歌声の秋

「 いい日 」 というのは人によって違うんだと

判ってはいるものの

こんな空のきれいな 空気の澄んだ日には

熊本で ご心配を胸に抱えた方々にも

「 ああ、きょうは気持ちがいいね 」 

そんな日であったら いいなと思います



a0204371_15335431.jpg
例年 この時期には中学生の合唱コンクールがあります

昨年は中学校の保護者の役員をしていて

「 中学生の歌に親が一日掛かり付き合うなんて・・・ 」

半ば(失礼にも)しぶしぶ参加したのでしたが




はまって(嵌って)しまったのです





中学生たちの声の美しいこと

男の子も 女の子も

成長著しい人たちの真剣さの鋭いこと

今の中学生たちのピアノ伴奏のテクニックの凄さ

先生も真っ青なくらい みんな上手い!

最近の若い者は・・・ 

「 かっこいい 」 





わたしは 今年は進んでPTAコーラスに手を挙げて参加して

何故だか子供たちの 「  COSMOS 」の歌声に 

涙腺が壊れ 涙 涙

「 西村さん 最初からハンカチ出してたね^^ 」って笑われる始末

どうしちゃったんでしょ






あの子達は3年間という

終わりを感じながら

歌ったり 笑ったり 恋をしたり ケンカしたり 悩んだり

ふざけてそうで 真剣に生きているようです






大人になると

カラオケで いい点数を出すことだけを目的に歌うように

仕事をしたり

人と話したり

仲良くしたり

どこかへ行ったり

そこそこ上手くやれるようになります





自分のまま

ほんとうに笑って

ほんとうに腹が立って

ほんとうに喜んで

ほんとうに涙を流して

ほんとうに うなづいて



彼女 彼らの 真剣な歌声を聴くと

痛いけれど いいな と思うのです


a0204371_16352610.jpg

我が、 まま、 いっぱいに生きている

中学生を うらやましくも思うけれど





いつのまにやら

中学生やら 高校生のお母さんになってしまっていて

立派に大人の一人になっている自分。

ぼんやりと自分の今生の終わりを

感じられる年を得はじめて

なんでもない 只の いい天気の日

外にレジャーシートを敷いて

草取りした後 みんなで海苔おにぎりをほおばる

そんな時にも 満ち足りる

中学生とはまた違った

今のわたしの 終わりを感じながら歩く歩き方




遠くを夢見て 

何かに成りたくてがんばった日も

よかったけれど 

今 遠くを夢見る人たちを

恥ずかしいような 眩しいような

頼もしく思いながら

眺められるようになり、

なんでもない今の自分の在り様を

そのまんまストレスなく受け入れられるようになった

これは 思いの外

いいもの





今の 自分を知っても

もう「嫌だ」と逃げたくならない

これも

年を重ねる 有り難さの一つなのでしょう




                               なもあみだぶつ



































































































by shinwoyorokobu73 | 2016-10-16 17:41 | 子供 | Comments(0)
<< 手のしごとに 寒さに思い出すのは >>