カテゴリ:こんなこと( 42 )

穏やかな季節に パソコンが~

久しぶりの更新 

パソコンが病に倒れてしまいました・・・





多分この病の原因はシンちゃんが時々パソコンに乗って踊っていたことだろう・・・

見つけたら直ぐに大目玉をくらわせていたのだけれど

見つけた時だけでしたからね・・・

ついにぎっくり腰的に 「 ・・・もうダメ・・ 」 って感じで動かなくなった気がします

今入院して治療中で

これは古いほうのパソコンを引っぱり出して書いています






美しいこの季節の写真を撮り溜めていたのに

こんなに日が経ってしまったらここに紹介もできやしない

日に日に 日差しや 空気や 虫や 鳥の声が 静かに深く沁みてきます






また 今年も関東のこの季節です

微かな風が カサカサと葉っぱを降らすのが

とても寂しくて 一番嫌いな季節だったのに

最近は一番好きな季節となりつつあるのが不思議な気がします







今年はお寺の周りは赤とんぼが多く飛んでおり

まだ緑色の紅葉の葉っぱに留って日向ぼっこしています

おんぶバッタも 蓼の桃色の実の陰でじーっと空を見ています

黄色と黒の縞々模様 お尻が赤い多分毒をもつ蜘蛛は

巣にかかった獲物が弱るのをのんびり待っているようです







明日は中学校の合唱コンクールの日

公会堂で受付から会場設営 案内係 エトセトラ・・・担当は私たちで

コーラスも披露する私たち母は ちょっと緊張です

曲はV6の 『 WAになっておどろう 』 ( 音楽の先生が 「いい曲ですよ~」ってお勧めで^^)

校長先生から先生方全員ととPTAの皆さんと一緒に歌います

練習は少ししか出来ませんでしたが ノリノリで歌いますよ~

私は急きょ 曲の紹介役を仰せつかり

「 この曲は1998年 冬季長野オリンピックの~・・・・・ 」

足がガクガクしないように ただ今練習中

 





心地良い秋の空 わずかに肌をかすめるゆる~い風 

上の桐蔭学園のグラウンドからは 若者たちのスポーツに興じる声援が聞こえてきます

私も本堂で            
                                                           
                 オ~                なってーおーどろー 」
       「 オ~~~      オ~~ さあWAにー
                                 

スポーツと芸術の秋を楽しみましょう





                                                 なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2015-10-15 12:00 | こんなこと | Comments(0)

夏休みのご法事で

今朝は久しぶりにエアコン無しの朝を迎えました

ずっと同じ状態は続かないのですね

おかげで我が家のワンちゃん達も朝までぐっすり寝てくれまして私も安心です



夏休みの土日の本堂には

ご家族の笑顔と この暑いのに 何故か走り回るだけでうれしい子ども達の歓声で

ダラッとしがちな夏休みに 元気をいただいています



ご法事の始まる前は大人しくしていた次男坊くん

いつもよりだいぶテンション低めです

ケンカ相手のお兄ちゃんが 新幹線で初めての一人旅に出てしまったそうで

この夏はお兄ちゃんだけ 関西のおじいちゃんの家にしばらくお泊りだそうです



弟君は見るからにしょんぼり・・・

でも シンちゃんは ちょっと年上のお兄ちゃんが来てくれて大喜びです

ご法事の後は大運動会となりました

「 畳が~~ 」 と心配くださるお母さんでしたが

「 かえりたくないな 」 と彼の最後の独り言に 皆がとってもうれしくなった ひと時をいただきました

また、今度はお兄ちゃんも一緒にお参りに来てね~



a0204371_1225277.jpg



同じく昨日のご法事で私と同じ年の方が

姿勢もよくお腹もすっきりととてもお美しいので

「 どうしてそんなにおきれいなんですか? 」 と聞いてみると

「 実は チアシード なんですよ 」 と仰います


 
チアシード? そう言えば 中学校でママさん達の中で細くてきれいな人も言っておられたような・・・ 


a0204371_13114854.jpg




ご親切に一袋分けてあげる と持って来てくださいました


お水に浸けて10分間 


なんだか・・・・・ あの たまご みたい


見た目はこうですが、味も匂いも特にありません

住職と一緒にヨーグルトとはちみつでいただきました





年中食欲はありますから ライザップは絶対無理無理ですが、

今年の夏休みは 涼しげなスタイルに成長できますように^^






                                                 なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2015-08-02 13:23 | こんなこと | Comments(0)

