「 ( ホトケ・・・? 佛・・・ )

         そう? ありがとう、おばちゃんもそう思うよ 」



「 ホトケ 」 なんて言いながら

ちゃんと両手を合わせて頭を下げていたk君

生まれたての嘘の無い 褒め言葉に

おばちゃんはとっても うれしくなりました 

ありがとうね  ようこそ ようこそ

a0204371_13234066.jpg
春休み中の新高校生達は

多分 ちょっぴり緊張 ちょっと期待で

お散歩中にお寺を見つけて来てくれました

期待と不安 ちょっと いや かなり不安の方が大きいか・・・

子どもだろうと 高校生だろうと ちょっと大人だろうと

4月からの新生活は不安に感じますね




スタートした娘の話しによると

自分だけあぶれることにならないように

周りの皆は ガシガシに仲間づくりに走っていて

逆に自分はその空気に圧倒される と言っています




私もそうだったのか

自分の背中を見たことは無いのでわかりませんが

子どもたちが ちょっとずつ ちょっとずつ

自分の羽で飛ぼうとする時は

親もどきどきしながら じっとそこん所を見ています




合格発表前なんかは じっとしていられず

いつも何か適当な気休めを探していました

庭を歩いてフキノトウを見つけたら

a0204371_14234570.jpg

a0204371_14241667.jpg
茹でて 切って 味噌とあえ、

a0204371_14244513.jpg
蕗味噌は しょっぱすぎたので

お豆腐とあえて 豆腐の蕗味噌あえに

a0204371_14250353.jpg
なんてことを 日にち さがして過ごしました

 

料理や掃除というのは

心配事から心を離してくれる手伝いになりました




心と体は一つですから

ちょっと不安 ちょっと緊張 の 4月をお迎えのみなさんは

「 ちょっと 」 のうちに 気を違う方に向けるようになさって

体調にお気を付けください




余談ですが

きのう疲れてため息を吐く次女に住職が

「 むかし 西法寺のお前たちのばあちゃんが 珍しくため息を吐いての、

  『 お母さん ため息を吐いたらいい事が逃げるよ 』 と言ったら

  『 いいや、これはため息じゃない! 深呼吸! 』 と言って

  ため息の後にでっかく息を吸い込みよったぞ 」

と言い、おばあちゃんらしいとみんなで大笑いしました




新しい職場や 新しい学校で ため息が出たら

ついでに大きく息を吸い込みましょう

そうすれば それは ため息ではなくて深呼吸たい!





                             なんまんだぶ










































by shinwoyorokobu73 | 2017-04-11 14:49 | 季節 | Comments(0)

今は ありがたく

今朝 TVの天気予報で今の時期を

「 冬と春が相撲をとる と云う 」

と言っていました

昨日は春の勝ち 今日は冬が少し押し返しています

まだ 庭には梅の花

本当に春が勝つのはもうちょっと先のこと

a0204371_13445587.jpg
以前ブログに書いたことがありますが

「 そんなに大変だったら 子どもなんか産まなきゃよかったじゃん 」 と

私に毒づいた人が 亡くなったと

その時慰めてくれた年上のママからメールがありました




突然のことに

「 は? 」 と 気の抜けるような声を出してしまいました




右の人にはAと言い

左の人には同じことをBと言い

右と左の人をケンカ対立させて「うっひっひ」という人でした

その時 東京の学校に子供が通っていて縁があり

「 東京の人ってコワイ 」 と思ったものでした




その時 私よりも憤慨し

慰めてくれた 強く美しいママは

今は大きな相撲部屋の女将さんとして奮闘中
( 冬と春が相撲の季節に 相撲部屋の女将さんからメール・・・ )

