暑いですが 7月の法話会です

九州では想像を超える雨の為

たいへんな思いをなさっています

どこが川なのかわからない濁流が

テレビに映るたびにどきどきと動悸が早くなります




知り合いの坊守さんのご実家のお寺さまが朝倉市にあります

たくさんのご門徒方や

お寺の皆さんのお顔が目に浮かんで

胸がいたみます






お参りの皆さんとも

どうしてもこの話になります

「 いつ、どこで起こってもおかしくないくらい

  最近は天候が激しくなりましたね 」

と私が言いますと、



ご年配の方ほど

「 本当に。いつどこで起こるかわかりません。」

真っすぐに私の目を見返して 真剣にそう仰います

言った私の方が ドキリとします


a0204371_07120904.jpg
若いと 私も

「 まさか 私に(が) 」 と何事もたかをくくっていました 

( 今もかすかに思っています )

もっと言うと

本当のことなんか言う人には

腹が立ちました








年を重ねて多くの事実を目にし、耳にし、

多くのご縁の方を見送ってこられた ご年配の方は

ほんとうの 自分にも起こる出来事や

ほんとうの 自分の心の在り様を 

「 まさか 私に(が) 」

とは思われなくなった方が多いように思います

物事の受け止めようが深いのです

そのような皆さんとお話しをさせていただくと 

私の浅い受け止めを 恥ずかしく思います






年を重ねるという事は

真面目に 本当のことに 

耳を傾けることが出来るようになることのようです

今 私には それが とてもかっこよい姿に見えます

じっくりと受け止められるのは強さだなぁと思います







むかし、深川和上さまに

ある お嫁に来たばかりの若坊守さまが

「 どうしたら 若い方がお寺にお参りに来てくれるようになるでしょうか 」

とお訊きになりました







すると和上さまは

「 若いもんが来るようになる心配をするよりも

  年寄りが来んようになることの心配をなさい 」

と仰いました



a0204371_07275758.jpg
犬も 猫も 虫も 私も

必ず終えていく命を 今 生きています





最近 本当のことを 

静かに じっくり 

なるほど! そうか!と

心の真ん中に聴かせていただくことは

人生の体幹を鍛えることのような気がしています






「 ああ~ 暑い! 」と

こんなに暑いと 何でも放っておきたくなりますが

どうぞ どうぞ 足をお運びくださいませ

こんなに暑い時に

わざわざ足をお運びになって

お聴かせいただくご法話は

身に沁みて聴こえてくださるものと思います






  《 7 月 の 法 話 会 》

   日 時    7 月 9 日 (日)  13 時 30 分 より  

   講 師    岡山県 浄福寺住職

            山 下 義 円 師





心ばかりですが 冷たいものを準備して

たのしみに お待ちし申し上げております




                                 なもあみだぶつ















by shinwoyorokobu73 | 2017-07-08 14:03 | 行事 | Comments(0)
<< 7月の法話会・2017 7月の法話会です! >>