暑いし 暑いし 暑いけど

朝 暑くて うちのワンコ は 薄明るくなる4時頃から


「 あの~ 暑いんです~ 何とかしていただけませんかあ~? 」


と遠慮がちに訴えてきます


それでも無視して眠っていると


「 あの! 辛いんですけど! わかります? わんわん! わんだって! わお~~ん!! 」


と叫びだすのであります・・・・・




犬に生まれていたら夏は拷問のようだったかもしれないなあ

ラピちゃん達は大変だなあ 「 よっこいしょ 」 と起きてお世話をするのです 




朝から暑くなりました

皆さまお元気でお過ごしですか?


a0204371_11223914.jpg



毎日いろんな方とお会いしたり話をしています





私と同世代の方が 

「 義母の介護が始まりまして 慣れないのと暑いので疲れてしまいます 」

と仰います

実のお母さんやお父さんに 思うような介護ができなかったと

彼女は私も頭が下がるほど 献身的に努めていらっしゃいます

この暑さでは当然疲れも出るでしょう






ずっと子供の同級生だった子のお母さんが

あまりお話ししたこともなかったのだけれど

「 話聞いてもらえる? 」 とやって来ました

何年も前にあった母親同士の人間関係からずっと体を壊して辛いのだと・・・・・

今まで誰にも相談できなくて人間不信に陥っていたのだと

早く こんな機会があったらよかったのに・・・・・

私のこともきっと怖かったはず・・・・・

よく声をかけてくれたなあ

住職には事情を軽く話して本堂で3時間 

お昼ご飯も食べずに話し続けて聴き続けて 

彼女は7~8年ずっと溜めこんでいたものを吐き出すだけ吐いて 帰っていきました







私の父くらいのお年の男性が百歳近くのお母様のお世話をずっとなさっています

先日の盂蘭盆会法要にお一人でお参りで 住職に


「 母が動脈硬化から足を切断しなくてはならなくなりました 」 と仰っていました


長く生きる事の厳しい姿を見せられます







「 奥さま~ お話しできませんか? 」 と 夜遅くお電話くださるNさんは

ご門徒ではないのですがこちらに来て10年のお付き合いで85歳になられました

「 子供を産める時に一人でも産んでおいたらよかった・・・ 」

と ご主人様が亡くなって一人ぼっちになった寂しさを口にされるようになりました

暑くて体の調子もよくないから・・・






年を重ねるということは やはり 辛いことが多くなります

厳しい夏をお迎えの方に いつかの自分の姿を重ね 思います




a0204371_12174865.jpg


昔 独身時代のある夏に

熊本で仏教青年達の集いがあって 夜みんなで飲みました

「 ななみちゃんは坊守って何をすることだと思う? 」

とお坊さんから質問を受けたことがありました(多分お坊さんだったと思う)



お酒も入って盛り上がっていた所に急に真面目な質問で

ぼーっとする頭で しばらく じーーーーっと自分の胸に訊いたのを覚えています




「 人の話を ただ聴かせてもらうことだと思う 」




佐賀の私の母や他の坊守さん達の姿を思いながら そう応えました





あれから20年以上経った今年の夏も  不思議なことに やっぱりその応えは変わりません

話をなさるその人に成り代わることはできませんが






悲しい事か 嬉しい事か 寂しい事か 虚しい事か 楽しい事か 悔しい事か

よくよく何をお話しなのか 聴く

大勢では話せないことも多かったりします

静かに静かに聴く

時には きっつい突っ込みもしますが

聴かせていただきます

 