私も横浜にて子育てを立て直して

忙しく過ごしており

すっかり 彼女の事は忘れていました

私も メールでしらせてくれた人も 

彼女とかかわった 多くのみんなが

疑心暗鬼という辛い思いを経験しました

2年半ぶりに訃報のメールをもらって

その時の事を思い出しています





「 嘘をつくな 」と教え込まれている人は多いと思いますが

なんで嘘はいけないのか

ちゃんとわかっている人は どの位いらっしゃるでしょう

不信は不信を生み ストレスと不安を生みます

人に信頼してもらって または 信頼して

人と本当に安心して言葉を交わすことは

とても 有り難いことなのだと 

今は亡き 嘘つきでいじわるだった 彼女との出会いに教えられました




今思えば 嘘と不信とストレスを生み出す張本人だった彼女が

こんなに早く亡くなるとは

ほんとうは 彼女自身が 

一番ストレスフルな日々を過ごしていたのかもしれません

彼女は 人をケンカさせ 不安にさせて 

情報を独り占めしないと不安だったのかもしれない

誰かと誰かが 信頼し合うことの邪魔をして

自分が一人になってしまう可能性を小さくし

「 上手くやった 」と安心したかもしれない 

でも それは 守りたいはずの「自分」を

一番傷つけていたのでしょう





今は 多くの人が 

みんなで よい情報をシェアして

みんなが安心できることが

私自身の安心も支えているのだと気が付いています






きっと誰もが いろんな世界で 

びっくりするような人や

出来事と 出会われているのでしょうが

ほんとうに どんな人生にも

嫌だと思った事ですら 無駄な出会いは ひとつも無い





いろんな めぐり合わせの中で

縁あって出会った私に 

嫌いだったはずの彼女が

また大切な事を教えてくれています







                              なもあみだぶつ

















by shinwoyorokobu73 | 2017-01-31 14:49 | 季節 | Comments(0)

今年も一年


「 今年は誰も風邪ひかないで年が越せそうね 」 なんて思うと

必ず 「 そう上手くはいかないよ~ 」 とでも誰かが笑うように 

小さい子どもから熱を出す・・・

もう これも 我が家の年末年始の風物詩です

子どもというのは なぜ 病院が冬休みになったところを狙ったように

熱を出すのでしょうねぇ・・・




いつも 夜の看病でヘロヘロになりながら

年越しの準備をするのも 当たり前になりました




この気温差の激しい今年の気候に

皆さまは上手く対応なさっていらっしゃるでしょうか




先日の大火で被災なさった皆さんは

せめて 温かな布団の中

休むことができていらっしゃるでしょうか

お見舞い申し上げる言葉もありませんが

少しでも 心地よいお年越を願わずにはいられません





a0204371_03475016.jpg
昨日、KさんとHさんご夫婦が最後の境内掃除にお出でになって

本堂のお手洗いまで掃除して帰って下さいました

トイレの中までピカピカです

お蔭さまで 元旦会はきれいな状態で

お参りの皆さまを お迎えすることができそう。

本当に ありがとうございました


a0204371_03491698.jpg
最近は 娘たちも たいへん強力な戦力となって

手伝ってくれて大助かりです  ありがとうねぇ

後は 私が本堂の花立てと

掲示板の言葉を代えて

それから それから・・・








毎年 31日は 誰かが訪ねてお見えになります

今年はどうでしょう

いつの間にか 出会いを期待しながら 

最後の一日を 待っています







今年はお寺関係のみならず

たくさんの初めての方とご縁を結ばせていただきました

たくさんの旧知のみなさんと 初めてのような言葉を交わすこともできました






この方に悩みなんて無いだろうな と

眩しくお会いしていた方と

向かい合ってお話しすると

さらっと 荷物を降ろすように

抱えていることをお話しになることがあり 

「 そんなことを 抱えて笑っていらっしゃったんだ 」

と それまで見えていたその方との景色が

ガラリと変わって見えるようになることもありましたね






今までは 一人で考えていた困りごとを

友達に相談すると

びっくりするくらい簡単に 

彼女たちが解決してくれることも知りました







ご門徒のみなさんからは

たくさんの お気持ちを寄せていただきました

法話会に役立つようにと 『讃仏歌集』 『演台』 をご寄附いただき

ご本堂が キリリと引き締まった気がいたします

本当に ありがとうございました










仏様の法に 自分の小さな殻を破る知恵をいただき

どんどん 自由になることを身体で感じることができるように

様々な人との出会いと出来事が教えてくれました

悩みこそが 私の殻でした

これは 住職の導きに寄るところが大きいようです

私のとことん納得するまで訊き続けるしつこさに

今年も付き合ってくれて ありがとう






年を重ねるという事は 

本当に もったいないことを知っていく事のように思えたこの一年

本当に 今年もかけがえのない一年を過ごさせていただきました







ここを訪ねてくださるあなた様

今年も この拙い雑文にお付き合いくださいまして

ありがとうございました





皆さま 慈光のもと お健やかな新年をお迎えくださいますように

来る年も お付き合いいただけましたら とても嬉しく思います





                              なもあみだぶつ















 








