お盆の法話会 後記 2016

昨日は お盆のご法座にみなさまようこそのお参りでございました

a0204371_11184167.jpg
暑い時期のこと どうしても体調が思わしくなくお参りできないと

ご連絡いただく方の多い中

たくさんのみなさまとご法縁に合わせていただけましたことは

ほんとうに嬉しいことでした

a0204371_11222879.jpg
「 ネットで見てはじめて参加させていただきます 」

と小さなお子さんをお連れのご夫婦

またまた、わたしはお名前を伺うことを忘れ・・・お話はしたのに・・・なんてこと

車でお見えでしたから ご近所さんではないでしょうし・・・

ほんとうに失礼しました

どちらからいらしたのかもお聞きしていませんので

是非 是非 次回はお名前を教えてくださいませ

たのしみにお待ちしております




大きい子供たちは、ご法話中ずっと大人しくはできませんから

今回は天気も良いのでシャボン玉セットを準備してましたので

みんなで外で シャボン玉合戦^^

kくんまたお参りしようね

おばちゃんは来るたびに大きくなる

Kくんとお兄ちゃんの顔を見るのがたのしみですよ





お盆という事もあってでしょうか

みなさん新盆の方はいらっしゃらなかったのですけれども

いつもよりも 

ご自分の縁のある方々のことや

病気で手術をしたことや

会社の人間関係や

子どもの生き方

結婚の悩み などなどなど

諸々を 本堂でどっこいしょと 降ろしてお帰りの方が多く

終わって小一時間ほどしゃべってお帰りだったり

一回 帰ってから また戻ってこられたり^^

メールも何人かの方から届きました

ほんとうに 『 人生いろいろ 』です





きのうの今日 ここに書くのは本当は はばかられるのですが

よくいただく悩みと悲しみのお気持ちを 

きのうもお聞きしたので 書かせていただきますね

ペットとの別離の悲しみです

わたしや住職の受け止めを ただ伝えるだけですが、

それを 聞いた方がどう受け止めてどうなさるかは知りません

わたしが一般論を言ってもしょうがありませんからね






ご法話を聴いて 飼っていた愛犬のことが思い出されて

涙が出そうなのをこらえたと

そして 「 ワンコはお浄土進入禁止?ですよね 

       でも 『向こうで会える』と思っていないと正直つらい 」と





よく みなさん「 親のときより悲しかった 」とおっしゃいます

誰よりも 「 寄り添い励ましてくれたのだ 」と




親の死をもってしても 遠かった別離の悲しみは

愛犬として命恵まれてあなたの所にやってきて

可愛がられ 慈しまれて 育てさせて そして 

あなたよりも早く老い 死ぬ姿をもって

人生には どんなに 愛しい者とも離れなければならない

苦しみがあることを知らせてくれました

わたしが生きていることの本当のすがた 本当の意味を

仏さまがポッキーの姿となって教えてくださったものでしょう




住職はご法話で 18トリソミーの子どもの姿として

話をしたと思いますが

あなたにとっては それがポッキーだったのですよね




阿弥陀様があなたのために

ほかの柴犬でもなくプードルでもなく

あのポッキーの姿となって傍にいてくださって、

あなたの日常をいつも見つめ

命 終えては

お寺へ足を運ばさせて 法を聴いては涙を流させる

今はお念仏となって、

あなたの傍にいて願っておられるのだと思います

「 このたび必ず救う 」 と

どうぞ 願いのまま お念仏を




                                   なもあみだぶつ















































by shinwoyorokobu73 | 2016-08-14 13:05 | 行事 | Comments(0)
<< お盆明け  日 照る朝   ... お盆の法話会 >>