いつも阿弥陀様の願いに支えていただきながら

あなたも 私も という気持ちで ただ聴かせていただいています






a0204371_1234525.jpg




そうそう 嬉しいご報告もたくさん

「 年末に子供が生まれます 」 とか

「 長男の結婚が決まりまして 8月のお盆休みに帰ってきたらご報告に一緒に参ります 」 とか

「 足の怪我が回復したので これからお参りできます 」 等々^^





毎年夏を迎えますが

当たり前だけど今年の夏は今年だけのこと

今年の夏休みの今日は今日だけのこと





暑いし 暑いし 暑いけど

今日も花は美しく咲き 

ギラギラ太陽は 今日を子供たちにとって最高の水遊び日和にしてくれています






今日も  私の一日を  あなたの一日を 






                                              なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2015-07-25 12:57 | こんなこと | Comments(0)

でこぼこ な 今日も

a0204371_625336.jpg




   「   もう   ここは・・・・・?   」    ホーー ホケキョ で 目が覚める       坊守






ご無沙汰をしています

お蔭さまで元気に生きています

皆さまはいかがですか?




お寺は 朝5時前から ホー ホケキョ が聞こえます

3月初めまではツグミが枯葉をカサカサいわせて虫を探していたのですが

最近はウグイスやらヒバリの声を聞くようになってきました

地面からは生きものの気がぶわ~~っと湧き上がるような勢いを感じます

花が付く前の草刈りも 草の種類も増えてきてそれぞれを眺め眺め手を動かすと楽しいものです


a0204371_617389.jpg



今年も 何のお世話も出来ぬまま 芍薬は美しい花をつけてくれました



a0204371_6185381.jpg



a0204371_620955.jpg


佐賀に住んでいた頃 祖父と育てていた久留米ツツジの中に

レンゲツツジを植えたことがありましたが

土地にあまり馴染まないのか 気を付けて世話をしないと美しいのに花が少なく

よく寂しい思いをしたものでした

こちらでは植えっぱなしでもこうやっていつもきれいな姿を見せてくれて

「 じいちゃん ここは この子に合うんやろうねえ 」 とじいちゃん佛と話しながら水やりをしています








a0204371_6323428.jpg


降誕会は   以前も書きましたっけ?

何を隠そう親鸞聖人のお誕生日5月21日は 私達(もちろん私と住職)の結婚記念日でございます^^

もう何回目かは忘れましたが お仲人はこの度のご講師香川孝志先生でありました


今年も変わらず 温かいひと時をいただきました

ご法話は熱が入り過ぎてご予定を30分もオーバーして

 「 はよ 帰らんと、小倉の最終に間に合わんのじゃ~~! 」 と

その薫りだけ残して 疾風(はやて)のように去って行かれたのでした



本当に有り難いご縁を結んでいただきました



a0204371_6505681.jpg



昨日はキョウちゃんが修学旅行で京都に行くため

朝からバタバタ(私) オロオロ(住職) どうにか無事に新横浜から新幹線には乗ったようです



ホッとし過ぎて お蔭で トモちゃんの小学校の検尿の日だったことは忘れ果て・・・・・・

シンちゃんのクラス懇談会の日だったこともすっかり忘れて

保育園にお迎えに言ったら 主任の川端先生から 

「 お母さん 今日は大丈夫でしたか?何かあったんじゃないかと 」


   私  「 ・・・・・・・  は? 」


   川端先生  「 懇談会 」


あ?あ‘‘~~~~~~~~~~~~~~(汗)  ご心配おかけして申し訳ありませんでした




最近はおっぱいが必要な子もいなくなり楽になってきて

余裕 余裕~~な気分で子育てしていたようで・・・浮かれていたようです

キョウちゃんを心配するより自分のボケを心配したほうが良いかもしれません

反省した日でありました




今日から 住職 西村信也は 築地本願寺でお説教をさせていただきます

昨日は前泊すると出かけて行きました

本当に 昔から驚くほどお経の言葉の底の底まで調べて

いろいろな先生方のご解釈を聴き

私にず~~~~っとその領解を話し続けてからご法話に臨みます

裏方としましては嬉しい限りですが その本番を聴くことが無いのが残念至極

どうぞ ご縁の皆さまは ゆっくりとご法話に浸りに築地本願寺へお参りくださいませ

31日(日)まででございます




さて、 一人出ると一人帰り  また一人出ていくこの週末

ボケを自覚して 気をしっかりと過ごしたいものです




皆さまには どうぞよい週末を



                                         なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2015-05-29 07:18 | こんなこと | Comments(4)