 

by shinwoyorokobu73 | 2016-12-31 05:22 | 季節 | Comments(0)

師も走る季節です

数年前なら 今頃は

『 師走だ!! 』 という感じで過ごしていました

超特急で走り回っていました

今年は少しゆっくりな気がします

いつの間にやら もう あのペースは無理・・・

ご門徒のみなさんも

最近は このお寺のリズムをご理解くださって

「 多分 お寺は今頃 枯葉の山と格闘中だろうなぁ 」 と

時折 境内地のお掃除に来てくださる方もあり

お蔭さまで 本当にたすかっております。

a0204371_13595177.jpg
今は 木の葉がずいぶん少なくなりました

小さな鳥たちが葉っぱのように 寒空に停まっておしゃべりしています。





a0204371_15090370.jpg
このきれいな赤い南天の実も

お正月には あの鳥たちに食べられてしまうのです

今だけの色 






a0204371_15113861.jpg
今年の紫式部は ちょっとさびしい感じです

でも、よく眺めると

やっぱり 不思議なくらいきれいな紫色






a0204371_15143478.jpg
今朝の 寒い寒い 朝の空


今年も 刻一刻と 移り変わっていきます



少しのんびりになったとはいえ

気ばかり焦るのは相変わらず・・・

せっせ せっせと こなしていきましょう




寒くなりました

みなさまも どうぞ 体調にはお気をつけて



                              なもあみだぶつ









by shinwoyorokobu73 | 2016-12-16 15:21 | 季節 | Comments(0)

この秋の彩りに

a0204371_12310070.jpg

急に冬のような寒さです

お寺は住職と私 仲良く風邪っぴきで

私の方は 今日は声が出ません

電話には娘たちが出てくれているのですが

ご不便おかけしております

じきに治しますので宜しくお願いいたします



今週は 「 お磨きはいつでしたっけ? 」

     「 報恩講前に お庭掃除にいきましょうか?」

とご連絡問い合わせをいただきましてありがとうございました

私が今右手を痛めていますので大変助かります

21日(月)にお磨きを予定しております

24日(木)お掃除に参加できるお方はお願いいたします

昨日 『 西法寺だより 』を発送させていただきました

今日からお手元に届くと思います

そちらにもご案内させていただいておりますので どうぞご覧くださいませ





寒くなってきたおかげで 木々には彩りが出てきて本当に美しい

空を見上げては 大きく深呼吸しています

遠くまでお出かけなさる皆さんも

お家の庭を愛でる皆さんも

いつもの散歩道をさくさくと歩く皆さんも

秋の彩りを目になさっていることでしょう

きれいですね

何事も無かった方も 何事かおありであった方も

共に 心いやされる季節 ありがたいことです


a0204371_12314101.jpg

   《  西 法 寺 報 恩 講 》

    11 月 27 日 (日) 13 時 30 分 ~ 15 時 30 分

    講 師    福 田 康 正 師  ( 山口県 専福寺 ) 


2年ぶりにお出でいただくことを楽しみにしておりました

山口弁があたたかく 力強いご法話です

どうぞ皆さまも 楽しみにお参りくださいませ




                                      なもあみだぶつ



















by shinwoyorokobu73 | 2016-11-12 12:52 | 季節 | Comments(0)

手のしごとに

「 これはね そ~っと開けないとね

  葉っぱが ばらばら~って落ちてしまうからね 」

お参りに来てくださったご門徒の方に

シンちゃんが説明しています

( 前の日に自分がおかあさんから 言われたのと同じ言葉^^)

