『 やがて 』が

お盆が来る頃になると

毎年スイカを自転車に括り付けて

日に焼けて ひまわりみたいに笑う ご門徒のn沼のおじさんが

えっちらおっちら自転車を漕いでやってきます

ここに本堂ができてから毎年です




お盆が過ぎて ある日の朝

本堂には ご門徒のK山さんが来ておられて

信ちゃんに『 よい体験をプレゼントしたい 』と仰ってくださって

パンフレットを並べて 夏休みの旅の計画の確認をしておりました

「 『オオムラサキセンター』も行きたいねぇ。 美術館もあるし、釣りや化石堀りもあるし・・・

   2日では回れないねぇ。 」





頭の中がすっかり1週間後に飛んでいた その時、ピンポ~ン!

庫裏の玄関のインターホンが鳴りました

お盆も過ぎて、朝からお訪ねになる方も少ないのに誰でしょう?

玄関先にはいつものように大きな声のn沼さんがニコニコ立っていました





「 今年は雨ばっかりで今頃になってすいません。

  こんな身体になっちまって どうしようもねえや!

  奥さんこれ 仏さんに線香代を供えてください。 」





n沼さんはいつも私を「奥さん」と呼びます。

このおじさんと話していると「 奥さん 」でも「 おばちゃん 」でも

坊守さんじゃなくても 呼ばれ方は何でもいいか、と思います。

この日もいつものように突然やって来て 突然去るものと思って

自転車のところまで見送ろうと外に出ました。





でも、いつもと違う。

何が・・・と言っても・・・

いえ。 私はn沼さんを見た瞬間 異様を感じてはいたのです。

でも、n沼さんがいつも通りに大きな声で笑って帰ろうとなさるので それに合わせたのです。






「 俺もう、歩いてここまで来れねえや。」

「 ええ~! ここまで30分も自転車漕いで来る人が、何言ってんですか! 」

「 いやぁ、もう歩けねぇんですよ。 俺、ほら13年前に癌でこっちの目を取ったでしょ。

  その後肝臓にも癌が出来ちまって、3年前にそれも手術したんですよ。

  そいつがまた再発しちまってさ、オプジーボ あの高い抗癌剤打ってるからこの格好だ。」




そう、それまでのn沼さんは真っ黒に日焼けした人だったのに この時は肌が斑に白くなっていました。


「 今おいくつになられました? 」

「 今70だ 」


若い・・・

頭の中でドキドキと言葉を探しながら

いつもとあまり変わらぬ言葉を交わして 後ろ姿を見送ってしまいました。






後になって私の頭の中に

後生は?

「 お前さんの後生は大丈夫か? 

  人の生き死ににオロオロしていて、あんたの後生は解決しているのかい? 」

そんな声が聞こえてきました






n沼のおじさんは法話会にも滅多に来る人ではないのです。

だから、私はそんな人には仏法を伝えないと と心のどこかで思っていたけれど・・・

住職の書くお便りは 全部取っておいてよく読んでいらっしゃるご様子。

私の方がオロオロしているじゃないか!

一大事 一大事と聴きなれているのに その一大事を持ってきた人の眼を見て話せず 言葉を濁すとは・・・

私はいつも何をしよるとやろうか・・・何を聴きよるとやろうか・・・お念仏のご法義はお勉強ではなかろう?

n沼さんと次にお会いする時は、あの まだ見える方の眼を見て落ち着いて話そう






いや、

待てよ

そうだ、私がこうであるからこそのお救いか

こんな私だからこその

間に合わない私だからこその 間に合ったお救いか

あのn沼さんの眼差しは 私へのご催促でした

なんまんだぶ







お浄土が

遥か遠くにあるように思って 

よそ見をしながら 

今日も歩いている 

この私への 






ご教化に遇わせていただきました







『 坊守のやがて慶ばしき日々 』から

やがてが無くなって『 坊守の慶ばしき日々 』と自信をもって言える日はいつだろう

如来のお育ての手の上を 

見えるようで見えていない おぼつかない足取りなのに

安心して歩いています










                                                           なもあみだぶつ



by shinwoyorokobu73 | 2017-08-24 23:24 | こんなこと | Comments(0)
<< それで じゅうぶん 夏の影から >>