嘘はつける

4月になると 新しくなることが多くて わくわくしてきます

今日のように 緩い風の吹くいい天気の日には

家じゅうの窓を開けて 空気を入れ替えて 

埃を掃除して床をふいて 窓を磨きたくなります



新しい学校 新しい会社 新しい学年になった人たちが

ほっとしたように 楽しそうにお寺にも顔を見せに来てくれています

我が家の子供たちも それぞれに新しい環境に少し興奮気味です



私は毎年度初めの嫌な仕事 山盛りの児童調査票関係書類の提出だの 

各学校のメール登録だの(今年は部活のメール登録まで・・・)をやっとかたずけて 

各子供たちの授業参観と懇談会と役員会、委員会に 出席して ようやく一息です


a0204371_1413437.jpg


今日はお昼を食べながら 新しく始まった朝ドラの再放送を見ることができました

その中で 輪島の漆塗りのじいちゃんが孫に言った言葉が新鮮でした


 「 焼き物は正直だ そのままが火に焼かれてできあがる

   だが 漆は違う

   何回も何回も漆を塗り重ねてできあがるんだが

   ちょっと塗っただけでも 綺麗に仕上げを塗ったらわからない

   嘘がつけるんだ

   だからこそ ・・・・・」  何て言ってたっけ・・・


  要は 「漆というのはたいていの人には嘘をついてもばれない

       嘘はつける だが 嘘がつけるからこそ

       嘘はついちゃいけないんだ」 と言っていた




確かに

嘘というのはつける

何とか簡単に あんなになったり こんなになったり 出来ないかなあ と思ったりもする




今は上手くやるための方法の本は 本屋さんにたくさんあるし

ネットを覗けば 「 真面目に何回も何回も見えない所を塗らなくても大丈夫! 簡単にほにゃらら・・・ 」

と言った歌い文句ばかり・・・・・





見せてもわからないのに  見えない所を真面目に何回も何回も塗り重ねて完成させる輪島塗を

男子高校生の孫はそれを 「 かっこいい 」 と言った






迷うこと 誘惑にかられる思いというのはあるものだけれど

出来るけれどもやらない 

本当にやらないといけないことは何か 見据えながら進むことって

とても難しいんだとわかるようになった45歳のおばさんも 「 かっこいい 」 と思ったのでした





その後のパティシエの審査員さんが言った辛口のコメントも

「 始める前から『見込み』を聞く奴なんかにパティシエはできない 」

も深く頷けた





何事も地味で見えない部分の方が多い

最近 地味で見えない所を 愛おしく いいな と思えるようになった事が嬉しい 

ちょっと大人になった気がしている 坊守 2015.春 であります





  【 仏説阿弥陀経 を 読む会 】 のご案内


  私の 「 毎日お勤めしている親鸞聖人のご和讃を詳しく聴きたいです~ 」

  という言葉は却下されまして やはりまずは仏説阿弥陀経から と住職。


     4月 30日 (木) 13時30分より

     隔月で10回ほどを予定しております どうぞお誘いあわせの上ご一緒に

     ゆっくりと読んでまいりましょう


        
    
                                                なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2015-04-16 16:14 | こんなこと | Comments(0)

さくら さく 散歩

少し前 長~い春休みだった姪っ子が遊びに来ていました

あそこに行きたい♡ ここにも行きたい♡

ワクワクしての上京でしたね(上横?)



