『 いい事 』 とは

先週は猛暑日が多く

京都にお住まいだった方が 横浜に引っ越して初めての この夏

「 京都では 『そろそろ祇園祭』 という頃に梅雨が明けてたんですけど

  関東は梅雨明けが早いんですかねぇ 」 と仰っていましたが。

今週は グズグズとした雨空。

やはり 関東の梅雨明けも祇園祭の頃になるのでしょう




先日 庭に暑すぎて木の上で涼む青大将が!

  「 怖い・・・ 」  けど珍しくてみんなでずっと眺めてしまいました

a0204371_1522163.jpg





七夕に 保育園でも幼稚園でも 小学校でも中学校でも

笹の枝に 今年もそれぞれ願い事を書いて飾りました 

シンちゃんは 「 仮面ライダーになりたい 」 と 

保育園児として オーソドックスな願い事を書き 

「 みんなを守る! 」 とはりきっています





中学校では地域のサポーターの皆さんや

PTAの保護者のみなさんのお手伝いで大きな竹が学校に持ち込まれて

中学生たちが書いた 願い事の短冊が結ばれていました





わたしが 娘の中学校で入っている コーラスの奥さんから

「 西村さんとこの高校生のお姉ちゃんってキョウちゃんって名前? 」

と訊かれました

       私     「 うん そうよ。 なんで? 」
 
  コーラス仲間   「 チオンちゃんの短冊に

               『 キョウちゃんがいいかげんに私の傘を返してくれますように』  って

                書いてあったから  」


        私     「 え・・・あの子、 ・・・・願い事 小っちゃ・・・ 」






私は コーラスに行ける日は いつも

中学校の下駄箱に靴を入れて

隣にある コミュニティーハウスの練習室にバタバタと飛び込みます

その日も 大急ぎだったので 

七夕飾りに目もくれなかったので

帰りはちょっと顔を上げて 子どもたちの願い事を 読んでみました

「 部活で充実した夏を過ごしたい 」

「 勉強で 結果を出す 」

「 家族が健康に暮らしますように 」

「 受験で希望校に合格しますように 」

「 お金持ちになりたい! 」

「 死ぬほど眠りたい 」

「 長生きしたい 」

( やはり、 チオンの願い事は小さいわ )

 


「 『 長生き 』 したいなんて書いてある 」



と私が笑って読んでいると 隣の I さん が



 「 長生きしたって ・・・いっこもいい事なんか無いのにね・・・ 」  独り言のように仰いました



わたしは 一瞬 言葉に詰まりましたが 

最近かなり疲れたご様子の彼女を見て 「 あ、そうだった 」 と思いました


 

「  『 いい事 』 ・・・ ありませんね  」 と

わたしが佐賀土産のお饅頭を渡して そう言うと

彼女は 泣きそうな顔をして笑いました





わたしより一回り年上の I さんのご実家は熊本・・・・・

この度の地震で 高齢の親御さんも被災されて 何度も熊本に帰っておられます

離れているので 余計に心配で

今は心も体もとても疲れていらっしゃるでしょう


a0204371_16261210.jpg





「  わたしは いい事があるから  だから生きているって訳じゃ無いと思うけど

   やっぱり 今生だけしか無いと思うと

   『 いい事 』 が無いと一生を 生きていたくないものやろうか? 」



ずっと I さん の言葉が気になっていたので住職に訊いてみました



「 そもそも いい事ってなんじゃろうの?  お金? 健康?

  じぶんに 都合のいい事 ってことじゃないか?


  
  『生きていたら 自分に都合のいい事 があるはずだ』 と思っているなら

  当然 そうでない状態になったら 生きている意味が感じられなくなるよなぁ  


  
  いい事があると幸せ いい事がないと不幸せ

  でも、 老いていくのは必定  病んでいくのも必定  死んでいくのも必定

  生きてこそ とか 元気なうちが花 とか思う人からしたら

  人生は絶望に向かっているとしか思えないだろうよ

  人生は 自分の都合よくはならないんだから  」

                                                



  
 
 やっぱり わたしも

 自分に 都合よいことばかり 願う者の一人だわ

 そんな わたしの口に称えさせて

 「 安心して人生を 歩め 」 と

 名前になってくださったほとけ様があり 

 おかげさまで いい事も わるい事も 道中の出来事となる

 

 普通 わるいと思われることも 

 ほとけ様が 「 安心して 」 と わたしに 指さしてくださっている方角が

 いよいよ たしかなことだと受け止める 『お育て』 と 知らされる


 

 わたしの方は なぁんも しやせんのにねぇ







                                               なんまんだぶ



                                            



  
 


 
                                               

                                               

                              

 

  

   

  

  




  


 





   

   



  
 

  

  
by shinwoyorokobu73 | 2016-07-13 18:34 | 思いがけず | Comments(0)
<< カブトムシが出ます  蝉が鳴きます それぞれの夏スタート >>