『 シュトーレン 』 が きっかけで 

急な寒さに 今年はどんな冬になるのか・・・

11月は真冬の寒さもありましたから心配しましたが

12月に入って 少しホッとする日和です

a0204371_21295917.jpg
先週住職は 広島に続き東京港区のお寺さまで行われました

芝組の 『 仏教婦人会報恩講 』 にて お取次ぎさせていただきました

行く前に 住職には 

「 あの辺りは大使館がいっぱいで

  警備の人や警察が立っていらっしゃると

  坊守さんが仰ってたから

  くれぐれも 挙動には気を付けてね 」 

と送り出しましたので、 どうやら無事に到着。

婦人会の皆さま 会所寺院のご住職さま 坊守さま

大変あたたかな雰囲気の中 お迎えいただいたということで

ありがとうございました

a0204371_12024962.jpg


先日 広島の坊守さんが住職に持たせてくださったお土産に

横浜でも よくこの時期 店先で見かける物が入っていました

電話してお聞きすると やっぱり 『 シュトーレン 』

お友達のご主人が外国出身の方で 

広島でお店を経営なさっているから そちらのお品とのことでした



このシュトーレンを 

先日の報恩講前のお掃除の後

皆でいただこうと思っていました

さて、お掃除も終わったし

「 シュトーレンをいただいたから 切りましょうね

  皆で本堂に上がってお茶といただきましょ 」

と声をかけるとHさんが

「 シュトーレンは 切らなくていいわ 

  クリスマスの頃 味わって

  私の所には毎年お友達が作って 送ってくれるの 」

小さな声で仰いました





「 ああそうか・・・ 」

Hさんは 長くドイツに駐在なさっていましたので

あちらにお友達がいらっしゃる

毎年、そのお友達は遠く日本に住むHさんご夫婦のために

クリスマス前にシュトーレンを作り 送って下さっているのでしょう

本当は

大切な方を思って作り

大切な人に贈り 共に味わうものなのだな

ああ そういうお菓子なんだ・・・







実は ずっとこの季節になると 

「 クリスマス早く終わらないかな 」

なんて内心 思ったりしていたのです

世の中は 赤と緑とキラキラに彩られて

何だかごちゃ混ぜにされるようで

私の中で

私の教えと違う教えの行事に参加する事に ちょっとばかり違和感があったのです





しかし、そうか、

私たちがお釈迦さまや親鸞聖人の誕生をよろこんで 

花を飾り お斎を作り 餅をつき みんなで小さく切って丸めてお飾りするように

異教徒の方々も同じく 

食を共にしながら 信仰を共に味わい 喜んでおられるんだ





今までも 何度もテレビやなんかで見ていて

当然 そんなことは知ってはいましたが、

『 私 』には関係ないことだったのです

しかし、広島の坊守さんや ドイツの私が会ったことの無いHさんのお友達がつながって

還相の菩薩様のように

お前には お前に似合った教えがあってよかったね

彼の教えの人は 彼の教えの人が頷く教えを 
お前と同じように慶んでおられるね

「 お前はお前 よかったね 」 と

とても大事なことを教えてくださった気がします 






住職にこのことを話すと

親鸞聖人の『 歎異抄 』と  蓮如上人の『 御文章 』を

出してきてくれました

a0204371_20440592.jpg





a0204371_20422150.jpg

親鸞聖人も 蓮如上人も同じことを言っていらっしゃる・・・

ずっと昔も

私と同じ思いを持った方々が

親鸞さまや蓮如さまに教えていただかれたのでしょう。

ずっと昔からも 私はつながっていただいている

私は 鈍くさくて 実感するのはこんなに遅いのですが・・・

シュトーレンのご縁のおかげで

私も ようやくこれからは 異教のみなさんのお祝いに

心 乱れることなく 「メリークリスマス」と

12月を過ごせることでしょう








                            なもあみだぶつ































   







by shinwoyorokobu73 | 2016-12-08 20:56 | 思いがけず | Comments(0)
<< 師も走る季節です ご法座を終え >>