大学生になって初めての彼女の来訪を 私たちも楽しみにしていました

しかし 住職は中学高校の頃の彼女と随分変わった様子に

ちょっと調子が狂い気味・・・^^

「 ど、どうしたんか、その顔は・・・? 」

生まれた時から知っている彼女のお化粧顔は 違う人を見ているようで気持ちが悪いみたい (笑)

お化粧も覚えて間もない初々しさ かわいいのです

a0204371_13484699.jpg


そこで姪っ子との 東京ぶらり散歩の相方はこの私

SNSの情報でピックアップした場所をあちこち散策

神谷町のお寺、テレビでロケがあっていたカフェ、六本木ミッドタウンの展覧会

表参道 原宿のショップ巡り などなど


a0204371_15494290.jpg


港区虎ノ門近くのマンション傍を通るとかわいいパン屋さんのお姉さんが

「 もうすぐ焼きあがりますからね  本でも読んでお待ちください 」

と笑顔でウェルカムに  

ふらふらとパンを買おうかと迷う 横浜からお上りさん状態のおばさん坊守です

どこに行っても笑顔の応対は嬉しいもの お姉さんありがとう!




パン屋のお隣は

a0204371_1557698.jpg


かわいい保育園♡



神谷町のお寺さんにおじゃました後は

てくてく てくてく 六本木を目指して歩きました

a0204371_1662211.jpg


ビルの間に東京タワー  なんだかかわいい





a0204371_169138.jpg


信号の傍で変な人の気配を感じてきょろきょろすると

小さなこのロケットみたいな小屋みたいなものの中に 「 おまわりさん 」 が入ってた・・・





a0204371_1617177.jpg


六本木ミッドタウンでは この 『単位展』 を観覧

ゆっくりランチするのは時間がもったいなくて

入る前に おいしいパンを買ってガーデンの方のベンチでぱくり

前回の記事の桜の花がその時のミッドタウンの桜です

一房だけ開いてました

a0204371_16225718.jpg


a0204371_16233498.jpg


a0204371_1624812.jpg



『単位展』 ?ってなんじゃらほい で姪っ子について行きましたが

老若男女 人が多いのにちょっとびっくりしました



 

    人間は 遠く離れた人やたくさんの人に

           自分の見たものや

             考えたことを 伝えるために

        言葉で その大きさ や 量を伝える手段に 『 単位 』 というものを考えついた





言葉で聞いたら  正直わかったような、わからないような・・・ですが

見ていたらおもしろかった!!



グラム、リットル、メートル、一間、二間、一時間、一秒が単位でしょ?

の私の頭もちょっとやわらかく



これも 単位?と思ったのが

昔 中国では女の子が生まれたら 甕に酒を入れて蓋を閉じて土に埋めておき

   娘が結婚して嫁ぐ日に甕の蓋を開けて古酒を飲み 一族で祝った


昔 沖縄の人々も女の子が生まれたら 甕に酒を入れて嫁ぐ日まで寝かせておき

   娘が嫁ぐ日に一族で飲んで娘の成長をよろこんだ


   ヨーロッパでも娘が生まれたら その年にできたワインをたくさん買って

   毎年娘の誕生日に開けて祝う習慣があるという



昔 日本でも娘が生まれると 成長の早い桐の木を植えて

   娘の結婚が決まると箪笥に仕立てて嫁がせたという



「世代」 これも人間の感じる なが~~~いスパンでの単位ですね

マクロにもミクロにも自分の視点を自在に動かす練習のようでした






おばあちゃんやおじいちゃんと一緒に来ていた春休み中の子供たちも楽しんでました

日本に住む外国出身の方達も多かったのは六本木という土地柄でしょうね





なにしろ 子育て子育て お寺お寺で 横浜も散策したことのないこの私・・・

電車で直ぐに こんなにいろんな所に行けるんだあ!興奮でした






昨年はお父上がノーベル賞をとられたというお嬢さんが

在籍していらっしゃると言うことで

あなたの通う大学がテレビによく出ていたので

よくテレビにかじりついて見たものだけど

もう2年生になるんだね 早いもんだわ~






この春は おばちゃんのそろそろ固くなりかけた脳みそが

あなたとのデートのお蔭で 久しぶりに若返って血の巡りが良くなった気がするよ






また きっと遊びに来てね♡



                                            なもあみだぶつ
by shinwoyorokobu73 | 2015-04-05 17:15 | こんなこと | Comments(0)

