寒さに思い出すのは

「 今年一番の冷え込み 」

なんて言葉を10月の今頃 

去年も言ってたかなぁ

今朝の天気予報を聞きながら首をかしげました



薄手の長袖では寒くてカーディガンを羽織り

靴下も、

くるぶしが見える超短い丈の今流行りの靴下はもう終い

厚手の膝までの奴を引っ張り出しました

まだ寒さに体が慣れていません

次女は油断をして半袖Tシャツで寝てしまい風邪気味

きのうあんなに注意したのに・・・

皆さまも どうぞお気を付け下さい

a0204371_14355303.jpg


台風が去った次の朝

あまり見ないきれいな色の朝焼け

ふつうの日の朝を

こんなに慎重に迎えたりしないのに

何かあった後は特別な朝になります



a0204371_14264557.jpg

初めて横浜に暮らし始めたのも

今のような冬の初めでした

あの頃は 子どもも小さく 子育て初心者

知り合いも無く

その上 お寺を開くと決めたはいいが

何から始めてよいものやら全く見当もつかない

若い私たちに 教えてくれる人も無い

おまけに友達と信用した人から

変な噂を流されていると教えられたりして

人も信用できなくて・・・

寒いし 心細いしで今よりずっと寒さの沁みる冬でした




そんな心細い 冬の夕方

結構大きなクール宅急便が届きました

住職とその家族あてに

あるお寺のご住職から

「 湯豆腐セット 」でした

温かな手紙も添えて在りました





話し合ったかのように同じ頃 

九州から関東に進出し

会社を大きくなさった会長から

毛筆巻紙の長い長い激励の手紙をいただきました

墨は薄くすって優しく





お二人ともにたたき上げの苦労をご経験になっておられ

今では雲の上の偉い方となられていますが

あの時の あの手紙と湯豆腐には

心も体も温められました






時が過ぎると何でもかんでも

片っ端から忘れる習性をもつ私も

寒くなってくると 

その時の

人生の先輩方からの心遣いの温かさを思い出すのです

そして 

ふつうにお参りに見える方や

ふつうに笑いあえる有縁のみなさんを

ふつうじゃなかったね・・・

と改めて思いなおすのです




今年も 有り難い季節を迎えます



                              なもあみだぶつ

 
























by shinwoyorokobu73 | 2016-10-11 16:29 | 季節 | Comments(0)
<< 歌声の秋 徒然なる時に >>