闇を破るのは光


a0204371_16241476.jpg


住職には お釈迦様やら 親鸞聖人やらの

残してくださった言葉を

勿体無くも 直々に 

いろいろと話していただける環境に

私は20年程生きています

( ほとんど勿体無いと思いもしないで・・・ )




今日も

いつもの事のように「 ふんふん へぇ~ 」

と聞いていました





親鸞聖人の御書物の『 教行信証 』を

元龍谷大学の岡教授が解説くださった口述録の中から

いろいろ いろいろ説明しながら話してくれます

難しい言葉の多い仏教書の中でも

岡先生の言葉は私のような者にもとてもわかりやすいのです





わかったつもりで生きている私

日が昇ってさえいたら 明るい中を生きている気になっている私

目が開いていたら 見えた気になっている私

私に住職は今日は良いことを話してくれました







  住職  「 門がまえに音と書いて闇というだろ

        閉ざされている世界に光が射すと闇は破れるな

        音は言葉

        

        如来は光となってこの私の闇を破ってくださるんだよ

        事の真相をごまかさないでみつめさせる教えなんだ

        ピカーッ!とな

        そうすると それまで閉ざされていた世界が開かれていくんだよ

        見えていたはずの世界に違った景色を見るのよ

        躍動するもの 出会うこと

        この自分に向かっているはたらき全部なんだ 」


  

  わたし  「 じゃあ、私にどうも引っかかってくる出来事は

         如来のはたらき ということ? 

         そこに教えが、ご教化があると? 」



  住職   「 引っかからずにはいられないように

         はたらいて下さっているわけさ 」


  
  わたし  「 私にかかわる全てのものが?

         うそ! 

         そうなん?

         じゃあ・・・

         先週ね・・・じつはシンちゃんの保育園にね

         シンちゃんを送って行った時に

         一つ下のクラスの 3歳の男の子がね

         『 今日はママと一緒? 』って訊くわけ

         私はその男の子に

         『 そうよ。今日はシンちゃんはママと一緒 』って答えたの


         

         そしたら、その子 私の顔をじ~~っと見て

         『 おばあちゃんみたい 』って言ったんだよね

         私、突然のことで 

         ( お!おばあちゃん?! な、なんなんだこの子!)って

         相手は3歳児なのにガ~~ン!ときて

         とっさに言葉が出なくてねぇ

         とてもショックだったんだよね  」









住職と話して思い当ったのです

先週、恥ずかしながら 私の心はザワついたのです

シンちゃんがしょぼくれないかな? 大丈夫かな?

私は40代後半戦で 彼のお母さんは20代の真ん中

3歳児におばあちゃんと言われても当然は当然なのだけれど

5歳のシンちゃんにとって 私は「 お母さん 」





そういえば最近

お寺の坊守さんだから 少し落ち着いた色の服を着よう とか

もう40代後半だから30代みたいな服は似合わない とか

顔のしわも・・・

運動が辛くなってきたことも

疲れやすくなってきたことも

~だから ~だからと年齢を言い訳にしていた気がする





やっぱり「 おばあちゃんみたい 」って

シンちゃんに聞かせたくないなぁ

私は シンちゃんのお母さん
 





ベージュのパンツに カーキの上着は止めとこう

これからは 少し明るい服を着ようか

もう少し 運動して身体を鍛えなくっちゃ

お顔の手入れも丁寧にしよう

40代後半だけどシンちゃんのお母さん

もう少し自分を鍛えよう

おばあちゃんではいけないわ!!

今の私は元気で笑える シンちゃんのお母さんでいたいのです






3歳児の姿をした如来さまが

年をとったようなふりをして 楽をしていた私に喝を入れてくださいました






その事を 5歳の息子の姿をした如来さまに

「 お母さん おばあちゃんみたいって言われてショックなんだ。

  シンちゃんも嫌だよね  ごめんね 」 と話すと


「 おれは このお母さんだからだいすきなんだよ

  お母さんだったらいいんだよ 」

と言っていただきました






どちらの言葉も 

本当の私を照らす光です

恥ずかしながら

ありがたいこと 

努めていかないと







                                なもあみだぶつ








                           
























         

         

















        




 





















by shinwoyorokobu73 | 2017-05-02 16:17 | 思いがけず | Comments(2)
Commented at 2017-05-16 12:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shinwoyorokobu73 at 2017-05-16 17:56
> Rikaさん
Rikaさんこんにちは!よかった!!共感者がいてくれて
いや、本当に稲妻のように打ちのめされたのはほんとうですよ!
目が覚めたの

『 そういう私が好き 』と 他人と違う格好を堂々と受け入れている人も居ますよね
今風にいうとキャラと言うのでしょうか?それだったら良いんです
でも、私はそうじゃなかった。。。
お互いに 楽しく 受け入れつつ がんばりましょうね~
<< どうしたもんじゃろのう・・・ですが 新学期 >>