道に迷わないように

一昨日、築地本願寺で『聞法会』がありました

住職は前回の続きの 『 阿弥陀経のこころ 』 の講題でお話しさせていただきました

こちらでお知らせすることを忘れてしまっていて 

お電話いただきました皆さま 本当に申し訳ありませんでした




住職は 4月から またご希望の皆さまと 『 阿弥陀経 』 を読みながら 

そのお心をたどっていきたく 今 準備をしているところでございます

尚、5月には築地本願寺の条例布教を勤めさせていただきます

6月には同じく築地本願寺聞法会において 『 阿弥陀経のこころ 』 をまたお取次ぎさせていただきます 

いずれも次回は早めにお知らせさせいたします


a0204371_14324833.jpg


暖かな日が多くなってきました

虫はまだ少ないのでシジュウカラがこうやってカマキリの卵を食べに来ます

何だか可哀想になって ちょうどオレンジがあったので近くに置いて

そっちに移ってくれないかなあ と眺めていると

a0204371_14482672.jpg


今度はヒヨドリがシジュウカラを追い払って独り占めしてしまいました

虫や鳥達の生き残りをかけた日常も厳しいですね




毎日急に冷たい風が吹いたり 温かな風が吹き荒れたり

季節も変わり目になったなと感じるここ数日

つい忙しさにいろいろ忘れることが多くて困りものです

花粉の影響もそろそろ出始めましたね




a0204371_16522733.jpg


昨年のちょうどこんな季節の土日に

手編みらしき白い毛糸の帽子とマフラーにオレンジ色の上着の女性がお見えになったことがありました



「ピンポーン」 本堂の戸を開けると 50~60歳くらいの女性が立っています

「 こちらの本堂にお参りさせていただけますか 」 とその女性は丸いメガネの奥の

かわいらしい目を三日月形にしてにっこりと話しかけてきました




ひょっこり訪ねて来た方に警戒がまったくないかというと嘘になります

昨今の世の中の様子から 「 大丈夫かなあ 」 と一瞬考えてしまうこともあるのです

ですが その時は一瞬のためらいもなく 「 どうぞ お上がりください^^ 」 と答えたのでした

なぜでしょうね



女性は 「 ちょっと長くなりますが 私阿弥陀様にお話ししないといけない事があって。

       奥さまは気になさらないで奥へどうぞ 」



と言われても気になりますから お茶を入れて彼女からちょっと離れて

お話が終わるのを待ちました

10分くらいか もっとかかったかもしれない長い時間

彼女はぶつぶつと阿弥陀様に向かって話をされました




「 ありがとうございました お蔭さまですっきりしました 」

終わった彼女はすっきりとした顔で頭を下げました




お茶を進めながらお聞きすると 港南区からわざわざ電車とバスを乗り継いで

2時間かけて来たということでした

「 なんでまた そんなに遠くからうちのお寺なんですか?」 とお聞きすると

「 大変有名な占い師さんから 青葉区の西法寺というお寺に行って

  ご本尊に今までの人生のご報告をしなさい そうすればこれからの人生が開かれますよ

  と言われたんです ほっとしました 」

私は、 占い師さん インターネットで調べたのかなと思いつつも

まあ ご縁あって見えたんだから と話しを続けました




福岡の糸島ご出身で実家は浄土真宗のご門徒だったこと

横浜に住んでもう25年になるけれど 糸島に帰ることは無い事

姉妹の中で一番うまくいかない生活をしてきたこと

娘さんは成人して北陸で働いていらっしゃることなどを話しました



30分ほどひとしきり話してさあ帰りますかという時に
彼女は手提げから一冊の冊子を取り出しました 

 「 これを 置いていきますね 奥さまも勉強になられると思いますので読んでみてください 」

なんと 何か他の信仰を勧めるための本でした



私は彼女に 「 あなたは今 安心した幸せな毎日をお過ごしですか?」 とお尋ねしました

彼女は一瞬きょとんとした顔をしましたが 下を向いて

 「 ここで阿弥陀様に全部話したら これからだんだん良くなると占い師は言っていましたから 」

と応えました


