頭を下げてくれて ありがと

蒸し暑くて 家族はあまり食がすすみません

皆さまはいかがですか?



お寺の小さな畑にはトマトとピーマンとゴーヤが 生り始めています

実は小さくても自分で育てた野菜はおいしいものです

グリーンカレーにして野菜をたっぷり使いましょうか

なあんて、小さい子供たちは食べないので作ったこと無いのですが

この蒸し蒸しする夏の日には

最近流行りの苦辛酸っぱいサラッとしたグリーンカレーのようなものを食べたくなってきますね








今日のご法事では

初めてお参りした時は赤ちゃんだったのに

頼もしい小学生に成長した兄弟くん達が来てくれました

お兄ちゃんはもうじきお母さんの背を追い越しそうです





お母さんは、あなた達のおばあちゃんが亡くなってすぐにおじいちゃんと二人でお参りに見えたのですよ

まだ、その時は結婚もされていなくて可愛いお嬢さんだった

このお寺も まだお寺ではなくて鴨志田の『 青葉布教所 』と呼ばれていた頃で

我が家にも下の二人はまだ生まれておらず 4人家族の時でした

あなた達のおじいちゃんが 初めて西法寺(青葉布教所だった)に来たときには「 宗教は結局みんな同じですよね 」なんて言う人でした

おばあちゃんが亡くなるまでご法話を聴いたこともなかったそうですから、そう思っても仕方がなかったと思います

お寺を基本的に信用していない人でしたが

裏心の無い正直な方でしたから私は好きでした

(お寺が嫌いだったから お寺っぽく無い私たちの所を訪ねて見えたのですね)

あなた達のおじいちゃんが亡くなって

一人娘だったあなた達のお母さんは 両親がいなくなってしまいました

自分の家族がなくなるということは

本当に寂しく心細いことだろうと思います







今 ご法話が好きではなかったはずのおじいちゃんが

亡くなって釈○○と名を変えて 

あなた達家族を お寺に足を運ばさせて 

あなた達に 経を読ませ 仏の法に触れるご縁をくださっているということは

私にはとても不思議に思えます 

おじいちゃんが生まれて 生きて 死んでみせてくださり 

死した今は 仏さまとなって 

人間に生れて 生きて 死を迎えるということは 「 死んだらお終いではないのだ 」

ということを見せてくださっているようです








二人とも お父さんとお母さんのお育てのおかげで いつも 本当にまじめに住職の話しを聞いてくれますね

なので「 お家に帰って食べてね 」と

じゃがりことチョコのお菓子を お寺のおばちゃんから少しばかり手渡させてもらいました

お兄ちゃんは礼儀正しく「 ありがとうございます 」と答えてくれましたが

弟君はお菓子にくぎ付けで ありがとうございますなんて言う余裕もなく・・・^^








「 さようなら 水泳がんばってね 」

声をかけると お兄ちゃんは 「 はい 」と返事

弟君はそのままお菓子の袋を胸に抱いて そそくさと出る所を

「 ハッ 」と思い返して振り返り 

足をそろえて坊主頭のてっぺんを見せながら 嬉しそうにお辞儀をして出ていきました







お兄ちゃんは あんまり失敗はしないだろうなぁ

弟君は 失敗は 結構するんだろうなぁ

でも きっと たくさんの人に愛されるだろうなぁ







二人とも 今日はお参りしてくれてありがとう

お菓子をよろこんでくれてありがとう

またね




                                                   なもあみだぶつ 






by shinwoyorokobu73 | 2017-08-02 14:33 | こんなこと | Comments(0)
<< お盆の法話会 2017 今日 出来ることに >>