マインドフルネス?

本堂の屋根にバケツをひっくり返したような雨が降りました

いつもなら嫌ではありますが、九州に雲が留まることなく

こちらに来ているのだと思うと 少しホッとしています




一昨日とその前の日 2夜連続で 『 ストレス 』 を取り上げた番組があったので

ついつい茶碗洗いや お弁当の準備もしないで見てしいました・・・





震災や思いもかけない事故に見舞われているわけでもないのに

なんでこうも ストレス ストレス と 私達は気が休まらないのか

とはいえ、東急電車の通勤時は殺気なくしては立っていられませんものね

気の合わない同僚や上司や友人の一言が血管を詰まらせるような事ってありますものね

いろいろあります

今の時期 このジットリと肌にまとわりつく日本の梅雨も ストレス度を上げる原因の一つですね


a0204371_12144675.jpg


昨日はその番組で 『 マインドフルネス 』 という英語を覚えました



アメリカの大学で研究されたところによると

人間の脳の海馬と延髄、それから副腎のかかわりあいから

ストレスが多く感じられたり、少なく感じられたりするのだとわかったというのです




マインドフルネスとは、今の私に気持ちを集中する とか 

今の自分の心を見つめる 気が付く ということのようです



a0204371_1755252.jpg


トモちゃんを叱ると、とりあえず、 「 ごめんなさい! 」 と言う時があります

「 何がごめんなさいだと思うの? 」 と聞くと

泣きながら ぶうっとした顔で 「 シンちゃんを叩いた事が悪かったから! 」




 『 ! 』 が付く時は 「私が悪かった」 なんて本当には思っていないのに

お母さんが怒るから  とりあえず 「 ごめんなさい 」 と言っておくというしるしです





ここが大事なことなのだろうな、と番組を見てから思いました

人という生き物は 本当に悪かったと思っていないのに 

「 ごめんなさい 」 と口だけは言っておくという事に慣れてはいけないらしいです

そういう事に慣れてしまうと 自分の 『 思い 』 が本当はどこにあるのか

わからなくなっていくのだそうです

そして、過剰にストレスを感じるようになっていくのだと





うちの子供たちも夫も どんなにお母さんが妻が怖くても

ちゃんと自分の今の思いを伝えきっていかないといけないのですよ

また 私は自分の思い込みかもしれないことを 怒りでもって子供や夫に押し付けると

子どもや夫は そのストレスによって心の病や体調を崩すことになるのだ、 と

ああ、あぶない あぶない

忙しいと 子供や人の本心を置いてきぼりにしてしまいます

もっとよく見ると、自分の本心まで置いてきぼりにしていたりします

本当は思っていないことを言わせたり、

言ってくれたことで 私が勝手に 「 よかった 」 と終わらせたことは多かったのかもしれません





そのことを住職と話していたら 

「 それを 『 心 』 と 『 心所(しんしょ) 』 と 仏教では捉えて来たんだ 」 と言っていました

自分の心と心のある所を在りのまま捉えて 意識に乗せる事

「 へぇ~ そうなんだ  お父さん達は なんでそんな大事なこと、 ちゃんと教えんの? 」

と訊くと あまりにも当たり前の事と思っているようで・・・

お坊さんも、もっとリアルに人の心や日常を捉えて欲しいものだと思います 

( 他人事みたいに・・・,,偉そうに 言う・・・,,)

 




 『 ! 』 にはどんな意味があるのか

       
         「  だって シンちゃんが前は言う事を聞いたけど

            今は 言う事を聞かなくなったんだもん

            でも お母さんは シンちゃんばっかり守るじゃん

            だから かわいくなくなって 叩いたの      」 



なかなか言葉にできない気持ちもありますからね




あちこちに気が散る世の中ではありますが

ゆっくり息を吸って 吐いて

鼻の中を入ってくる空気 出ていく空気を感じながら

私に集中する時を 作るといいそうですよ





                                            なもあみだぶつ














     



















 




 
by shinwoyorokobu73 | 2016-06-22 16:41 | こんなこと | Comments(0)
<< 阿弥陀経を読む わかってないことが わかってな... >>