私は 「 私はね お蔭様で毎日安心できる教えに支えられて過ごさせていただいています

      だから このご本は必要ないです ごめんなさい お持ち帰りくださいね 」 



そう私が言うのを聞くと 彼女は小さな声で 

「 それでも この教えが一番本当のことを言っているんですよ 」

とつぶやいて帰っていきました





本堂の入り口で靴を履く彼女の足元を見ると

長めのスカートの下にはジャージを履いていてちぐはぐな恰好であったことに気が付きました





きちんと頭を下げて帰っていかれる彼女に 私も深く頭を下げました





あの人の言うこと この人の言うこと いろいろ渡り歩いて

良いことがありそうな話には直ぐ乗って・・・・・・

目的地の無い人生だったら  

私も同じように いろいろな所をふらふらと彷徨って生きていたかもしれない

彼女の姿を見送りながら 背中が寒くなるようでした






誰でも迷いの多い人生です

心が安らかに 道に迷わないように 

善き師 善き朋 善き教えに出会うことが大切に思ったのでした





                                                 なもあみだぶつ






  

 














    
by shinwoyorokobu73 | 2015-02-28 16:53 | こんなこと | Comments(0)

シナモンの薫りのリンゴケーキ

土日の朝は「 き~みょ~む~りょ~じゅ~にょ~ら~い 」

子ども達の正信偈の声ものびのびと本堂に響きます

皆でお勤めすると本当に気持ちが良いものです



しかし、終って台所に移った途端

「 お母さんおなかしゅいた~ 」 
「 お母さん テレビ見ていい? 」 
「 お母さん今日買い物につきあって~ 」

つい私も 「 う、うるさ~い!まずご飯でしょ!準備手伝いなさい! 」

早速大声で目が吊り上る・・・・・かかる者をお助けたぁ・・・・・なまんだぶ・・・・・




子どもの事を餓鬼とはよく言ったもの

一日中 「 何かない~? 」 食べる事ばかり


a0204371_2215433.jpg


今日は青森のご実家からのお土産にリンゴを一箱いただいたので

安心してたっぷり使ってリンゴケーキを特大に焼きましょう!



a0204371_22183538.jpg


シナモンをきかせてレーズンも入れて



a0204371_22191351.jpg


ほっかほっかの焼き立てを はふはふ言いながら食べてくれました

食べてる時だけ静かです^^






今日のご法事の方のご親戚は北九州からお見えで

青魚の糠炊きをお土産に持って来ていらっしゃいました

私は、母が炊いた糠と山椒とお醤油で炊いたイワシの薫りを思い出して

思わずゴクリ 喉が鳴りそうでした



食べ物の薫りや食べた場面って対になっていますね

子ども達も今日のリンゴとシナモンの薫りと姉妹弟達の笑い声が

対になって記憶に残るのかな と ちょっと先の未来を想像して楽しみになったのでした



食べること いただくこと 大切にしたいです


                                                  なもあみだぶつ


         <3月 お彼岸法話会>
         
           3月 30日 (月)    13時 30分~    
          
           講師   内 藤 昭 文 師    大分県中津市  法行寺住職
          
                                   浄土真宗本願寺派 司教





 
by shinwoyorokobu73 | 2015-02-22 22:36 | こんなこと | Comments(0)

雨の日は いいねえ

 「 雨の日は いいねえ 」

 シンちゃんは そう言ってお気に入りの黄色い長靴をはいて足取り軽く保育園に行きます。

 黄色に緑色の小さなカエルちゃんの絵がたくさんついている長靴がお気に入りなんですよね。


 今日のように うすら寒い雨の日でも 上の長靴に水色のロボット柄の傘をさせれば完璧。


a0204371_15252324.jpg



  