「 へ~ そうなの 葉っぱが出てくるのね~ 」

ご門徒のみなさんは シンちゃんの素晴らしい相手役 ありがとうございます

a0204371_11302893.jpg

まだお会いしたことが無い 東京の坊守さんから

贈っていただいた葉っぱのチョコレート

2度目ですね

長女は初めていただいた年

あんまりかわいいから その年のバレンタインデーの

『 友チョコ 』 はこれにしたのでした

季節に似合ったかわいいチョコ  ありがとうございます

いつか お互いにもう少し落ち着いてから

お会い出来る日が来たらいいなぁと思います


a0204371_11422554.jpg
今週は ばたばたと ご門徒の方のお店に行ってきました

実は昔から詳しくは無いけれど 布を見るのが大好きな 私

「米沢のおもしろい織物が来ている」と

一か月ほど前にご案内をいただいていたのを気にして居ながら

終に今週で終っちゃう!と駆けつけたのでした

米沢と言えば米沢織が袴生地で有名ですが

今回の織物はそれとは違うようです

「わらび」や「ぜんまい」の綿を紡いで糸にして織った

暖かくて軽く水を通しにくい何とも言えない布

商家の和紙の台帳を細く細く裂いて織った 紙布

( 上の巾着の写真が紙布 黒い点が墨の色 赤い点が朱墨の色 )


今は布と言えば 掃いて捨てるほどありますが

これは とてもとても 捨てられないくらいの手が掛けられています

展示は残念ながら明日29日(土)までです

お時間のある方は 桜台ですからお散歩の途中にでも是非覗いてみてくださいませ

ギャラリー瑠璃門  青葉区桜台4-48
              ℡ 045-981-0834
              open 11:00~18:00


a0204371_12215073.jpg
秋明菊も もうすぐ終い


もう 今年も報恩講の季節です

地方では 各ご門徒のお宅で『 おとりこし 』の季節ですね

手が掛けられ願いがつまった 六字のご恩をお聴かせいただく季節です

寒くなるけれども 温かい思いの季節です


                               なもあみだぶつ











by shinwoyorokobu73 | 2016-10-28 12:26 | 季節 | Comments(0)

寒さに思い出すのは

「 今年一番の冷え込み 」

なんて言葉を10月の今頃 

去年も言ってたかなぁ

今朝の天気予報を聞きながら首をかしげました



薄手の長袖では寒くてカーディガンを羽織り

靴下も、

くるぶしが見える超短い丈の今流行りの靴下はもう終い

厚手の膝までの奴を引っ張り出しました

まだ寒さに体が慣れていません

次女は油断をして半袖Tシャツで寝てしまい風邪気味

きのうあんなに注意したのに・・・

皆さまも どうぞお気を付け下さい

a0204371_14355303.jpg


台風が去った次の朝

あまり見ないきれいな色の朝焼け

ふつうの日の朝を

こんなに慎重に迎えたりしないのに

何かあった後は特別な朝になります



a0204371_14264557.jpg

初めて横浜に暮らし始めたのも

今のような冬の初めでした

あの頃は 子どもも小さく 子育て初心者

知り合いも無く

その上 お寺を開くと決めたはいいが

何から始めてよいものやら全く見当もつかない

若い私たちに 教えてくれる人も無い

おまけに友達と信用した人から

変な噂を流されていると教えられたりして

人も信用できなくて・・・

寒いし 心細いしで今よりずっと寒さの沁みる冬でした




そんな心細い 冬の夕方

結構大きなクール宅急便が届きました

住職とその家族あてに

あるお寺のご住職から

「 湯豆腐セット 」でした

温かな手紙も添えて在りました





話し合ったかのように同じ頃 

九州から関東に進出し

会社を大きくなさった会長から

毛筆巻紙の長い長い激励の手紙をいただきました

墨は薄くすって優しく





お二人ともにたたき上げの苦労をご経験になっておられ

今では雲の上の偉い方となられていますが

あの時の あの手紙と湯豆腐には

心も体も温められました






時が過ぎると何でもかんでも

片っ端から忘れる習性をもつ私も

寒くなってくると 

その時の

人生の先輩方からの心遣いの温かさを思い出すのです

そして 

ふつうにお参りに見える方や

ふつうに笑いあえる有縁のみなさんを

ふつうじゃなかったね・・・

と改めて思いなおすのです




今年も 有り難い季節を迎えます



                              なもあみだぶつ

 
























by shinwoyorokobu73 | 2016-10-11 16:29 | 季節 | Comments(0)

