お掃除の後に 『 他力 』 の話し

いそいそと ちょっとずつ ちょっとずつ

報恩講の準備中です

今週は地震もあり、

広島のお寺さんで報恩講のお説教の予定があった住職は

行けるかな?と少しヒヤリといたしましたが

おかげさまで、無事にお取次ぎさせていただけたようです

広島の皆さま お世話になりました

帰って来ては 突然この初雪

なんだか落ち着きません

a0204371_22503933.jpg
外の掃除の予定も雪の為一日延ばして次の日に。


毎日こんな感じで車にまで雪のように葉っぱが降って来ます

なので雪の後のお掃除はたいへん!

a0204371_22592152.jpg
今日はお手伝いくださったおかげで

随分はやくきれいにお掃除できました

本当にありがとうございました

a0204371_23024785.jpg
日に日に葉の色が変わる様子は本当にきれいで

掃除はたいへんですが

何だか 満たされた気持ちになります

( ですから家の中の事は考えないようにして目をつぶります )



きょうのお掃除は

終わってからが長くなって・・・

終わって本堂でお茶を飲みながら

いろんな話しに花が咲き



皆さん聴き上手なので

仏教話しが広がること 広がること



 住職 「 奥さん泣かして浮気しておる男がいるとするでしょ。

      すると 『 なんちゅう悪い旦那やろう、奥さんはかわいそうに 』 と

      思うでしょう? 私たちは。

      でも、 『 隣の男は人を殺した 』 というと、

      『 浮気くらいの男でよかったね 奥さん 』 って言いたくなるでしょ。

        この世で興った出来事は

        本来 善いも悪いも無いのに

        私の脳みそは勝手に 『 善と悪 白と黒 』 をつけたがる

        そこに 怒りや 争いが沸き起こってくる。

        その苦しみの元 (分別する心) を

        『無くしていこう』  というのが仏教で、

        親鸞聖人はそれを  『他力』  によって

        煩悩を抱えたまんま

        実現していく道を示してくださったんですよ 」


 Hさん 「 それは、どこに書いてあるんですか? 」

  
 住職  「 それはねぇ ここの(お聖教の) 」 

      ~~~~~話はどんどんどんどんつづく~~~~



  

  住職 「 『 山が見える 』って私達日本人は言うじゃないですか

        これね、英語には訳せないんですよね  

        英語では 『 私が山を見ている 』 なら訳せるんですけどね 」


  Tさん 「 でも、仏教は外国人の方が理解が早いって聞きましたよ

        日本人の感性が分からなくても

        仏教は伝わるんですねぇ 」


   私  「 そうなんですか?! 

        実は 私もそうじゃないかなぁって思っていたんですよ。

        私は特に若い頃、

        人に気を遣って本当の気持ちを言わなかったんです。

        (その方が損しませんからね)

        そうやって『 いい人 』ぶってるうちに

        自分の本当の気持ちが はっきりわからなくなってたんですよ。

        日本人には私みたいな人多いんじゃないかなぁ

        きっと教えから遠くなりますよね

        いい人ぶってる人間には すべてが他人事ですもん

        でも、外国の方達は 『 私は(が) 』からしか

        物を見ないと言いますから 

        仏のお目当てはこの 『 私 』だけですもんねぇ

        だから 仏教的には確かに彼らの方が解決が早いはずですねぇ 」

     ~~~~~~~話は展開して つづくつづく~~~~~~


難しいことはおもしろく

簡単なことは深く

いろいろとお話ししているうちに

辺りは夕暮れ

お掃除は3時前に終わっていたのに

お帰りは5時前となりました  

皆さんお疲れ様でした

寒い中を 本当にありがとうございました



  《 2016.西法寺報恩講 》

   11 月 27 日 (日) 13:30 ~ 15:30

   講 師   福 田 康 正 師 ( 山口県 専福寺 )


いよいよ明日報恩講でございます

福田先生遠い所をご足労おかけいたします

楽しみにお待ち申し上げております



お参りの皆さま

随分寒くなってまいりました

どうぞ お気をつけてお参りくださいませ

温かなご法話をいただきましょう

お待ちしております


                             なもあみだぶつ

                                   








by shinwoyorokobu73 | 2016-11-26 06:45 | | Comments(0)
<< ご法座を終え お磨きがおわり >>