 小学校からの同級生だったえっちゃんは 「 好きな季節は? 」 に 「 冬 」 って言っていた。

 「 な、なんで冬? 寒いし 殺風景なのに  」 と不思議でならなくて 訊いてみたことがあった。


 「 だってさ~ 冬は寒くても重ねて着こんでいったら何とかなるやん。

   でも、夏は暑くても全部脱ぐわけにはいかんしね~。 」



 
 もっとロマンチックな答えを期待していた私は 意外にもさっぱりした理由がおもしろかった。





 最近 私も冬もいいな と思うようになってきた。

 


 10年ぐらい前は落葉樹ばかりの関東の山の木が 

 すっかり葉を落として幹と枝だけの姿に変わるのがとても寂しかったけれど

 最近は日に日に葉が落ちて姿を変えていく様子がしみじみと落ち着いた気持ちにさせてくれる。

 九州の故郷の山は常緑樹が多くて冬も緑が残るのが恋しかったのかも。






 同じ景色を見る私はどうも10年前とは変わったらしい。

 




 息子のおかげで 「雨の日は いいねえ」 と改めて家や街の景色を眺めた日でありました。



                                                なもあみだぶつ 
 
 


 
 

  





 




 





 





 


  





















 

 












 

 


 
 
 

 
 






















 
















 
by shinwoyorokobu73 | 2014-10-31 19:28 | こんなこと | Comments(2)

こんな日もよし 否 こんな日がよし^^

そろそろ毛布が欲しい季節ですね。


最近は季節外れの大きな台風がきたり 突風が吹いたり 突然山が荒れたり

テレビでは高速道路でトラックが突っ込んで5台玉突き事故のニュース。



自分がこうして秋の晴れた空を眺めていられるのが不思議に思うくらい
いろいろな事が起きています。



皆さまの周りはいかがですか。


a0204371_1352684.jpg



今年は、 いや 今年も大変なことがあり  その大変なことも 今年もようやく一息ついて

久しぶりの朝の散歩。


たわわに実を点け頭を垂れている田んぼの稲を眺めながら

思いっきり澄んだ空気を吸い込んでいると 


『 私を  私にしているのは  私ではない 』


「本当やなあ」 と 先日の法話会の中で先生から聴かせていただいた言葉が思い出されます。




今朝の寒さ また誰かが熱でも出してたら散歩どころでは無くて病院だったろうし。

雨が降ってたら絶対散歩には出かけてないし。

運動会が延期になってたらお弁当にてんてこ舞いしてただろうし。

住職とケンカしてたら一緒に気持ちよく歩いてないだろうし・・・・・





ちょっと視点は変わるけれど 名前 住所 生年月日 も私が付けたものじゃないいただきもの

私がこうして居るために本当に私がやってることってあるんだろか?

こうあるような縁によってこうして居させてもらっておるよなあ  ほんとになあ  





歩くといろんなことを思います。

最近はめったに散歩もできず残念でしたが  いろんな働きが一致してくれたおかげさまで

今日は気持ちのいい散歩ができました。  なんまんだぶ







9月10月はお寺も子供たちも行事が目白押し。

今年はお天気まで荒れ模様でしたから 我が家だけでなくどこのご家庭も大変だったかもしれません。




先月はお彼岸の後すぐに小学校の運動会

a0204371_138032.jpg



a0204371_1382583.jpg







そのあとは保育園の運動会

a0204371_13104178.jpg



a0204371_13112253.jpg




a0204371_13114723.jpg





その間にお姉ちゃんの誕生日もあり

a0204371_13141114.jpg






運動会の間の代休にトモちゃんシンちゃんを連れてズーラシアへ行ったりフルコースがんばりました。





この秋晴れは大事に過ごさないともったいない。

遠くにお出かけの方はどうぞ事故の無いようにお気をつけて!





我が家はY子さんにいただいた『手延べ半田麺』で

冷凍してた今年とれた最後のトマトピューレでトマトパスタ風うどんランチ。

(夜はコロッケ作ろかな~)


a0204371_13194139.jpg



久方のゆっくりのんびりありがたいお休みであります。






                                              なんまんだぶ




 
by shinwoyorokobu73 | 2014-10-19 13:24 | こんなこと | Comments(2)