夏休みヨガ体験

厳しい暑さです

リオのオリンピック選手のみなさんも

きっとこの暑さの中

気力 体力を維持しつつ 普段の実力を出し切るべく

がんばっていらっしゃることでしょう






今朝は お寺でもみんなで汗を流しながら 

ヨガの体験をしました


a0204371_145596.jpg


夏休みなので 子どもたちもお母さんと一緒に参加してくれました

わたしは ヨガはまったくの初体験です

普段は運動らしい運動もしないので

ちょっと おっかなびっくり気味でした





じぶんの体なのに 「 え!? こんなに動かないの? 」 と思ってみたり

            
「 ああ、 こんな風に伸ばしてみると気持ちいい 」 と血行が良くなるのを実感したり

                
瞑想する時は 「 はあ~~ なんまんだぶ なんまんだぶ 」 と自分だけお念仏

普段は自分以外に気持ちを持って行かれがちなわたしたち

自分の体に集中すると なんという 脱力感と解放感 

気持ち良い事この上なく過ごさせていただきました





高校生まで会費を置いて行ってくれそうでしたが お返しして

お寺ですから この会費としていただいた200円づつは

この度のお盆法要のお仏花を買わせていただきますね

布施として遣わせていただきます





a0204371_14453747.jpg


暦の上では もう立秋

今朝は少し涼しい風が吹き 雲が秋の姿を見せました




次は ≪  お盆法話会  ≫ がございます


            8 月 13 日 (金)  13時30分 ~ 15時30分

            講師     西法寺住職   西 村 信 也


             ※ お墓での読経は 13時から行います





まだまだ あついですねぇ

体力に自信のおありの方もそうでないお方も

どうぞ お気をつけてお参りくださいませ

冷たいものを準備してお待ちしております




                                                なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2016-08-08 15:01 | 季節 | Comments(0)

8月 6日

今年は 広島の平和記念公園で

アメリカ の オバマ大統領が

花を手向け 世界に向けて言葉を発信された




日本人は この夏の一番暑い日の朝

人間の愚かさやら 悲しさやら 残酷さやらを

一身に受けなければならなかった広島の

ふつうの 子どもたちや お母さんお父さんや じいちゃんばあちゃん達の命を思います






オバマさんが日本に来たとき

アメリカの 当時の核開発に関わった

今では皺々の顔になっている女性科学者が

日本のテレビ番組のインタビューで

「 アメリカは日本に謝る必要は無い

  だって あなたたちだってパールハーバーを攻撃したでしょ? 」 と言いました

片方の口の端を少し上げて 

インタビュアーの目を挑戦的に見つめながら






かの国には こんな議論のすり替えをしてまで

自己肯定しなければいけない人がいるのか

悲しいことだと

テレビを見つめました

71年経ったのに まだ そんな所に居るお年寄りが 

アメリカにはたくさんいらしゃるのだなと








日本では オバマ大統領がいらっしゃった時に

「 よく来てくださいました 」

とケロイドの残るお顔を慶びで輝かせながら涙をながされた

坪井さんという方がおられました


今朝のテレビで坪井さんは

「 あれは(原爆は)悪いことだったが

  我々が苦しみや悲しみを乗り越えていかなくては

  仲良くできない 」

と言ってくださいました






広島県は 日本で屈指のお念仏の土地

お亡くなりになった方々も

お浄土に往かれました

そして阿弥陀仏のおはたらきの手伝いをなさってくださっています

仇を打て だの 恨みを残したりはなさっていません

坪井さんのおっしゃるように 「 仲良い世界 」 を

涙と共に願っておられるでしょう

言葉でいくら謝罪をしていただいても 何になりましょう






            わたしに 

            わたしの いたみ

            あなたに

            あなたの いたみ

            すべての

            ちがいを こえて

            いたみの ゆえに

            同朋(とも)

                                     【 大神信章 『学佛大悲心』  】







オバマ大統領も米国では

肌の色という悲しみを抱えた人でした

わたしも自分の心の炎を見つめながら

多くの悲しみや いたみを抱える者の一人であることを

わすれないでいたいと思います




                                             なもあみだぶつ




                    


















 
by shinwoyorokobu73 | 2016-08-06 17:03 | 季節 | Comments(0)